城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2009/03

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (263)



全エントリ記事の一覧はこちら

2009年3月
       

新着エントリ
城の再発見!さらなる『江戸始図』の補足を。「刻印」優先論との深刻きわまりないバッティング (10/18)
城の再発見!『江戸始図』の「小天守」はどこに消え失せたのか?? (10/13)
城の再発見!家康が本当に好んだ天守の姿から問う、「江戸始図」解釈への疑問点 (9/29)
城の再発見!「京の城」の伝統的な天守の位置 →聚楽第の「北西隅」はむしろ新機軸の異端か (9/16)
城の再発見!ポルトガル海上帝国と「川の城」岐阜城 →あえて「C地区」の構造的な欠陥を疑うと… (9/1)
城の再発見!フロイスの岐阜城訪問記には金箔の「瓦」とはどこにも書いてない (8/17)
城の再発見!どうして岐阜城で「織田系」金箔瓦が発見されないか (8/3)
続々・甲府城「天守」のゆくえ →金箔付きシャチ瓦も「徳川包囲網」の目印だったのか?… (7/20)
城の再発見!続・甲府城「天守」のゆくえ →再訪の直感、天守台「穴倉」の内側も“見られること”を意識している (7/8)
城の再発見!甲府城「天守」のゆくえ →躑躅(つつじ)ヶ崎館の天守台との関係はどうなっていたのか (6/25)
城の再発見!近世城郭の「完全否定」で籠城戦に勝てたのが熊本城か (6/12)
城の再発見!これもコンクリート天守の「魔力」がなせる技か… 熊本城天守のすばやい解体と復旧 (5/29)
城の再発見!目的地は“東アジアの下克上”か?…満洲族と日本の17世紀「新興軍事政権」 (5/19)
城の再発見!肥前名護屋城の出現と「小中華意識」に没入した李氏朝鮮の無反応 (5/4)
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (23)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)


アクセスカウンタ
今日:2,038
昨日:2,207
累計:2,205,460


RSS/Powered by 「のブログ

2009年03月29日(Sun)▲ページの先頭へ
城の再発見!織田信長の「空中庭園」は実在した?





織田信長の「空中庭園」は実在した?


前回、前々回と、岐阜城をめぐる織田信長の革新的な試みについてご紹介しました。

特に前回は、山麓の「四階建て楼閣」について、やや否定的な記事を書いてしまったため、言いっぱなしではいけないと思い、今回は私なりの“代案”をお話します。

(※これをご覧になっている豊臣大坂城ファンの方、次回からまた話を大坂城に戻しますので何とぞご容赦を!)



さて最初に、前回の引用をもう一度だけご覧いただきたいのですが…


問題は、この建物が多層、つまり四階建の建物であったかどうかである。というのは、三階の茶室は、「甚だ閑静なる處」にあり、庭を備えていたと、フロイスはのべているからである。
多層の建物ならば、二階から三階に上がったからといって、急に閑静な場になることはない。
まして空中に庭をつくることなど、いかに信長でも不可能である。

(秋田裕毅『神になった織田信長』1992)


これは「四階建て楼閣」が楼閣ではなく、階段状の敷地に平屋の御殿が四段に連なったもの、という解釈に立った発言です。


ご注目をいただきたいのは最後の赤文字にした部分、この部分が、実は織田信長以降の(特に豊臣秀吉とその家臣団の)望楼型天守においては、必ずしも“不可能ではなかった”というお話なのです。



豊臣秀吉の大坂城天守台(模式図)



以前にもご覧いただいた図ですが、今回の話題の焦点となるのは、図の明るくなった部分です。

ここは天守台上の北東隅にある“空き地”であって、北側の山里丸からは高さ9間余(約18m)の高所にあり、史料等では、何のために設けられたスペースなのか定かでありません。


一説には、ここが鬼門の方角(北東)にあたるため、いわゆる“鬼門除け”として建物を窪ませた部分だとも説明されて来ました。


ですが、例えば上の模式図では、この場所は本丸の奥御殿から(天守内の)階段を一つ上がった位置にあり、すなわち“天守の二階の奥”にあることになります。


こうした“空き地”が織豊期天守の天守台上によく存在することは、以前から、西ヶ谷恭弘先生が盛んに主張されてきた点でもありますが、それが実際に、どういう状態で維持されていたのかが問題なのです。


高知城 本丸御殿の奥の庭(左写真の中央は天守の壁)


ご覧の写真は、豊臣秀吉の家臣で(大河ドラマ『功名が辻』でもご存知の)山内一豊が築いた高知城の、天守と本丸御殿の奥の小さな庭です。


この庭は面積が本丸全体の八分の一ほどになり、本丸御殿の南から東側にかけて三角形に広がっていて、塀の向こうは高さ数m以上の石垣による断崖です。


ここは本丸中央の表側からは天守と本丸御殿によって遮られ、一旦、御殿にあがって奥に進まないと見ることの出来ない、隔絶した空間です。

これらの天守や御殿は江戸中期に火災で焼失し、その後、創建時と同じ配置で再建されたものであることが分かっています。



さて、今回申し上げたい結論はすでにご想像のとおりであり、例えば、大坂城天守の問題の“空き地”が、高知城のように、庭としてのしつらえがあったならば、それはもう、フロイスらの宣教師にとっては、立派な「空中庭園」に見えたのではないでしょうか??


こうした考え方を岐阜城山麓の「四階建て楼閣」に当てはめるならば、発掘調査が行われた居館跡のいずれかに、階段状の適当な敷地の痕跡があれば、そこに“空中庭園をもつ楼閣”を想定することは、十分に可能だと申し上げたいのです。


つまり、一見対立しているかに思える「楼閣説」と「階段状の御殿説」は“折衷案”がありうる、ということなのです。

そしてその信長の「空中庭園」は、のちに豊臣秀吉と家臣団の望楼型「天守」において、天守台上のスペースとして受け継がれたとも考えられるのです。





作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※当サイトはリンクフリーです。

※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ



2009年03月22日(Sun)▲ページの先頭へ
城の再発見!四階建て楼閣が「天主」だった物証は無い





四階建て楼閣が「天主」だった物証は無い


前回、草創期の天守について、岐阜城などを例に挙げてお話しました。

ご存知の方も多いと思いますが、岐阜城は近年、ふもとの居館跡の発掘調査を続けてきたところで、色々と成果が上がったようであり、最終的にどんな報告書が出るのか楽しみです。

(※調査の概要はブログ「信長居館発掘調査」をご覧下さい)


岐阜城 山麓の石列



さて、前回の記事では、その岐阜城のふもとに織田信長が建てた「四階建て楼閣」について、あえて詳しくは触れなかったので、今回はそれについてチョット書きます。

実はこの「四階建て楼閣」こそ、天守の発達のプロセスを説明するうえで、かなり話を複雑にしてしまった“元凶”でもあるのです。



と申しますのは、(前回のように)岐阜城は山頂に草創期の天守があったことは、「欧州の塔の如し。此より眺望すれば美濃の過半を見る(『日本西教史』)」という記述からほぼ確実と言えます。

にも関わらず、ふもとの四階建て楼閣も「天主」と命名されたという説を、30年ほど前に、宮上茂隆先生が主張されたからです。

それ以来、岐阜城は、山頂とふもとに二つの天守があったような話が一般化してしまい、どちらが天守の源流に近いのか分かりづらく、やや混乱した状況が続いています。



例えば、宮上先生が主張した前後の、他の研究者の発言を拾ってみますと、まず大御所の一人・城戸久先生は、『日本西教史』『フロイス日本史』をもとに、まるで“御殿群が広がるなかの一部が四階建てだった”ようなニュアンスの解釈をされています。

「すなわち山麓居館の建物として、まず大広間の存在が知られ、『西教史』記載の評議所がこれに相当するもので(中略)
さらに一段高所に書院が連続するもので、一部が四階建てであることは明瞭である。平面は一階に一五または二〇の座敷を有する点、ならびに望台、縁の存在から、おそらく中門廊・広縁・濡縁を有する園城寺光浄院、同勧学院客殿のような武家造風書院造が数棟連続したものと思われる。」

(城戸久『名古屋城と天守建築』1981)



さらに「四階建て楼閣」は楼閣でもなく、階段状の敷地に平屋の御殿が四段に連なったもの、という解釈に賛同した研究者が少なくありません。

「問題は、この建物が多層、つまり四階建の建物であったかどうかである。というのは、三階の茶室は、「甚だ閑静なる處」にあり、庭を備えていたと、フロイスはのべているからである。多層の建物ならば、二階から三階に上がったからといって、急に閑静な場になることはない。」
(秋田裕毅『神になった織田信長』1992)



結局、現在に至るまで、山麓の四階建ては「天主」と命名された楼閣だった、とまで言い切った研究者は、宮上先生のほかには無く、その主張はまさにエポックメイキングな出来事だったのです。

そこで今日は、宮上先生の主張の“論拠”はどういうものだったのか、発表時の講演の一部をご覧頂きたいと思います。


(宮上茂隆『天主と名付けられた建築』日本建築学会大会学術講演梗概集/昭和51年)

…さらにいま一つ注目すべきは周知の史料である『匠明』殿屋集の次の記載である(。)「武家ニ高ク作ル事ハ永禄ノ比南都多門山ニ矢倉ヲ五重ニ松永弾正始テ立ル、其後江州安土山ニ七重ニ亭ヲ信長公立給フ、是ニ名ヲ可付ト上意ヲ以嵯峨ノ策彦殿守ト名付ル也」。これは天守という名の建築の始まりを明確に述べた唯一のものであるが…
(中略)
…策彦の命名にしては『匠明』に記す「殿守」はいかにも俗っぽく、坂本城の「天主」や『信長公記』の「安土山御天主之次第」の「天主」こそ彼の撰んだ文字であった(に)違いない。それは「天帝」「上帝」などとともに、中国思想の根本をなす「天」の思想における天の主宰者を意味する。…


※( )内は当サイトの補足


エッ?とお感じになりませんでしたでしょうか。


「いかにも俗っぽく」「彼の撰んだ文字であった(に)違いない」という言葉でお分かりのように、宮上先生の主張は、推理というか、洞察というか、諸々の状況を総括して打ち出された「説」であって、例えば策彦(さくげん/臨済宗の禅僧)の遺稿など、何らかの“物証”にもとづく指摘ではなかったのです。


ですから場合によっては、策彦が命名したのは本当に「殿守」だった可能性もあるわけで、また岐阜城については“命名さえしなかった”可能性も残されているのです。

さらには、仮に「天主」と命名したとしても、それは“山頂の天守”であった可能性もありうるわけです。



岐阜城天守(復興)


天守の発祥を中国古来の思想に求めた宮上先生の問題意識は、当シリーズもまったく同じスタンスではありますが、ただいまご紹介した一件だけは、その後の天守の発展プロセスを考えるうえで、看過できない重大な事柄なのです。


いまは改めて宮上先生の影響力の大きさを思うばかりで、上記の全文は、論文情報ナビゲータで公開中です。

PDFで2ページの短文ですので、ぜひ一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?
http://ci.nii.ac.jp/naid/110004098864/

(※開いたページ右上のPDFボタンをクリック)





作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※当サイトはリンクフリーです。

※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ



2009年03月15日(Sun)▲ページの先頭へ
城の再発見!この世の頂に住まうための高殿





この世の頂(いただき)に住まうための高殿


備中松山城天守(岡山県高梁市)


現存十二天守のひとつ、備中松山城天守は、海抜430mの臥牛山(がぎゅうさん)の頂にあるものの、建物の全高はわずかに11m弱という、小ぶりな二重の天守です。

それでも初めて訪れたとき、ふもとの備中高梁駅の陸橋から、山頂にはっきりと遠望できたことが忘れられません。


当シリーズのホームページ(http://castles.petit.cc/)の冒頭で「武士がなぜ安土桃山時代になって突然、天守のような高層建築を必要としたのか…」などと書いておりますが、備中松山城天守のように、必ずしも建物の大小が「天守であるか否か」の決定的な条件ではないため、その辺の混乱をまねかないようにチョット書きます。

まず結論から先に申し上げますと、「高層建築」という最大の特色も、実は、天守が誕生したのちに、あとから“必要に迫られて”追加された要素かもしれない、というお話です。



では、いったい天守とは何なのか?? 各地の城を見たなかで「これぞ天守」という、原初的なイメージを感じた景色がこれです。


金華山の山頂に建つ岐阜城天守(復興)



岐阜城はご承知のとおり、鎌倉時代からの来歴を経て、かの斎藤道三が居城として拡充を図った城ですが、それを後に織田信長が奪取すると、ふもとに四階建ての楼閣などを建てて、山頂には「主城(フロイス日本史の翻訳より)」を築いたと伝わります。

写真は岐阜城の南6kmほどの地点から眺めた様子で、つまりは信長の軍勢が長年、攻め続けたときに見ていた景観に近く、信長は“あの山にわが城を”と心に誓い、それを実現して山頂に「主城」を建てたことになります。


「宮殿は非常に高いある山の麓にあり、その山頂に彼の主城があります。」
「同所の前廊から彼は私たちに美濃と尾張の大部分を示しましたが、すべて平坦で、山と城から展望することができました。」

(『フロイス日本史』松田毅一・川崎桃太訳より)


岐阜城天守から展望した名古屋方面(遠くのツインタワーが名古屋駅前)



フロイス日本史で「主城」と表現された山頂の天守は、普段は信長の家族しか立ち入れない私的な空間であり、信長は毎日、馬でふもとの御殿まで往復したとも云います。

存在が確実な草創期の天守のひとつですが、どんな建築であったかを伝える史料は乏しく、例えば城戸久先生の三重四階の復元案が貴重な試み(定説)になっています。


このように草創期の天守は、いきなり五重や七重が構想されたわけではなく、おそらく最初の天守は二重から四重ほどの規模ではなかったかと言われています。

では、それを建てた時点で、施主(織田信長)の意識としては、何をもって天守と判別していたのでしょうか?


フロイス日本史の文面からは、少なくとも次の二点が抽出できると思われます。
1.それは山頂にあった
2.そこから美濃と尾張の大部分が見えた


この1と2から、逆を想像してみますと、信長の新たな版図(美濃と尾張の大部分)からも「主城」がよく見えたことは確実だと思われます。


どうやら以前の記事でも話題の「四方正面」と関係のありそうな話になってきましたが、そうした1と2のイメージを、信長の脳裏に浮かび上がらせた「原典」のようなものは、どこかに存在しなかったのでしょうか?


そう考えた場合に、最も有力な候補として浮上してくるのが、中国古来の祭祀儀礼「封禅(ほうぜん)」ではないかと思われるのです。


泰山(山東省泰安市)


「封禅」とは、例えば映画『ラストエンペラー』で主人公の溥儀が満州国皇帝に即位するシーンで、清朝皇帝の衣服を着て土壇のうえで祈った儀式がそれなのですが、古代王朝の王(天子)や歴代皇帝の多くは、霊峰「泰山(たいざん)」の山頂に登り、天下の統一と太平を天に告げる「封禅」の儀式を行いました。


「封」は山上に土を盛って壇を築き、以って天を祀るの儀であり、「禅」は山下の土を削って墠(せん)を造り、以って地を祭るの儀である。
(中略)
自ら天に近く三元(天・地・人)の中間に立ってこれを如実に直結し、上は天下の統一と太平とを天帝に申告し、下は受命の天子たることを普(あまね)く天下に宣布せんとする構想の下に行われた(後略)

(石橋丑雄『天壇』1957より)


これだけを聞かれると、なんだか信長自身が帝位につこうとしたかのように聞こえてしまいますが、信長が封禅を行ったという事実はありません。

あくまで信長の想像力の“材料”として、それまで武家屋敷には皆無だった「天守と天守台」が突如、出現するための「原典」のイメージとなるには、最も有力ではないか、と申し上げたいのです。



例えば、信長はこの城を改修すると地名を「岐阜」に改め、その年から、かの「天下布武」の印判を使い始めています。

ご承知のように岐阜の「岐」は、古代中国の王朝、周の文王・武王が「岐山」を拠点にして天下統一を成し遂げたことにちなみ、「阜」は孔子が生まれた儒教の聖地「曲阜(きょくふ)」に由来すると言われます。

その孔子が生まれた時代は、まさに周が衰退して戦乱の世(春秋時代)を迎えたころで、そうした国家の分裂をなげく心から、儒教は生まれたとも申せましょう。



ですから「天下布武」をかかげた信長の意識には、応仁の乱から続く戦国の世を国家の分裂と解し、場合によっては足利幕府に代わってでも、再統一を果たす勢力になりたいという願望があって、それを万民に示すため、主城(天守)を「封禅」の場に擬した山頂に築いたのではないでしょうか??



フロイス日本史では、信長は「ヨーロッパやインドにはこのような城があるか」と度々フロイスに問いかけています。

我々はこの質問に「明(中国)にあるか」という言葉がなかったことに、もっと注意すべきではないかと思われます。


つまり信長自身の意識のなかに、山頂の「主城」(天守)と同じ類のものは、ひょっとすると明(中国)にもあるかもしれない、という危惧があって、それを暗に認めてしまった発言であるかもしれないからです。


織田信長像



幸いにして、天守は、我が国固有の建造物となったわけですが、それがいつ「高層建築」に変貌したかと言えば、それもまた、信長がみずから行ったことでした。


重臣・柴田勝家が守備した北ノ庄城(福井市)は、築城のおりに、信長が直々に縄張りを行ったと云われ、辺りは現在の福井市街で、平野のど真ん中でした。

ここで信長は、天守をなんとしても天に近づけるため、実に「九重」とも伝わる超高層化した天守を、初めて建造させたのです。





作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※当サイトはリンクフリーです。

※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ



2009年03月06日(Fri)▲ページの先頭へ
城の再発見!破風は重要なシグナルを担った





破風(はふ)は重要なシグナルを担った


前々回までの“天守の正面”論議においては、天守の「外正面(仮称)」が“敵方”を意味した可能性について、豊臣秀吉の天守群を例に挙げながらお話しました。

で、今回は、もう一方の「内正面」についてですが、以前の記事では「内正面は本丸など城内(および城下町)を向いた面であり、傾向として“破風がやや多い”などの特色を持たせて、味方、内輪、家中、幸い、といったニュアンスを含ませた感があり…」などと申し上げた件に関して、チョットだけ書きます。





写真は“破風の見本市”とも言えそうな彦根城天守ですが、この天守は、ご承知のとおり望楼型から層塔型への過渡期(慶長11年)に築かれたものです。


破風のお話としては、まずは「そもそも破風って何?」「なぜ天守には破風が多い?」という素朴な疑問からお話しなくてはならないと思うのですが、これが実は、かなりの難問でありまして、これまでに指摘されて来なかった類の“秘密”も隠されているようなのです。


と申しますのも、辞典等では、破風とは「2枚の板を山形に組んで構成した屋根の妻の部分」(武井豊治『古建築辞典』)などとだけ説明されていて、元来、三角屋根に付き物の造作であったわけですが、それが何故、天守においては、建築の構造に関わりなく、おびただしい数が設けられるようになったのでしょうか?

その動機や目的については、当時の文献、例えば江戸初期の建築書『愚子見記』等にも特段の説明はありませんで、ただ、作り方の“コツ”が示されるばかりだからです。


また実際の応用例として、破風内に鉄砲狭間を設け、中から狙撃を出来るようにした例もあったわけですが、そうではない破風が(時期を問わず)多数あったことも事実です。

となりますと、やはり、破風の主たる目的は“飾り”であり、天守は時期を経るごとに盛大に飾り立てられた… と結論づけられかねないのですが、実は、そうとばかりも言えません。




そう申し上げる理由は、第一に、望楼型天守には「内正面に破風がやや多かった」という傾向があり、そこにある種の「意図」が感じられることです。


そして第二に、いわゆる無破風の層塔型天守の登場を経て、四方にほぼ均等に破風を多用した徳川特有の層塔型天守が登場したとき、建築史上の重要人物、かの小堀遠州が介在する「作意と画期」が、はっきりと見てとれることです。


つまり破風とは、単なる飾りではなく、天守の意図(作意)を示すための重要なアイテム(シグナル)ではなかったのかと思われるのです。

詳細は今後のリポートでご説明する予定ですが、今回はその概略だけお話いたします。



第一の理由、望楼型天守の「内正面に破風がやや多い」というのは、現存の犬山城天守をはじめ、『大坂冬の陣図屏風』や『肥前名護屋城図屏風』に描かれた秀吉の天守群を見ても、じゅうぶんに想像しうる事柄でしょう。

特に攻守のベクトル(方角)にこだわった秀吉の天守群に、その傾向が見られる、ということは要注意ではないでしょうか。


そして天守が本丸石垣の一隅ではなく、単立式(独立式)などで本丸の中央付近に建ち、層塔型の木造部が主流になって来ると、破風の数に大きな変化が現れます。

変化の第一弾が、いわゆる無破風の天守であり、第二弾が、四方に破風を多用した徳川特有の層塔型天守だったと言えるでしょう。


そうした変化を経て、天守は「外正面」「内正面」という攻守のベクトルを失い、前々回まで話題の「四方正面」を完成したのではないか… とも想像できるわけなのです。




では最後に、そうした劇的な変化の中にあって、なおも望楼型の“作法”を引きずった、と考えられる、面白い層塔型天守の例をひとつ申し上げましょう。


二条城の絵図


京都に残る二条城は、江戸初期、後水尾天皇の行幸に際して改造され、二代目の天守が、新たな本丸の南西隅(図では「御本丸」右上)に建てられました。(※その後、江戸中期に落雷で焼失)

ご覧の図は改造後の様子を伝えた絵図ですが、天守の「破風の数」については、別に二種類の情報が史料上にあって定かでありません。


これについて故・宮上茂隆先生が面白い解釈をされたことがあり、それは、数を多く伝えた史料が天守の「東」面の情報であり、数の少ないのが「西」面ではないか、と考証されたのです。


「初重桁行の破風に関しては資料によって一個あるいは二個と異なるが、外観を重んじる東正面が二個で、西側すなわち城の外部に面する側は実用上、破風を一個だけにして窓を増やしたためと解釈できる。」

(歴史群像 名城シリーズ11『二条城』 文:宮上茂隆/学研 1996)




ご覧のような天守が完成したとき、すでに徳川特有の層塔型天守は各地にいくつか前例があったにも関わらず、西面に比べて、本丸や二之丸に向いた東面(表紙イラストのこちら側)は「破風の数が多かった」というのです。

そうしたアンバランスが真実ならば、この天守の位置と破風は、徳川幕府の変わらぬ「西国への警戒心」を示したシグナルであったのかもしれません。…






作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※当サイトはリンクフリーです。

※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ