城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2010/09

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (263)



全エントリ記事の一覧はこちら

2010年9月
     
   

新着エントリ
城の再発見!さらなる『江戸始図』の補足を。「刻印」優先論との深刻きわまりないバッティング (10/18)
城の再発見!『江戸始図』の「小天守」はどこに消え失せたのか?? (10/13)
城の再発見!家康が本当に好んだ天守の姿から問う、「江戸始図」解釈への疑問点 (9/29)
城の再発見!「京の城」の伝統的な天守の位置 →聚楽第の「北西隅」はむしろ新機軸の異端か (9/16)
城の再発見!ポルトガル海上帝国と「川の城」岐阜城 →あえて「C地区」の構造的な欠陥を疑うと… (9/1)
城の再発見!フロイスの岐阜城訪問記には金箔の「瓦」とはどこにも書いてない (8/17)
城の再発見!どうして岐阜城で「織田系」金箔瓦が発見されないか (8/3)
続々・甲府城「天守」のゆくえ →金箔付きシャチ瓦も「徳川包囲網」の目印だったのか?… (7/20)
城の再発見!続・甲府城「天守」のゆくえ →再訪の直感、天守台「穴倉」の内側も“見られること”を意識している (7/8)
城の再発見!甲府城「天守」のゆくえ →躑躅(つつじ)ヶ崎館の天守台との関係はどうなっていたのか (6/25)
城の再発見!近世城郭の「完全否定」で籠城戦に勝てたのが熊本城か (6/12)
城の再発見!これもコンクリート天守の「魔力」がなせる技か… 熊本城天守のすばやい解体と復旧 (5/29)
城の再発見!目的地は“東アジアの下克上”か?…満洲族と日本の17世紀「新興軍事政権」 (5/19)
城の再発見!肥前名護屋城の出現と「小中華意識」に没入した李氏朝鮮の無反応 (5/4)
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (23)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)


アクセスカウンタ
今日:2,038
昨日:2,207
累計:2,205,460


RSS/Powered by 「のブログ

2010年09月22日(Wed)▲ページの先頭へ
城の再発見!仇敵・毛利家をも制覇した“信長の作法”





仇敵・毛利家をも制覇した“信長の作法”




前回ご覧いただいた江戸城の初代(慶長度)天守が、大手から見ると、やはり詰ノ丸の「左手前の隅角」にあった一件は、もちろん江戸城にとどまらず、様々な城に新たな解釈を加えるものです。

そこで今回は、この「作法」を適用してみるとスッキリ整理できる、各地の“天守の位置問題”についてお話しましょう。




A.中津城 〜信長の「作法」からも言える本来の天守位置〜


大分県の中津城は、近年、旧藩主の奥平家の関連会社が3億2000万円で売りに出したことで話題になりましたが、今夏、中津市への売却交渉が決裂したそうで、この調子では中国人資産家にでも買われてしまいそう(でも本丸の神社が障壁か…)で、先行きはかなり不透明です。

(※10月15日補筆/このほど売却先は東京の福祉事業を営む会社に決まったとのこと)

さらに、この城、かつて築城時に天守(三重櫓とも)があったと言われる所とは別の位置に、写真の鉄筋コンクリート造の模擬天守が建てられていて、なかなかに問題が多いのです。


中津城 現在の模擬天守



この城は藤堂高虎らと並ぶ“築城名人”黒田官兵衛(孝高/如水)が、豊臣秀吉から中津16万石を与えられて築いた、自らの居城です。

官兵衛にとっては、長年の秀吉に対する奉公の恩賞として得た城であり、また築城名人という意識も既にあったように推測されますので、当然、天守の位置をおざなりに決めるはずはありません。


今では城内の案内板等にも「本来の天守位置」が示されて来ていますが、この位置は、かつて本丸が「上段」と「下段」に分かれていた当時を考えますと、ちゃんと本丸上段の「左手前の隅角」になるのです。

ですから、この本来の天守位置は「信長の作法」から見ても正しく、かつ、その三重の建物はまぎれもなく「天守」であったはずだ、ということが補強的に説明できるわけです。

やや大げさに申しますと、そうした天守の“有職故実”を踏まえることも、築城名人にとっては必須の素養だったのかもしれません。




B.弘前城 〜定石を堅く守っていた築城時の五重天守〜


青森県の弘前城は、津軽為信が、徳川家康の許しを得て計画を開始した居城で、二代目の信牧のとき、五重の天守も完成したと言います。

しかし今、私たちが見られるのは、本丸の南東隅にある江戸後期の再建天守(三階櫓)であり、本来の五重天守は、向かって左側奥(南西隅)の見えづらい所にあったと『正保城絵図』に書き込まれています。

これには異説もあるものの、では何故、そんな場所に本来の天守があったというのか、理由は殆ど説明されて来ませんでした。


弘前城 江戸後期の再建天守



ですがご覧のとおり、本来の天守位置は、本丸の大手側から見ますと、ちゃんと「本丸の左手前の隅角」にあるわけで、言わば家康と同様に、天守の「作法」に従っていたに過ぎないのです。

5万石に満たない津軽家は、分不相応の巨大な城郭と五重天守を築くにあたって、定石を踏まえることに強くこだわったのではないでしょうか。

私見ですが、二ノ丸の現存の櫓群にしても、どことなく「聚楽第図屏風」の櫓群に似ているように感じられてなりません。




C.萩城 〜仇敵・毛利家にまで及んだ信長の天守立地「作法」〜


さて、織田信長は、備中高松城で毛利勢と対峙する秀吉の援軍要請を受け、明智光秀に出陣を命じたところ、逆にその明智勢に一命を絶たれてしまいました。

思えば、信長に追われた足利義昭を迎え入れ、石山本願寺に補給を行うなど、毛利家は一貫して信長の仇敵でした。

その毛利家が、関ヶ原の敗戦後に萩に居城を移したとき、何故かご覧のとおり、天守を「本丸の左手前の隅角」に建てているのです。


萩城の本丸跡 向かって左奥がやはり天守台!



これは実に不思議な光景に見えてならないのですが、信長の怨讐が、ついに毛利家にのしかかった結果なのでしょうか……

でも、以前の郡山城の時代にも、秀吉の軍門に下った毛利輝元が、城山の山頂に本丸と天守を築いたとき、大手から見て左側に天守台を寄せている点など、すでに不可解な現象は始まっていたようです。

もしかすると、秀吉の政権下で「信長の作法」は天下の作法として定着し、それはもはや天下人の秀吉や家康に従うポーズに変容していたのかもしれません。


岐阜城 山麓居館と山頂部の城塞


いずれにしましても、信長の岐阜城から始まった同様の天守位置は、例えば洲本城や村上城など、各地の城でなぞるように踏襲され、それは思わぬ城にも及んでいたのです。


D.順天城(韓国) 〜天下布武の城・岐阜城の「作法」が援用された城〜


秀吉が軍を差し向けた文禄・慶長の役で、朝鮮半島に築かれた「倭城」群にも、それぞれ天守のあったことが記録されています。

しかし多くは、狭小な峰上に本丸を細長く縄張りしたためか、峰の方角にしばられて、天守の立地は種々雑多なものになっています。

そんな中でも比較的、余裕を持って縄張りされたように感じるのが、半島南岸に並んだ倭城群の最左翼にあった、順天城です。


順天城の城址(韓国 全羅南道/曲輪の名は仮称)


築城者は浅野家文書から宇喜多秀家と藤堂高虎(在番は小西行長)とされ、ご覧のとおり、ここにも岐阜城と同じ天守位置が繰り返されているようなのです。

ということは、信長の「作法」は朝鮮半島にも及んだのでしょうか?


ここで改めて申しますと、戦国時代を日本の国家の分裂状態と見なし、新たな武器・戦法によって中央集権的な体制に再統一すべく戦争を続けたのが、信長の「天下布武」政策であったとするなら、天守とは、その版図を示す“維新碑”であったろう、というのが当サイトの主張です。


ですから、そうした天守が、秀吉の指示で朝鮮に建てられたとき、信長が「天下布武」印を使い始めた岐阜城の景観が、あるべき姿として援用されたことは、半島南部の“切り取り戦”「慶長の役」に対する、秀家と高虎の意識を表しているかのようで、誠に興味深いのです。









作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。




2010年09月06日(Mon)▲ページの先頭へ
城の再発見!江戸城天守の立地に隠された“信長の作法”





江戸城天守の立地に隠された“信長の作法”


モンタヌス『日本史』挿絵の江戸城/何故か三基の巨大天守が建ち並ぶ


6月にNPO法人「江戸城再建を目指す会」が発表した江戸城天守の再建プロジェクトは、テレビのニュース番組にも取り上げられ、ご覧になった方も多いかと存じます。


当ブログは発表の前に、城内(皇居東御苑)の現存天守台が危ない、という記事を書きましたが、その点がNPO幹部の方々の“眼中に無い”ことは明らかなようで、その意味でも、プロジェクト自体は、予算的に考えても、遺跡保存の点でも、まだまだ実現性の遠いものでした。

ただ、ひょっとすると、それでも構わないのだ!!…という確信犯的な(失礼)運動だとするなら、三浦正幸先生の監修を仰いだ復元CG等がテレビで流れ、世間の耳目を集めただけでも、NPO活動としては上々の成果を得たのかもしれません。


(※なお当日の三浦先生の発表講演は、現存の天守台について「当時の石垣の高さは、現在残っている石垣よりも2メートル高かった」と、たった一言触れるだけに留まっています)




さて、その江戸城は、江戸時代の初めに「慶長度」「元和度」「寛永度」という三代の天守が矢継ぎ早に建て替えられ、したがって上の絵のように、三基の天守が同時に建っていたことは無い、とされています…

絵はあえて三代の天守をいっぺんに描いたのかもしれませんが、それらの天守の建つ位置は、ちょうど絵のように、本丸の中央部から北部へ動いたことが判っています。

実は、その立地には「或る法則」(信長好みの作法?)が隠れている、という本邦初の指摘を今回はしてみたいと思います。




岐阜城の復興天守/織豊政権の天守は、多くが詰ノ丸(本丸)の左手前の隅角にある…


ここでちょっとだけ岐阜城の話に戻るのをお許しいただくと、フロイス『日本史』は、山頂部の城塞について、はっきりとその性格付けをしています。


城へ登ると、入口の最初の三つの広間には、諸国のおもだった殿たちの息で、信長に仕えている十二歳から十七歳になる若侍がおそらく百人以上もいました。いろいろの知らせを上下に達するためです。そこからは誰もそれ以上中へはいることができません。なぜかというと、中では、信長は侍女たちと彼の息子である公子たちとだけに用をさせていたからです。すなわち、〔息子たちは〕奇妙とお茶筅で、兄は十三歳、弟は十一歳くらいでした。

(東洋文庫版『日本史 キリシタン伝来のころ』より)


これはもう、要するに、山頂部の城塞は「大奥」の原形なのだと申し上げても、いささかも問題は無いのではないでしょうか?


ご覧の東洋文庫版『日本史』は、ドイツ人のザビエル研究者G.シュールハンメルが翻訳したドイツ語版を、柳谷武夫氏が日本語に翻訳し直したもので、二重の翻訳がかえって文体のあいまいさを整理した感もあり、特に山頂部は「その山頂に彼の根城があります」と、「根城」という訳語を使った点は注目に値するでしょう。

つまり山頂部の(天守を含む)城塞こそ信長と家族の「根城」であり、それが「大奥」の原形だったとするなら、そうした岐阜城の使い方は、織豊政権以降の城郭プランに多大な影響を残したと思われます。すなわち…




このところの記事で申し上げたように、山麓居館の表と山頂部の城塞が、それぞれハレ(公)の空間とケ(私)の空間に使い分けられるなかで、山頂部は「大奥」と同じ役割を持ち始めたようです。

そして注目すべきは、天守の位置でしょう。

信長以降、織豊政権下の天守は、かなりの確率で「本丸・詰ノ丸の左手前の隅角」に建てられているのです。

ダマサレたと思って数えて戴ければ、あの天守も、この天守も、と思わぬ天守が次々と当てはまることがお判りになるでしょう。


膳所城の絵図(滋賀県立図書館蔵)/やはり本丸の左手前の隅角に天守


大変に分かり易い例が、琵琶湖畔の膳所(ぜぜ)城です。

城としてはややマイナーな印象の膳所城は、豊臣政権が崩壊した関ヶ原合戦の直後に、徳川家康がいちはやく実質的な天下普請を発令して築いた城です。


そしてそんな時期に完成したにも関わらず、天守は岐阜城と同様に、本丸の左手前の隅角にあるのです。(※縄張りは築城の名人とされる藤堂高虎)

何故こんなところに天守が? と一般の人々はまるで意味が分からず、首をひねることでしょうが、実はここに、信長以来の「天守建造の作法」がしっかりと脈打っているのです。


もう一例、これはどうでしょうか? かの名城、伏見城です(広島市立中央図書館蔵)




そして江戸城の寛永度(三代目)天守=赤印/これはやや「作法」が崩れている?


ここでようやく江戸城の話題に戻ります。

冒頭の再建プロジェクトの対象でもある寛永度天守は、いわゆる単立型の天守として、「大奥」の真ん中にどっぷり漬かって建っています

これはどうやら「その作法」が効いてないようにも見えますが、では時期をさかのぼって、初代の慶長度天守はどうだったのかを確認しますと…




大手から見て天守は詰ノ丸の左手前の隅角!



ご覧のとおり、もはや織田信長とは何の関係も無いはずの江戸城も、「信長の作法」が踏襲されていたのです。

そして縄張り(設計)は、やはり“名人”藤堂高虎でした。


(次回に続く)









作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。