城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2012/06

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (254)



全エントリ記事の一覧はこちら

2012年6月
         

新着エントリ
城の再発見!甲府城「天守」のゆくえ →躑躅(つつじ)ヶ崎館の天守台との関係はどうなっていたのか (6/25)
城の再発見!近世城郭の「完全否定」で籠城戦に勝てたのが熊本城か (6/12)
城の再発見!これもコンクリート天守の「魔力」がなせる技か… 熊本城天守のすばやい解体と復旧 (5/29)
城の再発見!目的地は“東アジアの下克上”か?…満洲族と日本の17世紀「新興軍事政権」 (5/19)
城の再発見!肥前名護屋城の出現と「小中華意識」に没入した李氏朝鮮の無反応 (5/4)
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)
城の再発見!「革命」は 信長→秀吉→三成 の三人で完成するはずだった? 時空を超えた<石田三成≒大久保利通>説 (9/27)
城の再発見!徳川家康の画期的な着眼か→ 四方正面(八棟造り)は平城の「求心性の自己表現」にもなる? (9/14)
城の再発見!ならば聚楽第チルドレンの筆頭・天正期の駿府城には「小天守」とともに大天守もあったのか (8/29)
城の再発見!毛利輝元らは聚楽第で天守を見ていなかった!? とすれば… 広島城天守をめぐる“ぬぐえぬ疑問” (8/15)
城の再発見!最上階にやはり白鷺(しらさぎ)の絵 → 問題の層塔型「御三階」の構造を推理する (8/2)
城の再発見!後継者・秀次の墓穴(ぼけつ)――最大の過失は、洛中に強固な「城」を築いてしまったこと?? (7/15)
城の再発見!異例の側室・摩阿(まあ)姫が住んだ「京都天主」「聚楽天主」の正体 (7/4)
城の再発見!40m四方の天守台!? →『聚楽第図屏風』には天守が描かれていないのかもしれない… (6/20)
城の再発見!驚嘆、信長の「天下」観念は今日にも通じているのか… (6/9)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (14)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)


アクセスカウンタ
今日:2,917
昨日:2,808
累計:1,999,458


RSS/Powered by 「のブログ

2012年06月19日(Tue)▲ページの先頭へ
城の再発見!続「商人兵」…地中海ローマ帝国も常備軍で維持されていた






続「商人兵」…地中海ローマ帝国も常備軍で維持されていた


まずは冒頭にて、お陰様で累計50万アクセスを超えましたことを厚く御礼申し上げます。


(※当図は藤田達生『信長革命』2010年に掲載の図を参考に作成)

さて、前回ご覧いただいたこの地図に、その後の織田信長のすべての天守の位置をダブらせてみたら、どうなるのだろうか??…という興味は勿論あって、早速やってみたのが次の図です。



(※「内陸部」「海寄り」「海辺・湖畔」の定義は2011年度リポートの図と同様)


ただ、ここでお断りしておきますと、この類の地図(信長時代の天守を網羅した地図)は世上に殆ど存在しないようで、それは当然の如く「最初の天守はどれか?」という難題中の難題に迫らざるをえない、という事情があるからでしょう。

―――で、当ブログは、そんなデンジャラスな地雷原に足を踏み込む自信はありませんので、ご覧の地図はあくまでも、天正10年「本能寺の変」当時の様子として、少しでも可能性のある天守を(かなり積極的に)挙げてみたものです。

(※したがって当図はすでに石山本願寺が退去した後の状態で、大坂城には丹羽長秀が入り、当ブログの仮説の長秀在番天守 →記事 があったという想定です)

当図は仮説の仮説であることをご了解のうえでご覧いただきますと、天守の位置だけで申し上げれば、みごとに藤田達夫先生の持論(…信長政権は「黎明期の海洋国家」等々)のとおりに配置されて行ったように見えます。


(藤田達夫『信長革命 「安土幕府」の衝撃』2010年より)

信長が意識した海洋国家とは、港湾都市の流通と平和を保障することで租税を集積し、その卓越した資本力で兵農分離を遂げた強力な軍隊を組織して商圏をさらに広げてゆくことに本質をもった。まさに父祖譲りの発想なのだ。
やがては、琵琶湖に面する安土に本拠を移し、伊勢海に加えて日本海と瀬戸内海という三つの海を支配し、東アジアの外交秩序の再編を意識した本格的な改革を推進してゆくのである。いうまでもないが、この延長に秀吉の対外出兵は位置づけられる。





そしてご覧のように、細かく配置を見ますと、内陸部の天守の多くが大坂城(旧・石山本願寺)を包囲するため、東側からグルリと並べられたことも明白のようです。

つまりそれだけ、大阪湾(瀬戸内海)に出ることは信長の悲願だったことがうかがわれ、どうやら信長は日本海側の天守の建造をそっちのけにして、石山本願寺の包囲に血道をあげていたらしく、これが完成し大坂を獲得してしまうと、「もはや畿内に敵はいない」と思わず慢心したのもうなずけるような配置なのです。



お馴染みの「ラストサムライ」ならぬ「The Last Legion」のローマ兵

※コリン・ファース(左)主演/日本未公開作/時代設定は以下の話よりずっと後の時代


さて、唐突にこんな写真をお見せしたのは、前回から海辺の天守群と「兵商」の関係について申し上げて来ましたが、<版図の拡大と兵農分離>という問題は、そうとうに古い歴史のあるテーマだと言えそうだからです。

例えば地中海の一都市国家だった古代ローマは、拡大と内乱を経て、皇帝アウグストゥスの時代に約30万の「常備軍」を備えることになったそうです。


地中海を介して拡大した古代ローマ帝国/紀元前27年までの版図



(ゴールズワーシー『古代ローマ軍団大百科』池田裕ほか訳より)

領土の拡張が進むにつれ、戦闘はますますイタリアから遠く離れた地で行われるようになり、被征服地に大規模な駐屯軍を置く必要が生じた。市民軍体制ではこうした新しい状況に対応しきれなかった。


(阪本浩『ローマ帝国一五〇〇年史』2011年より)

長期的にみて大きな問題は、一都市国家の体制から、地中海世界を支配するにふさわしい体制への転換である。
第一に、遠方の海外属州を支配し防衛するためには常備軍が必要であった。市民軍、すなわち、農地に戻らなければならない中小農民の徴兵制では、これは無理だった。
第二に、新しい社会層が形成されていた。何よりも属州支配は、資本家のチャンスを拡大していた。
(中略)ローマの富裕層のなかでも、元老院議員とならずに経済活動に専念した資本家たちは「騎士」と呼ばれるようになる。


古代ローマの軍制の変化についての一節ですが、特に二番目の阪本先生の文章は、どこか織豊政権の武将らのことを言っているかのようなニュアンスを帯びていて、ちょっと驚いてしまいます。

例えば滝川一益や羽柴秀吉、蜂須賀正勝や小西行長といった武将らを思うと、彼らの出現と織豊政権の版図の急拡大(その結果の天下再統一)は、言わば“同じエネルギー”が働いていたように感じられてなりません。

―――彼らのような「常備軍」の自律的なダイナミズムを野放しにすることが、即、版図の拡大につながっていて、それを信長は(表面は高圧的でいながら)密かに欲したのだと…。


ではその起点になった、信長自身の「海洋国家」への関心はどこから来たのだろうか、という点については、前出の藤田先生は「父祖譲りの発想」なのだとおっしゃっています。


(前出『信長革命 「安土幕府」の衝撃』より)

かつて父信秀が、山科家などの京都の公家との交流をもち、朝廷や伊勢神宮へ何千貫文もの大金を献金しえたのは、津島や熱田といった有力港湾都市を掌握したことに求めることができるからである。
商人たちの保護への反対給付として、租税を銭貨で徴収したと考えられる。したがって信長の経済力も、父譲りの銭貨蓄積によるものだったとみてよい。



確かに時系列的に考えますと、この指摘のように、信長の海洋国家への関心は父・信秀の代からの織田家の環境が育んだとするのが妥当のようで、文献史料からたどれる「答え」はそれ以外に無いのかもしれません。





でも、誠に、まことに勝手な空想で恐縮なのですが、例えばルイス・フロイスら宣教師は、信長との長時間にわたる会見の中で<地中海ローマ帝国>の話はしなかったのでしょうか。

と申しますのも、古代ローマ帝国こそ、キリスト教が世界宗教に飛躍できた踏み台でもあったことはご承知のとおりで、フロイスがバチカンの法皇云々、イエズス会の発足云々の話をしていくうえで、ローマ帝国の説明は避けて通れなかったように感じるからです。

つまりフロイスらの口から出た<地中海ローマ帝国>の話が、海洋国家への熱情、そして常備軍(兵商の活用と兵農分離)や方面軍の編成という織田軍の核心部分について、信長の意を深めた「ダメ押し」になっていたのではないか…

などという空想中の空想に、私なぞは心がザワついてしまうのです。







作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。




2012年06月06日(Wed)▲ページの先頭へ
城の再発見!版図拡大は農民兵ならぬ「商人兵」の独壇場だったか






版図拡大は農民兵ならぬ「商人兵」の独壇場だったか



※左図は中井均先生の論考(『城と湖と近江』等)を参考に作成

2011年度リポートでは豊臣時代の<海辺の天守>群について、それらは織田信長が琵琶湖に築いた「城郭ネットワーク」を踏まえながら、広く東アジアの制海権をにぎるため、豊臣秀吉の構想に沿って諸大名が築き始めたものではなかったか… という仮説を申し上げました。

で、そうした“秀吉の構想”を育んだ舞台が、じつは琵琶湖のはるか以前の、まだ信長が尾張を統一したばかりの頃(…秀吉が織田家に仕え始めた前後)に、すでに尾張の港湾都市「津島」で芽生えていた可能性が、何人かの先生方の指摘から推測できそうなのです。

そこで今回は「兵商」(商人兵)というキーワードを軸に、信長や秀吉の版図(制海権)拡大の力学について、少々補足させていただこうと思います。



<尾張随一の河口湊をもつ、尾張第二の商工街・津島>





(小島廣次「秀吉の才覚を育てた尾張国・津島」/上記書1997年刊所収より)

勝幡(しょばた)系織田氏は、信長の祖父、信定の時代から津島を領土化し、同織田氏にとって津島はいわばホームグラウンドそのものだった。
(中略)
『信長公記』巻首には、永禄四年(一五六一)の西美濃墨俣(すのまた)・森部(もりべ)合戦の功績者として四人の名前があげられているが、このうち三人が津島衆で占められていた。これは偶然ではなく、信長の戦力の中核が津島衆で占められていたとみるほうが自然だろう。
(中略)
彼らは信長の家臣には違いないが、必ずしも武家というわけではなかった。津島にあっては商人であり、それでいて信長の家臣として実際にあちこちの戦場へ行っている。(中略)津島衆はこの兵農ならぬ「兵商」だったことになる。



(※上記書に掲載の図を参考に作成)


上の表紙の本をご覧になった方も多いかと思いますが、その中でも、私なぞは小島先生の論考がいちばん興味深く、と申しますのは、それまで織田兵の強さの源泉は「兵農分離(専業兵士)だ」と盛んに言われて来たことと、ちょっと話が違って来た印象があったからです。

小島先生の文章からは、津島とは、信長にとって後の「堺」にも劣らぬ存在だったように感じられて来て、その「兵商」と秀吉の関わりについては、こうも指摘されています。


(前出「秀吉の才覚を育てた尾張国・津島」より)

信長の多くの家臣のなかで、早い時期から津島と密接な結びつきをもっていた人物が秀吉以外に見当たらないことなどからすると、秀吉は信長家臣団のなかで、「津島担当」だったと考えられる。


なんと、秀吉はここで「兵商」(言わば「商人兵」)と深く結託できたことになり、そういう立場からは、例えば川並衆を率いていた蜂須賀小六との関係性もふくらみそうで、秀吉の躍進の原動力はここにあったか!という印象でした。

一方、信長の大戦略における津島(伊勢湾)の位置づけについては、近年、藤田達生先生がさらに広い視野から見た持論を展開しておられます。


(藤田達生『信長革命 「安土幕府」の衝撃』2010年より)

信長は、上洛戦の前提として永禄十一年(一五六八)二月に北伊勢に侵攻し、三男信考を河曲(かわわ)郡の神戸氏の、実弟信包を安濃郡の長野氏の養子とし、さらに一族津田一安を伊勢を代表する港湾都市・安濃津(三重県津市)に置いた。(中略)
信長にとって伊勢の掌握は、東海道をはじめとする東国と京都を結ぶ大動脈としてばかりか、関東への足がかりとなる太平洋海運を押さえることを意味した。
同国には、桑名(三重県桑名市)・安濃津・大湊(三重県伊勢市)に代表される東海−関東を結ぶ太平洋流通上の有力港湾都市があったからだ。




(※同書掲載の「環伊勢海政権ネットワーク概念図(天正3年)」を参考に作成)


藤田先生はこの本の中で、岐阜からやがて安土に居城を移す信長は、すでに天正3年頃には、上図のような広域の流通網を構想していたのだと強調されています。


(前出『信長革命 「安土幕府」の衝撃』より)

この時期に地域支配拠点となった神戸城・安濃津城・田丸城は、いずれも伊勢海を意識した沿岸部に立地した。
これは、のちに信長が安土城を中心として琵琶湖沿岸に大溝城・坂本城・佐和山城・長浜城などの城郭を配置したことの直接的な前提とみなすことができる。
(中略)
そしてこの政権は、萌芽的ではあるが、舟運に依拠した重商主義政策を中核とする海洋国家としての本質をもつものであった。筆者は、他の戦国大名との最大の相違はここにあるとにらんでいる。


以上のように、津島の「兵商」を手ごまに躍進を始めた信長と秀吉らが、同じメカニズムをフル稼働させて版図を拡大した様子が見えて来そうですが、そう言えば、あの教団も、「兵商」で隆盛を極めたのではなかったか――― という不思議なめぐり合わせ(衝突)もあったのです。



<凄惨な殺戮戦、一向一揆攻めは「商人兵」どうしの生き残り戦??>



以前の記事(→ご参考)でも申し上げたとおり、一向宗(本願寺)はたいへん富貴な教団であり、その勢力の実態も「兵商」の類だったようで、となると、信長軍と一向宗門徒の戦いは“兵商どうしのサバイバル戦”だったのかもしれない、と思われて来るのです。


(武田鏡村『本願寺と天下人の50年戦争』2011年より)

一向宗徒による一揆を一向一揆というが、その主体はこれまでいわれてきたような土地に定着する農民ではなく、交易を行う馬借(ばしゃく)や船乗り、さらに各種の職人、商人、そして本願寺につながる坊主などであった。(中略)
極端にいえば本願寺は一坪の土地も所有していないにもかかわらず、莫大な資産を持っていたが、それは門徒からの献金があったからである。


そして天正2年に迎えた長島一向一揆攻めの最終決着は、冒頭の「津島」からは目と鼻の先の、わずか10kmほどの地点で起きた惨劇でした。





(前出『本願寺と天下人の50年戦争』より)

伊勢長島の門徒は、顕如の曾祖父の蓮淳(れんじゅん)が長島御坊といわれる願証寺(がんしょうじ)を開いて以来、木曽川・長良川・揖斐(いび)川の各流域で生活する人々の信仰を集めて、一大勢力になっていた。
河川に囲まれ、伊勢湾に面する長島は、領主の介入と物品の徴発を拒み続けた「河内(かわち)」といわれた寺内町である。当然、伊勢にも勢力を伸ばそうとする信長の介入も拒絶していた。



こうした一向宗の教団としての性格と、ここまでご覧いただいた信長の大戦略とを(下図のように)突き合わせてみますと、信長は「敵対する兵商」が自らの流通網の要所要所(長島と越前!)にしっかり根をはっていることに我慢ならなかったのではないか… とも思えて来るのです。

(※一方、法主らの本拠地・石山本願寺は“和議による退去”で決着している)






<その頃、セブ島に上陸したコンキスタドール(征服者)の正体も…>




(※右写真はレガスピの銅像/ウィキペディアより)


さて、最後に余談ですが、信長が伊勢方面に進出していた永禄8年1565年に、スペイン人のコンキスタドールの一隊が、太平洋を渡ってフィリピン諸島(セブ島)に上陸しました。

わずか数百人の部隊を率いたのは、ミゲル・ロペス・デ・レガスピ。

彼は広大な植民地領「ヌエバ・エスパーニャ」の首都メキシコシティの市長(!)だった人物であり、香辛料の新たな交易路を開拓するため、まもなく騙(だま)し討ちでマニラを陥落させました。

これも言うなれば「兵商」の私兵部隊が世界地図を塗り変えてしまったわけで、こうした投機的で(利潤のリターンを急ぐ)性急な勢力の拡大は、兵商の得意技だったのではないでしょうか。


そして我が国でも、徳川幕府が改めてその恐ろしさに気づいたのか、自ら兵商分離を進める形になりました。

ということで、江戸時代の有名な身分制度「士・農・工・」という序列に込められた、武家政権の“本音”がなんとも気になって仕方がないのです。







作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。