城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2011/05

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (256)



全エントリ記事の一覧はこちら

2011年5月
       

新着エントリ
続々・甲府城「天守」のゆくえ →金箔付きシャチ瓦も「徳川包囲網」の目印だったのか?… (7/20)
城の再発見!続・甲府城「天守」のゆくえ →再訪の直感、天守台「穴倉」の内側も“見られること”を意識している (7/8)
城の再発見!甲府城「天守」のゆくえ →躑躅(つつじ)ヶ崎館の天守台との関係はどうなっていたのか (6/25)
城の再発見!近世城郭の「完全否定」で籠城戦に勝てたのが熊本城か (6/12)
城の再発見!これもコンクリート天守の「魔力」がなせる技か… 熊本城天守のすばやい解体と復旧 (5/29)
城の再発見!目的地は“東アジアの下克上”か?…満洲族と日本の17世紀「新興軍事政権」 (5/19)
城の再発見!肥前名護屋城の出現と「小中華意識」に没入した李氏朝鮮の無反応 (5/4)
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)
城の再発見!「革命」は 信長→秀吉→三成 の三人で完成するはずだった? 時空を超えた<石田三成≒大久保利通>説 (9/27)
城の再発見!徳川家康の画期的な着眼か→ 四方正面(八棟造り)は平城の「求心性の自己表現」にもなる? (9/14)
城の再発見!ならば聚楽第チルドレンの筆頭・天正期の駿府城には「小天守」とともに大天守もあったのか (8/29)
城の再発見!毛利輝元らは聚楽第で天守を見ていなかった!? とすれば… 広島城天守をめぐる“ぬぐえぬ疑問” (8/15)
城の再発見!最上階にやはり白鷺(しらさぎ)の絵 → 問題の層塔型「御三階」の構造を推理する (8/2)
城の再発見!後継者・秀次の墓穴(ぼけつ)――最大の過失は、洛中に強固な「城」を築いてしまったこと?? (7/15)
城の再発見!異例の側室・摩阿(まあ)姫が住んだ「京都天主」「聚楽天主」の正体 (7/4)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (16)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)


アクセスカウンタ
今日:816
昨日:1,144
累計:2,051,083


RSS/Powered by 「のブログ

2011年05月17日(Tue)▲ページの先頭へ
城の再発見!天下人の基壇「秀吉流天守台」が存在した!?






天下人の基壇「秀吉流天守台」が存在した!?


2010年度リポートの「工程の推理」の話題が一段落したところで、豊臣秀吉が「天守」の歴史にいかに貢献したかを確認するため、今回から、秀吉の天守をめぐる大胆仮説を幾つか申し上げてまいります。……


小田原城天守(昭和35年復興)


さて、お馴染みの小田原城天守は、最初の天守がいつごろ建てられたのかハッキリしないものの、江戸時代の初めの「正保城絵図」には、現状とほとんど変わらないような三重天守が描かれています。





そして現状の天守台石垣は、関東大震災での崩壊後に修築されたものですが、これもほぼ旧態(江戸時代の初め)に近い形の石垣であることは、「正保城絵図」や大震災前の古写真で確認できます。

で、この天守台の形、一見しますと徳川将軍の城(江戸城や駿府城など)に類似したプランのように感じられるかもしれませんが、よくよく見ますと、実は中井家蔵『本丸図』の豊臣大坂城の天守台と、非常に似かよった構想で築かれているのです。


なんと小田原城と豊臣大坂城が… 天守台の平面の比較(ともに左が南)



ご覧の色分けのように、双方の天守台の部分部分は、その形や高さ・面積の比率がやや異なってはいるものの、それぞれに対応する部分の配置はまったく同じです。

ただし何故か天守台と本丸(詰ノ丸)御殿の位置関係が逆になるのですが、天守台それ自体は、おそらく同一のプランから生まれたと申し上げてもいいほど似ています。

具体的に申せば、双方とも、天守台南側の石段から登ると、同じような形で張り出した続櫓(付櫓)を経て天守本体に入ること。
そして双方とも天守台は二段式であり、中段に武者走りがめぐっていること。
しかもその武者走りは、ともに天守台の二辺だけをめぐっていて、先程の続櫓(付櫓)との位置関係もそっくりであること、などです。




このようにして見ますと、小田原城天守台は必ずしも徳川将軍の天守台に一番似ている、とは言いきれない事情がお分かりいただけるでしょう。

では何故、こんなことが起きてしまったのでしょうか?

小田原城と豊臣大坂城という、意外な二つの城をつなぐ“ミッシングリンク”として考えられるのは、やはり、すぐ間近にあった、豊臣秀吉の小田原攻めの御座所「石垣山城」以外にはないのかもしれません。


小田原城天守から見た石垣山(笠懸山)…笠を伏せたような山の頂が城跡


天正18年1590年、関白秀吉が率いる約20万の軍勢の包囲によって、北条氏の本拠地・小田原城が降伏、開城しました。

御座所の石垣山城を含む小田原の地は、徳川家康の領内となり、家康の重臣による統治や、無城主の城番時代が続くうちに、江戸時代を迎えました。


その過程でいつごろ石垣山城が破却されたのかは、これまた定かでなく、一方の小田原城がようやく近世城郭として面目を一新したのは、寛永10年(1633年)、三代将軍・徳川家光の上洛にそなえた作事のおりでした。

冒頭の「正保城絵図」はその完成した状態を描いたものですから、天守台の“酷似”の原因を想像してみますと、石垣山城を管轄した小田原城主の学習なのか、もしくは伏見城の手伝い普請等による徳川家の学習と考える以外はなさそうです。


そしてさらに興味深いのが、小田原城天守台の最大の特徴である、長大な登閣石段なのです。

小田原城天守台の石段(現状)


これほど長い石段をもつ天守台は、他の城にはなかなか類例がありません。

唯一、意外な所にヒントがあって、秀吉が小田原攻めと相前後して築城を命じた、九州の肥前名護屋城(ひぜんなごやじょう)の屏風絵に、意外なモノがあったのです。

『肥前名護屋城図屏風』(佐賀県立名護屋城博物館蔵)の本丸周辺


ご覧のとおり、天守の手前に、小田原城の石段にも似たスロープが(!)描かれているのです。

屏風絵のこの程度の描写にこだわるのはセンシティブに過ぎるのかもしれませんが、この絵の妙に石垣を傾斜させた描写には、はっきりと意図してこの線を引いた、という感じが見て取れます。


では実際の城跡はどうなっているのか?と申しますと、残念ながら江戸時代の城破り(しろわり)のためか、該当する辺りの崩壊は激しく、一部に残る石垣を含めて三次元的な解析が必要のようです。


肥前名護屋城址/該当する周辺を天守台跡から見おろすと…


で、他に何か手がかりがないかと考えた場合、真っ先に思い当たるのは、中井家蔵『本丸図』の黄堀図に描かれた、小さな石段です。




この石段、別史料(青堀図)では省略されてしまうほどに存在感が薄く、これまでは城郭研究者の関心を殆ど呼ばなかったものです。

ですが、この石段はまさに小田原城(や肥前名護屋城)との共通性を物語る大事な存在です。

しかもこの石段を上がると、長さ「十二間」という細長い付壇があった点がかなり重要のように思われ、何故なら、この付壇は言わば「天守に至る参道」の役割を果たしていたようにも思われるからです。




となると、やはり豊臣大坂城の石段も、相当に重要な位置付けにあったはずで、これら各城に共通する手法を「秀吉流天守台」と呼ぶべきではないかと思われるのです。


と申しますのは、この手法が、やがて徳川将軍の天守台 ――つまり天守台(天守本体)の手前に小天守台が設けられ、その右側から幅広い(三間幅の)石段で登閣する形―― に発達したと考えることも出来そうだからです。

そしてその場合、秀吉の天守台は“天下人の基壇”とされたのかもしれません。

(※詳細はまた回を改めてお話し致します)



二代目・豊臣秀頼の再建天守を仮定したイラスト


さて、かなり以前にご紹介したこのイラストも、そうした秀吉流天守台の長大な石段を描いた絵であり、この頃は石段が屋根で被われていて、これが「大坂夏の陣図屏風」の天守周辺の描写につながったのだろうと考えたものです。

あれから2年越しで、ようやくこの絵の種明かしをすることが出来ました。

(※次回に続く)


※お知らせ  最近、当ブログを含む「のブログ」全体に接続しづらい状態が続いています。「のブログ」では5月23日(月)に17時間(午前1時〜午後6時)をかけた緊急メンテナンスを行うそうです。今後の改善が期待されます。








作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。




2011年05月03日(Tue)▲ページの先頭へ
城の再発見!会津若松城と大坂城、二つの楼閣の不思議なめぐり合わせ






会津若松城と大坂城、二つの楼閣の不思議なめぐり合わせ




左の絵は「大坂冬の陣図屏風」に描かれた豊臣大坂城の、本丸(詰ノ丸)奥御殿の楼門式の玄関と遠侍と思われる建物で、これは当サイトの「リポートの前説」(一番上のバナー)でもご紹介したものです。

そして右の写真は、豊臣秀吉が国内平定の総仕上げ「奥羽仕置」を行うべく下向した地・会津若松城で、本丸御殿内に建てられた「御三階」という楼閣の現在の姿です。
これは幕末の戊辰戦争で会津が落城したのち、近くの阿弥陀寺に“ある改造”を施して移築され、当時は本堂として使われたそうです。

(※会津若松城の唯一現存する建物)



二つはいずれも唐破風屋根の入口があって、見た目にも似たところがありますが、今回はこの二つの楼閣の“人知を超えた”めぐり合わせについてのお話です。


では最初に「リポートの前説」を思い出していただくため、是非、その部分をもう一度ご覧下さい。


【疑惑】屏風絵の本丸奥御殿は180度回転している


屏風絵の本丸奥御殿には、鎧をまとった豊臣秀頼が描かれています。
その周辺の殿舎の並び方を仔細に眺めてみますと、それらは中井家蔵『本丸図』の奥御殿を、東西が逆になるように、180度回転した形で描いていることが分かります。




『本丸図』と照らし合わせれば、建物の名称も分かります。
すなわち秀頼のいる御殿が「小書院」であり、その奥には屋根に煙出しのある「台所」があり、左側の大きな屋根二つが「広間」と「対面所」です。

さらに左側の桧皮葺の楼閣は、織田有楽斎ゆかりの正伝院楼門と同形式の玄関と「遠侍」であり、辺りは南庭の路地、数寄の空間につながっていたことまで分かります。




この屏風絵の操作を図解すると…(中井家蔵『本丸図』の同じ範囲で/ともに左方向が北)


ご覧の図解のように、上記の文面で申し上げたのは、大坂冬の陣図屏風は諸資料の合成によって描かれていて、特に奥御殿の周辺は、『本丸図』を180度回転させた形で描かれているのではないか… という疑惑です。

で、もしそのとおりならば、屏風絵に北向きで描かれた玄関付きの楼閣こそが、『本丸図』奥御殿の「遠侍」に他ならないことになるわけです。




ということで、奥御殿は、正式にはこの南の楼閣(楼門)から御殿にあがる形だったと思われるのですが、ここで留意すべきは、『本丸図』(青堀)ではこれらの殿舎がオレンジ色に色分けされている点でしょう。



2010年度リポートではオレンジ色は「建替え新築」を意味したのでは… と申し上げました。

では何故、この周辺にオレンジ色が集中しているのか? と考えますと、あえて大胆に申せば、これらは秀吉の築城以前の、織田信長が命じた丹羽長秀(にわ ながひで)在番時代にさかのぼる、城内で最も古い殿舎群だったのではないでしょうか?

そして大改造の頃には、それらは(少なくとも)築20年近くを経ていたため、建替え新築になったのではないかと……。

で、ご注目いただきたいのは、チョット細かな描写で恐縮ですが、「遠侍」の唐破風の玄関だけは濃い黄色(つまり「移築」?)で色分けされた点です。



これをグググッと深読みしますと、ひょっとすると、丹羽長秀の在番時代は、玄関は西側の台所?の側にしか無かったのではないでしょうか… 

つまりそこが丹羽長秀の「旧遠侍」であり、秀吉の築城を経て、大改造のおりに、その「旧遠侍」玄関の由緒ある唐破風屋根を、「建替え新築」した南側の「新遠侍」にコンバート(移築)したのではないのか……

それらはもちろん大改造の目的、<南に大手を付け替える>という狙いに合わせた措置だったのではないかと……


マニアックな妄想もほどほどにしろ、と言われかねませんが、しかし次の会津若松城の場合を見ますと、そうとばかりも言えないのかもしれません。




右の阿弥陀寺「御三階」は、実際には、正面の唐破風屋根がもともと「御三階」にあったものではなく、城の本丸御殿「内玄関」にあったものを寺が譲り受けて、このように付設したと言われます。

(※「大書院玄関」と表現される場合もあるようです)

高瀬家蔵「若松城下絵図屏風」に描かれた本丸御殿の玄関と御三階



したがって阿弥陀寺の楼閣は、会津若松城の殿舎のポイントとなる部分を、幸運にも、二つも受け継いだ建築物と言えそうです。

こうしたカニバリズム的な措置は伝統建築によくあることで、いっそう興味深いのは、その会津若松城の原形と思われる豊臣大坂城でも、「内玄関」という場所は、文献に度々登場して来た場所だということです。

例えば『落穂集』には、慶長4年、徳川家康が登城して秀頼母子に対面したとき、帰りに「大台所」の「大行燈」(おおあんどん)を供の者に見物させて「内玄関」から出て帰ったという記述があります。


大台所ニ之有る弐間四面の大行燈は外ニ之無き者也。供の者共に見せよとの仰ニ付、備後守承られ中の口に出て御供中を同道して参られ候へば、各各御見せ遊され、夫(これ)より直に内玄関へ御出遊され、御供中を召連られ御旅館へ御帰遊され候と也。

(『落穂集』より)


ここにある「大台所」「中之口」「内玄関」は『本丸図』ではどこに当たるのか?と探してみますと、秀頼母子との対面は奥御殿(の御対面所)で行われたとも言いますので、その場合…



この時、家康は千畳敷に戻る廊下(いわゆる「百間廊下」か)をたどらずに、その前をわざわざ「右の方へ」曲がって、大台所の大行燈を見たいと言い出したそうです。

これは慶長4年(秀吉の死の翌年、関ヶ原の前年)という微妙な時期で、家康が暗殺者の気配を感じて打った大芝居だ、という説もあって、上記の引用の「直に内玄関へ御出遊され」というのは、早く建物外に出るためのとっさの行動で、家康主従が集団で通った「内玄関」とは、まさに屏風絵の楼閣の玄関であったのかもしれません。




ちなみに右の「御三階」の玄関に光り輝いているのは、会津松平家の会津葵(あいづあおい/丸に三つ葉葵)の紋です。

会津若松城と大坂城… と言えば、もちろん“最後の将軍”徳川慶喜と松平容保らの大坂城脱出行の一件も想起されます。


明治時代に阿弥陀寺の関係者がそこまで意図したとは、とても思えないのですが、この二つの楼閣はいずれも、故ある「内玄関」を伴った楼閣のようなのです。










作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。