城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2010/12

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (252)



全エントリ記事の一覧はこちら

2010年12月
     
 

新着エントリ
城の再発見!これもコンクリート天守の「魔力」がなせる技か… 熊本城天守のすばやい解体と復旧 (09:06)
城の再発見!目的地は“東アジアの下克上”か?…満洲族と日本の17世紀「新興軍事政権」 (5/19)
城の再発見!肥前名護屋城の出現と「小中華意識」に没入した李氏朝鮮の無反応 (5/4)
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)
城の再発見!「革命」は 信長→秀吉→三成 の三人で完成するはずだった? 時空を超えた<石田三成≒大久保利通>説 (9/27)
城の再発見!徳川家康の画期的な着眼か→ 四方正面(八棟造り)は平城の「求心性の自己表現」にもなる? (9/14)
城の再発見!ならば聚楽第チルドレンの筆頭・天正期の駿府城には「小天守」とともに大天守もあったのか (8/29)
城の再発見!毛利輝元らは聚楽第で天守を見ていなかった!? とすれば… 広島城天守をめぐる“ぬぐえぬ疑問” (8/15)
城の再発見!最上階にやはり白鷺(しらさぎ)の絵 → 問題の層塔型「御三階」の構造を推理する (8/2)
城の再発見!後継者・秀次の墓穴(ぼけつ)――最大の過失は、洛中に強固な「城」を築いてしまったこと?? (7/15)
城の再発見!異例の側室・摩阿(まあ)姫が住んだ「京都天主」「聚楽天主」の正体 (7/4)
城の再発見!40m四方の天守台!? →『聚楽第図屏風』には天守が描かれていないのかもしれない… (6/20)
城の再発見!驚嘆、信長の「天下」観念は今日にも通じているのか… (6/9)
城の再発見!話題の「旧二条城」と岐阜城と小牧山城の“合体形”として安土城は出来上がった? (5/25)
城の再発見!続々・信長の「天下」――安土城天主は天皇の行幸殿の上にそびえ立ち、見おろしていた、とする見方の多大な影響 (5/10)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (12)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)


アクセスカウンタ
今日:1,320
昨日:1,269
累計:1,947,804


RSS/Powered by 「のブログ

2010年12月21日(Tue)▲ページの先頭へ
城の再発見!2010年度リポートのお知らせ





2010年度リポートのお知らせ


制作中イラストの一部 /(追記:もう秒読み段階デス!!…)


この年末か、おそらくは年明け早々になりそうですが、2010年度リポート「秀吉の大坂城・後篇 〜中井家蔵『本丸図』に隠された大改造の跡〜」をお届けすべく作業を鋭意、進行中です。

そこで今回はやや余談としまして、今夏に5回にわたって記事を書いた岐阜城で、その後、大きな出来事が重なったため、それを少しだけフォローしておきたいと存じます。


金箔瓦片の出土で、信長居館は「豪華説」に方向転換!?


お聞きのように今年の発掘調査で、いわゆる明治大帝像前の曲輪にあがる「上り通路」が発見され、そこから約3cm四方の金箔瓦片が出て来ました。

岐阜市教育委員会の発表では「今回の金箔瓦の出土により、中心の建物は豪華だったことをうかがわせる」というコメントがあったとか…


その金箔瓦片の現物の印象は、ネット情報(例えば『山城踏査日記&城郭関連情報』さんの記事)によれば、「説明されないとわからないくらい小さい」そうですが、やはり世間一般は“金”に鋭敏であって、あたかも救世主のような瓦片になってしまうのかもしれません。

一時は専門家の間から“信長公記にある御殿の豪華さは割り引いて考えねばならない”といった声も出ていたはずで、もう天と地ほどの落差です。

ただし、もし金箔瓦の出土がこれ一個で終わるとなると、それはそれでまた世間の受取り方も変わってしまうのかもしれません。


かく言う私は、人騒がせな金箔瓦片よりも、賛否両論を浴びる「闇(くらがり)通路」の方が面白く、本当に「上り通路」の上に建物が載るほど強度があったのか? これがまた、建築学の先生方からどんな声があがるのかと興味津々なのです。


岐阜城跡が文化財保護法による国の「史跡」に指定


さて、もう一つの大きな動きとして、岐阜城跡(金華山の北半分、山頂の本丸や砦が分布する209ヘクタール)が国の「史跡」になったそうです。


「史跡」と言われてもピンと来ない感がありますが、でも、問題の山麓居館周辺はどう線引きされたのか?? と思い立ち、とりあえず「信長居館発掘調査」ブログにある「岐阜城跡の史跡指定範囲」という図を使って、お馴染みの図にトレースしてみました。すると…



山麓居館跡に京の東山山荘(現慈照寺/銀閣)をダブらせた図では…


ご覧のとおり、どうやら「史跡」の範囲は、絶妙に、ロープウェー山麓駅やその下の岐阜公園の半分をはずしてあるようなのです。


これは図らずも、先程の発掘調査ブログにある「その範囲はほぼ現在の金華山国有林全域と岐阜公園の現在調査を行っている範囲となり」「これは城域と考えられていた範囲が指定対象となった」という市側の認識どおりです。

このような役所の線引きは、現実の社会の諸条件に沿ったものでしょうが、将来的にこれ自体がジワジワと既成事実化していくものです。


ですから当ブログが申し上げている、信長公居館は、岐阜公園の下半分の平地に「銀閣にならった月見のための、白い四階建て楼閣」として建てられたのでは…… などという“枠外の仮説”は、こんなことから、無言のうちに排除されていくのかもしれません。








作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。




2010年12月07日(Tue)▲ページの先頭へ
城の再発見!古代中国で「天下」を意味した十字形八角平面





古代中国で「天下」を意味した十字形八角平面


白い安土城天主イラストの解説の最終回として、やはり、天主六重目の檜皮葺き(ひわだぶき)屋根についてお話しせざるをえません。

何故なら、その形状には、織田信長による東洋の歴史的な“洞察”が秘められているかもしれないからです。



論点5.それはまず、後の天守群の「板葺き四重目屋根」の原形であったのかもしれない

ウィンゲの木版画(安土城天主を描いたと言われる一枚)


以前の記事「ウィンゲの怪??本当に安土城天主なのか…」でも申し上げたように、ご覧の木版画の色づけした部分について、織豊期城郭研究会の加藤理文先生がこんな指摘をされました。


最下部の渡廊下のような表現は、天主と本丸御殿を結ぶ渡廊下、もしくは御殿同士を結ぶ渡廊下が想定される。(中略)天主本体と異なる表現方法であるため、渡廊下が瓦屋根でないのは確実で、檜皮葺き(檜の皮で屋根を葺くこと)と理解される。

(『よみがえる真説安土城』2006所収/加藤理文「文献にみる安土城の姿」)


当ブログの天主イラストは、加藤先生のこの解釈にインスピレーションを得たものでして、以前の記事のとおり、ウィンゲの木版画は(実は!)天主でないと思われるものの、ひょっとすると「檜皮葺き」は天主六重目の屋根にも採用されたのではないか… という想定で描きました。

そう考えた動機は、安土城の後の天守において、上から二重目の屋根だけをあえて「板葺き」にした例がいくつか(津山城や福山城に)存在したことにあります。



城郭ファンには懐かしい 西ヶ谷恭弘 監修『名城の「天守」総覧』1994年

(※左の上から二つ目が津山城天守、右下が瓦葺きに改装後の福山城天守


ご覧のイラストのような「板葺き四重目屋根」が登場した理由として、一般には、幕府の追及をのがれるため五重を一夜にして四重に変えて見せた苦肉の策、という奇術的な伝説が紹介されます。

しかし、それにしては「板葺き四重目屋根」は前例のない画期的な意匠であって、むしろ余計な世評の広まる危険の方が大きかったようにも思えます…。


そこで、仮に、この屋根の先駆例が安土城天主だったとしますと、それは「五重を四重に見せるため」といった消極的な意図ではなく、反対に、天守の創始者・織田信長にならうための積極的な道具立てだった、ということにもなるでしょう。


それぞれの天守を建造した城主を確認しますと、津山城は、代々織田家に仕えた森家の世継ぎで、本能寺の変で信長に殉じた森蘭丸の弟であり、自身はまさに安土城にいて凶報を聞いた武将、森忠政(もりただまさ)でした。

一方の福山城は、やはり父が織田家の家臣であり、また徳川家康の母の実家としても知られる水野家の嫡男で、自身は主君を家康・織田信長・豊臣秀吉・再び家康と変えた豪傑、水野勝成(みずのかつなり)でした。


ですから、板葺き四重目屋根がこのように安土城ゆかりの意匠だとすると、これらの城主たちにとっては、自らの“出自や来歴”を家臣団に見せつける道具として、格好のステイタス・シンボルであったのかもしれません。


(※ちなみに、津山城などのいわゆる“無破風”の天守は、その発想そのもの…発案者の細川忠興らの真意…は、必ずしも「幕府をはばかるため」では無かったのではないか、と考えておりまして、この件はいずれ年度リポート等でまとめてご紹介する予定です。)



で、次の論点は、この屋根の東西南北にあったと思われる「唐破風」をめぐるお話です。


論点6.江戸幕府の大棟梁・甲良家の祖、甲良宗広(こうらむねひろ)は幼少期に、この安土城天主を見ていた?


今年はNPO法人による江戸城天守の復元プロジェクトが話題になりましたが、その天守(寛永度天守)の復元のベースになったのは、江戸幕府の作事方大棟梁・甲良家に伝わった「江府御天守図」(都立中央図書館蔵)です。


NPO法人発行『江戸城かわら版』第21号


そしてご覧の復元が三浦正幸先生によって提示されたわけですが、では、この天守の大工頭は誰だったか?と申しますと、かの宮上茂隆先生はこんな見方を示しました。


(江府御天守図は)左下に「大棟梁 甲良豊前扣(ひかえ)」とあるが、寛永度天守を手がけたのは甲良豊後宗広とみられるから、この図は造営後の控えとみられる。焼失後再建を検討した際に提出した資料かもしれない。

(宮上茂隆/歴史群像 名城シリーズ『江戸城』1995)


他方で、大工頭は徳川譜代の木原家(木原義久)という見方もありながら、宮上先生は「甲良豊後宗広」とおっしゃっていて、もしこれが本当だとすると、興味深い歴史の秘話があったように想像できるのです。

それは甲良家が、近江の甲良庄の出だったからです…


甲良家は近江国甲良庄の出身である。始祖は佐々木三郎左衛門尉光広で、建仁寺工匠として技術をみがき、丹羽長秀の建築家であったという。(中略)その子甲良宗広は慶長元年(一五九六)伏見で家康につかえた。

(内藤昌『SD選書 江戸と江戸城』1966)


丹羽長秀は言わずと知れた安土城の普請奉行ですし、宗広(1574−1646)はその後、日光東照宮を絢爛豪華な社殿に大改築した棟梁であって、その宗広が寛永度天守も手がけていて、甲良庄の生れ(幼名小左衛門)だったとなると…

甲良庄はいまも滋賀県犬上郡甲良町で、安土までわずか10kmですから、宗広は十歳に満たない頃、父親に連れられて安土城を眺めたことも充分ありえたのではないか、と。


―――実はこの話は『大人の修学旅行』という旅行ガイド本の記事が元ネタであり、当ブログの天主イラストを描いた時も、得がたい示唆を含んだ話として頭から離れませんでした。


何故なら、ご承知のように寛永度天守のデザインの特徴は、上から二重目の四方に「唐破風」が設けられている点であり、これはひょっとして、宗広少年の眼に焼きついた安土城天主の印象から生まれたものでは…… といった空想が思わず膨らんだからです。


前出『名城の「天守」総覧』表紙の寛永度天守(左上)


かねてから当サイトでは、天守の「唐破風」は、高欄の戸口や玄関など建物正面の、城主が姿を現す場所を示す意匠ではなかったか、と申し上げて来ました。

したがってそれは城主の「目線」を表していたようにも考えられ、それが東西南北の四方を向いている、ということは、或る東洋の歴史観に基づく工夫が施されていたかもしれないのです。



論点7.古代「周」王朝の衰退期に叫ばれた「天下」という言葉がもつ、国家分裂への焦燥感


「宗広少年」云々の話の真偽はさておき、当サイトが申し上げている「十字形八角平面」→詳細記事という形状に、中国由来の観念がからみついていることは確かなようです。

それは「天下」という言葉の発生にかかわる問題のようで、この話は、まことに古典的な文献で気恥ずかしいのですが、安部健夫先生の論考「中国人の天下観念」(『元代史の研究』1972所収)に基づいています。


では中国における「天下」とは何だったか、と申しますと、例えば「王道的天下観念には領土なる観念を指示せず」(田崎仁義)などと評されたように、ここで勝手に意訳すれば、“中華思想のもとでは国境ははっきりしなくても良い”“対等な他国民など存在しないのだから”といった強圧的、かつ拡張主義的な観念をはらんだ言葉だったようです。


安部先生はそんな「天下」という言葉が、いつから中国の古典に頻繁に登場し始めたのかを分析しています。

その結果、伝説的な古代王朝「周」の時代は、まだ「天下」が殆ど無く、かわりに「四方」や「四国」という言葉が使われていたそうです。



少なくとも周代にいわゆる四方・四国が、どちらも「よものくにぐに」の義であったことは問題のないところであろう。(中略)
したがって「四方」とは元来、中国とそれを取りかこむ四周の国々との総称であったわけなのである。(中略)

「四方」がその後、周室の衰えと大諸侯の強力化とのために次第に分裂と混乱の兆しを示してくる。いわゆる「義を失い」「政を異にする」という状態である。その極まるところ世は戦国となった。

しかも周室――「天に厭かれて」再起不能の窮境にあった周室に代わるべきだれか最適任者によって、この「戦国」の状態を克服・そこから離脱し、再度むかしの「四方」的な結合体を回復してもらいたいと言うところにこそ在ったからである。
つまり、少なくともこの場合の「天下」は、求心的な擬集的な力概念であった。


(安部健夫「中国人の天下観念」より)


そのはるか後の日本の戦国時代、足利将軍が都落ちする政情下で、信長が「天下布武」を掲げて武力平定に乗りだし、「四方」に唐破風を向けた天主を築いたのも、どこかで中国仕込みの強圧的な天下観念を学んだからではなかったのか…
と、さらに空想は膨らむのです。








作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。