城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2009/10

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (252)



全エントリ記事の一覧はこちら

2009年10月
       

新着エントリ
城の再発見!これもコンクリート天守の「魔力」がなせる技か… 熊本城天守のすばやい解体と復旧 (09:06)
城の再発見!目的地は“東アジアの下克上”か?…満洲族と日本の17世紀「新興軍事政権」 (5/19)
城の再発見!肥前名護屋城の出現と「小中華意識」に没入した李氏朝鮮の無反応 (5/4)
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)
城の再発見!「革命」は 信長→秀吉→三成 の三人で完成するはずだった? 時空を超えた<石田三成≒大久保利通>説 (9/27)
城の再発見!徳川家康の画期的な着眼か→ 四方正面(八棟造り)は平城の「求心性の自己表現」にもなる? (9/14)
城の再発見!ならば聚楽第チルドレンの筆頭・天正期の駿府城には「小天守」とともに大天守もあったのか (8/29)
城の再発見!毛利輝元らは聚楽第で天守を見ていなかった!? とすれば… 広島城天守をめぐる“ぬぐえぬ疑問” (8/15)
城の再発見!最上階にやはり白鷺(しらさぎ)の絵 → 問題の層塔型「御三階」の構造を推理する (8/2)
城の再発見!後継者・秀次の墓穴(ぼけつ)――最大の過失は、洛中に強固な「城」を築いてしまったこと?? (7/15)
城の再発見!異例の側室・摩阿(まあ)姫が住んだ「京都天主」「聚楽天主」の正体 (7/4)
城の再発見!40m四方の天守台!? →『聚楽第図屏風』には天守が描かれていないのかもしれない… (6/20)
城の再発見!驚嘆、信長の「天下」観念は今日にも通じているのか… (6/9)
城の再発見!話題の「旧二条城」と岐阜城と小牧山城の“合体形”として安土城は出来上がった? (5/25)
城の再発見!続々・信長の「天下」――安土城天主は天皇の行幸殿の上にそびえ立ち、見おろしていた、とする見方の多大な影響 (5/10)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (12)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)


アクセスカウンタ
今日:1,324
昨日:1,269
累計:1,947,808


RSS/Powered by 「のブログ

2009年10月27日(Tue)▲ページの先頭へ
城の再発見!戦慄!天主の「蔵」は正倉院と同じ床面積だった





戦慄!天主の「蔵」は正倉院と同じ床面積だった


正倉院(左側が南倉・中央が中倉・右側が北倉)


今週は記事のアップが一日遅くなり、失礼しました!


さて、前回ご紹介した織田信長の「蘭奢待(らんじゃたい)」切り取り事件において、何より重要なポイントは、実は、正倉院の北倉・中倉・南倉の三つの倉内を、信長は自らの目で確かめた、という点にありそうです。

そのあたりの経緯を、再び由水常雄先生の『正倉院の謎』から引用させていただきますと…


この信長の開封には、京都より中倉と北倉の封および鍵をもってきたが、南倉は寺の三綱僧の封がつけられている綱封蔵(こうふうぞう)なので、この鍵も京の公家に保管されていたのだが、持参されなかった。
しかし信長は南倉もみたいというので、寺では相談の上、扉の錠前のついている横木を打ち離し、錠を鍛冶屋に切り取らせて、中をみせた。


(由水常雄『正倉院の謎』2007より/カッコ内は当ブログの補足)


このように信長は、正倉院の倉内の状態に、特別な関心を寄せていたことが分かります。

(※それに対し、大騒動に至った蘭奢待そのものは、二つに割ってそれぞれ茶人・津田宗及と千利休に与えてしまい、その時の破片は重臣・村井貞勝に与えて、自らは香を焚くこともしなかったそうです。)

つまり信長のねらいは、前掲の本で由水先生が指摘したとおり、正倉院の宝物に手をかけるという「超越者の立場を顕示」することにあって、その次の関心事としては、もう香木そのものは眼中に無く、正倉院の“構造と使われ方”を確認することにあったようなのです。



正倉院 平面の模式図(単位:尺)


では、その正倉院の平面の規模ですが、図のように周囲に突き出た「跳ね出し」を除いて、南北の合計が108尺余(約33m)、東西が30尺余(約9.3m)となっています。

北倉・中倉・南倉はほぼ同じ規模で、仮に図の数値から単純に計算しますと…
 北倉=1043.1平方尺
 中倉=1219.1平方尺
 南蔵=1042.5平方尺

三倉の合計は3304.7平方尺になります。


一方、我らが安土城天主の「高さ12間余の蔵」に該当する中心部は、ご覧のとおり七尺間で4間×6間ですので、単純に計算しますと、一重目〜四重目は各重とも1176平方尺ということになります。


正倉院と『天守指図』三重目(同縮尺)


ただし図のように、安土城天主の場合は、四重分の×4ではなく、三重分の×3で考える必要がありそうです。

と申しますのは、石蔵内部の一重目は一間ごとに礎石が配置されていて、柱が林立していた可能性が言われています。

その様子は、ちょうど、正倉院の床下の柱(円束柱)が林立する様子にも似ていて、両者は何か意図的な類似性(床下としての扱い)があるようにも感じられるからです。


そこで仮に、仮にですが、その一重目を除外して、貴重な品々を納める“本式の蔵”として使われたのは、二重目から四重目までの三重分だけだった、と仮定してみますと、その合計の床面積は…

 1176平方尺×3重分=3528平方尺


正倉院3304.7に対して、安土城天主3528。二つの数値はやや近いようですが、まだ、とりたてて何か言えるほどではありません。

ただ、両者はともに扉口付近や階段室など、実際には“収蔵に使えない”スペースがあります。



正倉院の場合は全体の9分の1が扉口付近にあたり、安土城天主の場合は6分の1が階段室になります。

そこで、その面積を除外してみると、どうでしょうか…


 正倉院 3304.7×(9分の8)=2937.5平方尺

 安土城天主 3528×(6分の5)=2940  平方尺




なんと両者の差は2.5平方尺。わずか48cm四方で、座布団一枚分(!)しか差が無かったのです。

建物全体のスケールからすると、これはもう“意図的に同じ規模でピッタリ合わせた”と申し上げても良いレベルにあるのではないでしょうか。




しかし、しかし、後出しジャンケンのようで恐縮なのですが、下図のように、正倉院は内部が二階建てになっていて、さらに一考を要するのです。


正倉院 断面の模式図(大正時代の修理前/北から見た状態)


つまり正倉院の床面積は、先程の数値の倍になるわけです。

果たして奈良時代からこうだったのか、(すなわち信長が見た時もそうだったのか)という点については、円柱の通柱が二階の床を支える構造は、円柱の両脇に角柱二本を添えて支える独特のもので、これを東京文化財研究所の清水真一先生は次のように説明しています。


柱に欠損部が生じることを避けて板床を張るための手法であり、古代の床組構法の典型である。
(奈良国立博物館編『正倉院宝物に学ぶ』2008所収/清水真一「正倉院の建築と機能」)


したがって信長もこの内部の二階建ては目撃したはずで、合計の床面積が倍近くになることも鮮明に記憶したに違いありません。

ちなみに、宝物はすべて辛櫃(からびつ)に納められ、倉内は辛櫃だけが並ぶ状態であり、そのため正倉院の内部一階は、階高が1間強でも十分であったようです。


同縮尺の正倉院と安土城天主「蔵」部分



さて、そうなりますと、安土城天主の「蔵」構造もやや検討が必要で、一重目〜四重目は例の「本柱」8間が中心を貫いていて、各重およそ2間ずつの階高が許されるわけですが、そう単純に2間ずつであったかどうかは分からなくなって来ます。

蘭奢待の切り取りを敢行した信長の意図(さらなる野望)によっては、二重目〜四重目は(正倉院とそっくりに)内部でさらに二段式の床で仕切られ、倍の床面積を有していたのかもしれません。

そうした独特の構造については、階段室(踊り場)との兼ね合いもあって、かなり複雑な仕組みになっていた可能性がありそうなのです。


次回はその驚異的な姿(信長の未完の野望/未遂の暴挙)をご覧いただきます!






作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。




2009年10月18日(Sun)▲ページの先頭へ
城の再発見!信長は天主の核心をベールに包んだまま死んだ





信長は天主の核心をベールに包んだまま死んだ


Bさん「そもそも天守閣って何なんですか? 映画の安土のも随分と大きいみたいで」

私「(いきなりの直球な質問にどうにか答える)」

Bさん「へぇ7階建てですか、木造では限界ですよね…(何故そんなに大きくしたのか)」と、さも聞きたそうな表情。



つい2、3日前も、こんな質問を仕事先の知人から受けて、改めて「天守(天主)」という建造物が抱えている根源的な問題を感じました。

つまり「そもそも何なのか?」という(一般社会からの)素朴な疑問にズバッと答えきれないハンデ―― 言い換えれば、天守(天主)の核心部分が今もってブラックボックスに入ったまま、日本中で城郭談義がなされたり、天守の復元計画が論議されたりしているという、不思議な状況が日々続いています。



織田信長像


当ブログはこの五ヶ月ほど、集中的に安土城天主の“再発見”を記事にしてまいりましたが、その中で、最大かつ最後の謎として残ったのが、天主中心部に構築された「高さ12間余の蔵」に、信長はいったい何を収蔵するつもりだったのか? という問題です。


この「蔵」に何を納めるかは、おそらく安土城天主そのものがどういう性格の建物だったのか、ひいては「天守」は何を目的に誕生したのか、それがなぜ七重もの規模を必要とするに至ったのか、という様々な疑問の解消につながるように思われます。

あえて申し上げるなら、信長は天主(天守)を創造しておきながら、実は、そうした“天主の核心”をベールに包んだまま、本能寺で死んでしまった―― 

このことが結局、21世紀の今日になっても、「天守閣って何ですか?」という日本人全体の意識(認識)に影を落としているように思われてならないのです。




さて、そこで例えば“織田信長と収蔵品”という連想をしてみた場合、最も大勢の方の頭に浮かぶのは、かの有名な「蘭奢待(らんじゃたい)」ではないでしょうか?


正倉院宝物「蘭奢待」




蘭奢待は、天下一の名香として東大寺の正倉院に秘蔵されていたのを、いちやく天下に踊り出た信長が強引に切り取らせた、という話で知られる香木ですが、この事件が起きたのは天正二年、つまり安土城の築城が始まる2年前のことでした。


蘭奢待とは黄熟香の別名で、慶長年間のころから一般に使われた名称である。
この三字の中に、東大寺の名が隠しこまれている。
誰が考え出したか知らないが、当時よりそのことは知られていたとみえて、香道ではこの香のことを別名「東大寺」とも呼んでいるという。

(由水常雄『正倉院の謎』2007)




歴史ファンですでに読まれた方も多いようですが、この本、正倉院とその宝物の驚くべき実態(大半の散逸と入れ替わり)を紹介していて、特に、歴代の天下人がいかに権力をもって正倉院の扉をコジ開け、宝物を私物化して来たかが詳しく描かれています。


奈良時代に、光明皇太后の名において東大寺に奉献された宝物は、約七四〇点であったが、そのうち今日まで伝存している宝物は、わずかに一五〇点ほどにすぎない。
正倉院に現存する宝物は、古裂やガラス玉類のような「塵芥」を除いて、一万点余りにものぼる。その九千数百点の宝物類は、いったい、いつどのようなところで作られて、どういう経緯をたどって正倉院に入ったのか

(由水常雄『正倉院の謎』2007)


この本で由水先生は、「勅封」で守られたはずの正倉院が、実際は「歴代権力者たちの開封」を受け、嵯峨天皇、藤原道長、鳥羽上皇と後白河法皇、源頼朝、足利義満・義政、そして織田信長、徳川家康、明治天皇といった歴史的な人物たちに開けられた例を列挙しています。

例えば平安三筆の一人であり、独裁的な権力を手にした嵯峨天皇は、国際的な名宝とも言うべき王羲之や王献之の書をはじめ、聖武天皇のゆかりの品や、宮中を飾る大量の屏風類を倉から出させ、わずかの金銭で買い取ってしまったそうです。


こうした正倉院の宝物を自由自在に使うことによって、何びとといえども追従できない文化的荘厳をおこない、超越者の立場を顕示したのである。
(中略)
真に天下を制し権力者になったものだけが、はじめて正倉院の宝物を手にすることができるという、伝統的な権力象徴思想とでもいうべきものが、このとき以来、日本の政治権力者の間で、近代に至るまで受け継がれてゆくことになるのである。
(由水常雄『正倉院の謎』2007)


様々な権力者が正倉院の扉を開けたのち、いよいよ信長による開封(蘭奢待の切り取り)がどのように行われたかは、『天正截香記』(天正二年三月二八日の年預浄実の手記)に詳しく書かれていて、本の中では口語訳で紹介されています。


それを見ますと実際は、寺領の安堵と引き換えに蘭奢待を拝見したい、という信長の書状を塙直政と筒井順慶が持参し、それを寺側が受け取ったものの、返事は今宵までにと言われて大騒ぎになったようです。

そんな騒ぎを他所に、信長は四日後には多聞山城まで来てしまい、結局、自らの名代を寺に遣わし、蘭奢待を城内の泉殿に運ばせて、そこで仏師に切り取らせたのでした。


それからしばらくして、信長自身が倉まで出向いてきて、倉の中を一覧して、大仏詣でに行かれた。
その道中、「紅沈香も天下無双の名香だから、端の倉などに入れておかないで、蘭奢待と一緒に入れるべきである。囲碁盤はもとの北倉においておけばよい。また、後でわかりにくくなるので、櫃には別々に香の銘を書いて入れておくように」と、佐々間衛門を引き返させて、寺門へ伝言させた。

(由水常雄『正倉院の謎』2007)


かくして信長は、先例に構わず、わずか数日で蘭奢待を切り取らせ、正倉院の内部(北倉・中倉・南倉の三つ)を実見した上で、いちいち宝物の置き方にまで注文を付けようとしていたのです。

この時、信長は頭の中でいったい何を目論んでいたのでしょうか?


その2年後には、信長は「太平ノ兆(きざし)」と詠わせた安土山に築城を開始し、やがて建物の中心部に「高さ12間余の蔵」をもつ天主の建造を始めるのです。

(次回に続く)






作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。




2009年10月12日(Mon)▲ページの先頭へ
城の再発見!続報・失われた天主「心柱」の歴史





続報・失われた天主「心柱」の歴史


前回、安土城天主と姫路城天守に共通する「12間余」という数値から、草創期の天守には、或る種の“失われた心柱の歴史”があったのではないか、と申し上げました。

今回は、その仮説を補強する意味でも重要な「本柱の継ぎ」についてお話いたします。



ご承知のように、姫路城天守の東西2本の「大柱」は、西側の1本が途中(四重目の床)で継がれていて、実際は上下2本の柱から成っています。

それを踏まえて、安土城天主の場合はどうかと『天守指図』を参照してみますと、下図のとおり、南側の「本柱」は、五重目(六重目)の中心部の柱と“同じ位置”にあって、これらは(姫路城と同様に)上下で継がれていた可能性もありそうなのです。


静嘉堂文庫蔵『天守指図』三重目と五重目の色づけ合成


図の赤輪で囲った柱がそれであり、上下に継がれた様子を、試しに前回の立体図に描き加えてみますと…




このように南側の「本柱」は、合計の高さが12間余に迫り、六重目の梁・桁に達していた、と考えることも全く不可能ではないのです。


(※また蛇足ながら、上部の+4間余の柱は、文献で三番目に記された「一尺三寸四方木」がそれであり、残りの「六尺四方」は吹き抜け周囲の柱群がそれであった、と考えるのは調子に乗り過ぎでしょうか?)

柱数二百四本 本柱長さ八間
本柱ふとさ一尺五寸四方 六尺四方 一尺三寸四方木

(尊経閣文庫蔵『安土日記』)





そして、前掲の五重目の図において注目すべき存在が、『天守指図』中で最大の階段でもある、「本柱」脇の長さ2間・幅1間の“大階段”です。

周囲の構造を検討してみますと、この階段は、一重目〜四重目の「蔵」を登ってきた者が、五重目・六重目の吹き抜けに上がるための“区切り”の階段であり、この建物の中でも印象的な舞台装置の一つと言えそうなのです。




角度的にみて、この階段を登り始めたとき、すでに目線の先には、吹き抜けの華やかな格天井の一部が見えていた可能性があります。

おそらく「蔵」内部が比較的に素朴な造りであって、そもそも「金灯爐」で照らされただけの薄暗闇であったのに対し、六重目は窓の可能性があり、陽光が差し込む空間の格天井は、まるで別世界に出たような光景だったのではないでしょうか。


(※ちなみに上図と最後の図のように、居室エリアを登ってきた者は南東隅の階段から五重目に上がり、六重目に向かう階段の下、まさに「本柱」周囲の立体交差的な通路によって合流する形になっていたようです。)


そして、ひたすら「蔵」を登って来た者は、そこに納められる“収蔵品”との対比においても、問題の階段で劇的な印象に襲われることを、織田信長は企図していたようなのです。

(次回に続く)


六重目から七重目に向かう登閣路の推定






作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。




2009年10月05日(Mon)▲ページの先頭へ
城の再発見!映画に登場した天主「心柱」の失われた?歴史





映画に登場した天主「心柱」の失われた?歴史


城郭ファンの間で話題の映画『火天の城』は、安土城天主の大工棟梁・岡部又右衛門を主人公にしているためか、物語の展開には、巨大な通柱(とおしばしら)が重要な役割を担っています。

この天守を貫く大規模な通柱、昔の堂塔時代の言葉で「心柱」と言えるほどの通柱をもった天守は、かろうじて確認できる数から言っても、姫路城や岡崎城などごくわずかで、完全に少数派に陥っています。


姫路城天守の東西2本の「大柱」(右写真は4階内部)


天守に、太い通柱を使っているよい例は姫路城天守であるが、ここでは天守平面中央部に、東西に並んで二本の太い通柱が立っている。
それらの根本における長径は、三尺余もあり、安土城天主の通柱より、はるかに太い。
それは、ここの通柱が二本しかないこと、地階から最上階(六階。安土と同じ階数)床下まで六階分を貫き十二間余(約八十二尺)もあること、姫路城天守内部は仕切が少なく従って柱数が少ないこと、などが原因して、大断面を必要としたものと考えられる。


(宮上茂隆『国華』第999号「安土城天主の復原とその史料について(下)」)


このように姫路城では「大柱」と呼ばれますが、安土城の場合は「本柱」と呼ばれたようで、長さ(高さ)は8間と伝わります。


柱数二百四本 本柱長さ八間
本柱ふとさ一尺五寸四方 六尺四方 一尺三寸四方木


(尊経閣文庫蔵『安土日記』より)


また天主全体の高さは「十六間々中」(16間半)と記されていて、となると、「本柱」はその何重目まで貫いていたのか? という問題が浮上して来ます。


その点、当サイトの『天守指図』新解釈では、「四重目」の図がまるごと池上右平の“加筆”ではないかと考えているため、「本柱」の上端については何も情報が無いことになります。

そこで、姫路城天守の例を引用してみますと、各階の階高は2間前後であり、これと同様の規模と考えるならば、「本柱」8間でやはり4階分、つまり五重目の床下まで達していた、とすることが出来ます。





図のグリーンの領域は、天主中心部に構築された「高さ12間余の蔵」のうち、「本柱」とともに建ち上がった四重目までの「蔵」の範囲を示してみたものです。


この上に、これまでの記事でご説明してきた五重目・六重目の吹き抜けが重なり、その上に七重目が載っていた、としますと、おそらく次のような構造になるでしょう。




ご覧のように「高さ12間余の蔵」とは、一重目〜四重目の階層的な「蔵」と、五重目・六重目の吹き抜けまで、を合算したものではないかと思われるのです。


そしてここで留意すべきは「12間余」という数でしょう。

(前出の宮上茂隆先生の論考より)

地階から最上階床下まで六階分を貫き十二間余(約八十二尺)もあること


なんと「十二間余」は、安土城も、姫路城も(最上階床下までの数値として)思わぬ一致を示していて、ひょっとすると数が踏襲されたのかもしれない… 

ここに何か、草創期の天守の“失われた心柱の歴史”が垣間見えるようなのです。

(次回に続く)







作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。