城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2011/11

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (249)



全エントリ記事の一覧はこちら

2011年11月
   
     

新着エントリ
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)
城の再発見!「革命」は 信長→秀吉→三成 の三人で完成するはずだった? 時空を超えた<石田三成≒大久保利通>説 (9/27)
城の再発見!徳川家康の画期的な着眼か→ 四方正面(八棟造り)は平城の「求心性の自己表現」にもなる? (9/14)
城の再発見!ならば聚楽第チルドレンの筆頭・天正期の駿府城には「小天守」とともに大天守もあったのか (8/29)
城の再発見!毛利輝元らは聚楽第で天守を見ていなかった!? とすれば… 広島城天守をめぐる“ぬぐえぬ疑問” (8/15)
城の再発見!最上階にやはり白鷺(しらさぎ)の絵 → 問題の層塔型「御三階」の構造を推理する (8/2)
城の再発見!後継者・秀次の墓穴(ぼけつ)――最大の過失は、洛中に強固な「城」を築いてしまったこと?? (7/15)
城の再発見!異例の側室・摩阿(まあ)姫が住んだ「京都天主」「聚楽天主」の正体 (7/4)
城の再発見!40m四方の天守台!? →『聚楽第図屏風』には天守が描かれていないのかもしれない… (6/20)
城の再発見!驚嘆、信長の「天下」観念は今日にも通じているのか… (6/9)
城の再発見!話題の「旧二条城」と岐阜城と小牧山城の“合体形”として安土城は出来上がった? (5/25)
城の再発見!続々・信長の「天下」――安土城天主は天皇の行幸殿の上にそびえ立ち、見おろしていた、とする見方の多大な影響 (5/10)
城の再発見!続・信長の「天下」とは――せっかく築いた小牧山城と城下をなぜ4年で捨てたのか? (4/25)
城の再発見!信長の「天下」とは――いつごろまで「天下布武」印を使ったのか?という素朴な疑問から (4/11)
城の再発見!続・豊臣大坂城天守も階段群が2系統 →「2系統なのは何階までか?」で各天守を区分すると… (3/29)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (9)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)


アクセスカウンタ
今日:276
昨日:2,692
累計:1,898,087


RSS/Powered by 「のブログ

2011年11月24日(Thu)▲ページの先頭へ
城の再発見!拡充版!の新イラストと共に見る天守台構造






拡充版!の新イラストと共に見る天守台構造




ご覧のイラストは、前々回の記事でお届けした新イラストを、さらに広い範囲に拡大して、そこに想定される狭間塀(さまべい)や走長屋などを描き加えたものです。

こうしてご覧いただきますと、当サイトの復元案では、豊臣大坂城の天守台周辺はかなり複雑な構造になっていることがお分かりでしょう。

で、今回は、何故こんな形になるのかを、特に天守台の中の石蔵(穴倉)を中心に図解付きでご覧いただこうと思います。
まずは復元の基本的な考え方としまして…


T.<中井家蔵『本丸図』の朱線はやはり無視できない、という基本スタンス>


通称「黄堀図」部分          「青堀図」部分

(※当図は上が南)


お馴染みの中井家蔵『本丸図』には通称「黄堀図」「青堀図」と呼ばれる2枚があり、そのいずれもが、天守の南西隅(図では天守の右上の角)のあたりを墨線でなく「朱線」で描いています。

『本丸図』の他の箇所では「朱線」は土塀や狭間塀を示しているため、この天守の「朱線」をどう解釈するかについては色々な見解がありました。

前回記事でご紹介した櫻井成廣案は「天守台上の空き地を囲う土塀」と考え、また宮上茂隆案は「(この部分の天守壁面が)本丸地面から直接建ち上がっていた」と考証し、三浦正幸案・佐藤大規案はかなり限定的にとらえて石蔵(穴倉)の入口だけ復元するなど様々でしたが、この部分はやはり、何か“特殊な状態”であったことを示しているように思われてなりません。




そしてもう一つ、ここには気になる「朱線」が引かれています。

天守台の南側(写真では上側)に、御殿(「御納戸」)との境界を区切るかのように引かれた「朱線」があり、その中央付近からは天守側に伸びる「朱線」がT字形に枝分かれしています。

このように天守台の間際を細かく仕切った「塀」というのは、現存天守や城絵図の天守にもまるで例が無いため、諸先生方の復元案では、この塀の用途(ねらい)をはっきり言及したものはありませんでした。


ただ唯一、大竹正芳先生が、『本丸図』は築城開始早々の様子だという前提で、
「この時点ではまだ天守の建物が築かれていなかったに違いない。天守台のまわりを塀で囲ったのは工事の安全確保と機密保持のためではなかろうか」(『秀吉の城』1996年所収)
と指摘されたのが、合理的な解釈として印象に残っているのみです。

大竹先生の解釈は、例えば尾張名古屋城の天守台を加藤家(清正)が独力で築いた際に、石垣技術の「機密保持」のために幕で覆った…云々という伝承を想起させるもので、かなり魅力的です。

しかし加藤家のケースは、築城が徳川幕府の監視下であり、諸大名の分担箇所が複雑に入り組んだ「天下普請」の場であったからで、豊臣大坂城の天守台築造のときも、そのような機密保持は本当に必要だったのでしょうか。


さらに当サイトでは『本丸図』の作成時期は「秀吉の最晩年」だったのではないかと申し上げています。(「2010年度リポート」)

その場合、大竹先生の指摘を参考にしますと、なんと、慶長地震で秀吉の天守が大破したあと、秀頼の再建天守(当サイト仮説)が建つまでの“空白期間”に当たる(!)という可能性が出て来ます。

しかしこれについても、果たしてその状態の「機密保持」は本当に必要だったか?という疑問はぬぐえず、この複雑な塀(朱線)はやはり、何かしら別の役割を担っていたように思われるのです。





U.<いま確認できる秀吉の天守台には「浅い穴倉しかない」という、厳然たる事実>


発掘された秀吉時代の姫路城と肥前名護屋城の天守台跡


(※上写真は加藤得二『姫路城の建築と構造』1981年に掲載の写真をもとに作成)
(※下写真の肥前名護屋城跡の礎石等は、穴倉の埋め戻し後の模擬石ですのでご注意を)


さて、豊臣大名の天守台には、大規模な石蔵(穴倉)の有るものと無いものが混在しておりまして、その違いを分けた判断基準は何なのか、定かでありません。

例えば秀吉直臣だった浅野長政の甲府城、加藤清正の熊本城、黒田長政の福岡城などの天守台にはそれが有ったのに、いわゆる五大老の毛利輝元の広島城や萩城、前田利家の金沢城(推定)、小早川隆景の三原城、宇喜多秀家の岡山城などは一様に「無かった」と言えそうだからです。


―――では秀吉自身の居城はどうだったか?とダイレクトに問えば、上写真でご覧のとおり、いま確認できる秀吉の天守台遺構は、姫路城も、肥前名護屋城も、深さ5尺ほどの浅い穴倉しか存在しなかった(!)という厳然たる事実があります。


さらにもしも石垣山城や山崎城の天守台跡にも発掘調査が入れば、事態はずっとクリアになるはずだと思うのですが、私の勝手な印象を申しますと、やはりそれらも大規模な石蔵(穴倉)は想像しにくく、たとえ有ったとしても、同様の浅い穴倉の跡が見つかるのではないかと感じられてなりません。

ですから豊臣大坂城についても、気宇壮大な天守台がそびえながら、その上に、わずか「深さ5尺」という浅い穴倉を“いかに復元できるか”が、現下のマニア冥利(みょうり)につきると思うのです。



で、以上のT.U.の考え方を両立できる復元が、ご覧のとおりの複雑な天守台だと考えられるわけです。



(※上図の「高さ5尺の石塁」は『本丸図』の書き込みの数値にぴったり合致するものです)



(※なお当イラスト左隅の走長屋の窓は、突き上げ戸であった可能性も高いと思われます)

(※また前々回の繰り返しで恐縮ですが、こうした景観の手前には、実際は奥御殿の殿舎群が建ち並んでいて、当イラストはそれらを“透明化”した描写になります)










作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。




2011年11月08日(Tue)▲ページの先頭へ
城の再発見!豊臣大坂城天守の造形の肝(キモ)…「付櫓」の話






豊臣大坂城天守の造形の肝(キモ)…「付櫓」の話


かつて著名イラストレーターの香川元太郎先生が「安土城天主は研究者の数だけ復元案がある」と発言されましたが、豊臣秀吉の大坂城天守にも、これまで多くの復元案が登場して来ました。

前回のブログでお見せした新イラストも、そうした系譜の上にアツかましくも参戦させていただこう、との意気込みで作成したものです。

で、改めて歴代の復元案を見直してみますと、「付櫓(つけやぐら)」の復元方法が、それぞれに千差万別の手法(特に天守台の解釈や屋根の突き合わせ方など)を示していて、これがまたマニアックな興味を引きつけてやまないのです。


<櫻井成廣(さくらい なりひろ)案>
(※櫻井成廣『豊臣秀吉の居城 大阪城編』1970年に掲載の図より作成)

まずは城郭研究のパイオニアの一人・櫻井先生の復元ですが、これは天守台に大規模な石蔵(穴倉)は無かった(!)という大前提から出発しています。

そのため「付櫓」は、天守本体と同じ高さから二階建てで付設され、そこに天守南面では唯一の(!)出入口がある、という構造です。

しかも屋根は天守二重目の屋根から一続きで葺き降ろし、そこに大きな千鳥破風を設けています。


<宮上茂隆(みやかみ しげたか)案>
(※『歴史群像 名城シリーズ@ 大坂城』1994年に掲載の図より作成)

さて次の宮上案は、お馴染み『大坂夏の陣図屏風』の描写と、中井家蔵『本丸図』で天守台南面に引かれた「朱線」に着目した結果、天守の南西部分は本丸地面から直接建ち上がっていた、と解釈したものです。

その影響なのか「付櫓」も、天守台上より一階分低い位置から建てられ、二階建てであるものの、上の櫻井案ほどは屋根の突き合わせに苦労をしていません。


<三浦正幸(みうら まさゆき)案>
(※三浦正幸 監・編修『CG復元 よみがえる天守』2001年に掲載の図より作成)

この三浦先生の復元案もまた、『大坂夏の陣図屏風』の描写に基づく場合を考察したものですが、新たに熊本城天守との類似性に着目したため、上の宮上案に比べれば、天守の中層以下の破風がすべて90度回転した配置になっています。

その結果、「付櫓」については、天守の(二つ並んだ)比翼千鳥破風の復元を優先せざるをえず、平屋建てとなり、それでも屋根どうしが上下に密着した状態です。

また天守台は明確に、大規模な石蔵(穴倉)が存在したとしています。


<佐藤大規(さとう たいき)案>
(※三浦正幸監修『図説・天守のすべて』2007年に掲載の図より作成)

ご覧の佐藤案は、天守台については、上の三浦先生のもう一つの復元案…『大坂冬の陣図屏風』に基づく案と同一のものだと思われます。

そして「付櫓」についても、建物の高さと壁面の意匠以外は同じ構造のようであり、屋根の突き合わせはまったく無理のない自然な処理になっています。





(※このほか大竹正芳先生の復元画等もありましたが、画像の都合で今回は割愛しました)

こうして各案を見比べますとそれぞれ特徴があり、それと言うのも、この「付櫓」は中井家蔵『本丸図』等に漠然とした平面形が示された以外は、何も文献上に情報が無いため、言わば“どうにでも復元できる”フリーゾーンなのです。

―――ということは、逆を申しますと、この部分の復元は、研究者の個々の発想や資質がもろに表出した箇所でもありそうなのです。




そこで当ブログの新イラストを再度ご覧いただき、この「付櫓」はどんな発想から出たものか?と問われれば、「福山城天守」の構造に大きなヒントを得たことを白状いたします。



<何故か多くの共通点をもつ、福山城天守の不思議さ>



福山城天守(アメリカ軍の空爆で焼失/昭和41年に外観復元)


大坂の陣で豊臣家が滅亡した後、元和年間に徳川幕府の肝いりで、水野勝成(みずの かつなり)が現在の広島県の福山に新築した近世城郭が、福山城です。

築城時には現存の伏見櫓をはじめ、徳川再築の伏見城から多くの建物が移築され、「伏見城」との関係が深いものの、天守については水野氏による新築と言われています。

ところが、この天守、どうにも豊臣大坂城との共通点が多いように思われてならないのです。


【共通点1】 付櫓と付庇(つけびさし)、その下にある唯一の出入口

上の写真でも明らかなように、この天守は、正面向かって右手前側に「付櫓」と「付庇」が一体化して張り出していて、このデザインは冒頭からご覧の大坂城天守の復元像にそっくりです。(張り出しはともに南東側!)

それは細部においても、天守の屋根から一続きで葺き降ろしている点や、大きな千鳥破風で屋根の造形をまとめている点、その下に唯一の出入口がある点など、<櫻井成廣(さくらい なりひろ)案>を介した共通点が満載です。


【共通点2】 半地下構造の天守台石蔵(穴倉)

さらに内部の構造でも、付櫓・付庇・天守本体ともに、初階が浅い石蔵(穴倉)を伴っていて、半地下構造になっていました。

これは秀吉の姫路城天守や肥前名護屋城天守が、ともに深さ5尺という、浅い穴倉を伴っていたことを連想させますし、同様の仕組みはやはり<櫻井成廣案>に採用されています。




以上の事柄を踏まえますと、歴代復元案の中でも古い<櫻井成廣案>というのは、なかなか捨てがたい貴重な示唆を含んだ案であると分かり、新イラストでも多くを参考にさせていただいた次第です。

ただし、そうなりますと……




―――ならば、福山城天守で印象的な「付櫓」の望楼部分はどう解釈すればいいのか? ひょっとして豊臣大坂城まで遡(さかのぼ)るのか?

この点では、ご承知のとおり、秀吉が自ら縄張り(設計)した豊臣時代の和歌山城にも「小天守」が築かれ、大小連立天守だった、との伝承があります。(『南紀徳川史』)

また現在の大阪城天守閣(復興)を設計した古川重春(ふるかわ しげはる)先生も、豊臣時代の大坂城は「二層の小天守を伴った所謂複合式の天守で」と著書に記すなど、「小天守」の可能性には寛容な立場でした。(『日本城郭考』1974年)

マニア心理として、思わず新イラストにあらぬものを描き込んでしまいそうな“誘惑”に襲われ、それを振り払うのに精一杯の心境です。









作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。