城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2011/09

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (247)



全エントリ記事の一覧はこちら

2011年9月
       
 

新着エントリ
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)
城の再発見!「革命」は 信長→秀吉→三成 の三人で完成するはずだった? 時空を超えた<石田三成≒大久保利通>説 (9/27)
城の再発見!徳川家康の画期的な着眼か→ 四方正面(八棟造り)は平城の「求心性の自己表現」にもなる? (9/14)
城の再発見!ならば聚楽第チルドレンの筆頭・天正期の駿府城には「小天守」とともに大天守もあったのか (8/29)
城の再発見!毛利輝元らは聚楽第で天守を見ていなかった!? とすれば… 広島城天守をめぐる“ぬぐえぬ疑問” (8/15)
城の再発見!最上階にやはり白鷺(しらさぎ)の絵 → 問題の層塔型「御三階」の構造を推理する (8/2)
城の再発見!後継者・秀次の墓穴(ぼけつ)――最大の過失は、洛中に強固な「城」を築いてしまったこと?? (7/15)
城の再発見!異例の側室・摩阿(まあ)姫が住んだ「京都天主」「聚楽天主」の正体 (7/4)
城の再発見!40m四方の天守台!? →『聚楽第図屏風』には天守が描かれていないのかもしれない… (6/20)
城の再発見!驚嘆、信長の「天下」観念は今日にも通じているのか… (6/9)
城の再発見!話題の「旧二条城」と岐阜城と小牧山城の“合体形”として安土城は出来上がった? (5/25)
城の再発見!続々・信長の「天下」――安土城天主は天皇の行幸殿の上にそびえ立ち、見おろしていた、とする見方の多大な影響 (5/10)
城の再発見!続・信長の「天下」とは――せっかく築いた小牧山城と城下をなぜ4年で捨てたのか? (4/25)
城の再発見!信長の「天下」とは――いつごろまで「天下布武」印を使ったのか?という素朴な疑問から (4/11)
城の再発見!続・豊臣大坂城天守も階段群が2系統 →「2系統なのは何階までか?」で各天守を区分すると… (3/29)
城の再発見!豊臣大坂城天守も階段群が2系統か →ならば建物の造りは「立体的御殿」のうち?? (3/16)
城の再発見!幕末、幻の大阪籠城戦での「大狭間筒vsエンフィールド銃」の勝負を夢想すると… (3/1)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (7)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)


アクセスカウンタ
今日:879
昨日:1,736
累計:1,852,986


RSS/Powered by 「のブログ

2011年09月20日(Tue)▲ページの先頭へ
城の再発見!続・秀吉の“闘う天守”とシャチホコ池






続・秀吉の“闘う天守”とシャチホコ池


前回は、山崎城天守に始まったと思われる豊臣秀吉の“闘う天守”のお話をしましたが、そんな秀吉の天守との位置関係において、チョット興味深い間柄にあるのが、通称「鯱鉾池」(しゃちほこいけ)です。


『肥前名護屋城図屏風』(佐賀県立名護屋城博物館蔵/部分より作成)


この屏風絵は北側(玄海灘の方)から、朝鮮出兵の“大本営”肥前名護屋城(ひぜんなごやじょう)を描いたもので、天守は本丸塁上の北西角に(朝鮮半島および中国大陸の方に向けて)屹立していて、これも秀吉の“闘う天守”の典型でしょう。

そしてこの絵の中で、シャチホコ池は山里曲輪の手前にくっきりと描かれています。

確かに形はシャチホコの尾のようですが、実はこれが、秀吉のほかの城… 少なくとも豊臣大坂城や伏見城にも、同じ形で、ちゃんと設けられていた(!)可能性がありまして、今回は、少々余談っぽくなるかもしれませんが、このシャチホコ池と“闘う天守”の関係をお話してみたいと思います。



中世都市研究10『港湾都市と対外交易』2004年


(上記書所収/宮武正登「基地の都市「肥前名護屋」の空間構成」より)

秀吉渡海までの「御座所」として築かれた名護屋城は、標高約九〇メートルの「勝雄岳」の最高所に五層の天守を建て、その周囲に本丸以下の大小九箇所の曲輪を配した「総石垣造り」の本格的城郭であった。

これら山上の曲輪群の北麓には秀吉のプライベートルームに相当する上・下山里曲輪が置かれているが、その外濠としての機能を担う通称「鯱鉾池」に対面した低丘陵一帯は、秀吉直属軍の駐屯地区に比定されている。



肥前名護屋城の中心部分(上記書に掲載の図より作成)


ご覧のように、この城は北東にシャチホコ池をはさんで城下町(直属軍の駐屯地区+町場)と港が連なり、その反対側の南西を中心にぐるりと諸大名の陣地が広がっていました。

この点について、上記書の佐賀県教育庁社会教育・文化財課の宮武正登先生は、さらにこう指摘しています。


(宮武正登「基地の都市「肥前名護屋」の空間構成」より)

名護屋城のグランド・プランを検討するに城郭としての防御方向は明らかに南側の山間部を向いており、城下の展開方向とは背中合わせの状態にあるといえる。
(中略)
すなわち、城は南方の丘陵地帯に林立する大名陣地群との連携(ことに加藤清正、福島正則、片桐且元、木下勝俊、堀秀治など譜代・親族系大名の陣所の密集地区に面する点は重要である)、および唐津・博多への主要往還(近世期の唐津街道)との直結を眼目としており、対するに町場は諸国からの物資の輸送起着点である軍港を拠り所として独自に発達を遂げたものと推測できる。


これまで当サイトでは、織田信長や秀吉の時代は、例えば岐阜城や安土城でも明らかなように、城の片側にしか城下町(町場)が無いケースは、むしろ当たり前の形だった、と度々申し上げて来ました。

その点、肥前名護屋城も、北東の港側に城下町、その反対側に(言わば堀切か石塁のごとくに)諸大名の陣地を置いていたことが分かり、築城プランの面白さが感じられます。

そうした中で、シャチホコ池は、秀吉の“闘う天守”の膝元近くにありながらも、城の奥向きや裏方(秀吉のプライベートな領域、城の経済・物資調達をまかなう領域)の真ん中で、ひょう然と、穏やかな風情を漂わせていた感があります。





<じつは伏見城にも?豊臣大坂城にも?あった シャチホコ池>


伏見城跡に隠されたシャチホコ池の痕跡は…

(※加藤次郎『伏見桃山の文化史』に掲載の図より作成)

で、ここからは当サイトの仮説なのですが、ご覧のように、伏見城本丸の北面の直下に設けられたブルーの「空堀」部分は(…以前に私が目た時は少々水が溜まっていましたが)かつての形は、何故かシャチホコ池にそっくりであり、なおかつ周囲の曲輪の関係性も肥前名護屋城に似ているようなのです。

例えばグリーンの部分、肥前名護屋城では「秀吉のプライベートルームに相当する上・下山里曲輪」ですが、伏見城でも「松ノ丸」になっていて、これは『宗湛日記』に<木幡の関の松原を活かした茶庭と茶室があった>と伝わる曲輪であり、秀吉の側室・松の丸殿の御殿が建てられた場所です。

しかもこの松ノ丸は、慶長地震後に伏見城が再建された時、本丸とともに真っ先に完成した曲輪とも言われ(櫻井成廣『豊臣秀吉の居城』)、秀吉の居住のためには最優先される場所(=プライベートルーム?)であったのかもしれません。

肥前名護屋城             伏 見 城          

(※両図の縮尺は異なります)


さて、このようなシャチホコ池は、はるか以前の豊臣大坂城にも、その痕跡があった可能性をご覧いただきましょう。


(※両図は『僊台武鑑』大坂冬の陣配陣図、『大坂築城丁場割図』より作成)

このとおり豊臣大坂城にも、先ほどの肥前名護屋城や伏見城とまったく同じ位置(ブルーの部分)に、シャチホコ池の形を見いだすことが出来ます。


この水掘は左図の『僊台武鑑』の描写によりますと、大川(淀川)から舟で直接に侵入することが出来ますので、これこそ豊臣大坂城の物資調達の要を成す地点だったのかもしれません。

ですから、これが本当にシャチホコ池の元祖としますと、その機能は、やがて肥前名護屋城の例の「港」に引き継がれたことにもなります。


シャチホコ池とは、そうした“大坂城の隆盛の記憶”を引きずる存在として、肥前名護屋城にも、伏見城にも、大坂城と同じ位置にシンボリックに設けられたのではないか… などと考えることも出来るのではないでしょうか。


そして豊臣大坂城のグリーンの部分について申しますと、秀吉が死んで、関ヶ原合戦後には片桐且元の屋敷になったとされますが、それ以前はどういう風に使われたのか、よく判っていないようです。

ひょっとして、千利休か誰かの茶頭屋敷があったのなら、まことにお似合いではないかと思うのですが…


秀吉の城はほんとうに同じ手法が繰り返されていて、シャチホコ池も、常に各城で“闘う天守”の脇にあって静かに水を湛えていたのかもしれません。










作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。




2011年09月07日(Wed)▲ページの先頭へ
城の再発見!秀吉の“闘う天守”が出現した天王山






秀吉の“闘う天守”が出現した天王山



天王山山頂の山崎城(二ノ丸)の井戸跡/でも現地では「天王山城」と…


山崎城(京都市)は羽柴秀吉が天下取りに名乗りをあげた城であり、秀吉の城を語る上でかなり重要な存在だと思うのですが、世間的にはどうも名称の定まらない城でして、諸先生方もバラバラの名で呼んで来られました。

「山崎城」(平井聖ほか編『日本城郭大系』) 「天王山宝寺城」(村田修三編『中世城郭辞典』) 「山崎宝寺城」(西ヶ谷恭弘編『秀吉の城』)…

さらには「宝寺城」「宝積寺城」「鳥取尾山城」とも呼ばれたそうで、そもそも天王山は全国的に有名な山なのですから、冒頭の写真のとおり「天王山城」でいいのではないかと思うものの、やっかいなことに、京都府内にはもう一つ「天王山城」(綾部市)があるそうで、本当にツイてない城です。

(※ただし綾部市は昔の丹波国ですから「丹波天王山城」としてもらう手もあるのかもしれませんが…)



秀吉の天守は“次の攻略目標”を指し示していた!?

山崎城の天守の外正面 → 北向き → 次は北ノ庄城の柴田勝家が攻略目標!


さて、本題に入りますと、当ブログは以前の記事(→ご参考)で、秀吉の天守群はある時期から“次の攻略目標”を指し示していた、という仮説を申し上げました。

その最初の事例が、山崎城の天守でした。

このことから申しまして、山崎城天守とは、それまでの織田信長の天主には無かった、秀吉独自の解釈が加わった天守のように感じられ、それは言わば“闘う天守”という性格付けではなかったかと思うのです。


これまで当サイトは一貫して「天守は戦闘を主目的とした建造物ではない」「戦の司令塔(城主の御座所)でもなかった」と主張してまいりましたが、秀吉の天守群は「本丸の塁線の一角に設ける」という鉄則があり、そのような点から「天守の軍事性」を指摘される先生方(例えば城郭談話会の高田徹先生など)もいらっしゃいます。

そこでこの機会に、当ブログの秀吉流天守台の話題も兼ねて、この“闘う天守”についてお話してみたいと思います。



<はじめに 天守台の規模をめぐる疑問>

…山崎城の天守台は諸書の縄張図の想定よりずっと小さく、天守はほぼ天守台いっぱいに建っていたのではないか?




石垣の痕跡から類推できるのは、約10m四方?の天守本体と付櫓か


(※写真は拡大してご覧になれます)


これまでに公表された縄張図をもとに、天守台の規模は「東西35m南北20m」などと言われますが、現地にのこる石垣の痕跡を見ますと、それよりもずっと小さなもののようで、天守はその小さな台上いっぱいに建てられた印象があります。

この城跡はこれまで発掘調査が無かったらしく、はやく専門家の方々の調査をお願いしたいところですが、少なくとも現状の天守跡からは、前回記事の秀吉時代の姫路城と同じく、方丈建築の影響を感じ取れそうです。






初重の規模が10m四方と聞いて“ずいぶん小さい…”とお感じになった方のために挙げてみたのが、ご覧の絵でして、これは大坂冬の陣図屏風に描かれた豊臣大坂城の本丸の櫓です。

(※当サイトはこれが実際には奥御殿北西の「月見櫓」だと考えています)

『兼見卿記』によりますと、山崎城天守は大坂築城が佳境に入った頃に解体撤去されていて、その規模はまさにこの櫓と同程度と言えそうなのです。……



<山崎城から始まった 秀吉とその家臣団の天守周辺デザイン>



で、前出の高田先生は、例えばご覧の「天守は城内のどこに築かれたか」という論考において、会津若松城などを例に挙げながら、次のように指摘されました。

(※なお当サイトでは、会津若松城の基本構想は、豊臣大坂城と瓜二つであることを度々申し上げています)


別冊歴史読本『天守再現』1997年


(高田徹「天守は城内のどこに築かれたか」/別冊歴史読本『天守再現』より)

会津若松城では中心部分を天守台を含んだ石塁(上部に走長屋と呼ばれる多聞をのせる)で二分し、内側を本丸として本丸御殿や茶室などを設けている。
(中略)
北出丸、西出丸から土橋を渡り、虎口を通過して帯曲輪内部に進むと、眼前に天守と天守台がその進行を阻むように立ちはだかる。

会津若松城の本丸(論考に掲載の図)

(引用文の続き)

会津若松城の天守が飾りものに過ぎなければ、あえてこのような位置に築かなくとも、本丸の奥まった位置に築くことですむ。
それがなされていないのは、この天守が侵入者を余さず監視し、また侵入者に対して視覚的な威圧感を与える役割をもっていたからと考えられる。



という風にして「天守の軍事性」が指摘されたわけですが、これに関して二点だけ申し上げたいのは、まず<「侵入者」と言うより「来城者」への威圧感の方がずっと頻度は高かっただろうこと>と、また万が一、侵入者(敵兵)の場合は、<そこまで敵勢に踏み込まれて、この城が最終的に落城をまぬがれることは100%近く有り得ないのではないか…>という厳しい戦況判断です。

それならば何故、築城者の蒲生氏郷(がもう うじさと)(…そして秀吉)は、あえてそのような位置に天守を築いたのでしょうか?


――それはきっと、本丸の最期の防衛は、天守が一手に引き受ける、という役割分担の明確化であり、かつ、その天守脇を敵勢に突破された時こそ、落城の瞬間であるという、戦闘者特有の“見切り”だったのではないでしょうか。


そんな戦闘者の“覚悟”のようなものは、おそらく織田信長の天主には存在せず、秀吉のころに与えられた性格付けであって、それがあまたの大名家の天守に影響し続けたと思われます。

で、そうした天守周辺のデザインが、山崎城に始まったようなのです。


会津若松城/天正18年(1590年)築城

山崎城/天正10年(1582年)築城


ご覧のとおり、二つの天守の位置は、ともに本丸の一角を占めながら、その反対側に天守を被うような曲輪(帯曲輪)を伴っています。

そしてこの曲輪は、例えば豊臣大坂城では「山里曲輪」(旧表御殿!)に、石垣山城では「西曲輪」に、そして肥前名護屋城では「遊撃丸」や「二ノ丸」に、という風に、しだいに変容しながら常に秀吉の城に設けられたものでした。


豊臣大坂城の場合/天守は詰ノ丸の左手前隅角


そしてこれらの天守は、かねてから申し上げている「詰ノ丸の左手前隅角」という信長の作法を応用しつつ、“闘う天守”として、うまく塁線の一角にはめ込むことに成功した、と言うことが出来そうです。

しかもそのためには「秀吉流天守台」の形状が、この上なく合致していることに、ご留意いただきたいのです。



―――では、秀吉はこのアイデアを、いつごろ、どこで、誰から得たのでしょうか?

そのヒントは、ひょっとすると(近年は殆ど聞かれなくなった用語ですが)戦国期の畿内でいくつかの城に見られた「中央櫓(ちゅうおうやぐら)」にあるのでは… と感じておりまして、これはまた回を改めてお話したいと思います。










作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。