城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2011/06

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (249)



全エントリ記事の一覧はこちら

2011年6月
     
   

新着エントリ
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)
城の再発見!「革命」は 信長→秀吉→三成 の三人で完成するはずだった? 時空を超えた<石田三成≒大久保利通>説 (9/27)
城の再発見!徳川家康の画期的な着眼か→ 四方正面(八棟造り)は平城の「求心性の自己表現」にもなる? (9/14)
城の再発見!ならば聚楽第チルドレンの筆頭・天正期の駿府城には「小天守」とともに大天守もあったのか (8/29)
城の再発見!毛利輝元らは聚楽第で天守を見ていなかった!? とすれば… 広島城天守をめぐる“ぬぐえぬ疑問” (8/15)
城の再発見!最上階にやはり白鷺(しらさぎ)の絵 → 問題の層塔型「御三階」の構造を推理する (8/2)
城の再発見!後継者・秀次の墓穴(ぼけつ)――最大の過失は、洛中に強固な「城」を築いてしまったこと?? (7/15)
城の再発見!異例の側室・摩阿(まあ)姫が住んだ「京都天主」「聚楽天主」の正体 (7/4)
城の再発見!40m四方の天守台!? →『聚楽第図屏風』には天守が描かれていないのかもしれない… (6/20)
城の再発見!驚嘆、信長の「天下」観念は今日にも通じているのか… (6/9)
城の再発見!話題の「旧二条城」と岐阜城と小牧山城の“合体形”として安土城は出来上がった? (5/25)
城の再発見!続々・信長の「天下」――安土城天主は天皇の行幸殿の上にそびえ立ち、見おろしていた、とする見方の多大な影響 (5/10)
城の再発見!続・信長の「天下」とは――せっかく築いた小牧山城と城下をなぜ4年で捨てたのか? (4/25)
城の再発見!信長の「天下」とは――いつごろまで「天下布武」印を使ったのか?という素朴な疑問から (4/11)
城の再発見!続・豊臣大坂城天守も階段群が2系統 →「2系統なのは何階までか?」で各天守を区分すると… (3/29)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (9)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)


アクセスカウンタ
今日:280
昨日:2,692
累計:1,898,091


RSS/Powered by 「のブログ

2011年06月28日(Tue)▲ページの先頭へ
城の再発見!続報・皇帝vs八幡神 …大成功?した秀吉の世論誘導






続報・皇帝vs八幡神 …大成功?した秀吉の世論誘導


唐突ですが、現代の戦意高揚の立役者と言えば…

証言する少女ナイラ/油まみれの水鳥/救出されたジェシカ・リンチ上等兵


写真は今回の話題の伏線として挙げてみたもので、いずれも米国民の軍事行動への支持を高めることに成功した事例です。
で、前回は、織田信長と豊臣秀吉の天守が担ったはずの“人心収らん術”について触れましたが、信長の天主は本能寺の変による挫折があったものの、秀吉の天守はひょっとすると“大成功”を収めていたのかもしれません。

と申しますのは、やはり問題の屏風絵にある「菊紋」「桐紋」「左三つ巴紋」「牡丹唐草」の四種類の紋章群が、それを示唆しているようなのです。


大坂図屏風(大阪城天守閣蔵)より


菊紋(十六八重菊)     桐紋(太閤桐)     巴紋(左三つ巴)


このうち「菊紋」「桐紋」は天皇家の紋としても有名で、秀吉が豊臣姓を下賜されたとき、同時に拝領した紋でもあります。

屏風絵の「菊紋」は天皇家の紋と同じ十六八重菊のように見え、「桐紋」は葉脈の少なさや左右の花房が傾いていることから秀吉特有の「太閤桐」とも見えます。


そして天守四重目には「巴紋」があります。巴は神社の紋「神紋」の代表格であり、前回に申し上げた「八幡大菩薩」の紋としても古今の武家から尊崇されたものです。

屏風絵には左巻きの「左三つ巴紋」が描かれ、これと同様のものは神功皇后の臣・武内宿禰(たけうちのすくね)ゆかりの織幡神社や気比神宮など、数多くの神社で使われています。

(※当ブログの巴の「左右」表記は丹羽基二先生が考証した古い表記法によります)


牡丹唐草


さらに天守二重目と五重目縁下には「牡丹唐草」があります。

牡丹紋は五摂家(藤原氏嫡流)の近衛家の紋として知られ、当時、秀吉が「藤原秀吉」として関白に叙任されたことや、その一件などで縁の深い近衛信尹(このえ のぶただ)の家紋がそれであることも連想されます。

このように四種類の紋は、それぞれに秀吉との関係を語ることが出来る紋章だと言えます。


では、これらが天守全体を使って並べられたこと自体については、特段の意味もなく、ただの羅列に過ぎないと理解していいのでしょうか?

そうではなく、反対にこの点こそが秀吉の狙いであり、紋章群は例えて言うと“秀吉が発したブロックサイン”ではなかったかという感があるのです。



仮説:「見せる天守」に隠された民族の寓意



野球でお馴染みのブロックサインは、監督やベースコーチが敵側にさとられずに次の作戦を味方に伝えるため、複数のサインの組み合わせや順序で指示を伝えるものです。

つまりサインの一つ一つは敵に見られてもその真意は知られず、味方プレーヤーに意図を伝え、密かに意思統一を図るための手段です。


もしもブロックサインという言葉が稚拙であるなら、それは「暗示」「隠喩」「寓意」と称してもいいものかもしれません。

いずれにしても紋章群は、それ全体で、ある一つの(同じ民族だけに通じる)暗示を伝えた、というのが真相に近いのではないでしょうか。……




そしてその中身と言えば、やはり“王政復古の新政権として、神功皇后の三韓征伐伝説を世情に喚起したい”といった、政治的な思惑であったように思われるのです。

つまり、これらの紋章群を掲げた大坂城天守とは、後の「朝鮮出兵」に向けて、底深い意図をもって誕生した建造物だったのではないか…

この点に関連して、著書『雑兵たちの戦場』等で知られる藤木久志先生は、秀吉の朝鮮出兵への動員令をテコに、全国各地で、大名による直接支配が進んだことを指摘しておられます。


政権による全国統一の貫徹と朝鮮出兵の態勢づくりとは並行し統一して進められていった、と断定してもよいであろう。佐竹領で、動員令と太閤検地の指令とが同時に発せられている事実は、統一と侵略の不可分を直接に示す。

(藤木久志『戦国史をみる目』1995年)




秀吉の朝鮮出兵は文禄元年4月、「数千艘」とも伝わる、小西行長・宋義智ら第一陣の釜山上陸から開始されました。

しかし秀吉自身がこの戦争について初めて語ったのは、その7年も前の天正13年だったことはご承知のとおりです。

以来、豊臣政権がこの戦争に向けた態勢固めは凄まじく、前出の藤木久志先生は、開戦の年に発令された「個人の人身把握をめざす個別調査のための人掃い(ひとばらい)令」とその台帳を例に挙げておられます。


こうして秀吉権力によって握られたこの帳面は、やがて民衆の徴兵台帳とも、欠落を追及するさいのブラック・リストともなった。
翌年春、「高麗へ召し連れ候船頭・かこ(水夫)ども相煩い、過半死」という悲惨な状況がおこったさいにも、秀吉権力はただちにこの台帳により、「浦々に相残り候かこども、ことごとく相改め、かみ(上)は六十、下は十五を限って補充を早急におこなえ」という徴発の態勢をとることができた。


(藤木久志『戦国史をみる目』1995年)


まさに国家人民を挙げての総力戦であったことが想像されますが、それをいかに遂行したのかと言えば、藤木先生の同書の指摘がさらに興味深いものです。


しかも、日本人をとらえていた侵略戦のイデオロギーのありようを知ろうとするなら、高麗日記の田尻という侍が、緒戦の連勝に酔いしれながら、そのかみ神功皇后、新羅を退治していらいの日本の神力をみよ、と宇佐八幡宮によせて、特異な意識のたかぶりを示していたことを、見逃しにはできない。

(藤木久志『戦国史をみる目』1995年)


ここに抜粋した鍋島家の侍・田尻鑑種(たじり あきたね)ばかりでなく、当時、従軍した将兵らの心には、際立った“神国意識”が満ち満ちていたことが指摘されているのです。


豊臣秀吉像(大阪 豊國神社)


宣教師の報告にも、朝鮮出兵の直前には“日本中が湧き立っていた”という描写があるものの、そのような高揚感(世情喚起、世論誘導)がいかにして起きたのか、詳しい解明はまだ研究途上のようです。





その点で、もし秀吉にとって統一(再統一)と大陸遠征が不可分のものであったなら、政権発足時に建造した天守にすでに三韓征伐の寓意が込められ、八幡三神の神紋を中心に建物が荘厳された、という可能性はありうるように思われます。

つまり秀吉は、いにしえの記憶の底から「天皇の大権」を呼び覚ますことでまず陣営(関白政権)の正統性を獲得し、そのうえ「神国意識」を奮い立たせることで、天下統一後もつづく戦時体制の構築に成功したとも言えそうなのです。


かつて秀吉の城を「見せる城」と評されたのは小和田哲男先生ですが、華やかな金色の意匠の裏に狡猾な政治的「暗示」を組み込んだ大坂城天守は、おそらく古今に比類なき「見せる天守」であったのです。




これまで秀吉の天守を、たんに“成り上がりの豪華趣味”と評する、表層的で一面的なとらえ方が横行して来たわけですが、むしろ信長ともども、この二人が「成り上がり」だからこそ天守を創造したのであって、私はそういう(豪華趣味という)とらえ方には断固、反対の声を上げるものです。

秀吉の天守は、はるかに深刻な政治的思惑を帯びて、出現した建造物だと思うからです。









作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。




2011年06月15日(Wed)▲ページの先頭へ
城の再発見!皇帝vs八幡神 …信長と秀吉の天守にあらわれた人心収らん術の相違






皇帝vs八幡神 …信長と秀吉の天守にあらわれた人心収らん術の相違




かねてから申し上げて来ましたように、天守とは、それまでの日本の歴史や武家の伝統などを引き継いで出現したものではなく、主に当時のほんの二、三人の人物らの想念が形になって現れた、まことに作為的な造形物だったように思われます。


そびえ立つ天主(天守と同じ意だが、安土城では天主と表記されている)という垂直的なシンボルは、連歌や一揆に象徴されるような、平等原理を基本とした室町時代の社会のあり方や、庭や犬追物といった水平的なシンボルを特徴とする室町幕府的な館のあり方とは正反対のものであり、天下人を頂点として、上位の人間が下位の人間に対して絶対的な優位に立つピラミッド型の権力のシンボルである。

(小島道裕『信長とは何か』2006年)


小島道裕先生のこのような指摘や、また千田嘉博先生の「戦国期拠点城郭の発展形態として出現したのが信長・秀吉スタイルの城でした」(『戦国の城を歩く』)という発言、そして中井均先生監修の「それまでの城にも、確かに高層建築物は存在していた。しかし、その高層建築物を城内の最も高所に築いて、自分の居住施設とし、「てんしゅ」と呼ばせたのは、信長の安土城からである」(『日本の城』)といった文章など、織豊期城郭の曲輪(くるわ)配置の強い求心性と天守の出現とを関連づけるような考え方が、近年とみに勢いを増しております。


で、思いますに、その(天守“創造”の)ねらいは決して自領内の統治にとどまるものではなかったはずで、何故なら狭い自領だけのことであれば、従来どおりの支配のスタイルで何の不足も無かっただろうからです。

したがって天守“創造”の動機には、その頃、全国政権としての統治のあり方を模索する立場に立っていた、織田信長や羽柴(豊臣)秀吉という成り上がりの“貴種の生まれでない天下人”の強い渇望があったように思われるのです。


その点に関しては前回、「秀吉流天守台」のお話を続ける中で《秀吉の天守と鶴岡八幡宮》という話題に踏み込んだ経緯もありましたので、この機会に一度、信長と秀吉の天守から見えて来る、足利将軍追放(室町幕府消滅)後の人心収攬(しゅうらん)術の模索について確認しておくことに致します。



当サイトの安土城天主の推定イラスト


ご覧のイラストを解説した以前の記事の中で、壁面の「龍」はひょっとすると印判状の紋章であって、さながら中国の九龍壁の「九五之尊」によって「皇帝」を示したのかもしれない、と申し上げました。(→参考記事

その点では、前出の小島先生はこうも発言しておられます。


信長が中国を意識し、自分を皇帝になぞらえようとしていたことは間違いないだろう。天皇を超える権威として存在していたのは、中国の皇帝しかいない。少なくとも信長の意識としては、安土はすなわち、天主の下に天皇を従えた「皇帝」たる信長の都市として意味づけられていたと考えることができる。

(小島道裕『信長とは何か』2006年)


まさに「信長の九龍壁」は城下町の中心に向けられていたわけですが、しかし小島先生が同書で「天下統一の戦争というものが本当に必要だったのかどうかは自明なことではない」ともおっしゃっているとおり、戦国の世で、信長ただ一人が天下統一(再統一!)を叫んでいたわけで、そうした早過ぎた革命児の末路(本能寺の変)が、「皇帝」云々の真の意図を判らなくしてしまいました。



そして秀吉の天守には別種のおびただしい紋章群が… 大坂図屏風(大阪城天守閣蔵)より


その点、後継者の豊臣秀吉は、信長が果たせなかった天下統一を成し遂げた上で、諸大名を総動員して朝鮮出兵に踏み切るという、信長同様の政治目標に(その結末は別として)到達することが出来ました。


そうした秀吉の天守の中には、ご覧の屏風絵のように、日本の城郭建築には似つかわしくない、異様な表現で描かれた天守があることはご存知のとおりです。

上の『大坂図屏風』の天守がそれで、壁面にはおびただしい数の金色の紋章群が並び、屋根には金色の彫刻充填式の破風が据えられ、軒瓦にも金箔が押されています。ここまで黄金づくしで飾り立てられた天守は、他に類似例もありません。

このあまりの異様さから、おそらくは“黄金関白の城”を誇張して描いた特殊な例と解され、これを詳細に検証しようという試みも殆ど行われて来ませんでした。


そこで問題の屏風絵をよく見てみますと、天守には「菊紋」「桐紋」「左三つ巴紋」「牡丹唐草」の四種類の紋章が配置されています。


菊紋(十六八重菊)     桐紋(太閤桐)     巴紋(左三つ巴)


そのうち、ご覧の「菊紋」「桐紋」「三つ巴紋」の三種類は、前回にお話した鶴岡八幡宮など我が国の八幡信仰の起こりと言われる、宇佐神宮の神紋と同様であることが分かります。

これは秀吉が自らの死後に「新八幡」という神号を贈られることを願った件(フランシスコ・パシオの報告)を踏まえますと、問題の天守におびただしい紋章群が掲げられた意図について、改めて検証してみる価値は大きいと思われるのです。



《 辺境の地で「軍旗」に降り立つ神、八幡神 》



宇佐神宮 本殿


平安時代に関東で蜂起した平将門や、石清水八幡宮で元服した源義家、平家物語の那須与一など、日本のあらゆる武家が武運を祈ったのは「八幡大菩薩」でした。

大分県宇佐市に鎮座する宇佐神宮は、その八幡信仰の発祥地にして、全国に四万社以上あるという八幡宮(八幡神社)の総本宮です。


その本殿には、祭神の八幡三神を祀る社が横に並んでいます。

一之御殿の祭神は八幡大神(はちまんおおかみ)であり、社伝(『八幡宇佐宮御託宣集』)によれば、第十五代天皇の応神天皇(誉田別尊/ほんだわけのみこと)の霊であるとされています。

二之御殿の祭神は比売大神(ひめおおかみ)であり、これは地方神の宗像三女神であるとも、また別説には応神天皇の后神とも言われています。

そして三之御殿の祭神が、応神天皇の母、神功皇后(息長帯姫命/おきながたらしひめのみこと)です。
ご承知のように、神功皇后(じんぐうこうごう)は軍勢を率いて朝鮮半島に渡り、百済・新羅・高句麗の三国に朝貢させたという「三韓征伐伝説」(『日本書記』)の主人公です。
神功皇后は応神天皇を妊娠したまま出陣し、帰国して出産したとされています。




これら三つの社が現在の形に整ったのは弘仁14年(西暦823年)と伝えられ、社殿全体は南に見える御許山(おもとやま)を向いて建立されています。

この山は八幡神が馬に乗って出現したという民間伝承のある山ですが、例えば、山を御神体とする神社はその山を背にして建立されるものであって、その点、宇佐神宮は反対に山側(九州内陸部)を向いて建っているのです。


御許山と周辺の山々


飯沼賢司『八幡神とはなにか』2004年


何故このような形なのか、別府大学の飯沼賢司先生は、これは八幡神の起源にかかわる問題であるとして、次のように指摘されています。


八幡神はその成立の時から、国家というものを背負って登場し、発展してきた。鎮座した宇佐という場所は、古代国家の西の国境であり、八幡神はやがて西方鎮守の神から大仏建立を契機に国家の鎮守神へと変身した。

(飯沼賢司『八幡神とはなにか』2004年)


すなわち八幡神は、古代国家が九州の「隼人」と戦う中で神として現れたもので、その直接の契機は、和銅7年(西暦714年)、隼人側の大隈国の真っ只中(辛国城)に古代国家が豊前の国人衆を入植させたことでした。

社伝に「辛国城(からくにのしろ)に始めて八流(やつながれ)の幡(はた)と天降りて、我は日本の神と成れり」とある瞬間が訪れたのです。


入植民は、周囲の隼人の人々と常に緊張状態にあり、その緊張と争いの中で、「八流の幡」がその城に天降ったのである。
まさに対隼人との戦いの際の軍旗に降りた神であった。


(飯沼賢司『八幡神とはなにか』2004年)


秀吉が自らの死後にまでこだわった「八幡」とは、その起源をたどっても、辺境の地に立って新たな国境を守護する神であり、最前線の尖兵らの軍旗に降り立つ神、すなわち「軍神」であったのです。



(※次回に続く)


  皇帝        vs      八幡神


足利将軍の追放後に、いかにして戦国の世(分裂国家)を再統一するのか…

信長と秀吉、それぞれの深意は天守の紋章群に?








作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。




2011年06月01日(Wed)▲ページの先頭へ
城の再発見!続・秀吉流天守台 〜消えた「六十一雁木」と鶴岡八幡宮〜






続・秀吉流天守台 〜消えた「六十一雁木」と鶴岡八幡宮〜


最初に、お陰様をもちまして、当ブログが累計30万アクセスを超えましたこと、厚く御礼申し上げます。

※また先日、「のブログ」全体の緊急メンテナンスがありましたが、依然として接続しづらい状況が続いております。そのため「のブログ」では、6月13日(月)午前1時〜午後9時に第2弾のメンテナンス(20時間)を行うそうです。


さて、前回ご紹介した「秀吉流天守台」の件ですが、豊臣大坂城の方については、或る別の解釈もありうることをここで申し添えたいと思います。


二つの天守台はさらにソックリだった可能性も…


上の図のように、もしも豊臣大坂城の付壇の書き込み「石垣高サ六間」がいちばん天守に近い位置にあったならば、この付壇じたいが「幅広の石段だった」という考え方も可能になるわけでして、それは結果的に、小田原城(や肥前名護屋城)にいっそう酷似した天守台になりうる、という点です。



これは大変に魅力的な解釈であり、これによって、問題の「小さな石段」がたった五段しか中井家蔵『本丸図』に描かれていないことも、物理的に説明しやすくなります。



と申しますのは、付壇の方はどの先生方の復元においても、少なくとも詰ノ丸奥御殿の地表から3〜4間(6〜8m)の高さがあったように復元されているからです。
そんな高さを「たった五段」で登りきれるはずもなく、そこで、いずれの先生方の復元も「小さな石段」をやむなく“二十段前後の石段”としているのが実情なのです。

その点で、もしも「付壇」じたいが実は「石段」であって、高さ3〜4間の殆どをそこで登り降りできてしまうのなら、「小さな石段」の方は残りの何尺か(南に続く石塁の高さだけ)を「五段で」カバーすれば、無事に着地できるというわけです。



……これは本当に、ほんとうに魅力的な解釈なのですが、ここはやはり、『本丸図』の書き込みを尊重しまして、ひとまずこれ以上は追究しないことにしておきます。

で、今回は「秀吉流天守台」のまた別の側面――《天守の上手(かみて)に虎口あり》という、豊臣秀吉の天守群に由来するはずの法則と、その法則が“消えてしまった”天守群についてお話をしてまいります。



岡山城天守(昭和41年再建)


ご覧の岡山城天守については、以前から「安土城を模した」という『備前軍記』等の言い伝えがよく引用されましたが、正直申しまして、織田信長の安土城天主よりは、よっぽど豊臣秀吉の天守群に似ているはず(!…)と、私は信じて疑わない者の一人です。

建物じたいは比較検討が出来ないとしても、立地の場所、天守台やその周辺のプランは、どう見ても秀吉の天守群に似かよっているとしか思えないからです。


その特徴的な構造のひとつに「六十一雁木(がんぎ)」という石段があります。


岡山城「六十一雁木」の位置(当図は上が北)


城主の奥御殿にあたる「本段」の、天守に向かって右側(上手/かみて…演劇用語の“客席から見て右側”)に「六十一雁木」とその門があります。

一方、本段の南西(図では左下)の櫓門は、江戸時代には「不明門」(あかずのもん)でしたから、「六十一雁木」は奥御殿の“勝手口”として主要な出入口になっていました。


名称の「六十一雁木」はもちろん六十一段の石段という意味ですが、現状は二十五段ほどしか無く、かつては旭川の船着場までさらに石段が続いていて、全部で六十一段あったことから、その名が残ったと言われます。

しかしそれは江戸初期の「正保城絵図」において、すでに現状と同じ程度の石段しか描かれていませんので、六十一段のすべてが盛んに実用されたのは、築城者の宇喜多秀家や小早川秀秋の時代(つまり秀吉の影響がまだ色濃いころ)までなのかもしれません。


それにしては何故、「六十一」という数字が、徳川の世になっても(さもアリガタそうに)継承されたのか、ちょっと疑問に感じていたのですが、なんと…



あの鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)の大石段も六十一段だった!


岡山城の築城の約500年前、鎌倉幕府を開いた源頼朝(みなもとのよりとも)が、関東の武家政権の精神的支柱として、現在の地に遷宮したのが鶴岡八幡宮です。

ご覧の表紙の写真で、大石段の上に見えるのが上宮の楼門で、左側に写っている大木が源実朝(さねとも)暗殺で有名だった「隠れ銀杏」です。




で、前回に申し上げた「小田原攻め」を終えた秀吉も、帰路にこの鶴岡八幡宮を参詣したわけですが、その時、秀吉が社殿の修理を命じた「修営目論見図」を見るかぎり、石段などの基本的な構造は当時から変わっていないようです。

どの解説本を見ましても、大石段は「六十一段」とされて来ていて(※現状は改修の結果、六十段になってしまったそうですが)武家が「六十一」という石段の数に特別な感情をいだいた理由も、ここから推察できそうです。


そこで思うのは、天守の上手の「六十一雁木」は、たんに岡山城だけの現象なのだろうか? という疑問です。


西ヶ谷恭弘責任編集『秀吉の城』1996年


秀吉と家臣団の城の“何らかの傾向”を調べたい場合、どの城を選ぶかは人によって違いが出ることもありえますので、私の好みが出ないように、例えばご覧の西ヶ谷恭弘先生の本で取り上げた城を見ますと…


秀吉直臣の城に見られる《天守の上手に虎口あり》という法則?


それは秀吉自身の天下取りの城(山崎宝寺城)に始まっていた?


まず上図の城はいずれも、天守との位置関係において、まったく同じ場所に主要な虎口(正門か、もしくはより実用的な第二の門)が必ず設けられています。

同じプランの城を西ヶ谷先生の本で数えますと、本の「秀吉の城12」「秀吉直臣の城18」のうち、天守の位置がおおよそ確定している城を計19としますと、その中の姫路城、山崎宝寺城、肥前名護屋城、伏見城、会津若松城、甲府城、和歌山城、大和郡山城、岡山城、但馬竹田城、鹿野城、洲本城、熊本城と、13の城が同じプランを採用しています。


こうした傾向は一方で、おそらくは秀吉の聚楽第を経て、徳川家の駿府城や名古屋城、福井城といった、一連の矩形の城にも引き継がれたのだろうと思われるのです。

名古屋城天守の直下の不明御門(あかずのごもん…城主らの緊急脱出用)を外から見た様子

※現在の再建天守は非常階段も見えてご愛嬌です



以上の結論としまして、実は、豊臣大坂城にも「六十一雁木」があったのではないか、そしてそれは当サイトが申し上げている秀吉晩年の本丸大改造(中井家蔵『本丸図』)で“消えてしまった”のではないか… と私は感じております。


かなり荒唐無稽な印象を持たれるかもしれませんが、でも前回の小田原城天守の長大な石段はどこから生まれたのか? 秀吉は天守に至る参道を設けていたのではないか? という疑問に対する回答が、この豊臣大坂城の“消えた六十一雁木”にあるように思われてならないのです。


それは空想の域を出ないものの、さぞや壮観であったろうと…

そして秀吉は自らの天守を、鶴岡八幡宮と対照させたのではないか、とも…








作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。