城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2010/03

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (249)



全エントリ記事の一覧はこちら

2010年3月
 
     

新着エントリ
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)
城の再発見!「革命」は 信長→秀吉→三成 の三人で完成するはずだった? 時空を超えた<石田三成≒大久保利通>説 (9/27)
城の再発見!徳川家康の画期的な着眼か→ 四方正面(八棟造り)は平城の「求心性の自己表現」にもなる? (9/14)
城の再発見!ならば聚楽第チルドレンの筆頭・天正期の駿府城には「小天守」とともに大天守もあったのか (8/29)
城の再発見!毛利輝元らは聚楽第で天守を見ていなかった!? とすれば… 広島城天守をめぐる“ぬぐえぬ疑問” (8/15)
城の再発見!最上階にやはり白鷺(しらさぎ)の絵 → 問題の層塔型「御三階」の構造を推理する (8/2)
城の再発見!後継者・秀次の墓穴(ぼけつ)――最大の過失は、洛中に強固な「城」を築いてしまったこと?? (7/15)
城の再発見!異例の側室・摩阿(まあ)姫が住んだ「京都天主」「聚楽天主」の正体 (7/4)
城の再発見!40m四方の天守台!? →『聚楽第図屏風』には天守が描かれていないのかもしれない… (6/20)
城の再発見!驚嘆、信長の「天下」観念は今日にも通じているのか… (6/9)
城の再発見!話題の「旧二条城」と岐阜城と小牧山城の“合体形”として安土城は出来上がった? (5/25)
城の再発見!続々・信長の「天下」――安土城天主は天皇の行幸殿の上にそびえ立ち、見おろしていた、とする見方の多大な影響 (5/10)
城の再発見!続・信長の「天下」とは――せっかく築いた小牧山城と城下をなぜ4年で捨てたのか? (4/25)
城の再発見!信長の「天下」とは――いつごろまで「天下布武」印を使ったのか?という素朴な疑問から (4/11)
城の再発見!続・豊臣大坂城天守も階段群が2系統 →「2系統なのは何階までか?」で各天守を区分すると… (3/29)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (9)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)


アクセスカウンタ
今日:280
昨日:2,692
累計:1,898,091


RSS/Powered by 「のブログ

2010年03月20日(Sat)▲ページの先頭へ
城の再発見!宮上案vs佐藤案は勝負がつかない





宮上案vs佐藤案は勝負がつかない




前回ご紹介した『歴史スペシャル』2010年2月号は、安土城天主の歴代復元案の“公平性”云々という観点だけでなく、各論の“相違点”を見ても、実に面白いポイントが見つかります。

そこで今回は、特に<宮上茂隆案vs佐藤大規案>の比較において、天主台石垣の上に天主がいかに載っていたかをめぐる攻防を“観戦”してみましょう。


宮上茂隆案 vs 佐藤大規案


お馴染みの表紙イラストでご覧のとおり、左の宮上案は天主台石垣が二段式になっていて、これは『信長記』の「安土ノ殿主ハ二重石垣」という記述を具体化させたものですが、それに対して…


(宮上案は)低い堤防状の穴蔵石垣を天主台の内側に引き込めて設け、整然とした四角形平面の天主に復元しているが、そうであれば、低い穴蔵石垣に合わせて礎石列を並べられたはずで、現存する遺構との整合性がない。

(三浦正幸/『歴史スペシャル』2010年2月号より)


このように、佐藤案を紹介する三浦正幸先生の文章には、宮上案への批判が含まれています。三浦先生の論点は、文章が短いために分かりにくいので、図示して解説しますと…


宮上茂隆案の天主台と天主


この案を批判する三浦先生の論点は、天主台全体の八角形(七角形とも)に沿った形で、石蔵(穴蔵)の内側にも石垣が築かれているのに、なぜこの宮上案は、二段目の外側の石垣がいきなり四角形になるのか… それならば、内側の石垣も四角形になったうえで、その「低い穴蔵石垣に合わせて礎石列」が縦横に並ぶはずではないか、という点にあるのでしょう。


確かに宮上案の二段目の石垣は、イラストのように外観上は自然に見えますが、天主を取り払った状態で見ますと複雑きわまりないものであり、三浦先生の指摘も大いにうなずけます。

しかし、宮上先生は、生前に『国華』誌上でこのようにも発言しているのです。


不整八角形の天主台上に、低い石垣を矩形に築き、その上に天主木部が載っていたと思われる。また仮にそうした二重石垣でなかったとしても、天主木部と石垣外側との間には広い空地がとられていたに違いない。

(宮上茂隆『国華』第998号「安土城天主の復原とその史料に就いて(上)」より)


つまり宮上先生は“二段目が無かった”ケースも目配せしていて、つまり宮上案の重心は「二段式」天主台にあったわけではなく、天主木造部と天主台石垣の間の「広い空地」にあったのだと言えます。

そうなりますと、佐藤案も『信長記』の「安土ノ殿主ハ二重石垣」をまったく考慮していないわけですから、この勝負、本当は両者痛み分け、というか、場外乱闘の末に両者リングアウト、という判定が妥当のようにも感じられるのです。……



いずれにしましても、三浦先生の文章には次のような一文もあって、これは当代一の権威者とされる三浦先生にしては、実に恐れ多いことながら、「質疑応答」の類が必要であるようにも思われます。


(佐藤案は)『信長公記』に記載されている東西17間、南北20間の規模や、各階のすべての部屋割りはもとより、一階の柱数204本をはじめ各階の柱数まで完全に一致させた、初めての復元案である。

(三浦正幸/『歴史スペシャル』2010年2月号より)


現存する天主台の遺構が、『信長記』『信長公記』類が伝える「東西17間・南北20間」になかなか当てはまらないことは、城郭マニアの間では常識の範ちゅうにあります。

ですから、この三浦先生の文章には思わず“本当か!?”と身を乗りだしてしまうわけですが、ならば今回は、発表されている佐藤案の二重目(天主台いっぱいに建つ「一階」)について、キッチリと吟味してみることにしましょう。


佐藤大規案/天主台いっぱいに建てられた天主


まずは佐藤案の二重目を、滋賀県の調査による実測図にダブらせてみますと、なんとご覧のとおり、ほぼ当てはまってしまいます…

つまり「東西17間・南北20間では無かった」はずの遺構に、ほぼ当てはまってしまうわけですから、この時点で早くも一抹の不安がよぎります。


宮上案と佐藤案/天主台の南北の規模はほとんど変わらない


―― 右側の佐藤案は、本当に「東西17間・南北20間」を実現しているのか??

そんな初歩的な疑問を感じつつ、試しに佐藤案の図面類を“定規で測って”みますと、もう何か、こちらのリアクションに困るような事態に至るのです。




皆さんも是非お試しいただきたいのですが、この作業を一番やり易いのは『よみがえる 真説 安土城』(2006年)でして、14ページにある大きめの図に定規を当ててみて下さい。

その二重目の図(この本では「一階復元平面図」と表記)は、ちょうど1間(七尺間)が1cmに当たるので定規で測りやすく、佐藤案の東西・南北の寸法がすぐに分かります。そうして測った定規の値は…

 東西15.6cm/南北17.6cm(ともに側柱の芯心間)

ですからこの数値のまま、復元の寸法も…

 東西15.6間/南北17.6間(ともに七尺間)

となり、佐藤案は少なくとも七尺間では「東西17間・南北20間」に程遠いことが分かります。



それでも京間(6尺5寸間)や田舎間(6尺間)で測った場合、そうなるのかもしれない、と気を取り直して、計算の便宜上すべて「尺」に直すため7を掛けますと…

 東西109.2尺/南北123.2尺

で、この値を6.5(京間)や6(田舎間)で割れば答えが出るわけですが、どうも様子が変なのです……


 東西 109.2÷6.5(京間)=16.8間
 南北 123.2÷6.5(京間)≒18.95間



このように京間で測った場合、東西はみごと16.8間で文献の「17間」の近似値になるものの、南北は約19間であり、これを「約20間」と言い切るのは厳しいでしょう。そこで田舎間も試してみますと…


 東西 109.2÷6(田舎間)=18.2間
 南北 123.2÷6(田舎間)≒20.53間



今度は南北がどうにか「20間」の近似値になるものの、東西は1間以上違ってしまいます。これはいったい、どうしたこと…… と言うより、こんなことは予想された通りの事態でしょう。



そこで、まさか?!と思いつつ、松江城天守などで使われている6尺3寸間(松江城での実測は6.37尺)で計算してみます。すると…


 東西 109.2÷6.3≒17.33間
 南北 123.2÷6.3≒19.55間



なんと、佐藤案の数値は、“四捨五入”すれば東西17間・南北20間に納まる値だったのです。


このように安土桃山時代に四捨五入が使われたのか、私は不覚にも存じません。

また、天主台礎石の7尺間に対して、あえて6尺3寸間で計測することを、どう理屈づけられるのか…。

それとも、もっと別のロジック(論理/解釈)が佐藤案にはあるのか…


佐藤案がそのあたりの「ロジック」を誌上で説明してくれないかぎり、この試合は、とても観客(読者)が判定を下せない“無効試合”になりそうなのです。







作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。




2010年03月08日(Mon)▲ページの先頭へ
城の再発見!ろくろ首のプロポーションは何故なのか





ろくろ首のプロポーションは何故なのか


「やりだすとドウニモ止まらない」というのは、人間の悪い性癖の一つで、こんな感情は押さえ込んだ方が、世の中を穏便に渡って行くうえで大切な「肝要」と思われるのですが、今回もまたヤッてしまうことに致します…。

と申しますのも、今度は「安土城天主」に関わる事柄で、どうも“気になって仕方の無い新刊雑誌”がもう一つ、出現したからです。



松山城天守の破風の鉄砲狭間


…ですが、その前に、前回の記事で「天守は基本的に平時のための建築ではないか」というお話をしたものの、それにしては、天守にも写真のような鉄砲狭間があるのは可笑しいではないか? というご意見があるのかもしれません。


この松山城天守の場合、破風の内側に二人分の座れるスペースがあって、その前に鉄砲狭間が二つあり、そこから敵兵を狙撃できる形になっています。こうした備えを見る限り、天守も、それなりの戦闘能力があったように感じられます。

特筆すべき例としては、織田信長の重臣・柴田勝家の北ノ庄城天守は、それ自体にも相当な防御力(鉄砲の火力)を備えていたという指摘が、過去に某誌上であったように記憶しております。

また松江城天守では、敵兵が天守入口を突破した後も、なお天守内部の奥から銃撃できる仕掛けがあったりもします。


――それにしても、上記の例は、いずれも“最後の抵抗を試みる”ための工夫であって、歴史上、敵勢が本丸になだれ込み、天守だけが孤立したような状況で、そこから大逆転で勝利できたという、奇蹟のような事例は存在しません。

やはり天守だけで殺到する敵勢をはね返すのは不可能であって、上記の様々な工夫は、せいぜい城主一族が自刃するまでの「時間稼ぎ」が目的であったとしか考えられないのです。





さて、冒頭で申し上げた、気になって仕方の無い新刊雑誌とは、ご覧の『歴史スペシャル』2010年2月号(世界文化社)です。

創刊号だけに、かなり力のこもった印象でまとめられ、そうした中の特集の一つとして、安土城天主の歴代の復元案がフカンされています。


記事の執筆者は、内藤昌案については女流時代劇研究家のペリー荻野さん、宮上茂隆案については竹林舎建築研究所を継いだ木岡敬雄さん、西ヶ谷恭弘案は先生ご自身が筆を取られ、佐藤大規案は広島大学大学院の三浦正幸先生が筆を取られる、という豪華なラインナップです。


内藤案・宮上案は先生ご本人の執筆がかなわぬのは致し方無いとしても、全体の印象として、佐藤案が時系列的に一番後になるため、これだけが他案からの批判・検証を受けずに済んでいる、というイメージが否めません。

「後から走る者の優位性」と言えばそれまでですが、このままでは、どこかフェアでないようにも感じられ、例えばこの後に、執筆者たちの対談(トークバトル)のコーナーでもあれば、緊張感が走り、さぞや盛り上がった事だろうと感じました。



まさに安土城天主をめぐる現下の状況は、各々がリングコーナーに引き篭もって、シャドーボクシングに明け暮れているかのようです。

もっとマスコミ側の仕掛けが必要か?と自問自答する前に、当ブログで出来る事を、まずヤッてしまおう、と思います。

そこで――「どこかフェアでない」部分の解消のため、手前勝手に(内藤先生や宮上先生に成り代わって)佐藤案に対する印象を挙げてみることにします。


とは申しても、色々と挙げても恐縮ですので、ここは一点だけ、各地で天守を見慣れた方ならば誰もが感じている…

<あの「ろくろ首」のようなプロポーションは何故なのか?>

という一点を指摘してみたいと思います。



佐藤大規案の天主東西面のシルエット


デアゴスティーニの模型が完成しますと如実に分かるとおり、この天主は、東西から眺めた時、望楼部が急に細長く立ち上がっています。

何故このようなプロポーションになったのか? …まずは復元の説明文で触れられている「岡山城天守」を検討してみる必要がありそうです。


岡山城天守と佐藤案のシルエット


ご覧のとおり、これは何か、佐藤案の復元の秘密をのぞいてしまっているような感もありますが、(両者の縮尺を無視して)天守台とその上の初重・二重目をピッタリと重ねてみますと、岡山城天守の二重目の大屋根(入母屋屋根)は、佐藤案の大屋根とほぼ同じ位置に来ます。


しかしその上はまるで別物のようで、岡山城天守はさらに四重目の入母屋屋根が載ったうえに、五重目(最上階)があるのに対し、佐藤案はそうした二段目の入母屋屋根の替わりに「八角円堂」の屋根と構造体があるため、急激に細くならざるをえません。

また余談ながら、その「八角円堂」の屋根が、岡山城天守の唐破風のある葺き降し屋根とほぼ同じ位置にあるのは、何かのご愛嬌なのでしょうか?



松江城天守と佐藤案のシルエット


次いで、三浦先生が別の著作で注目されている「松江城天守」と比べても、同じような現象が見て取れます。

松江城天守は二重目の大屋根の上に、それと直交する大ぶりな「張り出し」があって、佐藤案も同じ位置に、直交する三層目の屋根(張り出し)を設けています。

しかしその上はやはり別物で、松江城天守が規則的な逓減(ていげん)を保って四重目・五重目を重ねているのに対し、佐藤案はいきなり「八角円堂」になり、その上にほぼ同じ規模の最上階を載せています。



こうして見ますと、佐藤案は、せっかく岡山城天守や松江城天守という参考例を挙げていたのですから、そのデザイン上の奥義を“もう少し素直(すなお)に”受け入れても良かったのではないでしょうか…。

仮に「八角円堂」を採用するとしても、例えばその南北に“二段目の入母屋屋根”を付設する等の工夫をしていたら、あの「ろくろ首」のようなプロポーションは避けられたように思われるのです。







作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。