城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2010/10

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (260)



全エントリ記事の一覧はこちら

2010年10月
         
           

新着エントリ
城の再発見!「京の城」の伝統的な天守の位置 →聚楽第の「北西隅」はむしろ新機軸の異端か (9/16)
城の再発見!ポルトガル海上帝国と「川の城」岐阜城 →あえて「C地区」の構造的な欠陥を疑うと… (9/1)
城の再発見!フロイスの岐阜城訪問記には金箔の「瓦」とはどこにも書いてない (8/17)
城の再発見!どうして岐阜城で「織田系」金箔瓦が発見されないか (8/3)
続々・甲府城「天守」のゆくえ →金箔付きシャチ瓦も「徳川包囲網」の目印だったのか?… (7/20)
城の再発見!続・甲府城「天守」のゆくえ →再訪の直感、天守台「穴倉」の内側も“見られること”を意識している (7/8)
城の再発見!甲府城「天守」のゆくえ →躑躅(つつじ)ヶ崎館の天守台との関係はどうなっていたのか (6/25)
城の再発見!近世城郭の「完全否定」で籠城戦に勝てたのが熊本城か (6/12)
城の再発見!これもコンクリート天守の「魔力」がなせる技か… 熊本城天守のすばやい解体と復旧 (5/29)
城の再発見!目的地は“東アジアの下克上”か?…満洲族と日本の17世紀「新興軍事政権」 (5/19)
城の再発見!肥前名護屋城の出現と「小中華意識」に没入した李氏朝鮮の無反応 (5/4)
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)
城の再発見!「革命」は 信長→秀吉→三成 の三人で完成するはずだった? 時空を超えた<石田三成≒大久保利通>説 (9/27)
城の再発見!徳川家康の画期的な着眼か→ 四方正面(八棟造り)は平城の「求心性の自己表現」にもなる? (9/14)
城の再発見!ならば聚楽第チルドレンの筆頭・天正期の駿府城には「小天守」とともに大天守もあったのか (8/29)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (20)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)


アクセスカウンタ
今日:1,302
昨日:1,742
累計:2,145,711


RSS/Powered by 「のブログ

2010年10月25日(Mon)▲ページの先頭へ
城の再発見!解説!イラスト「白い安土城天主」上層部分





解説!イラスト「白い安土城天主」上層部分


このほど、当ブログは累計アクセス数が20万件を越えまして、望外のご支持を頂戴しておりますこと、心より御礼申し上げます。

さて、前回は不本意な形でお見せしたイラストについて、今回は解説文を加えてご覧いただきたく存じます。


『天守指図』新解釈による復元イラスト(北西の湖上から見上げた角度)


論点1.やはり安土城天主に正八角形の「八角円堂」は無かった!

    〜仮称「十字形八角平面」の六重目の具体像〜



まず、安土城天主の構造に、正八角形の「八角円堂」が無かったと考えられる“理由”につきましては、上のバナーの「2009緊急リポート」やブログ記事「安土城天主に「八角円堂」は無かった!」 「図解!安土城天主に「八角円堂」は無かった」等をご参照いただきたく、ここではイラスト化を進めた過程で判った事柄をお話いたします。

(※最上階の七重目については、記事「七重目が「純金の冠」だったワケ」もご参照下さい)



静嘉堂文庫蔵『天守指図』の五重目


当サイトはご覧の『天守指図』五重目の中央部分、十字形の八つ角のある範囲が高く建ち上がり、六重目を構成したのではないか、と考えております。

正直申しまして、その具体像を考える上で最も迷ったポイントは、五重目の南北に突き出した「一段たかし」と書き込みのある部屋(張り出し)の真上の部屋は、どうなっていたのか? という点でした。


何故なら、その上にも何らかの部屋が無くては、六重目が「八角(八つ角のある平面形)」になりませんし、指図に描かれた「華頭窓」等は当然、五重目についての表現であって、その上の部屋については情報が“皆無”だからです。

「張り出し」真上の六重目は開放的な「眺望」室??



そこで当サイトが申し上げている仮称「十字形八角平面」の論拠に立ち返りますと、古来、中国大陸の各地に建てられた楼閣建築において、特徴的な構造物として「抱廈(ほうか)」があり、それは眺望のためのバルコニー的な用途のあるものでした。

岳陽楼図(原在照筆/江戸時代)


こうした見晴らしの良い「抱廈(ほうか)」こそ、中国の楼閣にとって必須のものであり、これが「十字形八角平面」を形づくったわけです。


したがって『天守指図』の「張り出し」の真上にも、そうした「眺望」を第一の目的とする部屋があっても良いのではないか、と考えた場合、それは例えば、のちの松本城天守の月見櫓に見られるような、戸や縁がぐるりと廻った開放的な空間が想像されます。


その場合、縁は当然のごとく、六重目(回廊)の西側に張り出した高欄廻縁が回り込んできたものと思われ、それによって接続路は十分に確保され、外観的には「八角」がいっそう強調される効果もありそうで、今回のイラスト化に“是非モノ”で盛り込んだ次第です。

『天守指図』五重目の解釈案(今回の訂正版)


そのため以前の記事中の作図に、いくつか“訂正”があります。

例えばご覧の上の作図で、赤い矢印線は、五重目の内部から階段を登り、六重目(回廊)を経て、吹き抜けの真上の「七重目」に向かう場合や、一旦、高欄廻縁に出てから南北の「眺望」室に向かう場合の導線を表しています。


ちなみに別の立体的な図では、その縁はご覧のように表現されます。


この「十字形八角平面の六重目」という考え方は、次の「論点2」の内容にも深く関わって来ることになります。



論点2.『信長記』『信長公記』類で知られる天主壁面の「飛龍」の絵が、実は、宣教師の見聞録では一語も書かれていないのは何故なのか??


(『信長記』岡山大学蔵より)

六重め八角四間程有。外柱は朱也、内柱は皆金也。
釈門十代御弟子等、尺尊成道御説法之次第。
御縁輪にハ餓鬼共鬼共かゝせられ、御縁輪はた板にハ、
しやちほこひれうをかゝせられ、
高欄擬法珠ほり物あり。



このような六重目の記録をもとに、諸先生方の復元では、多くの場合、八角の縁下の「はた板」(端板)に「ひれう」(飛龍)の絵を描いて来ました。


ご存知ですか? それは海外の出版物でも踏襲されてます…

(Stephen Turnbull『Japanese Castles 1540−1640』)


こんな壁面の飛龍はイラストから想像するに、遠くからでも目立ったことでしょうが、不思議なことに、フロイス『日本史』など宣教師の見聞録では、この飛龍について書かれた部分が一箇所も無い(!)のです。

例えば外壁に関するくだりでも…


外部では、これら(七層)の層ごとに種々の色分けがなされている。あるものは、日本で用いられている漆塗り、すなわち黒い漆を塗った窓を配した白壁となっており、それがこの上ない美観を呈している。他のあるものは赤く、あるいは青く塗られており、最上層はすべて金色となっている。

(『完訳フロイス日本史』松田毅一/川崎桃太訳)


宣教師の目にも「ドラゴン(龍)」と判るような絵が、はっきりと天主の壁面にあったのなら、少しは記録があっても良さそうです。

ところが一言も無い、ということは、何かそこに理由があったからではないのでしょうか?


織田信長が安土時代に使用した龍の朱印


この印判は「天下布武」の文字の両側を、二匹の降り龍が囲んだデザインで、信長が安土への移転を契機に使い始めたものと言われています。

それにしても、このデザイン。パッと見た目で、すぐに「龍」とお分かりになるでしょうか。
――このことから、或る可能性が思い浮かぶのです。


仮に、分かり易く作ってみた印判状の飛龍の図案


つまりここで申し上げたいのは、問題の「飛龍の絵」とは、特に宣教師らの西洋人にとっては、遠目ではとても判別のできなかった、複雑な印判状の図柄(!)という可能性は無かったか? ということです。


日本人ならば、“何かが円形にトグロを巻いている”という絵を見た場合、遅かれ早かれ「龍だ」と連想できるわけですが、宣教師にはそれが唐草模様とも何とも判断がつかず、結局、見聞録に記しきれなかった、という特殊なケースが起きたのではなかったでしょうか。


そして、そういう可能性について考えをめぐらせますと、そこから信長の壮大な意図が見え隠れし始めるのです。


『天守指図』五重目/六本の朱柱?は幅9間にわたって並ぶ


前記『信長記』に「外柱は朱也」とあったとおり、『天守指図』にもその「朱柱」と思われる存在が示されています。

それらは幅9間にわたって並んでいて、全体で六重目の高欄廻縁や屋根庇(ひさし)の軒先を支えていた可能性が想定できます。

(※詳しくは「天空と一体化する安土城天主の上層階」参照)


で、実は、この「幅9間」というのがミソであり、すなわち1間に一匹ずつ「龍」の図柄があったのなら、合計で「九匹の龍」が壁面に並んだことになるからです。

それらは、城下町の広がる西側に向かって。さらには、都や、海のかなたの大帝国に向かって…




九龍壁(紫禁城/太和殿の前門「皇極門」に付設のもの)


九龍壁は、中国の明・清代に正門の目隠しの壁として建てられたものです。

龍が表と裏に九匹ずつ、それぞれ五対に見えるように配置され、縁起のいい「九」と「五」で「九五之尊」を表し、宮殿外から姿の見えない皇帝(天子)の存在を表現したと言います。

(※写真の龍は2匹ずつ波形でくくって「五対」に見せています)


この「九五之尊」という意味では、まさに『天守指図』の朱柱も、九匹の龍を五対に見えるように(!)配置してあることが判ります。




こうして見ますと、文献に伝えられた「飛龍の絵」とは、さながら「信長の九龍壁」とも言うべき確信的な意匠であったことになり、当時の中国の流儀にのっとった、或る政治的なメッセージを発信するための設備だったことになります。


竜のデザインは中国の皇帝につながります。そして安土城の天主は唐様、つまり中国風デザインにつくるよう命じていました。これも皇帝イメージに直結します。小島道裕さんもいうように、信長は天皇を凌駕する皇帝を意図していた可能性がきわめて高いのです。

(千田嘉博『戦国の城を歩く』2009年 ちくま学芸文庫版)


かくして「飛龍の絵」を各々1間幅の図柄と考える時、信長の歴史的なメッセージが天主の壁面に掲げられたことは、いっそう明確になるわけです。


(※次回に続く)







作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。




2010年10月20日(Wed)▲ページの先頭へ
城の再発見!イラスト「白い安土城天主」作画の経過報告!





イラスト「白い安土城天主」作画の経過報告!


昨年の大晦日の2009年緊急リポートで、ラストにお見せするはずだった「白い安土城天主」の全景イラストは、日曜大工作業の悲しさで、なかなか完成に至りません。

しかし2010年もすでに紅葉の季節となり、せめて“出来た分だけ”でもご覧に入れようと思い立ち、急遽、作業ピッチを上げたのですが、天主の上層部分の作画だけで、とうに息が上がっております。


このままでは記事のアップがどんどん遅れそうなので、ひとまず作画の途中段階と記事のアウトラインだけをご覧に入れつつ、二、三日中に詳しい解説記事を載せますので、本日のところは何とぞご容赦のほどを!



『天守指図』新解釈による復元イラスト(上層部分)


論点1.やはり安土城天主に正八角形の「八角円堂」は無かった!
    〜仮称「十字形八角平面」の六重目の具体像〜













『天守指図』新解釈による復元イラスト(上層部分)


論点2.『信長公記』類で知られる天主壁面の「飛龍」の絵が、実は、宣教師の見聞録では一語も書かれていないのは何故なのか??












『天守指図』新解釈による復元イラスト(上層部分)


論点3.安土城天主は、津山城天守や福山城天守などの「板葺き四重目屋根」の原点であったのかもしれない




申し訳ゴサイマセヌ…。二、三日中に詳しい解説文をアップします!







作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。




2010年10月05日(Tue)▲ページの先頭へ
城の再発見!覇城・安土城の山頂にも「大奥」の原形があった!





覇城・安土城の山頂にも「大奥」の原形があった!


のっけから余談で恐縮ですが、時代劇はこんなことも出来るんですね


左は公開中の問題作(?)男女逆転『大奥』のポスターですが、一方、右は1972年の痛快爆笑時代劇、『徳川セックス禁止令 色情大名』(東映京都/鈴木則文監督)でして、これは邦画史に輝ける怪作と申せましょう。


『大奥』は未見ですので、『徳川セックス…』の方で申しますと、真面目一本槍で育った殿様が突然、性愛の悦びに目覚め、それを知らなかった悔しさからトンデモナイお触れを出してしまい… といったストーリーです。

実際に、生類憐みの令の徳川綱吉や、無理なデノミを強行した金正日など、権力者のトンチンカンに泣かされた庶民、という類のお話はあるわけで、映画(メディア)製作者はそんな連想をうまく利用しつつ、なんとか1本仕上げたいと思うわけです。


その辺、男女逆転『大奥』はどんな風になっているのか… ポスターを見る限り、女将軍役の柴咲コウのほおがゲッソリしている(!)のは、なにやら作品の裏読みも出来そうで、気になるポイントです。

いずれにしても「大奥」という存在は、好事家の絶好の話題になりがちですが、城郭論から見ても「城」の本質に関わる大テーマなのです。




千田嘉博『戦国の城を歩く』(2009年/ちくま学芸文庫版)


さてさて、この辺りで本題に入らせていただきますが、前々回から申し上げて来た「信長の作法」は、肝心かなめの安土城では、どう反映されていたのでしょうか?

つまり安土城にも「大奥」の原形はあったのか――

このことを考える時、“山麓と山上にそれぞれ御殿をもち、大名自身は山上の御殿に住んだ”という「戦国期拠点城郭」を明らかにした、千田嘉博先生の指摘はたいへん参考になります。


観音寺城では山城のなかに大名も家臣たちも横並びに屋敷をかまえており、山上の常御殿は大名の政務の場としての比重が高いだけでなく、重臣たちも日常的に訪れた場所でした。こうした御殿のようすは大名と家臣たちが拮抗した横並びの権力構造をもったことと表裏の関係でした。
それにたいして岐阜城では大名である信長だけが突出して山上の屋敷を構え、大名と家臣との隔絶した権力の大きさを示しました。


(千田嘉博『戦国の城を歩く』2009/ちくま学芸文庫版より)





こういう岐阜城のあとに築かれた安土城は、「山麓と山上に分離していた御殿群を山上で統合した城」と言われて来ました。


となると、信長があれほど岐阜城で徹底させた家臣や訪問客との接見のスタイルは、安土ではどうなったのでしょう。

信長のことですから、いっそう度を極めたはずだと考える方が自然であり、そうだとすると、安土城の山上では、どのように「ハレ」(公)と「ケ」(私)の領域が棲み分けられたのでしょうか?


このことは例の、天皇を迎える「御幸の御間」の紛糾(それら御殿の配置がいまだにハッキリしない…)という問題もあって、殆ど解明されて来ていません。



そこで今回は、日本の城郭研究にとっても重要なこのテーマに、斬り込んでみたいと思います。その問題解決へのカギは――

「御礼銭、悉(ことごと)くも信長直に御手にとらせられ、御後へ投させられ」(『信長公記』)

と伝わる、家臣らを安土城に招いたおりの、信長の奇妙な振る舞いにあり、そこには思いも寄らぬ意味合いが隠れていたのです。




安土城の御殿配置をめぐって対立する二案

(A案) 安土城郭調査研究所(藤村泉所長)案


さて、ご覧の(A案)は、この20年、発掘調査を行ってきた安土城郭調査研究所が、本丸御殿は京の御所の清涼殿に酷似した建物だった、と発表して話題になった時の御殿配置です。

(B案) 広島大学大学院教授・三浦正幸案


それに対し、(B案)は、お馴染みの三浦正幸先生らが、伝本丸の礎石列を(A案)のように清涼殿に見立てるのは恣意的すぎる、として反論した際の御殿配置で、「御幸の御間」は伝二ノ丸(ここも本丸と想定)にあったとしています。


では、この両説はハレ(公)とケ(私)の領域を、それぞれどのように棲み分けているのでしょうか?


例えば、後に徳川幕府が招請した二条城の行幸では、天皇の行幸殿は、大名が参集する二ノ丸御殿のとなりに建てられたことを思うと、同じく天皇を迎える「御幸の御間」も、明らかに「ハレ」の領域にあったでしょう。

一方、信長と家族の住居だったと言われる「天主」は、明らかに「ケ」の領域であったはずです。となると…

(A案)の棲み分け/※数字は各曲輪の標高(m)


曲輪の標高に注目いただきたいのですが、この(A案)は「ハレ」と「ケ」の棲み分けが、おおむね曲輪の高さ(標高)に逆らわずに分布しているようです。

(B案)の棲み分け


一方、(B案)は、曲輪の高さとは関係なく、ハレとケの領域が分布していることになります。

例えば近年の城郭論では、曲輪の高低と求心性は、いわゆる「織豊期城郭」の縄張りの“肝”だと言われて来ています。

その意味においては、一見しますと、(A案 安土城郭調査研究所)の方が「織豊期城郭」に、より相応しい造形のようにも見えるのですが、どうなのでしょう??




信長の奇妙な振る舞い 〜信長はどこに立っていたのか〜


さて、やがて本能寺の変が起こる天正十年の正月、信長は家臣らを安土城に招き、主郭部の御殿を拝見させました。

この時の記録が『信長記』『信長公記』類にあり、特に「御馬廻・甲賀衆など御白洲へめされ」で始まる拝見ルートがたいへん詳しいものの、具体的にどういうルートになるかは、(A案)と(B案)でかなり違った結果になります。


(A案ルート) ※安土城郭調査研究所編著『図説安土城を掘る』2004より

(B案ルート) ※三浦正幸監修『よみがえる真説安土城』2006より


ご覧のとおり両者はまるで違う結果になってしまいますが、ただ、こうして見ますと、(A案)は「ハレ」の領域だけを拝見した形であることが判ります。

そして是非とも、ご確認いただきたいのが、「御幸の御間」の拝見が終わった後の、最後のくだりの描写なのです。


御幸の御間拝見の後、初めて参り候御白洲へ罷下り候処に、御台所の口へ祗候(しこう)候へと上意にて、御厩(うまや)の口に立たせられ、十疋宛(ずつ)の御礼銭、悉(ことごと)くも信長直に御手にとらせられ、御後へ投させられ、他国衆、金銀・唐物、様々の珍奇を尽し上覧に備へられ、生便敷(おびただしき)様躰申し足らず。

(『信長公記』より)


ここで何より重要なのは、信長が見せた行動の意味です。

信長は「御馬廻・甲賀衆など」が各々差し出した「御礼銭」を、みずから手で受け取って、後へ投げた(!)というのです。


この話は信長のユニークな性格を語る時によく使われますが、では何故、背後に投げたのか? という点に言及された方はいらっしゃらないように思います。

この件は、その時、信長がどこに立っていたかを類推でき、そこが「御台所の口」に近い「御厩の口」であるとなると、(A案)も(B案)も想定が崩れる可能性があるのです。


(A案)(B案)の「ハレ」と「ケ」



記事の最初の方で(A案)(B案)のハレとケの領域を確認しましたが、いずれにせよ、家臣らは「信長の住居である天主」には一歩も足を踏み入れていません。

ということは、この日、信長は家臣らに格別の配慮を示しつつも、本当のところは、「己が住居」(ケの領域)には基本的に立ち入らせなかったのではないか(!)という疑いが浮上します。


そういう可能性を踏まえて、受け取った「御礼銭」を背後に投げた、信長のアクションの意味を想像してみていただきたいのです。


―― 礼銭をほうり投げるのは無作法なようでいて、実は、それ自体が「銭を受領した」という意味になったのではないか。

――すなわち、「後に投げれば、あとは家の者が拾うから、どんどん手渡してくれ…」と。


つまり、信長はその時、ハレとケの領域の境界線上に当たる場所に立っていて、銭を背後に投げるという行為自体で、「銭は受け取った!」という意思表示をおおげさに家臣らに見せた、ということではなかったのでしょうか??




仮説<この日の信長の行動から推理した安土城主郭部の「ハレ」と「ケ」の棲み分け>


信長の立ち位置は、ご覧のような石段の下あたりだったと考えますと、文献上に残る“奇妙な”行動も、その場にいた者ならハッキリと判った、信長の意図が隠れていたことになります。


かくして「御厩の口」が本当に図のような位置だったとなりますと、いやおうなく「御台所」や「御厩」の位置をはじめ、天主取付台や伝二ノ丸の性格についても、色々と見直しが迫られるのかもしれません。

現状のままでは(A案ルート)(B案ルート)は共に、信長が銭を投げたのは、北東斜面の伝台所跡のあたりということであり、そんな裏手で銭をほおり投げて、何になるのか、心配になって来ます。

(※次回に続く)







作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。