城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2012/05

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (260)



全エントリ記事の一覧はこちら

2012年5月
   
   

新着エントリ
城の再発見!「京の城」の伝統的な天守の位置 →聚楽第の「北西隅」はむしろ新機軸の異端か (9/16)
城の再発見!ポルトガル海上帝国と「川の城」岐阜城 →あえて「C地区」の構造的な欠陥を疑うと… (9/1)
城の再発見!フロイスの岐阜城訪問記には金箔の「瓦」とはどこにも書いてない (8/17)
城の再発見!どうして岐阜城で「織田系」金箔瓦が発見されないか (8/3)
続々・甲府城「天守」のゆくえ →金箔付きシャチ瓦も「徳川包囲網」の目印だったのか?… (7/20)
城の再発見!続・甲府城「天守」のゆくえ →再訪の直感、天守台「穴倉」の内側も“見られること”を意識している (7/8)
城の再発見!甲府城「天守」のゆくえ →躑躅(つつじ)ヶ崎館の天守台との関係はどうなっていたのか (6/25)
城の再発見!近世城郭の「完全否定」で籠城戦に勝てたのが熊本城か (6/12)
城の再発見!これもコンクリート天守の「魔力」がなせる技か… 熊本城天守のすばやい解体と復旧 (5/29)
城の再発見!目的地は“東アジアの下克上”か?…満洲族と日本の17世紀「新興軍事政権」 (5/19)
城の再発見!肥前名護屋城の出現と「小中華意識」に没入した李氏朝鮮の無反応 (5/4)
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)
城の再発見!「革命」は 信長→秀吉→三成 の三人で完成するはずだった? 時空を超えた<石田三成≒大久保利通>説 (9/27)
城の再発見!徳川家康の画期的な着眼か→ 四方正面(八棟造り)は平城の「求心性の自己表現」にもなる? (9/14)
城の再発見!ならば聚楽第チルドレンの筆頭・天正期の駿府城には「小天守」とともに大天守もあったのか (8/29)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (20)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)


アクセスカウンタ
今日:1,302
昨日:1,742
累計:2,145,711


RSS/Powered by 「のブログ

2012年05月24日(Thu)▲ページの先頭へ
城の再発見!黄鶴楼(こうかくろう)を笑えない!天守の意味の脱落






黄鶴楼(こうかくろう)を笑えない!天守の意味の脱落


――すでに築50年を越えた大型のコンクリート天守――

大阪城天守閣(築81年)       和歌山城天守(築54年)


広島城天守(築54年)        名古屋城天守(築53年)

小倉城天守(築53年)        熊本城天守(築53年)


この2〜3週間、どういう訳か、前回も申し上げた「コンクリート天守の木造再建」のことが頭から離れず、やや大仰に申しますと、これは今の世代に託された命題ではないのか? とも感じられてなりません。

で、いっそのこと、当ブログ独自に「木造再建の優先度ランキング」でも作ってご覧に入れようかと思ったものの、考えれば考えるほど、これは難解だ、ということが分かって七転八倒しております。


その最大の理由は、明治維新のとき天守の“大量絶滅”(封建主義の象徴の一掃)があったわけですが、それも言わば「我が国の歴史の声だ」と考えて尊重すべきなのか、またそれとは正反対に、現在の日本が再び(明治以来の中央集権から)分権社会に向かっている中で、改めて木造天守を“地域分権のモニュメント”として見直すのもいいのではないか、という二つの考え方に、まったく折り合いがつかないからです。


―――例えば前者の考え方ですと、明治に取り壊された天守(小田原城ほか)を確たる理由もなく再興することは歴史のねじ曲げになりかねず、むしろその後の昭和にアメリカ軍の空爆や原爆投下(という天守の歴史とは無関係な理由)で失われた七基の天守こそ、まずは最優先で木造再建すべきだということになります。

※七基の天守(被災順)=名古屋城、岡山城、和歌山城、大垣城、水戸城御三階、広島城、福山城


―――ところが後者の考え方ですと、破竹の勢いの官軍(明治新政府)に恭順し、いちはやく廃城願いを出して取り壊された、大久保家の小田原城天守など、合わせて三十数基にのぼる天守や御三階が、逆に、中央集権化に走った政治の犠牲者(スケープゴート)として見直されることにもなるでしょう。

―――そして奇妙なことに、この二つの考え方では、冒頭の写真の大阪城天守閣や小倉城天守、そして一昨年に話題になった江戸城天守などは、どちらにも含まれず、ランキングはずっとずっと下の方に位置づけられてしまうのです。


そこで今回は(収拾のつかないランキングは断念しまして)天守の焼失・再建・破却・復興をめぐる不可思議な歴史をザッと振り返り、何故そんなことになったのか、外国の事例とも比べながら申し上げてみたいと思います。



<保科正之(ほしな まさゆき)の腹芸?がもたらした、天守の意味の脱落>



江戸初期には天守が失われていた福岡城と江戸城


幕末にも天守があった会津若松城と松山城


上の2枚の写真のように、福岡城と江戸城はともに江戸初期に天守が失われましたが、その原因は大きく違うものでした。

元和6年(1620年)、ご承知のとおり黒田長政(くろだ ながまさ)が将軍・徳川秀忠に「徳川の世は城もいらないので天守を崩しました」という意味の言上をし、居城・福岡城の天守を進んで取り壊したと言われます。

これは、当サイトの第一弾リポートの最後でも申し上げたように、天守は本来、徳川幕府の治世とは水と油の関係にあるという本質を、長政が熟知していたからこそ行えたスタンドプレーではないでしょうか。

と申しますのは、徳川幕府は、各藩が天守を統治の象徴として代々受け継ぐことは許すものの、例えば、藩主の代替わりや国替えの度に新しい天守(=革命記念碑!)がボコボコと新造(造替)されるような事態は、断じて許さない、という基本姿勢があって、そういう“幕府の意”を長政が大仰に解釈してへりくだってみせたのではないかと…。


そして一方の江戸城天守は、明暦(めいれき)の大火で焼けると三代将軍・家光の弟・保科正之が「軍用に益なく、唯観望に備ふるのみなり」と進言して、以後、再建されることはありませんでした。

正之の進言がじつに意味深長だと思うのは、天守は確かに「軍用に益なく」かもしれませんが、政治的な効果はたっぷりと含んだままであり、その証拠には、正之自身の居城・会津若松城の天守はしっかりと幕末まで存続し、親藩や譜代が封建体制の中で 徳川将軍を支える姿勢を示し続けたことからも間違いないように思われるのです。

つまり正之は「徳川将軍はもはや巨大な天守で諸大名を威嚇する必要はない」と進言しただけであって、それ以後、徳川将軍家の大坂城や二条城の天守が焼失すると再建されなかったのに対し、再建されたのは徳川御三家や松平家・大久保家・池田家・中川家の天守と御三階(松山城ほか)だったのです。


高取城へ登る道/山中の石垣


ところが保科正之の進言と幕府の治世は予想以上の効果をもたらし、やがて日本人すべてに「天守とは何だったか」をボンヤリ分からなくさせてしまったようです。

例えば明治時代の“大量絶滅”で最後に取り壊された天守は高取城の御三階で、明治6年の廃城令で「廃城」と決まりながらも明治24年(1891年)まで残り、それはただ標高580mの山頂にあったために取り壊しが面倒だったらしく、したがって当時、天守は政治的にはとうに“捨て置いて構わないもの”に成り下がっていたようです。

ということは、保科正之の進言から高取城の破却まで、二百三十年あまりの時をかけて、天守はゆっくりと「その意味が脱落していった」のだと思えてならないのです。



<いわゆる歴史主義建築とも違う、分類不能?のコンクリート天守が登場>



さて、その後、世界では19世紀から20世紀初めにかけて「歴史主義建築」の建設が流行し、これにはパリのオペラ座やベルリンの国会議事堂、日本の初代の歌舞伎座などが含まれるそうです。

これらは劇場や議事堂などを建てるとき、それに似合った時代の様式を施主や建築家がチョイスして建てた、ということらしく、今回の話題のコンクリート天守のように(あえてストレートに表現するなら)特定の××城天守にそっくりな外観の展望台や資料館を、その故地に建ててしまった、というケースとは訳が違うようなのです。

となると、コンクリート天守というのは、なかなか世界的にも類似の有名建築が見当らない特殊な存在みたいで、あえて一番よく似た建物を探すと、今は中国の「黄鶴楼」あたりになるのではないでしょうか?


世界で一番よく似た建物? 湖北省武漢市のコンクリート造「黄鶴楼」


有名な黄鶴楼は有史以来、1700年あまりの間に何度も焼けて建て直され、先代の清の時代のものも1884年に火災で焼けたことを踏まえて、ちょうど百年後(1983年)に現在の建物がコンクリート造(エレベータ付)で登場しました。

正直に申しまして、何度も建て直したこと自体が“かの国の誇るべき歴史”なのに、現代中国人の「燃えないからいい」という感覚はやはり何かに毒されている証拠であり、異様だと思うものの、少し見慣れて来ると、つい最初の違和感を忘れてしまうのがなんとも恐ろしい限りです。


―――で、これとほぼ同じことが、昭和から平成にかけて、我が国の主要都市の中心部で繰り広げられたわけで、当時の復興天守の位置づけを市史で確認しますと、明らかに「地域振興のための観光開発」であり、文化行政とはお門(かど)違いであったことが分かります。


和歌山市史より→「昭和二十五年頃から話題になっていた和歌山城の再建が実現」「和歌浦・加太友ケ島地区と合わせて」「紀勢本線の全通を契機に一層の観光客誘致を」

広島新史より→「産業博を大々的に行い、郷土産業の振興を」「広島城あとに天守閣の復原が決定、第3会場に追加された」

名古屋市史より→「この年の名古屋まつりは名古屋開府三五〇年、市制施行七〇周年に加え、名古屋城再建完成といった三重の意味で、名古屋の発展を祝う盛り沢山の行事が企画されていた」



という状態ですから、役所内の建設発注の担当部署も、おそらくは産業振興とか観光とか土木・公園というセクションであったことは疑いようもありません。

要するに、歴史的に意味が脱落していた「天守」は、もう外見さえそれらしく造ればOKな、公共の施設(建築基準法に基づくビル建築)でもよかったのでしょう。


外観復元した和歌山城天守の開館を待つ人々(昭和33年1958年/和歌山市史より)


そして当時、全国のコンクリート天守が参考にしたのは大阪城天守閣だったという点は、かなり重要なポイントを占めているのかもしれません。

いまや築81年、現役最長老のコンクリート天守・大阪城天守閣は、渡辺武・元館長の著書『大阪城話』によれば、役所内の所管部署がグルグル移り変わったそうで、その理由は、開業したては「展望台効果」で観光客を吸引したものの、その後、高度成長期に歴史資料の収集に力を入れて、約8000点を所蔵する「歴史博物館」として路線転換したことが大きかったそうです。

じつに先見の明というか、罪つくりというか(失礼)、大阪城天守閣はひじょうに特殊な成功事例だったわけで、それを後から追いかけた全国のコンクリート天守は(各県に専門の歴史博物館が出来たため)ハシゴを外された格好になり、そのままゆっくりと今日まで老朽化が進んで来ているのです。



<地産地消の木造化をめざす「小田原モデル」とは>



そこで「小田原 城普請会議」の皆さんの手法が俄然、注目されそうです。

小田原の木造化のポイントは「地産地消」だそうで、今後もし計画が進むなら、近隣地域の木材を使いながら、具体的には現存の松江城天守のように複数の材を束ねて太い柱にするそうですが、それでも天守の脱落した“意味”を何か取り戻せるのかもしれません。

と言うのも、伊勢神宮の式年遷宮ではありませんが、そうした地元の長い持続的な裏づけこそ、意味不明の「天守閣もどき」を脱する、歴史的な第三の道かもしれないと感じるからです。








作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。




2012年05月07日(Mon)▲ページの先頭へ
城の再発見!続・西ノ丸天守――詰ノ丸に天守を上げないスタイルの原型か






続・西ノ丸天守――詰ノ丸に天守を上げないスタイルの原型か


小田原城天守閣(鉄筋コンクリート造/昭和35年竣工)


じつは先月7日、小田原で行われた「小田原城 木造化を考えるシンポジウム」に私も出掛けまして、思いのほか、単なる復元以上の、大きな問題提起を感じました。

シンポジウムのフィナーレ、地元職人による木遣り唄(きやりうた)の様子


シンポジウムは小田原の老舗のカマボコ屋・まんじゅう屋・魚屋の三人の若主人が立ち上げた「小田原 城普請会議」の主催だそうで、平成27年度までに耐震改修を迫られた小田原城天守閣にかなりの費用(7億〜15億円とも)を使うのなら、いっそ木造化の可能性を探ってみよう、という趣旨でした。

会場には小田原市長も挨拶に駆けつけ、主たる眼目は「木造化」ということで木造建築業者もチラホラ参集し、その他大勢の城郭ファンが集まった中で、ゲストの有名棟梁らがスピーチをしたわけですが、主催者側の背景にあったのは <コンクリート天守を抱えた市民のジレンマ> とでも言うべきものだったように感じました。

で、今回は本題の前に、このコンクリート天守の件について一点だけ述べさせて下さい。



<話題の名古屋城天守の木造再建「342億円」は本当に高いのか?>



東京駅丸の内駅舎/言わば“屋根の改修”なのに総事業費500億円!!

(画像:JR東日本より)


天守の木造化と言えば、最近、名古屋城天守は「342億円かかる」「工事に12年かかる」というニュースが流れて、(掛川城11億、大洲城16億、小田原城48億円予想などに比べても)さすがに高い、という世間の反応がありましたが、報道のポイントは「それに対して現状のコンクリート天守は6億4000万円だった」と、さも河村たかし市長の暴走ぶりを訴えるような論調でした。

ですが私なんぞは、どうもそこに、原子力発電は安いのか高いのか、という情報操作にも似たニュアンスを感じた口です。

と申しますのは、今年いよいよ完成する東京駅丸の内駅舎は、もちろん現代の工法による復元改修ですが、免震工法やら三階増築やらで費用がかさみ、JR東日本はその500億円をいわゆる「空中権」の売買で調達したと言います。


名古屋城天守の場合、そんな妙案があるのかどうか分かりませんが、この先、築53年の建物がいよいよ限界を迎える30〜40年後に、やむなくコンクリートで建て替えるはめに陥った時、一体いくらかかるのか?(=ゼネコンがいくらフッかけて来るのか?)という、ちょっと空恐ろしいシミュレーションも、公平な判断を下すためには、今のうちに下調べしておくべきではないでしょうか。

このままでは、建て替えの場合でも、免震工法とかハイブリッド木造とか色々な施策が求められ、結局は342億円どころではない、超豪華なコンクリート天守に「イエスかノーか」という選択(情報操作)に追い込まれやしないかと気がかりです。


詰まるところ、戦後日本の映し鏡のような、地域振興と費用対効果の申し子「コンクリート天守」の見えざる壁を打ち破るには、単なる復元以上の工夫が必要なのかもしれません。

「小田原 城普請会議」の皆さんには是非ともその突破口を開いていただきたいのですが、シンポジウムの印象としては、私はあの「木遣り唄」が良かったように思われ、こういう「木の文化」に関わる問題では、どんなに理詰めで話をするより、ああいう唄が日本人の魂を揺さぶるのだと感じ入りました。

―――で、そもそも小田原という地は、関東における“古城観光都市”に変貌できる潜在力(歴史的な三つの城…北条氏の戦国小田原城、豊臣秀吉の石垣山城、徳川による近世小田原城)を秘めたラッキーな街だと思うのですが。



<続・西ノ丸天守――詰ノ丸に天守を上げないスタイルの原型ではなかったか?>





さて、話はガラリと変わって、前回も登場した豊臣大坂城の西ノ丸天守に関してです。

この建物の詳細は一切不明である(小規模だという証拠も無い)ものの、独特な立地の手法だけは、のちの天守に若干の影響を残したように見えます。




と申しますのは、時期的にそれ以降になって、天守をあえて詰ノ丸(最高所)よりも一段低い曲輪に設けた例が、いくつか登場したことになりそうだからです。

(※これは当サイトが申し上げて来た仮説に照らしますと、天守の発祥には、織豊城郭の求心的な曲輪配置の頂点にそれが誕生した、というストーリーが欠かせず、その点では「一段低い曲輪」はゆゆしき?重大事件なのです)



伊賀上野城の絵図(ウィキペディアより/当図は上が北)


ご存知、藤堂高虎が改築した伊賀上野城は、図の中央の本丸左側(西側)の高石垣が印象的です。


(高田徹「上野城」/『戦国の城 近世の城』1995年所収より)

上野城の最大の見所は、本丸西面に構えられた高さ二〇m余の石垣である。ところで、この石垣は本丸西面にしか築かれておらず、他の本丸周囲はいずれも切岸(きりぎし)のみで防御されている。
天守台は本丸の西寄りに築かれ、小天守台を備えたものであるが、城内中の最高所は本丸東端の城代屋敷の曲輪である。城代屋敷は、筒井氏時代の本丸といわれるが、その最高所を外してわざわざ西面の高石垣寄りに天守台が構えられている
これは、西の大坂方面に防御を周到にしたというより、むしろ視覚的に威圧度を高めようとした面が大きかったと思われる。



高石垣ごしに見た復興模擬天守(現存の天守台の上に建設)


高虎が何故この位置に天守を移したかについては、特段の理由も伝わっていないようで、そこで高田先生の指摘のように、高石垣との関連で理由を推測するしか手がないようです。

ただしここで、問題の西ノ丸天守を含めて考えた場合は、そういう発想のそもそもの原点… 天守は必ずしも最高所でなくても良いのだ、という前例の打破(新機軸)を西ノ丸天守が果たしていた、と考えることも出来るのではないでしょうか。

(※この伊賀上野城の場合は、何故か「西」も共通していますが…)


その他の類似のスタイルとしては、徳島城や鳥取城は山頂の本丸から山腹の曲輪に天守が移る形になりましたし、萩城は初めから山頂の詰ノ丸ではなく山麓の本丸に天守を築き、そして加納城や水戸城の「御三階」は本丸を避けて二ノ丸に設けられましたが、これらのうち、西ノ丸天守より以前にさかのぼる事例はありません。

そして何より、これらの中では、他の参考例になるような強烈な存在は「西ノ丸天守」の外に無さそうです。

それを豊臣の旧臣・徳川の譜代を問わず、様々な大名が参考にしたのは、ひょっとすると <徳川家康の天下獲りにちなんだ天守の位置> だという暗黙の了解が、諸大名の間に広まっていたからではないのでしょうか??



<毛利家の萩城天守も似たような位置にあるが…>



毛利輝元(もうり てるもと)の肖像(毛利博物館蔵/ウィキペディアより)


さて、そうは申しましても、関ヶ原戦の西軍総大将にかつがれ、戦後に所領の六ヶ国を失った毛利輝元が、新たな居城・萩城でまさか <家康の天下獲りにちなんだ天守の位置> を採用したと早合点するわけにも行きません。

輝元にとって西ノ丸天守は、まったく別の意味で、忘れることの出来ない天守だったのではないでしょうか。


萩城の現存天守台(右側背後の指月山の頂上が詰ノ丸)


関ヶ原合戦の三ヶ月前、家康が東軍を率いて上杉討伐に向かうと、豊臣三奉行の一人・増田長盛(ました ながもり)が、大坂入りした輝元をさっそく豊臣秀頼に会わせ、家康のいない西ノ丸の守備を要請した(『一斎留書』)と言います。

そんな長盛の底意には、この頃、「西ノ丸」という曲輪が、前年に北の政所が家康に明け渡したあたりから、豊臣政権の事実上の「政庁」と化していた事情がありそうです。


例えば一味の安国寺恵瓊(あんこくじ えけい)は、輝元と毛利勢の大坂入りは「大坂城西ノ丸の留将よりの要求である」と、反対する吉川広家(きっかわ ひろいえ)と激論を交わしたと記され(『吉川家文書』)、したがって西ノ丸はそうした指令の発信地であったことになります。

またその広家の起請文においても「輝元が豊臣奉行衆の申し出に任せて西ノ丸に罷り上がったのは秀頼に対する忠義と考えたからだ」という意味の文面があるそうで、輝元が(家康に代って)西ノ丸に入ることは、言わば豊臣政権の「執権」職に新任されたかのようなニュアンスを帯びていたようです。


そしてご承知のとおり、輝元は御輿(みこし)にかつがれやすいタチなのか、西ノ丸にいた三ヶ月間、関ヶ原戦に向けて様々な指示(瀬田の防御陣地、津城攻略の督励、四国の藤堂家・加藤家領地の撹乱など)を精力的に発しながらも、自ら出陣することはなく、結局、関ヶ原の敗戦や毛利家の所領安堵、秀頼と自らの地位の保証を知らされると、あっけなく西ノ丸を退去してしまいました。

で、昭和の戦時中に毛利家の三卿伝編纂所がまとめた『毛利輝元卿伝』には、西ノ丸を退去した輝元と家康について、こんなふうに書かれています。(文中の「卿」は輝元のこと)


(渡辺世祐監修『毛利輝元卿伝』1957年刊より)

卿に代って新に大坂城西丸に拠った家康は俄然 強硬態度を以て卿に臨み、且つ毛利氏分国安堵の誓約を反故にするに至った。
これ家康が今や秀頼を擁して大坂の金城湯池に拠り、卿とその地位を代へたゝめに最早 卿を憚(はばか)る必要なきに至ったため、俄(にわ)かに従来の温和なる態度を一変したのである。



どっちもどっち、という感じはしますが、毛利家の史料を総覧して書かれたこの本の言いようには、毛利家の先祖たちが見た豊臣大坂城や西ノ丸の印象(魔力?)が浮き彫りになっているのではないでしょうか。

そしてそこには、どこかしら輝元の心象も含まれていて、歴史の厚いフィルターの向こう側に、西ノ丸天守の残像を探し出せるのではないか… などという余計な想像力が働いてしまうわけなのです。

ご覧の風景には、ある原型があったのではないかと。











作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。