城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2009/07

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (263)



全エントリ記事の一覧はこちら

2009年7月
     
 

新着エントリ
城の再発見!さらなる『江戸始図』の補足を。「刻印」優先論との深刻きわまりないバッティング (10/18)
城の再発見!『江戸始図』の「小天守」はどこに消え失せたのか?? (10/13)
城の再発見!家康が本当に好んだ天守の姿から問う、「江戸始図」解釈への疑問点 (9/29)
城の再発見!「京の城」の伝統的な天守の位置 →聚楽第の「北西隅」はむしろ新機軸の異端か (9/16)
城の再発見!ポルトガル海上帝国と「川の城」岐阜城 →あえて「C地区」の構造的な欠陥を疑うと… (9/1)
城の再発見!フロイスの岐阜城訪問記には金箔の「瓦」とはどこにも書いてない (8/17)
城の再発見!どうして岐阜城で「織田系」金箔瓦が発見されないか (8/3)
続々・甲府城「天守」のゆくえ →金箔付きシャチ瓦も「徳川包囲網」の目印だったのか?… (7/20)
城の再発見!続・甲府城「天守」のゆくえ →再訪の直感、天守台「穴倉」の内側も“見られること”を意識している (7/8)
城の再発見!甲府城「天守」のゆくえ →躑躅(つつじ)ヶ崎館の天守台との関係はどうなっていたのか (6/25)
城の再発見!近世城郭の「完全否定」で籠城戦に勝てたのが熊本城か (6/12)
城の再発見!これもコンクリート天守の「魔力」がなせる技か… 熊本城天守のすばやい解体と復旧 (5/29)
城の再発見!目的地は“東アジアの下克上”か?…満洲族と日本の17世紀「新興軍事政権」 (5/19)
城の再発見!肥前名護屋城の出現と「小中華意識」に没入した李氏朝鮮の無反応 (5/4)
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (23)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)


アクセスカウンタ
今日:2,038
昨日:2,207
累計:2,205,460


RSS/Powered by 「のブログ

2009年07月27日(Mon)▲ページの先頭へ
城の再発見!本当に窓が無かった?安土城天主の七重目





本当に窓が無かった?安土城天主の七重目


信長の館(滋賀県安土町)の復元例



上の写真は、内藤昌先生の考証に基づいて1992年のセビリア万博に出品され、現在は「信長の館」に展示中の七重目の内部です。

実に魅力的な原寸大の復元ですが、ご覧のとおり、この階には「窓」が一つもありません。


窓の無い最上階をもつ天守は、歴史上いくつか確認することができ、例えば国宝の犬山城天守も、遠目には窓のあるような外観でありながら、実は“見せかけの窓枠”が打ち付けてあるだけです。


犬山城天守の最上階/見せかけの窓枠

同/内部に赤く照りかえす絨毯



ご覧のような内部は、廻縁にでる戸を開けなければ真っ暗闇であり、戸を開け放つと、気持ちのいい陽光と風が入り込み、幕末に藩主が敷かせたという赤い絨毯がふかふかして、たいへん気持ちのいい空間になります。


しかしご想像のとおり、風雨の吹き荒れる日や、冬場の寒さの厳しい日などは、「望楼」「物見」と云いながら、この戸を開け放つことは容易でありません。

もし敵勢に城を囲まれた非常時において、天候が悪いと最上階は真っ暗闇、となると、何のための望楼(高層建築)なのか!?ということにもなってしまいます。


これは、ある種の、平和になった時代の、天守最上階の姿ではないのでしょうか??

(※ちなみにこの犬山城天守は、望楼部を含めて慶長6年、関ヶ原合戦の翌年の新築という新説も出されています。)


では安土城天主の七重目も、本当に窓が無かったのか? まずは文献から見てみましょう。



尊経閣文庫蔵『安土日記』(『信長記』T類本)
上一重 三間四方 御座敷之内皆金
外輪ニ欄干有 柱ハ金也 狭間戸鉄黒漆也
三皇五帝 孔門十哲 商山四皓 七賢
狩野永徳ニかゝせられ


(※この文献は階数を上から数えるため「上一重」は七重目のこと)


このように安土城天主の最上階の記録は、どの『信長記』類の本文も(金色だった範囲はやや相違があるものの、それ以外の描写は)大差ありません。

(※言葉を替えれば、どの文献も“行間補記”がクセモノなのです。)


では、そうした本文に共通する“要素”を(冷静に)書き出してみますと…


要素1.「三間四方」の「御座敷」である

要素2.「狭間戸(さまど)」が「鉄」張りで「黒漆」塗りである

要素3.縁という表現は使わずに「外輪(そとがわ)」に「欄干」がある

要素4.「狩野永徳」の描いた儒教画が4点か5点ある




これら四つの要素を他の天守と比べてみますと、安土城天主はかなり特殊でありながらも、かすかに共通点もあるようなのです。





すなわち、まがりなりにも「座敷」を備えた熊本城や小松城、そして「見せかけの欄干」を備えた丸岡城や彦根城の天守が、意外に共通性を感じさせるのです。

(※このうち「狭間戸」は、日本の城郭では一般に、堅格子(たてごうし)の入った窓を意味したこと。また「座敷」は、中世住宅において「畳敷き」を意味したことは、古建築の分野の研究成果を踏まえています。)


松山城の狭間戸の例(写真右下)

同/内側から(堅格子と外側の突上戸)



ちなみに冒頭の原寸大復元では、要素1「座敷」が板敷きに解釈され、要素2「狭間戸」はありません。これについて内藤先生は次のように述べておられます。


ここでいう狭間戸は後述『天守指図』で判明するように、東西南北の各面中央柱間にある折桟唐戸のことである。
(中略)
かの鹿苑寺金閣の最上階の床は黒漆であるを参考とすれば、この安土城天主最上階の床も黒漆であったとしてまず誤りなかろう。このくらい黒漆塗りの部分が多くなければ、『天守指図』六階冒頭の記述に「いつれもこくしつなり」というはずがないと思われる。

(内藤昌『復元・安土城』1994)

(※文中「六階」は地階を含まない数え方で「七重目」のこと)



折桟唐戸(おりさんからど)とは両開きで折りたためる(廻縁に出るための)桟唐戸のことですが、「狭間戸」をあえて桟唐戸と読み替え、『天守指図』の書き込みを最優先するという、先生のこうした発想の裏には、やはり文献の示す“要素”が基本的に多過ぎて、三間四方の望楼には納まらない、という悪条件も影響したものと思われます。



要素があふれる安土城天主の七重目



ですが、この悪条件を、どうにか破綻なく解決できる、画期的なアイデアはないものでしょうか?
実は、そうしたアイデアは無くもないのです。


と申しますのは、七重目は基本的に「座敷」であって、おそらく突上戸による「狭間戸」があり、そのうえ「狩野永徳」の絵のスペースも必要で、見せかけの「欄干」にせざるを得なかった… 

つまりは(特に記述の無い)「戸」がそもそも無かったのでは!!という、逆転の発想が、すべてを満足する答えではないのでしょうか。



戸が無かった??安土城天主の七重目(当ブログの試案)



「窓」が無いのではなく、逆に、廻縁にでる「戸」が無かった――


こうしたスタイルは、先に並べた天守群の中では、「丸岡城天守」にいちばん近い、ということにもなります。



草創期の安土城天主にして、すでに“見せかけの欄干”があったという当説には、なかなか抵抗感があるかもしれませんが、室内に狩野永徳の絵を四、五点も配置するという、他の天守には無い条件をクリアするための措置だったと思われます。

しかもこの説は、文献に伝わる「言葉」を、一語も、曲解せずに(!)着地点を見出した結果なのです。


次回も、七重目の復元をめぐる、もう一つのアイデアをご紹介します。







作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。




2009年07月20日(Mon)▲ページの先頭へ
城の再発見!図解!安土城天主に「八角円堂」は無かった





図解!安土城天主に「八角円堂」は無かった


前々回から話題の安土城天主の「八角円堂」問題や、その代案としての「十字形八角平面」については、やや立体的な説明が不足したまま、話を進めてしまったようです。

今回はその反省から、可能な限り“図解”を交えて、新解釈『天守指図』の二重目から六重目までを一旦、総括してみたいと思います。



静嘉堂文庫蔵『天守指図』/原資料に忠実な図は?



『天守指図』の7重分の平面図のうち、池上右平による“加筆”ではなく、加賀藩にもたらされた「原資料」に比較的忠実と思われる図は、ご覧のような一部分に過ぎないことを説明してまいりました。

そこから本来の各重を色分けしてみますと…


新解釈『天守指図』の天主台と二重目


新解釈『天守指図』の三重目


新解釈『天守指図』の四重目/各部屋の想定位置



「四重目」は以前の記事で「三重目とほぼ同じではないか」と申し上げましたが、そのすぐ上の五重目が屋根裏階として描かれているため、四重目の主要部分が屋根裏(五重目)より広い、ということは物理的にありえません。


そうした条件を反映したのが上の「四重目」案であり、その図上に『信長記』類に記された各部屋のおおよその位置を想定してみました。

若干の部屋割りの変更は必要になるものの、これで面積的には十分に納まりがつきます。



新解釈『天守指図』の五重目と六重目



そして問題の「六重目」は、五重目の中心部に建ち上がった“十字形八角平面”であって、“八角円堂”は存在しなかったと思われます。

この十字形八角平面は、眺望のための中国建築の様式(抱廈/ほうか)を南北に採用したもので、安土城天主はさらに城下町を一望できる設備として、西側に大規模な廻縁(まわりえん)を設けていたようです。



仙台城 城下を一望した「本丸懸造」CG(復元:三浦正幸)


余談ながら、ご覧の仙台城は“天守の無かった城”として有名ですが、ただし本丸の断崖絶壁から城下町を一望する書院建築「本丸懸造(かけづくり)」がありました。

この城は言わずと知れた伊達政宗の居城であり、同じく東国の雄・佐竹義宣の久保田城(秋田県)も「御出し書院」という、天守の代用とされた建築が、本丸の切り岸の上に建てられました。


このように、城主のために城下町の眺望を確保することは、あるべき「天守」の機能の一つであったようで、その原点は、あるいは安土城天主の六重目ではなかったかとも思われるのです。



新解釈『天守指図』の七重目



さて、新解釈『天守指図』の仕上げとして「七重目」をお示しせざるをえないのですが、例えばご覧のような、いびつな平面形であったように思われるのです。


最大の理由は『信長記』類の「上七重め 三間四方 御座敷之内皆金也」という記述の中の、「座敷」という言葉の(中世建築における)意味なのですが、詳しくは次回、改めてお話させていただきたいと存じます。

そして話題はいよいよ、安土城天主の立面(横から見た姿!)を検討するプロセスに入ってまいります。







作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。




2009年07月12日(Sun)▲ページの先頭へ
城の再発見!天空と一体化する安土城天主の上層階





天空と一体化する安土城天主の上層階


前回、安土城天主に「八角円堂」は無く、そのかわりに豊臣秀吉の大坂城天守と同様に、最上階の直下に「十字形八角平面」のあった可能性が高いことを申し上げました。

今回は、その安土城天主の「十字形八角平面」を際立たせた、安土桃山風の豪放なディティールについてお話いたします。



静嘉堂文庫蔵『天守指図』安土城天主の五重目/ 六重目が一緒に描かれた図



まず上の図は以前の記事でもご覧のものですが、六重目がたった4坪の回廊だったとしても、『信長記』類の記述とは何ら矛盾の無いことは明らかです。


岡山大学蔵『信長記』
六重め八角四間程有 外柱ハ朱也 内柱ハ皆金也
釈門十代御弟子等 尺尊成道御説法之次第
御縁輪にハ餓鬼共鬼共かゝせられ
御縁輪はた板にハ しやちほこひれうをかゝせられ
高欄擬法珠ほり物あり



すなわち回廊の壁面に「釈迦十大弟子」や「釈迦説法図」などの仏画が描かれた中を、七重目に向かって進んだとも想像できるからです。


しかも六重目と「御縁輪」の関係が特筆されたあたりは、上の図もしっかりと合致しています。

そこで改めて同じ図を、下のようにご覧いただきますと、たいへん不思議なことに西側の「のや(屋根裏)」にだけ、6本の柱が描かれています



静嘉堂文庫蔵『天守指図』安土城天主の五重目/ 西側にしかない6本の柱



ご覧の赤い輪で囲った柱は、なぜ西側にしか無いのでしょうか?

試しに、これら6本の柱を『天守指図』三重目(四重目とほぼ同じか)にダブらせてみますと、この五重目の屋根裏から新規に建てられた柱である可能性が強く、ということは、柱は上の屋根を突き抜けて、六重目の壁面より外の「何か」を支えていた節があります。


となると、例えばここには、回廊(六重目)と接続した西側だけの大規模な廻縁(まわりえん)が、6本の柱に支持されて、コの字型に張り出していた、とは考えられないでしょうか?

その規模は実に南北9間、東西2間、幅1間に及びます。


これはおそらく、天主(安土山)西側の城下町を見渡すには格好の設備であり、まさに“眺望”のための「十字形八角平面」を際立たせた構造物のようにも思われます。

しかも城下からそうした信長の姿を目撃した場合、神々しいほどの印象を与えた可能性があるのです。


御縁輪はた板にハ しやちほこひれうをかゝせられ
高欄擬法珠ほり物あり


(前記『信長記』部分)


すなわち、コの字型の縁下の「はた板」(端部の板)には「鯱」や「飛龍」が描かれ、縁は擬宝珠や高欄、彫物で飾られたうえに、6本の柱の構造からは、それらが六重目の屋根にまで達して、軒を支えていた様子も想像できるからです。


富士山本宮浅間大社(静岡県)本殿



そうした安土城天主の廻縁に近いイメージを感じさせるのが、ご覧の建築であり、まるで天空と一体化するかのような構想です。


富士山本宮浅間大社のホームページによりますと、この本殿はなんと徳川家康の造営によるもので、1階が5間四面葺き卸しの宝殿造り、2階が間口3間奥行2間の流れ造りという、他に例の無い構造です。

その構造がいっそう分かりやすい写真は、前記ホームページに掲載されていて、特に2階の基部がまるで『信長記』類の「はた板」を連想させる点など、一目瞭然です。

もしこの基部に「鯱」や「飛龍」が描かれていたら、と思うと、身震いがしそうです。


なお安土城天主の場合、この上にさらに七重目があったわけであり、また廻縁は六重目の南北の張り出し(「小屋之段」)にもそれぞれ接続していた可能性があります。


安土山内/本丸とハ見寺の間の城道



さて最後に、この幻の廻縁に関して、是非とも指摘したい点が、かの「ハ見寺」(そうけんじ)との位置関係です。

ご承知のとおり、ハ見寺は信長が安土山上に建立し、フロイス『日本史』によりますと、信長の誕生日に合わせた参詣を領民に命じたと伝えられる寺です。


そうした寺の遺構は、本丸の南西200mほどの峰上にあり、したがって寺に詣でた領民は、いやがおうにも安土城天主の豪放華麗な西面を、より間近から仰ぎ見る形になっていたのです。







作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。




2009年07月05日(Sun)▲ページの先頭へ
城の再発見!安土城天主に「八角円堂」は無かった!





安土城天主に「八角円堂」は無かった!


安土城天主CGの一例(復元:佐藤大規)



安土城天守を除いて、八角形の上層部分をもった天守は、いまだかつて伝えられていないし、そのようなものは、今までに認められていない。もし、まことに安土城天守の上層部が八角平面であったとすれば、後世、どこかで、だれかが模倣してもよいはずである。それを範としたと考えられる秀吉の大坂城天守においては、なおさらのことである。

(城戸久『城と民家』1972)


前回もご紹介した、日本の城郭研究のパイオニア・城戸久先生の発言ですが、日本史上、安土城天主のほかに、正八角形(八角円堂)を組み込んだと思しき天守が、一つも無かったことは、ゆるぎない事実です。

ところが、例えば上記CGの復元案には「日本建築の屋根の造り方の常識の内であること」(『よみがえる日本の城 22 安土城』2005)という説明の文言があったりします。

これは一体、どういうことなのでしょう??


今回は、日本の城郭研究者にとって、一種の“トラウマ”ともなっている「安土城天主の八角円堂」問題についてご紹介します。



岡山城天守



さて、ひとまず八角円堂は頭の隅に置きつつ、望楼型天守でかなりポピュラーであった構造物、屋根上の「張り出し」にご注目いただきましょう。

写真の岡山城天守では、下から三重目で手前に張り出した箇所ですが、これは大屋根の屋根裏階の眺望を得るため、階を部分的に大屋根の外にせり出して、窓と覆い屋根を設けたものです。


では試しに、この張り出しのある階とは、一般にどのような平面形をしていたのか、次の図をご覧下さい。





ご覧のとおり、階全体は十字形というか、赤十字マークのような形をしています。で、この形を的確に表現できる「日本語」は意外にも無いようです。

すると、それは必ずしも現代に限ったことでなく、ひょっとすると信長や秀吉の時代もそうであったかもしれない、と考えた時、ある大きな疑問が浮上します。

と申しますのは、この形、「角」が「八つ」突出しているため、便宜的に「八角」と呼んだことはなかったのだろうか?? という疑問なのです。



例えば、八つの角をもった建築は中国大陸に多くの事例があり、杜甫の「岳陽楼に登る」の詩で有名な岳陽楼は、日本では江戸期の襖絵でもよく知られています。


岳陽楼図(原在照筆/京都御所 御学問所)



また現に、中国河北省石家荘の毘廬寺(びるじ)正殿も十字形の平面ですが、「五花八角殿」との異名があります。

さらに有名な武漢の「黄鶴楼」をはじめ、四方に部屋(中国建築の用語で「抱廈/ほうか」)を張り出した手法は、より複雑さを増しながら、城壁の角楼や苑内の亭など、眺望を第一とする建築に特有の様式として大陸各地に普及しました。


   紫禁城角楼(北京市)        東岳廟飛雲楼(山西省)



我が国の天守の「張り出し」にはこれほどの複雑さはありませんが、中国建築の「抱廈」は、屋内と外気との間に設けた別空間を目的とし、そのバルコニー的な意味合いは共通していたのかもしれません。

したがって、十字形に八つの角がある平面は、「眺望」とたいへんに縁の深い形であったと言えそうなのです。

当ブログでは、この形を仮に「十字形八角平面」と呼ぶことにいたします。




そして一方、幻の安土城天主の復元においては、城郭研究史上の名だたる先生方は殆ど、六重目の「八角」(『信長記』類)を「八角円堂」であると解釈して来られました。


八角円堂とは、法隆寺の夢殿のごとく正八角形の平面をした建築であり、古来、アジアでは「故人の供養塔」に使われる場合が多かったものです。

ですから、安土城天主の復元案はいずれも、そうした八角円堂を最上階望楼の直下に組み込んでいることになります。

いったい何故、古今の城郭研究者は、文献中の「八角」を八角円堂と解釈したのでしょうか?



其外部は四方八面よりの美観を保つ為に出来た構造であったものと考へられる。(古川重春『日本城郭考』1974)

…(吉田)兼倶は「神霊管領長上」を自称し、伊勢の神霊が吉田社に移ったとして、京都東山に八角円堂の「大元宮」という新様式の建築を創始する。(中略)五階に八角円堂をもつ安土城天主は、そうした「大元宮」をさらに高層化したものといえよう。(内藤昌『復元・安土城』1994)

八角平面の建物も、もともと道教に由来する形式である。八角と四角の建物を上下に重ねた楼閣は、わが国においては安土城だけであるが、中国においては現存するものだけでも少なくない。(宮上茂隆『歴史群像 名城シリーズ3 安土城』1994)

八角堂構造は、現存する天守や、写真・図面等で形の分かっている失われた天守にも一つもない。あまりに独創的で真似されなかったのだろうか。(香川元太郎『日本の城 古代〜戦国編』1996)



ご覧のように、ここに列記した先生方は、何故「八角」かという理由づけはバラバラですが、その復元案は軒並み「八角円堂」を採用しています。


特に、中世住宅の「間」という言葉は一間×一間の広さ(一坪)を意味した、という野地先生以来の研究を支持した宮上茂隆先生まで、「八角四間程有」の「間」は広さでなく、長さと読んで、八角円堂の“直径”としてしまったのは驚きです。


これはもう、「八角円堂」が城郭研究者にとって、ある種の“トラウマ”になっているのではないか、と思わざるをえない状況です。



安土城天主には八角円堂があった―――この天守研究における“定説中の定説”には、もはや異を唱えるのも並大抵ではないのですが、今回は試しに、天守の歴史における「八角円堂」の出現例と、張り出し等による「十字形八角平面」の出現例の頻度を、比べてご覧頂きたいと存じます。






当ブログが申し上げたい意図は、上の表で一目瞭然でしょう。

右の「十字形八角平面」は、実際には、この何倍かの事例が歴史上に存在したのではないかとも思われます。


ですから最低限申し上げられることは、天守の歴史において頻発したのは、豊臣秀吉の大坂城天守を一つの原点とした「十字形八角平面」であり、“八つの角をもつ平面”としては圧倒的に主流を占めていたという事実です。


おそらくは、第二の望楼として“眺望”にふさわしい様式(「抱廈」)を採用したものであり、それが諸大名の望楼型天守において「張り出し」となり、全国に普及していったのではないかと思われるのです。


(※余談ながら、これは後に層塔型天守にも応用され、例えば寛永度の江戸城天守において、最上階のすぐ下の階で、四方に「張り出し」が設けられたのは、この手法の最終形態だったのかもしれません。)


ですから端的に申せば、「八角」とは、「供養」の場ではなく「眺望」のための場だったのです。




新解釈『天守指図』安土城と豊臣大坂城/二つの天守は相似形だった



この二つの天守が“相似形”だった可能性を考えてみても、やはり、安土城天主には八角円堂は無かった―― 日本の城郭研究がトラウマから解き放たれ、こう断言できる日の来ることを願ってやみません。







作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。