城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2011/12

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (247)



全エントリ記事の一覧はこちら

2011年12月
       

新着エントリ
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)
城の再発見!「革命」は 信長→秀吉→三成 の三人で完成するはずだった? 時空を超えた<石田三成≒大久保利通>説 (9/27)
城の再発見!徳川家康の画期的な着眼か→ 四方正面(八棟造り)は平城の「求心性の自己表現」にもなる? (9/14)
城の再発見!ならば聚楽第チルドレンの筆頭・天正期の駿府城には「小天守」とともに大天守もあったのか (8/29)
城の再発見!毛利輝元らは聚楽第で天守を見ていなかった!? とすれば… 広島城天守をめぐる“ぬぐえぬ疑問” (8/15)
城の再発見!最上階にやはり白鷺(しらさぎ)の絵 → 問題の層塔型「御三階」の構造を推理する (8/2)
城の再発見!後継者・秀次の墓穴(ぼけつ)――最大の過失は、洛中に強固な「城」を築いてしまったこと?? (7/15)
城の再発見!異例の側室・摩阿(まあ)姫が住んだ「京都天主」「聚楽天主」の正体 (7/4)
城の再発見!40m四方の天守台!? →『聚楽第図屏風』には天守が描かれていないのかもしれない… (6/20)
城の再発見!驚嘆、信長の「天下」観念は今日にも通じているのか… (6/9)
城の再発見!話題の「旧二条城」と岐阜城と小牧山城の“合体形”として安土城は出来上がった? (5/25)
城の再発見!続々・信長の「天下」――安土城天主は天皇の行幸殿の上にそびえ立ち、見おろしていた、とする見方の多大な影響 (5/10)
城の再発見!続・信長の「天下」とは――せっかく築いた小牧山城と城下をなぜ4年で捨てたのか? (4/25)
城の再発見!信長の「天下」とは――いつごろまで「天下布武」印を使ったのか?という素朴な疑問から (4/11)
城の再発見!続・豊臣大坂城天守も階段群が2系統 →「2系統なのは何階までか?」で各天守を区分すると… (3/29)
城の再発見!豊臣大坂城天守も階段群が2系統か →ならば建物の造りは「立体的御殿」のうち?? (3/16)
城の再発見!幕末、幻の大阪籠城戦での「大狭間筒vsエンフィールド銃」の勝負を夢想すると… (3/1)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (7)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)


アクセスカウンタ
今日:870
昨日:1,736
累計:1,852,977


RSS/Powered by 「のブログ

2011年12月21日(Wed)▲ページの先頭へ
城の再発見!安土城とモン・サン・ミシェル <うみ>を背景にした「空中庭園」






安土城とモン・サン・ミシェル <うみ>を背景にした「空中庭園」


<織田信長が家臣らから受け取った礼銭を、自らの背後に投げた>という
『信長公記』の逸話から推理した、安土城主郭部の使い分け



ご覧の図は1年ほど前の記事(ご参考)でお見せしたものです。

ご承知のように、信長は岐阜城の頃から、山頂に私的な屋敷(城砦)を構え、山麓に公的な御殿を造営して、厳格にハレ(公)とケ(私)の領域を使い分けたと言われます。

上図はそうした信長の規範は安土城ではどうなったのか? という疑問からスタートして、『信長公記』の<礼銭を背後に投げた>という逸話をもとに、主郭部の「ハレ」と「ケ」の領域を仮定してみたものです。


―――で、何故、再びこれをお目にかけたかと申しますと、現在、2011年度リポートの準備を進めるなかで、その前提として、安土城の件がかなり重要であるように思われ、昨年の記事のままではやや尻切れトンボの状態で、ここでもう一歩、お話を進めておきたいと感じたからです。


なおリポートは予告どおりに…

そして天守は海を越えた
東アジア制海権「城郭ネットワーク」の野望
〜豊臣大名衆は海辺の天守群から何を見ていたか〜


というタイトルで作業中です。

このタイトルの中身がどうして安土城に関わるのか、想像がつきにくいとは思いますが、その辺りは是非、リポートの完成をお待ちいただくとして、今回はその「伏線」とも言うべきお話を申し上げたく思います。



<昨年、信長廟が建つ安土城「伝二ノ丸」を再見して深まった疑念>



さて、周囲の木々が切り払われて、様相が一変したという天主台跡を、是非とも見ておきたいと出掛けたおりに、見晴らしの良くなった台上から、下の写真のような角度で見下ろしたとき、以前から感じていた疑念が(確信に近いものに)強まりました。

それは、信長廟の手前の四角いスペース(「伝二ノ丸東溜り」)から、伝二ノ丸に直接上がることは、やはり出来なかったのではないか(!)という強い疑念なのです。






上の図や写真にある信長廟への「石段」は、調査の結果、本能寺の変の後に新設された部分とされています。

したがって問題の四角いスペースは、本来の石垣の形だけで考えれば、そこから伝二ノ丸に上がることは出来ない構造のはずです。

しかしそれでは不便だったろう、ということからか、歴代の先生方の考証においては、何らかの方法で上がれたはずだとして、特段の指摘もない状態がずっと続き、ようやく三浦正幸先生が「当時、日本最大の木造階段(階/きざはし)」があったという復元を提示されて、今日に至っています。


ただしこの「階」については、まことに僭越ながら、何故わざわざ天主台にもたれ掛かるような構造(「寄掛け柱」)で密着させなければならなかったのか、私などにはよく理解できません。

(※そこで当ブログは、問題となっている礎石列を、逆に天主側から張り出した「懸造り舞台」のものではなかったか、と申し上げています。→ご参考


そして昨年、見通しの良い現地を再訪して強く感じたのは、やはり「ここから伝二ノ丸には上がれなかったのだ」(!)という、吹っ切れたような印象だったのです。




ご覧のとおり、図の「ケ」の領域には「虎口が二ヶ所」しか無かった、という意外な姿は、昨年の仮説「信長が礼銭を投げた二ヶ所」にぴたりと一致します。

そして問題の四角いスペースは、狭間塀や櫓門、懸造り舞台(当サイト仮説)に取り囲まれて、さながら桝形(ますがた)虎口の内部のようであったのかもしれません。




ただしこの場合、櫓門が桝形の外側にあって、通常の桝形虎口とは正反対の位置になるため、本来とは違った機能を考える必要がありそうです。

ひょっとしますと、ここは「御白洲」だという見方もあるようですから、例えば登城者や随行の者がここで控えたり、また家来や伝令の者に、はるか舞台の上から信長本人が命令を下したり、といったシチュエーションも考えられるのではないでしょうか。……

いずれにしても、今回の仮説でいちばん影響がでるのは、まるで奥ノ院のような位置付けに変わってしまった「伝二ノ丸」の実像だと思うのです。



<伝二ノ丸には「後宮」と琵琶湖を背景にした「空中庭園」が!?>



信長廟(冒頭の写真@と同じ位置から見た様子)


ここは一説に「表御殿」の跡とも言われましたが…


ここまで申し上げて来たように、伝二ノ丸が、自前の虎口を持たない、「ケ」の領域の最も奥まった曲輪だったとしますと、それに相応しい用途は、まず「後宮」(大奥の原形)と考えるのが自然な見方ではないでしょうか。


もしくは、数寄の空間(山里の原形)と考えるのも、安土城の場合は天主じたいが信長の住居だったようですから、一つの考え方かもしれませんが、いずれにしても「表御殿」などの“接見の場”ではありえなかったように思われるのです。


例えばフロイスは、天主の間近に「多種の潅木がある庭園の美しさと新鮮な緑、その中の高く評価されるべき自然のままの岩塊、魚のため、また鳥のための池」があったように書き残しているものの、今日までの調査で、安土城の主郭部から(伝二ノ丸を除いて)そうした庭園の跡は見つかっていません。

「魚」「鳥(水鳥)」というのですから、枯山水ではなく、本物の池と庭石と草木を配した庭園だったはずですが、それには相応の面積が必要でしょう。

それほどの面積が残るのは、もはや、信長廟のため調査対象外であった伝二ノ丸のほかに、候補地は見当たらない状況です。


そしてもしここに本物の池を備えた庭園があったとしたら、それは背後の琵琶湖とダブルイメージになって、まさに「空中庭園」に見えたのではないか… と思われてならないのです。



モン・サン・ミシェル(フランス/ノルマンディー地方)


中層階の屋上に回廊に囲まれた庭があって、その奥の窓が…


右の赤い人物が見える窓であり、さながら空中庭園のようである


日本でもその後、信長の後継者・豊臣秀吉が築いた伏見城に、「月見の機械(からくり)」と呼ばれた仕掛けが造られて、水面に浮かぶ名月のダブルイメージを秀吉らが楽しんだことはよく知られています。

このように勝手気ままな仮説ながらも、もし本当に、安土城の伝二ノ丸が本格的な「ケ」の領域だったとすると、残った「伝本丸」はやはり…………

ということで、2011年度リポートの中身につながっていくわけです。









作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。




2011年12月06日(Tue)▲ページの先頭へ
城の再発見!水軍大将・菅達長(かん みちなが)は黄金天守を仰ぎ見すぎたのか






水軍大将・菅達長(かん みちなが)は黄金天守を仰ぎ見すぎたのか


今回は、当ブログが累計40万アクセスを越えました御礼を申し上げるとともに、2011年度リポートの準備を進めるなかで初めて気づいた一件をお話させていただこうと思います。

と申しますのは、豊臣秀吉の黄金天守の姿が、ある武将の心に深く根をおろしたために、老齢にも関わらず彼を決死の行動に駆り立てたのではないか… と思われる節を見つけたからです。


<管流水軍の祖・菅達長の城「岩屋城」とは>


ふつう「岩屋城」と言いますと、歴史ファンの多くが北九州の岩屋城… かの猛将・高橋紹運(じょううん)が島津の大軍に抵抗して玉砕した城を思われるでしょうが、今回の話題の城は、淡路島の北端にあった岩屋城です。

この城は、戦国末期の淡路島に割拠した「淡路十人衆」の一人で、島の北岸から東岸の水軍を率いていた菅平右衛門達長(かん へいえもん みちなが)の拠点の一つでした。


そして大坂湾一帯で織田信長と毛利輝元の覇権争いが激化すると、達長は十人衆の中でただ一人、毛利方について奮戦したそうです。
が、そんな淡路島の攻防も、天正九年、織田方の羽柴秀吉と池田之助の軍勢が上陸すると、たった一日で島内は掃討されてしまいます。

達長は逃亡し、その後も城を奪回すべく、長宗我部元親の弟(香宗我部親康)の与力になるなどして戦を続けたものの、再び豊臣秀吉の四国攻めが起こると、ついに長宗我部氏と共に秀吉の軍門に下りました。


しかしそれ以降は、秀吉麾下の水軍として一隊を率い、九州攻め、小田原攻め、朝鮮出兵と出陣し、朝鮮出兵では舟奉行の一人に加えられたと云います。

岩屋で1万石(後に四国伊予で1万5千石)を領することを許され、達長が創始した水軍の術は「菅流」と称して後世に伝えられました。


豊臣大名の居城(天守)配置/慶長3年 1598年当時…秀吉死去の年

(※新人物往来社『日本史総覧』所収「豊臣時代大名表」を参考に作成)


さて、そんな達長の岩屋城ですが、ご覧のとおり大坂湾をグルリと取り囲んだ豊臣大名の居城(天守)群の中にあって、小城ながらも、淡路島から明石海峡を監視するという重要な役目を担っていたことが分かります。

この時期はおそらく近世の岩屋城ではなく、戦国期以来の岩屋城を使っていたものと思われますが、この岩屋城あたりからも海の向こうの豊臣大坂城はよく見えたことでしょう。


フロイスは「とりわけ天守閣は遠くから望見できる建物で大いなる華麗さと宏壮さを誇示していた」(『完訳フロイス日本史』)と書いていますから、ひょっとすると晴れた日の夕刻には、西陽を照り返して強烈に輝く天守が臨めたのかもしれません。

いずれにせよ、これは達長に対する秀吉の全幅の信頼をうかがわせる居城配置だったと思うのですが、慶長3年、秀吉が死去すると、達長は秀吉の遺品として名刀「長光の太刀」を受け取ったとされています。


そして天下分け目の関ヶ原合戦では、達長はやはり西軍に属したため、所領は没収。辛くも朝鮮出兵時に同じ船手の将だった藤堂高虎の嘆願で救われ、高虎の城下で蟄居し、破格の五千石で仕える身となったそうです。


やがて運命の大坂の陣―――。達長はすでに相当な老齢に達していたようですが、冬の陣が終わり、有名な「外堀・内堀の埋め立て」工事の場で、事件が起きました。

達長らは藤堂高虎の埋め立て分の作業を担当したものの、「内堀まで埋めてしまおう」という徳川幕府の謀略に嫌気がさしたのか(はたまた豊臣方に肩入れしたのか)作業をボイコットして現場に出ず、見回りにきた高虎を激怒させました。

この時、高虎は達長を「腰抜け」と罵倒したようです。
それに対して、達長は「悪言を吐きてこたへり、あまつさえ既に公(高虎)に切り掛からんとの風情なり」(『公室年譜略』高山公巻之七)という行動に出たのでした。

達長の悪言とは「私の腰の抜けたるをいつ御覧ありし」だったとも伝わっていて、達長としては“どちらが腰抜けなのか”という鬱憤(うっぷん)もあったのかもしれませんが、達長はこの件で即座に切腹を命じられました。

(※事件の経緯はサイト「辛酉夜話」様がたいへん詳しく、参考にさせて戴きました)


切腹は埋め立てが終了した三日後だったとも云います。

今日では、達長の行動は古武士の気骨を示したもの、等々と語られますが、ついに達長に「悪言」を吐かせたのは、岩屋城から日々眺め続けた金色の城への憧憬だったようにも思われてならないのです。











作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。