城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2012/02

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (265)



全エントリ記事の一覧はこちら

2012年2月
     
     

新着エントリ
城の再発見!続『モンタヌス日本誌』→大坂城天守の記録はまさに「駿府城天守」のことか (11/17)
城の再発見!今回は『江戸始図』の補強になるか?『モンタヌス日本誌』の挿絵は予想外に写実的 (11/5)
城の再発見!さらなる『江戸始図』の補足を。「刻印」優先論との深刻きわまりないバッティング (10/18)
城の再発見!『江戸始図』の「小天守」はどこに消え失せたのか?? (10/13)
城の再発見!家康が本当に好んだ天守の姿から問う、「江戸始図」解釈への疑問点 (9/29)
城の再発見!「京の城」の伝統的な天守の位置 →聚楽第の「北西隅」はむしろ新機軸の異端か (9/16)
城の再発見!ポルトガル海上帝国と「川の城」岐阜城 →あえて「C地区」の構造的な欠陥を疑うと… (9/1)
城の再発見!フロイスの岐阜城訪問記には金箔の「瓦」とはどこにも書いてない (8/17)
城の再発見!どうして岐阜城で「織田系」金箔瓦が発見されないか (8/3)
続々・甲府城「天守」のゆくえ →金箔付きシャチ瓦も「徳川包囲網」の目印だったのか?… (7/20)
城の再発見!続・甲府城「天守」のゆくえ →再訪の直感、天守台「穴倉」の内側も“見られること”を意識している (7/8)
城の再発見!甲府城「天守」のゆくえ →躑躅(つつじ)ヶ崎館の天守台との関係はどうなっていたのか (6/25)
城の再発見!近世城郭の「完全否定」で籠城戦に勝てたのが熊本城か (6/12)
城の再発見!これもコンクリート天守の「魔力」がなせる技か… 熊本城天守のすばやい解体と復旧 (5/29)
城の再発見!目的地は“東アジアの下克上”か?…満洲族と日本の17世紀「新興軍事政権」 (5/19)
城の再発見!肥前名護屋城の出現と「小中華意識」に没入した李氏朝鮮の無反応 (5/4)
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (25)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)


アクセスカウンタ
今日:3,082
昨日:2,766
累計:2,269,692


RSS/Powered by 「のブログ

2012年02月22日(Wed)▲ページの先頭へ
城の再発見!遠景イラストで見る遊撃丸 屋根を這う「金龍」






遠景イラストで見る遊撃丸 屋根を這う「金龍」


じつは、肥前名護屋城の天守を山里丸の茶室あたりから見上げたら、どんな風に見えるかと思い、描き始めた広い画角のイラストがありまして、残念ながらリポートの完成には間に合わなかったものの、なんとかご覧いただける状態になりました。

で、今回はその遠景イラストの中心部分をお見せしながら、話題として<問題の遊撃丸の行幸御殿とは、どんな建物だった可能性があるのか?>という件を申し上げたいと思います。




ご覧の状態は、手前の竹林の下方(画の枠外)に上山里丸の奥の茶室が隠れている形でして、このような北東からの視点で眺めた場合、天守の左側に本丸、そして天守の右奥に遊撃丸の殿舎が見えたことになります。

どのように見えたかについての史料は、群馬本の肥前名護屋城図屏風では「遊撃曲輪」と表記された曲輪に、3〜4棟の殿舎が“コの字形”に並んで描かれていて、「名博本」の方も似たような描写になっています。

当サイトのリポートでは、その殿舎群こそ、秀吉の大陸経略構想にあった後陽成天皇の北京行幸に備えた“行幸御殿”ではないのか? と申し上げたわけですが、その具体像をさぐろうと、遊撃丸に酷似する曲輪(伝本丸)をもつ安土城を参考に考え始めますと、何故か、妙な迷路にはまってしまうのです…。


と申しますのは、安土城の「御幸の御間」を参考にしますと、私などは川本重雄先生の説に最も共鳴しておりますので、「御幸の御間」はあくまでも、形式上の行幸殿として殿舎内に設けられた「上々段」ということになります。

ところが「上々段」をもつ御殿は、どれも規模が大き過ぎるようなのです。


例えば有名な聚楽第の大広間ですと、伝世の絵図面を梁間10間と読んだ場合、それを同縮尺で遊撃丸に当てはめますと…


これ一棟で曲輪が満杯状態に!(当図は右が南)


ご覧のとおり、とても3〜4棟どころの状態ではありません。

そもそも聚楽第大広間は公式の対面用の御殿であって、本丸の中心を成すべき建物ですから、このような比較図はナンセンスと言えばナンセンスなのでしょう。

しかしこの他に「上々段」をもつ御殿と言えば、例えば建築書『匠明』の当代広間之図も同規模ですし、仙台城の大広間となれば、もはや遊撃丸には納まらない規模に達します。

逆に、規模の点では合格ラインに入る(上々段をもつ)寺院の書院建築のどれかを、この遊撃丸に想定するわけにも行かず、はたと思考が止まってしまうのです。




そこで、ひとまず「上々段」の件を忘れて、屏風絵の3〜4棟という描写に矛盾しない建物は何か? という風に方向を変えますと、まさに聚楽第の行幸において、後陽成天皇を迎えた「儲の御所(もうけのごしょ)」が思い当たるわけです。


儲の御所とは、儲け(設け)の御殿ということで、この時のためだけに造営された御成り御殿、という意味らしく、『聚楽行幸記』はこの建物について、

儲の御所は檜皮葺なり。御はしの間に御輿よせあり。庭上に舞台、左右の楽屋をたてらる。

という説明があって、正面中央で天皇が鳳輦(ほうれん)に直接乗り降りできた建物ということは分かるものの、規模を示した記述は特にありません。

―――ですが、かつて櫻井成廣先生が、聚楽第や伏見城にまつわる移築伝承のある正伝寺(京都西賀茂)の方丈を参考例に挙げて、こんな推定を行いました。


(櫻井成廣『豊臣秀吉の居城 聚楽第/伏見城編』1971年より)

聚楽第行幸は凡てを北山、室町両第行幸の規式に拠ったのであるが、『北山殿行幸記』に「儲(もうけの)御所御装束ノ儀。寝殿南面七間」とある様に此の正伝寺方丈も身舎の桁行七間である。


正伝寺方丈は桁行7間、梁間6間という(奇しくも「主殿」建築なみの)手頃なサイズで、これと同等ならば他に2〜3棟の殿舎(左右の楽屋と舞台?)を併設しても、じゅうぶんに遊撃丸に納まるでしょう。


3〜4棟が“コの字形”に配置可能!


(※方丈の見やすい写真→サイト「百寺巡礼・名庭散策」様

そこでひょっとすると、遊撃丸には、儲の御所とそっくり同じものが造営された、という考え方もありうるのではないでしょうか。

その理由は、朝鮮出兵を開始した天正20年(文禄元年)の正月に、二度目の聚楽第行幸があったばかりで、一度目の行幸時に聚楽第で居並んだ(名護屋在陣の)諸大名にとっては、もしも遊撃丸に、儲の御所とそっくり同じものが建った――― となれば、これほど分かりやすい“目印”は無かったようにも思われるからです。

それは、殿舎内の上々段よりも、政治的ポーズの効果ははるかに大きかったかもしれません。



狩野博幸『秀吉の御所参内・聚楽第行幸図屏風』2010年


さて、「儲の御所」と言えば、近年発見された屏風絵で、その屋根上に巨大な「金龍」の置物が据えられた描写が話題になりました。


(上記書の解説文より)

この屏風で最も注目すべき描写のひとつがこの場面で、これまでに確認されている聚楽第を描いた作品にまったく登場していなかったのが、「儲の御所」の屋根のてっぺんにまします龍の姿である。
『聚楽第行幸記』に「玉虎風にうそぶき、金龍雲に吟ず」とあるのは、「玉虎」がしゃちほこを意味するとは思えても、「金龍」に格別の意味があるとは思えず、いわゆる言葉の綾と考えられてきた。
「儲の御所」の屋根の上には龍の巨大な置物が這っていたのだ。



こうなると、ひょっとして、肥前名護屋城でも似たような金龍が屋根上を這い回っていたのかも… と思い立ち、ご覧のとおりに描き込んでみた次第です。ちょっと遠景のままで恐縮ですが…

(※次回に続く)








作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。




2012年02月07日(Tue)▲ページの先頭へ
城の再発見!天守解説「しゆらく(聚楽)のにもまし申候」の真相






天守解説「しゆらく(聚楽)のにもまし申候」の真相


2011年度リポートはアップ直後の3日間ほど、色々とお見苦しい点があり、その後すぐに修正したものの、心理的ショックを引きずっておりまして、今回はとにかく、文中で予告した天守イラストの補足説明をさせていただこうと思います。

肥前名護屋城天守の推定復元イラスト


と申しますのは、佐竹義宣の家臣・平塚滝俊(たきとし)がこの天守について書き送った「てんしゆ(天守)なともしゆらく(聚楽)のにもまし申候」という表現には、聚楽第天守と比べたくなる特殊な事情があったようにも感じるからです。


この滝俊という人物、義宣に随行して肥前名護屋にいたる道中の様子を国元に書き送ったなかで、各地で見た城に関しても色々と記しています。

例えば広島城の普請は聚楽第に劣らないとか、各々の天守を「見事」「一段見事」と抽象的にほめ上げた一方で、肥前名護屋城天守については直接、聚楽第天守と比べて“上回っている”と断定したことが、どうも気になるのです。


左は三井記念美術館蔵「聚楽第図屏風」の天守の描写


ご覧の両者がともに白壁の天守であったことは(「群馬本」の発見もあり)ほぼ間違いないようですし、最上階の華頭窓などの意匠が共通することは度々指摘されて来ました。

―――で、それ以外にも、外観上の類似点があったらしく、具体的には「窓」と「金具」であったように思うのです。



<聚楽第天守の窓はすべて「突き上げ戸」であり、出格子窓(でごうしまど)は無かった!?>





近年、聚楽第を描いた新たな屏風の発見が相次いだ中でも、今なお三井記念美術館蔵の「聚楽第図屏風」は詳細な描写で他を凌駕しています。

その天守周辺の描写のうち、赤丸で囲った窓は、一見しますと、太い堅格子(たてごうし)を並べた出窓式の武者窓(出格子窓)のようにも受け取れます。


出格子窓(丸岡城天守/津山城の備中櫓)


このため誌上等では、聚楽第天守の復元イラストで初重に出格子窓を描いたり、その影響なのか、肥前名護屋城天守も初重に出格子窓を描く復元CGがあったりしましたが、ところが、この絵を解像度の高い写真で拡大して見ますと…


なんと、突き上げ用の“棒”が――

突き上げ戸(今治城の御金櫓/松山城の本壇内門の上部)


ご覧のとおりこの絵は、堅格子の描き方など、ちょっとまぎらわしい点はあるものの、はっきりと突き上げ用の棒が描かれています。

また、その上の白い小屋根のように見える部分も、うっすらと「白木の色」が残っていて、これも突き上げた戸板の可能性があります。

つまりこの屏風の天守周辺の窓は、最上階の華頭窓以外は、すべて「突き上げ戸」ということになりそうなのです。


試しに屏風全体を見渡しますと、他の櫓においても出格子窓は一箇所も無い、という事実に突き当たりますし、改めて新発見の屏風など、他の聚楽第天守の描写を点検してみますと、確認できる窓はどれも「突き上げ戸」と判るのです。

このように、聚楽第天守は“白壁に白木や黒塗りの突き上げ戸”という外観が基本であったらしく、現状で例えますと、今治城の櫓(上写真の左側)に最も印象が近かったのかもしれません。



<聚楽第天守の「金具」類は、姫路城の菱の門によく似たデザインが…>





一方、同様に最上階を拡大しますと、華頭窓などを飾った金具についても、細かく描写されていることが分かります。



金具類は二つ並んだ華頭窓の窓枠にも、長押の釘隠しとしても、さらに右側の開き戸の枠木(?)にも丁寧に施されています。

で、この金具の様子が、どうもあの門を連想させてならないのです。


姫路城 菱の門(華やかな格子窓と華頭窓、そして白い出格子窓も)


お馴染みの菱の門(重要文化財)ですが、これは創建が「桃山時代」とされていて、ご覧の華やかな意匠も当時からのものかどうか、詳しい史料を持ち合わせておりませんが、現状の金具類は“とにかく似ている”としか思えないのです。

ひょっとすると、個々の窓に散りばめられた小さな「桐紋」「菊紋」の配置やデザインまでも、聚楽第図屏風の描写とまったく同じなのでは、と見えるほどです。


―――と、このように見て来て、冒頭の平塚滝俊の「てんしゆ(天守)なともしゆらく(聚楽)のにもまし申候」という断定の、背後の事情がボンヤリと頭に浮かんで来て、それを反映させたのが冒頭からご覧のイラストなのです。




イラストの天守二重目にある「石落し用の張り出し」は、リポートの屋根の検討から導き出されたものです。

で、それに該当する部分を下の左右の屏風で確認しますと、二重目の中央部に横長の窓が描かれているため、これをイラストでは「菱の門」同様の格子窓として描きました。

肥前名護屋城図屏風/通称「名博本」と「群馬本」



で、改めて上下左右の4枚を見比べてみますと、外観上の個々の要素は同じなのに、組み合せ方が違う、といった感じではないでしょうか。


つまり聚楽第と肥前名護屋の天守の外観は、「白木と黒塗りの突き上げ戸」や「金具のデザイン」など、個々の意匠はパズルのような応用形になっていながら、肥前名護屋の方は下三重が同大という、大きさの印象だけが異なっていた―――

このことが平塚滝俊をして、両天守を直接に比較したうえで「まし申候」(上回っている)と言わせた原因だったのでは… と推理したわけです。










作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。