城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2010/05

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (246)



全エントリ記事の一覧はこちら

2010年5月
           
         

新着エントリ
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)
城の再発見!「革命」は 信長→秀吉→三成 の三人で完成するはずだった? 時空を超えた<石田三成≒大久保利通>説 (9/27)
城の再発見!徳川家康の画期的な着眼か→ 四方正面(八棟造り)は平城の「求心性の自己表現」にもなる? (9/14)
城の再発見!ならば聚楽第チルドレンの筆頭・天正期の駿府城には「小天守」とともに大天守もあったのか (8/29)
城の再発見!毛利輝元らは聚楽第で天守を見ていなかった!? とすれば… 広島城天守をめぐる“ぬぐえぬ疑問” (8/15)
城の再発見!最上階にやはり白鷺(しらさぎ)の絵 → 問題の層塔型「御三階」の構造を推理する (8/2)
城の再発見!後継者・秀次の墓穴(ぼけつ)――最大の過失は、洛中に強固な「城」を築いてしまったこと?? (7/15)
城の再発見!異例の側室・摩阿(まあ)姫が住んだ「京都天主」「聚楽天主」の正体 (7/4)
城の再発見!40m四方の天守台!? →『聚楽第図屏風』には天守が描かれていないのかもしれない… (6/20)
城の再発見!驚嘆、信長の「天下」観念は今日にも通じているのか… (6/9)
城の再発見!話題の「旧二条城」と岐阜城と小牧山城の“合体形”として安土城は出来上がった? (5/25)
城の再発見!続々・信長の「天下」――安土城天主は天皇の行幸殿の上にそびえ立ち、見おろしていた、とする見方の多大な影響 (5/10)
城の再発見!続・信長の「天下」とは――せっかく築いた小牧山城と城下をなぜ4年で捨てたのか? (4/25)
城の再発見!信長の「天下」とは――いつごろまで「天下布武」印を使ったのか?という素朴な疑問から (4/11)
城の再発見!続・豊臣大坂城天守も階段群が2系統 →「2系統なのは何階までか?」で各天守を区分すると… (3/29)
城の再発見!豊臣大坂城天守も階段群が2系統か →ならば建物の造りは「立体的御殿」のうち?? (3/16)
城の再発見!幕末、幻の大阪籠城戦での「大狭間筒vsエンフィールド銃」の勝負を夢想すると… (3/1)
城の再発見!幻の石山本願寺城から ブータンの要塞寺院「ゾン」へ (2/10)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (6)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (1)


アクセスカウンタ
今日:318
昨日:632
累計:1,850,084


RSS/Powered by 「のブログ

2010年05月17日(Mon)▲ページの先頭へ
城の再発見!白い「七重ノ塔」の異様さ





白い「七重ノ塔」の異様さ


上のバナーからご覧頂ける『2009緊急リポート』は、織田信長の安土城天主が、白亜に光り輝く外観であった可能性を論述しております。

ただし、当時、信長が「白い天主」を建てたことは、後の江戸時代の白い天守群とは、かなり意味が違っていたようにも思われ、今回は是非その辺りを補足してみたいと存じます。

先に一言だけ結論めいたことを申しますと、その頃、「白」は城郭建築にとって必ずしも普通の色ではなかったという、当時の感覚に立ち戻らなくては、信長の意図を受け止められないように感じるのです。



さて、安土城天主が、諸先生方の復元のごとく黒漆の下見板張りではなく、白漆喰の塗り込めだったという主張には、当サイトよりはるかに先行した「森俊弘案」があることは、城郭マニアの方ならすでにご承知のとおりです。


『城郭史研究』21号(2001年)に掲載された森俊弘案


この復元は文献『安土日記』に基づきながら、外観については、内藤昌先生の史料やデータの読み方(『復元 安土城』等)を批判する形で、白壁の可能性を打ち出しています。


内藤氏も天主復元に関する検討過程で、宣教師による報告書簡等から天主外観に関するデータを抽出、紹介しているが、報告文自体には「悉く外部甚だ白く」「或は白色で、日本風に黒漆を塗った窓を備へ」「黒い漆を塗った窓を配した白壁」とあり、「壁は白い」としているのである。但し宣教師の観察に対して内藤氏は何故か否定的である。

(森俊弘「再読 安土日記」/『城郭史研究』21号所収)



という形で内藤先生との解釈の違いを述べつつ、当時(天守成立の黎明期)の、記録に残る主要な天守が「意外に」白かったことを挙げています。


文献史料では、安土城建設以前の永禄八年(一五六五)、大和多聞山城に「甚だ白く光沢ある壁」を塗った「塔」があったと宣教師は記している。また絵画史料でも聚楽第天守を挙げることができる。

(前述書より)



こうした論点は、当サイトの『2009緊急リポート』も賛同していて、どうか両方の文脈を読み比べて頂けますと、誠に幸いです。



伊勢・安土桃山文化村(旧伊勢戦国時代村)の安土城模擬天主

ウッディジョーの木製模型「1/150 安土城 天守閣」


これまで諸先生方の復元は黒い下見板ばかりでしたが、ご覧のような“外野席”には、すでに幾つか「白い安土城天主」が存在していて、我々のイメージづくりの参考になりそうです。


では、なぜ天守は最初から白壁だったのか、白い旗印の「源氏」とは縁もゆかりもない信長がなぜ白い天主を望んだのか…
『2009緊急リポート』は「中世寺院の技術」に着目し、安土城が城として初めて総石垣や(金箔)瓦を導入したのと同様に、天主も「中世寺院の白壁」を導入したものと考えました。


つまり、それまで「白」という色は、城主の屋形の一部分を除けば、およそ城郭には「縁の無い色であった」点を是非、確認しておきたいのです。

ましてや城郭内で、何かをまっ白に塗り込める、などということは、それまでは考えようも無い、特殊な行為だったはずです。


……古来、日本では「白」は神を示す色であり、「あの世」を想起させる色でもありました。

江戸時代、切腹にのぞむ武士がまっ白な死装束を着たことや、その源流であるのか、中国の農村で葬儀の列が白い喪服姿であったことも、やはり何か関連しているのでしょうか。


洋の東西を問わず、白は神の色として畏敬されてきました。古代ギリシャやエジプトでは、白は神を彩る色でした。キリスト教では、神は全ての色に染まらない白い光の色として表現されています。イスラム教でも白は、唯一絶対の神の色です。白は日本の神道における禊(みそぎ)の色とされ、古代から祭祀には欠かせない特別な色です。白い動物は中国や韓国でも吉兆とされています。また、タイやスリランカなどの仏教国では白象は神の使者として神聖視されおり、白鳩は西洋では平和の象徴です。

(武川カオリ『色彩力』2007)



武士の死装束/薩摩藩家老 平田靱負(ひらたゆきえ)の切腹(治水神社蔵)





さて、建築史家として日本で一番顔の知られた藤森照信先生が、城(天守)とその白色について、面白いことを書いておられます。


 読者の皆さんにも、姫路城なり松本城を頭に思い浮かべてほしいのだが、なんかヘンな存在って気がしませんか。日本の物ではないような。国籍不明というか来歴不詳というか、世界のどの国のどの建築にもルーツがないような、それでいてイジケたりせずに威風堂々、威はあたりを払い、白く明るく輝いたりして。
 天守閣がなんかヘンに見えるにはちゃんと視覚的理由があるはずで、それを今、思いついたのだが、
“高くそびえるくせに白く塗られている”
せいではあるまいか。屋根が層をなしてそびえるだけなら五重塔と同じで、法隆寺や薬師寺の塔と同じにしっくりくるのだが、漆喰で白く塗りくるめられているのがいけない。自分のイメージのなかで、法隆寺の五重塔をまっ白く仕上げてみたら、このことは納得できるだろう。白く塗っていいのは低い建物だけで、天に向って高くそびえてもらっては困る。

(藤森照信『建築史的モンダイ』2008)



この指摘はたいへん貴重であるように思われます。この文章は、信長が安土城天主の外壁の「色彩」に込めた日本史上初の試みを、みごとに言い当てているのではないでしょうか。


当サイトは、安土桃山時代の直前に突如現れた「天守」は、日本の伝統建築とは断絶した性格を併せ持ち、その原初的な信長や豊臣秀吉の天守は、殆どが「白い」天守だった可能性を申し上げて来ました。


そうした白い巨塔「天守」を目撃した者にとって、第一印象は、藤森先生が言われるとおり、「なんかヘンな存在」「国籍不明というか来歴不詳」の建造物が出現したように感じられたに違いありません。


おそらくは、それこそが「白」を選んだ信長の狙いであって、白い七重塔が琵琶湖畔の山頂にぬおっと建ち上がる、という異様さ・おぞましさ・戦慄感(現代の新興宗教のモニュメントのような存在感)を、当時の人々の心に、強く刻み込んだように思われてならないのです。


「死の色」「神の色」で塗りくるめた巨塔としての、姫路城天守






作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。




2010年05月03日(Mon)▲ページの先頭へ
城の再発見!「腹案アリ」江戸城の現存天守台が危ない!





「腹案アリ」江戸城の現存天守台が危ない!


「江戸城の貴重な現存天守台を守るべき」と申し上げましたが、それはその通りとしても、やはり東京は都市の目玉になる建造物が無い…という感想をお持ちの方は、日本人の間に多いようです。

外国人はけっこう、欧米人が浅草や築地、アジア人がお台場や秋葉原で「日本的なもの」を充分に味わい、満足しているようですから、妙な現象です。

そこで今回は、是が非でも都心(皇居周辺)に東京の目玉が欲しい!という方々のために、特別に当サイトからの「腹案」を提示いたしましょう。



腹案その1「明治宮殿の再建」(写真は明治宮殿千草の間/ウィキペディアより)




現在の皇居宮殿(新宮殿)はすでに築40年を越えていて、近い将来、建て替えを迫られることは必定です。

そしてその時にこそ、「東京とは何ぞや」という問いにダイレクトに答えられる、和洋折衷の木造の大宮殿「明治宮殿」を再建してはどうでしょうか?


そもそも「なぜ皇居が江戸城にあるのか」という根本命題もあいまいなまま、東京の人々は毎日を暮らしています。

そんな中で、もし東京に「明治宮殿」が復活したなら、明治天皇とは、近代日本の「武家の棟梁」を兼ねた人物だったことを、改めて認識でき、日本史の大きな流れを感じられる場にもなるのではないでしょうか?


でも、この案は「城」サイトとしては、やや不本意かもしれませんので…


腹案その2「江戸に開府した徳川家康の初代天守の発掘」




ご覧の図は『極秘諸国城図』(松江城管理事務所蔵)に描かれた江戸城で、本丸に黒々と四角く見えるのが家康時代の初代天守、いわゆる「慶長度天守」です。


ご承知のとおり、江戸城は慶長12年(1607年)頃に完成した慶長度天守から、二代目の元和度天守、三代目の寛永度天守という、三つの天守が江戸初期に矢継ぎ早に建て替えられました。

それらは位置を変えて建造されたため、家康の天守の痕跡は、おそらく今も皇居東御苑の芝生の下に眠っているのです。


『極秘諸国城図』の本丸周辺を地図にダブらせると…

江戸城と慶長度天守の基本構想が浮かび上がる

いまは全てがこの皇居東御苑の芝生の下に…

では具体的に、どの辺りに慶長度天守は眠っているのか?


このように慶長度天守の位置は、皇居東御苑を周回する苑路と重なっていて、この苑路や芝生をはいで発掘調査を行えば、きっと地中から巨大な天守台の痕跡が姿を現すことでしょう。


前述の明治宮殿と同じく、この初代の天守跡こそ、江戸が都市として発展を始めた時代を物語る「遺物」そのものであり、これを現代の東京人が目の当たりにできる意義は大きいと申せます。

ましてや現存天守台に復元天守を(時代考証をゴマかして)載せる!などの愚挙に比べれば、どれほど価値が高いか、比べることさえ恥ずかしくなります。


そんな貴重な「江戸城創建時の遺物」が姿を現したなら、巨大なガラス屋根で覆い、いつでも見学できる施設(「家康の天守館」?「江戸タイムマシン」??)を整備すれば良いのではないでしょうか?


(※ただし、ご推察のとおり皇居東御苑は宮内庁の所管であり、その頑迷きわまる「障壁」はあまりに強固で、復元天守とて同じことですが、実現にどれほどの時間と手間を要するかは見当もつきません…)



では、ちなみに慶長度天守とは、どんな天守だったかと申しますと、文献では『愚子見記』『当代記』等が参考になります。



一、江戸御殿守 七尺間 十八間 十六間 物見 七間五尺 五間五尺 高石ヨリ棟迄廿二間半 是権現様御好也

一、尾張御殿守 七尺間 十七間 十五間 物見 八間 六間 下重側ノ柱ヲ二重目迄立上ル故物見大キ也

(『愚子見記』より)




『愚子見記』は家康の江戸城天守について、建屋のサイズと高さ(約44mで三代目より50cmほど低いだけ)、そして尾張御殿守(名古屋城天守)は初重と二重目が同じサイズで建ち上がるのに対し、江戸城天守は初重から逓減(ていげん)が始まっていたことを暗に伝えています。


また、よく引用される「是権現様御好也」(これ、ごんげんさまのおこのみなり)は、この文面で見るかぎり、「是」(これ)の直前にある「高石ヨリ棟迄廿二間半」が家康の「御好也」というふうにしか読み取れず、世間で言われる「鉛瓦で雪山のように見えた」云々を指しているとは、到底、読めない点が要注意です。

つまり、家康は「とにかく高く造れ」と指示したに過ぎなかった可能性が、この文面からは濃厚に漂ってくるのです。



去年之石垣高さ八間也、六間は常の石、二間は切石也、此切石をのけ、又二間築上、其上に右之切石を積、合十間殿守也、惣土井も二間あけられ、合八間の石垣也、殿守台は二十間四方也

(『当代記』より)




『当代記』も天守台が何らかの方針変更を受けて、より高く積み直された経過を伝えていて、広さについては「二十間四方」と明記しています。


こうした慶長度天守については、さまざまな研究者による復元案があり、その状況は、例えば安土城天主よりも「触れ幅が大きい」と言えるのかもしれません。

そこで先生方への非礼も省みず、それらの案を“思い切った言い方”で総括してみますと、いずれも一長一短でありながら、どれもが示唆に富んだ「注目点」を含んでいるようです。

どういうことかと申しますと…


★連立式天守による天守構え(天守曲輪)を想定した内藤昌案

★『愚子見記』どおりに初重からの逓減(ていげん)を想定した宮上茂隆案

★切石と自然石による二段式天守台を想定した大竹正芳案

★二代目や三代目ほどの巨大天守ではないと想定した金澤雄記案



こうして各個バラバラに見える復元案は、例えば中井家所蔵の「江戸御天守指図」を採用するか否かという決定的な差異も含んだままですが、そんな中でも、それぞれの「注目点」と、『愚子見記』『当代記』の内容をうまく統合することは、十分に可能だと思われるのです。

すなわち…




このような仮想プランを出発点に、どこまでディティールを具体化できるかと申しますと、実は、この復元にピッタリの「或る史料」が現存しています。

その復元プロセスと驚きの大胆仮説は、いずれ当サイトの201X年リポートでお伝えしたいと考えていて、当ブログの「腹案」は決してガセネタではございません。



(※次回は再び、安土城天主に話題を戻してまいります。)


(※2013年2月追記 / 上記の図は、2012年度リポートにおいて、大幅に修正したものを掲載しております。ご参照下さい。)







作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。