城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2011/03

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (260)



全エントリ記事の一覧はこちら

2011年3月
   
   

新着エントリ
城の再発見!「京の城」の伝統的な天守の位置 →聚楽第の「北西隅」はむしろ新機軸の異端か (9/16)
城の再発見!ポルトガル海上帝国と「川の城」岐阜城 →あえて「C地区」の構造的な欠陥を疑うと… (9/1)
城の再発見!フロイスの岐阜城訪問記には金箔の「瓦」とはどこにも書いてない (8/17)
城の再発見!どうして岐阜城で「織田系」金箔瓦が発見されないか (8/3)
続々・甲府城「天守」のゆくえ →金箔付きシャチ瓦も「徳川包囲網」の目印だったのか?… (7/20)
城の再発見!続・甲府城「天守」のゆくえ →再訪の直感、天守台「穴倉」の内側も“見られること”を意識している (7/8)
城の再発見!甲府城「天守」のゆくえ →躑躅(つつじ)ヶ崎館の天守台との関係はどうなっていたのか (6/25)
城の再発見!近世城郭の「完全否定」で籠城戦に勝てたのが熊本城か (6/12)
城の再発見!これもコンクリート天守の「魔力」がなせる技か… 熊本城天守のすばやい解体と復旧 (5/29)
城の再発見!目的地は“東アジアの下克上”か?…満洲族と日本の17世紀「新興軍事政権」 (5/19)
城の再発見!肥前名護屋城の出現と「小中華意識」に没入した李氏朝鮮の無反応 (5/4)
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)
城の再発見!「革命」は 信長→秀吉→三成 の三人で完成するはずだった? 時空を超えた<石田三成≒大久保利通>説 (9/27)
城の再発見!徳川家康の画期的な着眼か→ 四方正面(八棟造り)は平城の「求心性の自己表現」にもなる? (9/14)
城の再発見!ならば聚楽第チルドレンの筆頭・天正期の駿府城には「小天守」とともに大天守もあったのか (8/29)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (20)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)


アクセスカウンタ
今日:1,298
昨日:1,742
累計:2,145,707


RSS/Powered by 「のブログ

2011年03月21日(Mon)▲ページの先頭へ
城の再発見!望楼のある「極楽橋」は築城当初から存在していた






望楼のある「極楽橋」は築城当初から存在していた




毎日この国の存亡が問われる局面下で、たかが橋一本にこだわるマニア心理はおぞましいと思いつつ、それでも自分なりの決着をつけねば死ぬに死にきれません。
で、「覚悟を決めて」この記事を書きます。……


前回から話題の大坂城「極楽橋」は、豊臣秀吉の晩年の慶長元年(1596年)になって新設されたものだという《慶長元年説》が昨今、定番化しつつありますが、これには大きな戸惑いを感じざるをえません。


と申しますのは、この件では過去に、城郭研究のパイオニアの一人、櫻井成廣(さくらい なりひろ)先生が示したような“別の考え方”(後述)があり、私もずぅーっと(20年以上?)そうだろうと思って来たからです。

それは、屋根や望楼のある廊下橋の「極楽橋」は、結論として、秀吉の築城当初からあったことを容認しうる考え方です。

(※そこで当サイトでは、廊下橋の「極楽橋」は、天正11年(1583年)に始まった秀吉の築城時に架けられたものと考えています)


で、問題の《慶長元年説》の根拠になっているのは、1596年(慶長元年)12月28日付の、ルイス・フロイスの「年報補筆」(『イエズス会日本報告集』所収)の中の「大坂と都での造営のこと」というくだりです。

このくだりは直前に「太閤様へのシナ国王の使節」という文章もあって、まさに朝鮮出兵の収拾策をめぐる明国との交渉の経緯が紹介され、それに続くくだりに、太閤・秀吉が大坂城の堀に「巨大な橋」を架けた話が出てまいります。

やや長文ですが、一連の全文をまずご覧下さい。


(太閤)はまた城の濠に巨大な橋が架けられることを望んだが、それによって既述の政庁への通路とし、また(橋に)鍍金した屋根を設け、橋の中央に平屋造りの二基の小櫓を突出させた。
その小櫓には、四角の一種の旗幟
(のぼり)〔長さ八〜九パルモ、幅四パルモ〕が鍍金された真鍮から垂れ、また(小櫓)には鳥や樹木の種々の彫刻がかかっている。(小櫓)は太陽の光を浴びるとすばらしい輝きを放ち、櫓に新たな装飾を添える。

(橋の)倚りかかれるよう両側の上方に連ねられた欄干は、はめ込みの黄金で輝き、舗道もまた非常に高価な諸々の装飾で鮮明であり、傑出した工匠たちの手によって入念に仕上げられたすばらしい技巧による黄金塗りの板が介在して輝いていた。

そこで堺奉行(小西ベント如清)はこの建物について話題となった時、我らの同僚の某司祭に、(その橋は)十ブラザ前後あるので、黄金と技巧に一万五千金が注ぎ込まれたことを肯定したほどである。


(松田毅一監訳『イエズス会日本報告集』所収「1596年度の年報補筆」より)

(※細字だけ当ブログの補筆)



《慶長元年説》では、この「巨大な橋」こそ極楽橋であり、「鳥や樹木の種々の彫刻」等といった華やかな描写は、例えばオーストリアで発見された豊臣期大坂図屏風の極楽橋の描き方によく符合するとしています。




確かに一見、そのようにも感じられますが、それは話の大前提として、大坂城には華やかな廊下橋がこれ(極楽橋)一本しか無かった場合のことです。

ところが、実際は、そうでも無いようなのです。



論点1.『日本西教史』が伝える、豊臣大坂城にあった“もう一つの廊下橋”



太閤殿下は頻(しき)りに支那の使者を迎ふる用意を命じ、畳千枚を敷るゝ程の宏大美麗なる会同館を建て、(中略)其内に入れば只金色の光り耀然たるを見るのみ。
城外には湟
(ほり)を隔てゝ長さ六丈、幅二丈五尺の舞台を設け、(中略)舞台の往来を便にせんと湟(ほり)を越して橋を架す、長さ僅かに拾間(じゅっけん)(ばか)りにして其(その)(あたい)一萬五千金なりとぞ。
鍍金したるを瓦を以て屋を葺き、柱欄干甃石
(いしだたみ)等も金箔を以て覆はざるなし。其頃大坂に在て此荘厳を目撃せし耶穌(やそ)教師も、此の如き結構は世に類なしと云へり。

(ジャン・クラセ『日本西教史』太政官翻訳より)

(※細字だけ当ブログの補筆)



ご覧のように『日本西教史』では、冒頭の『イエズス会日本報告集』とまったく同時期の情勢を伝えた部分で、どう見ても「極楽橋」とは別個の、金づくしの廊下橋が新規に架けられたことを伝えています。

こちらの廊下橋は、「畳千枚」の「会同館」つまり千畳敷(御殿)と、その前の堀を隔てた大舞台とを「往来」するための橋のようです。

「鍍金したるを瓦を以て屋を葺き」とありますから間違いなく廊下橋ですし、しかも「一万五千金」という費用の額も『イエズス会日本報告集』と一致しています。


櫻井先生はこれを自作の模型にも反映させていて、ここで是非とも、先生の著書から写真を引用させて戴きたく存じます。


櫻井成廣先生の豊臣大坂城の模型(『戦国名将の居城』より)


左から千畳敷、廊下橋(金ノ渡廊)、大舞台


この模型は本丸を南西から見たところで、「極楽橋」はちょうど反対側の見えない所になります。

櫻井先生はこのように表御殿曲輪の堀際に、清水の舞台のような懸造り(かけづくり)で千畳敷が建てられ、同時に廊下橋や大舞台も併設されたとしていて、これらによって秀吉は、明国の使節に豊臣政権の余力(戦争継続力)を誇示しようとしたのかもしれません。


フロイシュ書簡及び『日本西教史』は御殿の前に堀を越して舞台を設けたとあり、西教史は御殿と舞台とを繋ぐのに約十間の廊下を以てしたと記して居るが、空堀の幅は本丸図によると十三間半であったから三間位突出ていれば廊下の長さは矢張り十間位になる筈であってよく一致する。

(櫻井成廣『豊臣秀吉の居城 大阪城編』1970)


「三間位突出て」(つきでて)というのは懸造りの部分のことでしょうが、こうして櫻井先生が「金ノ渡廊」と仮称した(もう一つの)廊下橋こそ、冒頭の『イエズス会日本報告集』の「巨大な橋」に当たるのだろうと、ずぅーっと思い込んできた私としましては、いま何故、これが「極楽橋」と混同されてしまうのか、不思議でならない思いがします。

つまり慶長元年に架けられた廊下橋が、この「金ノ渡廊」であって、「極楽橋」はそれ以前から存在していたはずでは… と申し上げたいわけです。



そこで例えば「巨大な橋」という描写を、大坂城の堀のサイズに則して考えてみますと、両者の橋の印象はかなり異なっていたはずです。

何故なら、実際の橋脚の高さは大きく変わらなかったものの、水掘に架かる「極楽橋」は殆どが水面下で、一方の「金ノ渡廊」は水の無い空堀に架かっていたため、見える橋脚はおそらく3倍近い高さがあったと思われるからです。






論点2.しかも『イエズス会日本報告集』の「橋の中央に平屋造りの二基の小櫓を突出させた」形の廊下橋と言えば、あの巨大な橋もたしか秀吉が…

(次回に続く)








作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。




2011年03月09日(Wed)▲ページの先頭へ
城の再発見!全国に広がる「極楽橋」チルドレンの城郭群






全国に広がる「極楽橋」チルドレンの城郭群


前回、最後のくだりが「極楽橋」の話題になり、それは豊臣大坂城の本丸の「顔」であったと申し上げましたが、今回は、その補足の余談をチョットお話させて戴きます。

――それは豊臣大坂城のあとも、「極楽橋」か、ほぼ同様の廊下橋を持つ城は全国にいくつも事例が続いていて、それらの橋はまさに本丸の「顔」であったり、はたまた奥の別郭への「扉」であったりした、というお話です。


高橋隆博編『新発見 豊臣期大坂図屏風』2010年

(※ちなみにこの話題は、大坂城にいつごろ廊下橋形式の極楽橋があったのか?という「時期の問題」がつきまといますが、仮に上記の本の解説のように慶長元年〜同5年という限られた時期であったとしても、それが「顔」だったのか、別郭への「扉」だったのかという、橋の位置付けはやはり重要ですから、ひとまずこちらのお話を先に致します。)



  一例:金沢城「極楽橋」の現状    一例:和歌山城に復元された「御橋廊下」
 


大坂城以降の「極楽橋」や屋根付の廊下橋には様々なものがあり、その多様性をどのように整理できるかが課題でしょう。そこで例えば…




まず「極楽橋」という名のついた橋の一群があり、そして別の名がついた屋根付の廊下橋の一群もある中で、それらを位置関係や用途から分類しますと、本丸の「顔」として建てられた例と、おもに数寄の別郭への「扉」として設けられた例が混在しているようです。

しかも「極楽橋」という名称を受け継ぎながら、屋根が無かった木橋もあるため、話はやや複雑です。


例えば伏見城の「極楽橋」もそうで、多くの洛中洛外図屏風であたかも“城の顔”のように描かれたものの、それらはすべて屋根の無い木橋でした。

かと思えば、2010年に初公開された洛中洛外図屏風(個人蔵)では、手前の「極楽橋」とは別に、城内の奥まった場所に(おそらくは舟入堀を越えて学問所に渡るための)豪華な廊下橋が描かれていて話題になりました。


KKベストセラーズ『歴史人』2011年1月号にも掲載された話題の屏風


こうした状況は、「極楽橋」と廊下橋の使われ方が、すでに豊臣政権下で変化していた影響ではないかと思われるものの、真相はよく分かりません。

そんな中でも、次のような興味深い現象が見られるのです。



注目すべき事例1 ―渡った先の左手前隅角に天守台 松平秀康の福井城―



福井城に復元された「御廊下橋」/ちょうど背後の石垣が天守台


福井城はご承知のとおり、徳川家康の次男で、二代将軍・秀忠の兄にあたる松平秀康(まつだいら ひでやす)が築いた居城です。

かつては写真の天守台上に天守がそびえていて、この写真の方角から見ますと、まさに当サイトが申し上げている「信長の作法」を踏まえていた疑いがあります。


詰ノ丸(「奥」)の左手前隅角に天守 …豊臣大坂城の場合



しかも福井城の城絵図によりますと、上記の写真の手前側、つまり「御廊下橋」のこちら側は「山里」と名づけられた“馬出しのような曲輪”になっていて、その形状はまるで、当リポートの「北馬出し曲輪」にそっくり(!)なのです。

松平文庫蔵『寛文年間家中屋敷図』より     リポートの豊臣大坂城イラスト
 


このようなデザインの類似や「山里」という名称の符合は、豊臣大坂城のこの場所の変遷(歴史)を踏まえたものだと言わざるをえません。

これはいったい何故なのか?と考えますと、やはり城主の松平秀康が、家康の次男でありながら、実際は豊臣秀吉の側近くで育ったという事実を想わずにはいられません。


小牧・長久手戦後の事実上の人質として、秀康が豊臣家の養子に入ったのは11歳の時。
まさに完成途上の大坂城で秀吉と対面した秀康は、その後、関東の結城家を継いでもなお、伏見や名護屋で秀吉の側近くに仕えたと言います。

関ヶ原合戦の後に福井を居城とし、松平を名乗った秀康が、はるばる江戸入りする時には、二代将軍・秀忠が兄の秀康を品川まで出迎え、駕籠を並べて江戸に入ったという有名な逸話を残しました。


そんな秀康の居城にやはり、豊臣大坂城の残照がくっきりと残されていたことには、徳川と豊臣の間で数奇な人生をおくった秀康の、意地のようなものが感じられるのです。






注目すべき事例2 ―徳川秀忠・家光の二条城の細部も豊臣大坂城そっくり―



二条城の「橋廊下」/橋の二階部分が取り壊された現状


さて、二条城は江戸初期に、大御所・徳川秀忠と三代将軍・家光が、後水尾天皇の行幸を迎えるため、二重の堀に囲まれた城に大改造されました。

そしてその時、二ノ丸御殿から本丸御殿へ内掘を渡る地点に「橋廊下」が架けられました。

行幸の直後に橋の二階部分は取り壊されたものの、今に残る橋の様子もまた、色々と見所が多いのです。


かつては立体交差の複雑な構造だった… 天皇は橋廊下の二階を通って左の本丸へ


全体の構想として、本丸が大御所・秀忠の御殿、二ノ丸が将軍・家光の御殿を兼ねていたと言われますので、「橋廊下」は本丸の格式を高めつつ、ひょっとすると“奥の院”に渡るニュアンスを加味する意図もあったのかもしれません。

したがって「橋廊下」は本丸の「顔」でありつつ、別郭への「扉」でもあったのかもしれず、まさに大坂城や伏見城で熟成された「極楽橋」の進化形のようです。


左:橋を渡って本丸側から見たところ     右:少し角度をずらして撮影 
 


さらに現状の細部を見ますと、これはもう豊臣大坂城を手本とした可能性が濃厚なのです。

例えば右写真の奥の小さな石段は、中井家蔵『本丸図』の極楽橋のたもとに描かれた小さな石段と、まったく同じ位置関係になります。




そして二条城の場合、この小さな石段の上を、先程の天皇が渡った二階廊下が通っていて、そのまま真っ直ぐ本丸御殿の遠侍に達する形になっていました。

(※リポートのイラストもほぼ同じ構造を想定しています)






一方、二条城「橋廊下」の一階を渡って来た者は、大きな方の石段を登って本丸の敷地に上がり、目の前に現れた本丸御殿の玄関から入る形になります。

これもまた豊臣大坂城の仮説と同じスタイルです。


ちなみに下の右写真のように、一階を渡った突き当たりの石垣は、他より大ぶりな石を選んで積んであり、この橋が本丸の正面入口であることを示しています。

左:小さな石段の側から見た様子       右:突き当たりの石垣     
 



このように「極楽橋」の進化と伝播は、なかなか語り尽くすことが出来ませんで、また回を改めてお話させて戴きます。―――



高松城の「鞘橋」/背後に見える建物が天守台上の玉藻殿(解体前)

ここもまた廊下橋を渡った先の左隅に天守が!!









作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。