城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2008/12

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (258)



全エントリ記事の一覧はこちら

2008年12月
 
     

新着エントリ
城の再発見!フロイスの岐阜城訪問記には金箔の「瓦」とはどこにも書いてない (8/17)
城の再発見!どうして岐阜城で「織田系」金箔瓦が発見されないか (8/3)
続々・甲府城「天守」のゆくえ →金箔付きシャチ瓦も「徳川包囲網」の目印だったのか?… (7/20)
城の再発見!続・甲府城「天守」のゆくえ →再訪の直感、天守台「穴倉」の内側も“見られること”を意識している (7/8)
城の再発見!甲府城「天守」のゆくえ →躑躅(つつじ)ヶ崎館の天守台との関係はどうなっていたのか (6/25)
城の再発見!近世城郭の「完全否定」で籠城戦に勝てたのが熊本城か (6/12)
城の再発見!これもコンクリート天守の「魔力」がなせる技か… 熊本城天守のすばやい解体と復旧 (5/29)
城の再発見!目的地は“東アジアの下克上”か?…満洲族と日本の17世紀「新興軍事政権」 (5/19)
城の再発見!肥前名護屋城の出現と「小中華意識」に没入した李氏朝鮮の無反応 (5/4)
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)
城の再発見!「革命」は 信長→秀吉→三成 の三人で完成するはずだった? 時空を超えた<石田三成≒大久保利通>説 (9/27)
城の再発見!徳川家康の画期的な着眼か→ 四方正面(八棟造り)は平城の「求心性の自己表現」にもなる? (9/14)
城の再発見!ならば聚楽第チルドレンの筆頭・天正期の駿府城には「小天守」とともに大天守もあったのか (8/29)
城の再発見!毛利輝元らは聚楽第で天守を見ていなかった!? とすれば… 広島城天守をめぐる“ぬぐえぬ疑問” (8/15)
城の再発見!最上階にやはり白鷺(しらさぎ)の絵 → 問題の層塔型「御三階」の構造を推理する (8/2)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (18)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)


アクセスカウンタ
今日:1,009
昨日:2,894
累計:2,085,864


RSS/Powered by 「のブログ

2008年12月23日(Tue)▲ページの先頭へ
城の再発見!秀頼再建天守の復元画を大きなサイズで!!




秀頼再建天守の復元画を大きなサイズでご覧下さい


今回も、右カラムの季刊リポートに盛り込めなかった話題の中からお届けします。

大阪城天守閣は、上の「入口 ENTER」をクリックすると表示されるホームページにメモしたように、周囲を色々な地下鉄等が走っていてアクセスのよい場所にあります。



そして教科書等でも認知度の高い『大坂夏の陣図屏風』は、この天守閣の3階に展示されています。


右下のモノクロ写真はその『大坂夏の陣図屏風』の天守周辺の描写ですが、実際はこうではなかったか、という仮説を絵にしてみたのが左下の絵です。

ご覧の絵は「秀頼再建天守と付段上の櫓(やぐら)」を描いたもので、右カラムの「第1弾リポート」に掲載中の画像です。

リポートの中では両者の対比をよくお見せできなかったので、ここで改めてご覧いただきます。


 


ご覧のように、右の『大坂夏の陣図屏風』で天守の右側に描かれた櫓は、これまで本丸奥御殿の南東の櫓と考えられてきたものですが、左の絵のようなアングルで見てみますと、付段上にあった櫓とも考えられそうです。

※左の「絵」は、クリックしていただくと大きなサイズでご覧になれます。もしお気に召しましたら「壁紙」等にお使い下さい。)


さて、この左の絵で、櫓の下に斜めに設けられた石段と覆屋根は、例えば中井家蔵『本丸図』に示された石段に比べますと、格段に規模の大きいものです。

これには理由があるのですが、誠に恐縮ながら次回の季刊リポート「秀吉の大坂城・後篇」の中で“秀吉流天守台”とも言うべきものについて、まとめてご紹介する予定です。


また、天守直下の石垣をよくご覧になると、スロープを取り入れた構造で復元しております。

これは豊臣大坂城の天守台が、秀吉時代の姫路城天守台や、朝鮮出兵の本営・肥前名護屋城の天守台と「同じ構想」で築かれていた、と考えるための措置です。

この辺りについても、次回の季刊リポートでさらに詳しくご紹介したいと存じます。




作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※当サイトはリンクフリーです。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ



2008年12月14日(Sun)▲ページの先頭へ
城の再発見!豊臣大坂城・落城の劇的な瞬間とは?




豊臣大坂城・落城の劇的な瞬間とは?


ご覧いただいております季刊リポートは、文脈の関係から盛り込めなかった話題が色々とあるため、そうしたお話を一連でご紹介してまいりたいと思います。

その一回目は、秀吉の遺児・秀頼の大坂城が、ついに落城した劇的な瞬間についてです。


これまで、豊臣時代の大坂城を復元したCGやイラスト、模型等々は、どうしても最盛期の城の姿を再現することになりがちでした。

そのため、大坂夏の陣で城が落ちた時、城内がどういう状況だったか、という観点から描かれた画像などはあまり例がありません。



そこで例えば、右カラム「渾身の第1弾リポート」で(クリックだけで)すぐにもご覧いただける例示の画像ですが、これは秀吉の遺児・秀頼の時代、しかも大坂陣の直前の状況を想定して描いてみた絵です。

まず筆頭に目立つ「秀頼再建天守」に関してはリポートそのものをご覧いただくとして、今日は、その下に鳥居と殿舎が見える「豊国廟(ほうこくびょう/とよくにびょう)」に、是非ご注目いただきたいのです。


この大坂城内の豊国廟こそ、落城の瞬間を想像する上で、欠くことの出来ない重要な存在だからです。


豊国廟とは、秀吉の死去のあと、京都の阿弥陀ケ峰に建立された秀吉の霊廟ですが、その後、十数年を経て、豊臣家に対する徳川幕府の圧迫が強まり、いよいよ風雲急を告げる事態となった時、大坂城の山里丸に「分霊」された社です。

その建立はまさに大坂陣の前年、慶長18年(1613年)春のことでした。


建立の様子は、それに関わった神竜院梵舜の日記に詳しい記録がありますが、例えば「仮殿ヨリ本社迄間廿五間アリ」等と書かれています。

つまり仮殿から本社まで「25間」50m近くもある、壮大な社だったわけです。


現に、山里丸跡のその辺りからは、「参道」と見られる計20間ほどの花崗岩の敷石が、昭和初期に発見されています。


「幕府vs豊臣」の緊迫した情勢下で、秀頼や淀殿がこうした豊国廟を城内に遷宮したのは、もちろん京都の豊国廟に詣でることはもはや不可能、といった事情もあるでしょうが、豊臣家の行く末に対する悲壮な覚悟もあったものと思われます。

そして翌年、大坂陣の開戦後まもなく行われた幕府方の砲撃は、この豊国廟に参詣する秀頼(十二月十八日、秀吉の命日)をねらって打ち込まれたものです。


それでは、大坂城がついに炎上・落城し、豊臣家が滅亡にいたる時、秀頼らのいた場所はどのようであったかを、次の図で想像してみて下さい。



ドラマや映画でくりかえし描かれた秀頼と淀殿らの自害(自決)のシーンは、たいがい粗末な蔵の中が舞台になりましたが、それは図の左上、「糒庫(ほしいいぐら)」に当たります。(別称「朱三矢倉」「糒矢倉」)

広さは「二間五間之庫」(『駿府政事録』)と伝わっていますので、4m×10mたらずの狭い場所で、ここに30名あまりの秀頼主従が立てこもったわけです。


そしてここはご承知のとおり、『おきく物語』の中で、落城の二三日前から入る支度がしてあったと記された場所です。


では何故、この「蔵」だったのでしょうか??

それは上の図でも一目瞭然、「豊国廟」つまり亡き秀吉の膝元で最期を迎えるためであって、「秀頼再建天守」も含めて、これらのすべてが寄り添うようにして建てられていたのです。




作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※当サイトはリンクフリーです。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ



2008年12月05日(Fri)▲ページの先頭へ
城の再発見!渾身のリポートが完成しました!!




新設HPとリポートが完成です!!


長らくお待たせしましたリポート2件、思えば2年がかりの労作です。どうぞご覧になってください。

(※そしてやはり1件は有料とさせて頂きました。今後とも宜しくお願い申し上げます。)

現在、疲労の極に達しておりますので、また改めまして、ブログ記事の方も全面展開してまいりたいと存じます。感無量です…



作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※当サイトはリンクフリーです。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ