城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2011/02

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (254)



全エントリ記事の一覧はこちら

2011年2月
   
         

新着エントリ
城の再発見!甲府城「天守」のゆくえ →躑躅(つつじ)ヶ崎館の天守台との関係はどうなっていたのか (6/25)
城の再発見!近世城郭の「完全否定」で籠城戦に勝てたのが熊本城か (6/12)
城の再発見!これもコンクリート天守の「魔力」がなせる技か… 熊本城天守のすばやい解体と復旧 (5/29)
城の再発見!目的地は“東アジアの下克上”か?…満洲族と日本の17世紀「新興軍事政権」 (5/19)
城の再発見!肥前名護屋城の出現と「小中華意識」に没入した李氏朝鮮の無反応 (5/4)
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)
城の再発見!「革命」は 信長→秀吉→三成 の三人で完成するはずだった? 時空を超えた<石田三成≒大久保利通>説 (9/27)
城の再発見!徳川家康の画期的な着眼か→ 四方正面(八棟造り)は平城の「求心性の自己表現」にもなる? (9/14)
城の再発見!ならば聚楽第チルドレンの筆頭・天正期の駿府城には「小天守」とともに大天守もあったのか (8/29)
城の再発見!毛利輝元らは聚楽第で天守を見ていなかった!? とすれば… 広島城天守をめぐる“ぬぐえぬ疑問” (8/15)
城の再発見!最上階にやはり白鷺(しらさぎ)の絵 → 問題の層塔型「御三階」の構造を推理する (8/2)
城の再発見!後継者・秀次の墓穴(ぼけつ)――最大の過失は、洛中に強固な「城」を築いてしまったこと?? (7/15)
城の再発見!異例の側室・摩阿(まあ)姫が住んだ「京都天主」「聚楽天主」の正体 (7/4)
城の再発見!40m四方の天守台!? →『聚楽第図屏風』には天守が描かれていないのかもしれない… (6/20)
城の再発見!驚嘆、信長の「天下」観念は今日にも通じているのか… (6/9)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (14)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)


アクセスカウンタ
今日:2,915
昨日:2,808
累計:1,999,456


RSS/Powered by 「のブログ

2011年02月24日(Thu)▲ページの先頭へ
城の再発見!工程の推理(2)−秀吉時代の大坂城が出来るまで−






工程の推理(2)−秀吉時代の大坂城が出来るまで−


クイズ番組の「二つの絵を見て、違いを探して下さい!」ではありませんが、今回の話題は、まさに二つの屏風絵の違いが【謎解き】に関わって来ます。……




上は「京大坂祭礼図屏風」(個人蔵)の大坂城本丸で、下は「大坂冬の陣図屏風」(東京国立博物館蔵)で同じ範囲が描かれた部分です。

ご覧のように上の絵は、極楽橋や桜御門のほかに、手前(西側)から本丸に渡る“もう一本の木橋”が架かっているのに対し、下の絵は、その橋の辺りがちょうど金雲で見えなく(!)なっています。

当ページの最上部バナーの「リポートの前説」をお読みの方は、「アッ」とお気付きのことでしょうが、ここでも問題の“金雲”が暗躍しているのです。

では早速、この【謎解き】を始めることにしましょう。



工程の仮説3.会津若松城と同様に二つの馬出し曲輪があったはず




今回のリポートのイラストにおいて、やはり“風当たりの強い”特徴的な表現(仮説)が、本丸の北側と西側に描いた「馬出し曲輪」でしょう。

これらは現存の会津若松城にも見られるもの(北出丸・西出丸)ですが、現地の発掘調査では、同じ場所から、前代の蒲生(がもう)時代と思しき馬出しの石垣跡も見つかっています。

会津若松城と大坂城築城時の馬出し(※図の両城の方角は異なる)


左の会津若松城を築いた蒲生氏郷(がもう うじさと)は、豊臣政権下で徳川家康・毛利輝元に次ぐ92万石の大大名に登りつめた人物ながら、突然の病で早死にしたために、のちに新井白石が『藩翰譜』(はんかんふ)で石田三成による毒殺説をほのめかしました。

私の勝手な印象でも、氏郷の最盛時の領国(会津若松ほか)は海が無く、内陸部に封じ込められた感があって、これも氏郷の実力が政権中枢部から警戒されていた証のように思われてなりません。


そんな中で、氏郷が、秀吉の天下統一の総仕上げ「奥羽仕置」の地・会津若松で、居城を大坂城とそっくりに築いていたとしますと、これは、かなり痛切な響きがあります。

氏郷の胸中を含めて、築城の方針に関する発言は殆ど無かったようですが、これはひょっとすると、「ひたすら大坂城のとおり」ならば、もう何も仰々しく語る必要は無かったのかもしれません。





さて、今回の仮説の「北馬出し曲輪」は、第一義的には極楽橋が直接、城外にさらされることを避けつつ、本丸北側の防御と出撃の機能を担った曲輪です。

その形は、幸いにして『僊台武鑑』の大坂冬の陣配陣図(個人蔵)にうっすらと痕跡が残されているようなのです。




ご覧の場所が「北馬出し曲輪」の範囲だったとしますと、例えば京橋を渡って来た者がここに入るには、いったん掘際の狭い通路を進んで、さらに堀と本丸に背を向けながら城門に向かわざるをえない、という巧みな構造が見えて来ます。


また、この馬出し曲輪の東側(図では左)は、配陣図の「舟入り堀」に接していた可能性も見てとれます。

このような形式は「馬出し」本来の機能とはやや違ったものになりますが、京の都と連絡する淀川の水運こそ、豊臣政権にとって重大な意味を持っていた点を踏まえますと、かなり信憑性は高いのではないでしょうか。


ちなみに、後の伏見城にも(こちらは大坂城との連絡のために)巨大な「舟入り堀」が備えられていて、それは慶長地震の復興時にもきちんと再築されたほど、不可欠の設備だったことが判ります。

したがって大坂城も、同じ淀川水系の城として、伏見城に似た条件下にあったと考えますと、「舟入り堀」に接した曲輪(「北馬出し曲輪」)には、おそらく接遇のための「舟入御殿」が設けられていたと想像されるのです。






さて、一方の「西馬出し曲輪」は、会津若松城と全く同じならば本丸の東側になりますが、正反対の西側であったように思われます。

その第一の理由は、中井家蔵『本丸図』にある、石垣の下段に設けられた「細い城道」の不可思議な様子にあるのです。




この細い道を城外(右)からたどりますと、本丸に深く切れ込んだ掘の際をグルッと半周して、詰ノ丸や山里曲輪の直下にまで達することが出来ます。

逆にたどる場合は、まるで落城時の脱出ルートみたいですが、それにしては何故、道の先端が城外で“むきだし”になっているのでしょうか?

これでは侵入者に「ここからどうぞ」と言わんばかりであって、およそ理解不能です。


ですから例えば、本来、この道の先端には“何か”があったのではないでしょうか??

その“何か”によって城外と隔てられていたのが、やがて輪郭式の二ノ丸が築かれて、全体が城内に組み込まれますと、その後に“何か”が無くなった時、先端はむきだしのまま放置されてしまったのかもしれません。

で、その“何か”こそ「西馬出し曲輪」だとしますと、この道は、密かに馬出しの内側に通じることになり、それは柵ごしに堀や本丸を眺めただけでは殆ど気付かれない、見事な仕掛けになります。





そして第二の理由が、冒頭に申し上げた“もう一本の木橋”です。

改めてご覧いただきますと、上側の「京大坂祭礼図屏風」には、西から本丸に渡る木橋が描かれています。



このような木橋は『本丸図』の類は勿論、どの大坂陣の配陣図にも見当たらない“謎の木橋”であり、下側の「大坂冬の陣図屏風」の絵師は頭を抱えたことでしょう。

――こんな木橋、資料のどこにある! また金雲で隠すしかないッ… と。


つまりこの木橋は、「大坂冬の陣図屏風」が描かれた江戸初期から、密かに、問題とされて来た存在であることが疑われるのです。




では試しに、この木橋が(築城当初は)実在した可能性を考えてみますと、例えば、第一の理由で浮上した「西馬出し曲輪」の地点から、まっすぐ東(下図では左)に木橋が延びていた場合、その着地点はちょうど山里曲輪の西端(右端)の一段低い場所になります。

そしてこの場所は、先程の「細い城道」の終着点でもあるのです。




つまりこの木橋が実在した場合、《西馬出し曲輪―木橋―山里曲輪の西端―細い城道―西馬出し曲輪…》という、ループ状の閉じた空間が出来上がるのです。

このことから「細い城道」とは、城外と城内の中間に設けられた、帯曲輪の一部であったことが明確になり、これもまた見事な工夫(オリジナリティ)と言えるのではないでしょうか。


そこでさらにイラストでは、『本丸図』の石垣の屈曲を“改造の跡”と想定して、そこに木橋の東端や櫓門、および屏風絵の三重櫓を描いてみました。





さて、以上の仮説を総合しますと、問題の「表御殿」は二つの門「主門・脇門」(礼門・通用門)を備えたことになり、それは京の足利将軍邸にならったデザインである可能性が出て来るのです。

足利将軍邸の二つの門について、千田嘉博先生はこう書いておられます。


館の正面には平唐門形式の礼門(らいもん)とよぶ正式の門と、四脚門形式の日常の通用門という二つの門があったことも見てとれます。礼門は将軍のお出ましなど特別なときしか用いませんでした。(中略)日常使いの通用門は戸が開いていて、人びとが出入りできました。

(千田嘉博『戦国の城を歩く』2003年)


このように築城時の表御殿が、足利将軍邸の作法にのっとって造営されていたのなら、ひょっとすると、唐破風屋根のある極楽橋こそ、人々に事実上の「礼門」と見られていたのではないのか―――

華やかさといい、奇抜さといい、秀吉の宮殿の「顔」として申し分のない建造物だったと思われます。

(次回に続く)








作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。




2011年02月09日(Wed)▲ページの先頭へ
城の再発見!秀吉時代の大坂城が出来るまで−工程の推理(1)−






秀吉時代の大坂城が出来るまで−工程の推理(1)−




越年でお届けした2010年度リポートは、ご覧のイラストの解説が間に合っておりませんで、今回からその補足説明をしてまいります。


工程の仮説1.基本的な縄張りは石山本願寺をそのまま踏襲した


まずは、ルイス・フロイスが伝えた大坂築城のくだりの一部です。


旧城の城壁や濠は、このようにすべて新たに構築された。そして宝物を貯え、武器や兵糧を収容する多数の大いなる地下室があったが、それらの古い部分は皆新たに改造され、警備のために周囲に設けられた砦は、その考案と美観においてやはり新建築に属し、とりわけ天守閣は遠くから望見できる建物で大いなる華麗さと宏壮さを誇示していた。

(『完訳フロイス日本史』松田毅一・川崎桃太訳)


ご覧のように、豊臣秀吉の大坂城の前身が石山本願寺(「旧城」)であったことは確実ですが、構造(縄張り)的にどこまで関連があったのかは明確でありません。

そうした中で、当サイトは、豊臣大坂城の築城当初の構造は“石山本願寺と殆ど変わらなかった(!)のではないか”という仮説を申し上げております。

それは上記の文章にも拠りますし、さらには…




ご覧の図の右側は、本願寺がその昔、大坂に本拠地を移す以前の「山科本願寺」の様子でして、周囲には巨大な土塁と堀をめぐらした国内有数の要害でした。

そして左の青い部分が、リポートで申し上げた大坂築城当初の範囲であり、この両者の相似形には、本願寺側の一貫した着想(つまり両方とも本願寺の普請だった可能性)が感じられてならないからです。

(※これは当ブログの記事「大坂城に隠された、もう一つの相似形」でも申し上げた件です。)


で今回、是非とも付け加えたいのが、石山本願寺にも“相当な数の櫓が林立していた”可能性があることです。


松岡利郎先生の指摘によりますと、天文10年(1541年)の寺側の記録に「寺中之櫓悉吹倒之、只五相残」(『証如上人日記』)とあるそうで、櫓がことごとく倒れ、たった五棟だけが残った、というのですから、通常はいったい何十棟(!?)の櫓が建ち並んでいたのでしょうか。

これも先程のフロイスの報告「警備のために周囲に設けられた砦は、その考案と美観においてやはり新建築に属し」という文章と突き合せて考えますと、櫓について秀吉がやったことは、新しく織豊城郭の手法を駆使しつつも、同じ場所(の石垣上)に櫓を再建しただけではないのか… といった疑いが深まるのです。


唯今成す所の大坂の普請は、先づ天守の土台也。其高さ莫大にて、四方八角、白壁翠屏の如し

(『天正記(柴田退治記)』より)

リポートでも引用したこの文章の「翠屏(すいへい)」は屏風のことですから、城には「四方八角」の天守がそびえ立ち、石垣の上に白漆喰の櫓や塀が「屏風のごとく」幾重にも屈曲しながら連なっていたことが推測できます。

その辺は、まさに「新建築」や「天守閣」で人々を驚かそうとした秀吉のねらい通りだったのかもしれません。





さて、ちなみにフロイスもまた、秀吉時代の大坂城が“北を大手としていた”可能性をほのめかしていて、この機会に是非ご紹介しましょう。

それは秀吉が大坂遷都を断念した後、その空いた土地(天満)に、再び本願寺を呼び戻した時の報告文です。


筑前殿は、本章の冒頭で述べたように雑賀に移っていた大坂の仏僧(顕如)に対しては、彼が悪事をなさず、なんらの裏切りなり暴動をなさぬようにと、川向うにあたり、秀吉の宮殿の前方の孤立した低地(中之島、天満)に居住することを命じたが…

(『完訳フロイス日本史』松田毅一・川崎桃太訳)


このようにフロイスは、天満を「宮殿の前方の」とさり気なく形容していて、「背後」とか「裏」とかいった言葉は、決して用いていないのです。


現在の京橋と復興天守閣/これが城本来の正面(北)からの景観か?




工程の仮説2.大規模な石垣工事で会津若松城に酷似した連郭式の城へ


申し上げたように、秀吉の最初の大坂築城工事とは、土塁づくりの旧城を、石垣や白壁や天守のある新式の城に「改装」したことに他ならないようです。

そして出来上がった大坂城は、《本丸−二ノ丸−三ノ丸》と曲輪が連なる「連郭式」の城として、現存の会津若松城にそっくりな縄張りであったように思われます。

(※左の大坂城の曲輪は通例のままの名称で、これが築城当初は、本丸−二ノ丸−三ノ丸であったはずです。)



いま会津若松城の話題と言いますと、江戸後期の旧観を取り戻すべく「赤瓦」への改修が終わったところで、三月には記念のイベントが開かれるそうです。

会津若松市観光公社のHPより


こうした天守の雄姿は、遠くからも、例えば会津若松の駅の方からやって来る場合も、時おり、建物の間に天守を望見することが出来ます。

ところが城の東側、二ノ丸・三ノ丸の側から城に近づく場合は、フッと、いつの間にか天守が全く見えなくなる区域があり、やっと本丸に至る「廊下橋」の辺りに来ても、天守はまことに見えづらいままなのです。






これはまるで…

同じく、天守が見えにくい大阪城二ノ丸南西の大手口


このように、天守をしっかり見せる必要の無い方角…… それは本来ならば、身内や家中に連なる者供が控える区域であったはず―― そんな風に思えてならないのですが…。

(次回に続く)








作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。