城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2012/07

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (249)



全エントリ記事の一覧はこちら

2012年7月
       

新着エントリ
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)
城の再発見!「革命」は 信長→秀吉→三成 の三人で完成するはずだった? 時空を超えた<石田三成≒大久保利通>説 (9/27)
城の再発見!徳川家康の画期的な着眼か→ 四方正面(八棟造り)は平城の「求心性の自己表現」にもなる? (9/14)
城の再発見!ならば聚楽第チルドレンの筆頭・天正期の駿府城には「小天守」とともに大天守もあったのか (8/29)
城の再発見!毛利輝元らは聚楽第で天守を見ていなかった!? とすれば… 広島城天守をめぐる“ぬぐえぬ疑問” (8/15)
城の再発見!最上階にやはり白鷺(しらさぎ)の絵 → 問題の層塔型「御三階」の構造を推理する (8/2)
城の再発見!後継者・秀次の墓穴(ぼけつ)――最大の過失は、洛中に強固な「城」を築いてしまったこと?? (7/15)
城の再発見!異例の側室・摩阿(まあ)姫が住んだ「京都天主」「聚楽天主」の正体 (7/4)
城の再発見!40m四方の天守台!? →『聚楽第図屏風』には天守が描かれていないのかもしれない… (6/20)
城の再発見!驚嘆、信長の「天下」観念は今日にも通じているのか… (6/9)
城の再発見!話題の「旧二条城」と岐阜城と小牧山城の“合体形”として安土城は出来上がった? (5/25)
城の再発見!続々・信長の「天下」――安土城天主は天皇の行幸殿の上にそびえ立ち、見おろしていた、とする見方の多大な影響 (5/10)
城の再発見!続・信長の「天下」とは――せっかく築いた小牧山城と城下をなぜ4年で捨てたのか? (4/25)
城の再発見!信長の「天下」とは――いつごろまで「天下布武」印を使ったのか?という素朴な疑問から (4/11)
城の再発見!続・豊臣大坂城天守も階段群が2系統 →「2系統なのは何階までか?」で各天守を区分すると… (3/29)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (9)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)


アクセスカウンタ
今日:280
昨日:2,692
累計:1,898,091


RSS/Powered by 「のブログ

2012年07月31日(Tue)▲ページの先頭へ
城の再発見!「階段橋」から安土城天主の階ごとの性格は推理できるか






「階段橋」から安土城天主の階ごとの性格は推理できるか




前回イラストにもちょっと描き込みましたように、安土城天主と伝本丸や伝二ノ丸などの間には、廊下橋の類がタコ足のように伸びていただろうと、かねてから当ブログで申し上げて来ました。

ただ、その「仮称」については、記事の中で色々と混乱がありました。

と申しますのも、ずっと以前の記事では、伝二ノ丸を「表御殿」跡地とする先生方の指摘に準じておりまして、その後、伝二ノ丸はむしろ「奥」にあたる後宮や庭園があった曲輪ではないのか… と考えを改めて、記事づくりや作図を行って来た経緯があるからです。


図右側の伝二ノ丸を「表御殿」跡地としていた頃の作図

(※当図は上が南/→該当記事1 記事2 記事3

織田信長が銭を投げた話から推理した、主郭部の使い分け/伝二ノ丸は「奥」にあたる

※当図は上が北/御殿の配置は当時の諸説を勘案したもの/→該当記事


このような試行錯誤を経て来たため、このあたりで、「廊下橋」の混乱した仮称だけでも整理して訂正させていただこうと思うのです。



先ほどご覧いただいた図

↓    ↓    ↓
今回の訂正版



まず用語についてですが、ご覧のような廊下橋の類は、一般に渡廊(わたろう)とか登廊(のぼりろう)、登渡廊、廊橋、また名古屋城では引橋、盛岡城では百足橋(むかでばし)、御所では長橋廊など、細かな違いや場所によって様々な呼び方があるようです。

以前の作図ではそれらの違いが整理されておらず、例えば冒頭の伝二ノ丸「表御殿」説を取り入れながらも、その一方で、伝本丸との廊下橋を「長橋廊」としていて、こちらは滋賀県安土城郭調査研究所が発表した「伝本丸の建物≒清涼殿」説に寄りかかっている、という調子でした。

そこで今回、これらの矛盾点を猛反省しまして、上の2図のごとく、ごく単純に「階段橋」(または屋根付き階段橋)という呼び方で統一させていただくことに致します。



<階段橋から推理する安土城天主――二重目は「政庁」か「常御所」か>



この仮説の階段橋には、それぞれに役割があったはずで、それらは天主の階ごとの性格に大きく関わっていたことにもなるでしょう。

ところが現在、「天主は信長が創案した立体的御殿」(三浦正幸監修『すぐわかる日本の城』2009年)と言われるものの、それを安土城天主について1975年の時点で「居住空間の垂直構成」(『国華』)と書いた内藤昌先生と、その翌々年に猛烈な反論を行った宮上茂隆先生の間で、すでに階ごとの解釈がそうとうに違っていて、以来、結論めいた解釈はいまだに現れていない様子です。


内藤vs宮上 両先生の解釈(階ごとの主な使用目的)


このような状況ですと、例えば当ブログ仮説の「階段橋」が設けられた階と、各々につながる先(曲輪)との関係を追究して行きますと、ひょっとして新たな参考点が見えて来るのかもしれません。

で、早速、二重目からご覧いただきますと…


以前の作図(静嘉堂文庫蔵『天守指図』二重目をもとに作成)

(※白字は『安土日記』にある部屋の記述から/→以前の記事
↓    ↓    ↓
階段橋を描き加えた今回の訂正版



ご覧の両図の違い(訂正点)はかなり見づらくて恐縮ですので、「階段橋」以外の訂正を箇条書きしますと…

【訂正点1】
六畳敷の「食器部屋」が中二階の形で二部屋、八畳敷の「御膳をこしらえ申す所」二部屋の真上に設けられていて、そこには二部屋の中間の階段で廊下側から上がる形であったと考えた点です。
これは以前の作図で八畳敷二部屋の納まりが悪かった欠点を解消しつつ、天主東階段橋の意味(図左下/台所との接続)を重視したものです。

【訂正点2】
その天主東階段橋は「台所との接続」「馬屋との接続」「石蔵入口から北の土蔵への搬入路の確保」という三つの機能を、立体的にこなす巧みな構造だったと考えた点です。

これはより広い図でご覧いただきますと…




このように天主二重目には、『天守指図』の描線から考えて、伝本丸の建物とつなぐ南階段橋(言わば正面口)と、天主取付台とつなぐ東階段橋(台所口もしくは馬屋口)の二つが設けられたのではないでしょうか?


そして「台所」の位置は、前々回の「内玄関」仮説と、前回の「主郭部の時期差」仮説を踏まえますと、主郭部の完成時期には(伝承の場所ではなくて)新たに伝三ノ丸の北半分、つまり「内玄関」の奥の遠侍等の北側に移されたと考えるのが、<雁行する城郭御殿>の他の事例から見て、ごくごく順当な配置だろうという想定に基づいています。

この場合、台所でつくられた料理は、伝三ノ丸と天主取付台の間の廊下橋(櫓門)を渡り、天主取付台を行く廊下が馬屋の上に階段状に上がって、やがて天主側に直角に向きを変えて天主二重目に入ると、前述の八畳二間「御膳を拵え申す所」で最終的に膳をととのえ、毒見をした上で、奥の信長らの前に並んだのでしょう。


台所の位置は? 前々回の図との合成で見ますと…(※当図は上が南になっています!)

(※ちなみにこの話は「時期差」の当初の状態では、「馬屋」は図の位置ではなく、逆に「台所」は伝承どおりの場所にあって、東階段橋は料理の運搬専用だった可能性も含んでおります)


さて、こうした天主二重目の性格については、先程の表のとおり「(遠侍・式台など)内・外臣の控えの間および政庁であった」(内藤)という政庁説と、「南西部の六間×七間の区画は明らかに信長の常御所に当たる」(宮上)という常御所(居住空間)説が真っ向から対立して、結論の出ない状況がずっと続いて来ています。


そこで、この階段橋の仮説から申し上げられそうなことは、少なくとも「台所」は天主の外にアウトソーシングされていたはずだろうという点でして、その結果、宮上説の地階(一重目)の「台所と蔵」という考え方には、ちょっと賛同できそうにないのです。

なお二重目については、まだどちらとも申し上げにくい印象です。





<性格がガラリと変わる、三重目と伝二ノ丸をつなぐ西階段橋>



今回の訂正版(『天守指図』三重目をもとに作成/訂正は階段橋の仮称のみ

(※白字は『信長記』『信長公記』類の部屋の記述から/→以前の記事


もう一つの階段橋、西階段橋があったと思われる三重目は、運良く(?)内藤先生や宮上先生をはじめ、諸先生方がほぼ一致して「対面所」の機能と考えて来られた階です。


そして西階段橋のつながる伝二ノ丸が、冒頭で申し上げたように「表御殿」ではなく、「奥」の後宮や庭園であったとしますと、この階段橋はちょうど、後の江戸城の中奥御座所から(御休息の間を経て)大奥に向かう「御鈴廊下(おすずろうか)」のようにも感じられます。

(※ちなみに「中奥御座所」は将軍の謁見所としては最高位の部屋だそうで、狩野探幽の描いた聖賢の図などがあり、天主三重目の機能を「対面所」とする見方とも合致しそうです…)


したがって以前の記事(仮称「表御殿連絡橋」は信長登場の花道か)では、この階段橋を、信長が居住空間の天主から伝二ノ丸「表御殿」に姿をあらわす“花道?”と想像したのに対して、まるで逆の方向になってしまうわけで、信長はこれを使って「対面所」と「奥」を行き来していたことになります。





こうなりますと俄然、その上の四重目を「信長常住の部屋」と見るか「会所」と見るかが、最大の難所になって来るのでしょう。

例えば、あの『朝日百科 安土城の中の「天下」 襖絵を読む』(執筆:大西廣 太田昌子)は「会所」説に軍配を上げておられ、その一方で、千田嘉博先生は「山上御殿での会所機能は、岐阜城ではいちじるしく低下して」(『戦国の城を歩く』)いたと指摘されていて、そういう意味では、むしろ「会所」機能の否定こそが、安土城天主にとっては必須の条件だったようにも思われてなりません。

(=安土城天主で貴賎同座の宴会など、もってのほか、という意味で…)


やはり四重目は超難解、という印象でして、それにしても、このようにして階段橋を考えることで、いきおい天主と周囲の曲輪との“関係性”に関心が向くわけです。

―――で、ここで見逃せない重大なポイントは、前述の内藤先生も宮上先生も、建築史家としての領分のせいか、天主以外の主郭部の曲輪の使われ方については、ほとんど何も発言して来られなかった、という意外な側面でしょう。




これは特に当サイトの立場としましては、天守の発祥について <天守は織豊系城郭の求心的な曲輪配置のヒエラルキーの頂点に誕生したはず> と何度も申し上げて来た基本的な考え方からしますと、本当に見逃せないポイントです。


ですから、今後さらに安土城天主の階ごとの解釈を進めるためには、天主と周囲との連動や齟齬(そご)に目を向けていく必要があるのではないか―――

いえ、もっとストレートに申し上げるならば、天主に込めた信長の構想と、実際の安土城天主の使われ方の間にも、例の「時期差」問題が影を落としていたのではあるまいか… という疑念がここで生じるのです。


構想段階と完成後で、もし天主の側が不変のままだったら、そこには当然「齟齬」が…








作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。




2012年07月17日(Tue)▲ページの先頭へ
城の再発見!安土城の「時期差」問題!それは主郭部にもあった?






安土城の「時期差」問題!それは主郭部にもあった?


白丸内が話題の中心「本丸西虎口」の位置


前回、安土城の主郭部の南東端に「内玄関」を想定してみますと、意外な発見があることをお知らせしました。

ただ、その中では図の虎口2「本丸西虎口」の位置づけ(役割)について、ちょっと疑問をお感じになった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

と申しますのも、この状態で本丸西虎口から伝本丸に入りますと、いきなり儲(もうけ)の御所(=御幸の御間か)の真ん前に出てしまうことになるからです。


そこで当ブログがもう一点、是非とも付け加えて申し上げたいのは、この主郭部もまた、部分部分で「完成に時期差があった」のではないか―――

という、多少ズウズウしい印象の仮説なのです。

それは決して本能寺の変の後の、信長廟の建立などを申し上げているのではありませんで、果たして信ずるに足るものか否か、どうぞ厳しい目でご一読いただきたくお願い申し上げます。



<前提1.まことに奇妙な状態の「本丸西虎口」が示唆する経緯>





ご覧の本丸西虎口のすぐ奥には、四角い桝形(ますがた)のようなスペースがありますが、これはいわゆる「桝形虎口(ますがたこぐち)」でしょうか? 答えはNOでしょう。

桝形虎口とは、ご承知のように外側により簡便な高麗門など、内側に頑強な櫓門を建てて、その間の枡形内に敵勢を囲い込んで弓矢・鉄砲を打ち掛けるためのもので、そういう形でなくては効果を発揮しないとされています。

たとえ初期の、高麗門などが無いケースであっても、とにかく桝形の内側に櫓門を建てるのが鉄則ですが、この本丸西虎口は、発掘調査でなんと、桝形らしきスペースの外側に櫓門があった(!)という可能性が報告されています。


つまり(上右イラストの)石段を登りきった所に櫓門があったわけで、この一帯はまるで桝形虎口としての機能を“放棄してしまった”ような、妙な状態で遺されているわけです。

果たしてそこにどういう経緯があったのか、ひとつの謎になっています。


桝形虎口の例(丸亀城/小田原城)




<前提2.「安土城の設計変更」…初めは西の城下町を向いて築かれた可能性>



かつて加藤理文先生が「『信長公記』の記載では百々橋口が正面なのである」とおっしゃったように、安土城は初め、城下町のある西を正面にして、山の西側斜面から築城が始められた可能性も言われています。

そこでひとつ指摘させていただきたいのは…
<同じ西向きの岐阜城では、山頂の天主は背後の東側から建物に入る形式だった>
という点なのです。


で、いつ岐阜城の山頂に天主が存在したか、その時期については諸説があるものの、当サイトは一貫して、例えば『フロイス日本史』に「その山頂に彼(織田信長)の主城があり」と伝えられた「主城」こそ、本来の天主なのだと申し上げて来ました。

それがたとえ二重〜三重ほどの規模であったとしても、その立地点(古代中国の故事「岐山」に見立てた山の頂)がもたらす視覚効果から言って、信長の「天主」であったことは微動だにしないはず、と確信しております。


南から眺めた岐阜城/山頂に復興天守


そして岐阜城は西側(写真左の稜線の向こう側)のふもとに当時の城下町があり、城は西向きで、山の西側斜面を主体に曲輪や城道が築かれました。

そうした中でも、天主は城下からの見栄えを考えてか、いったん城下町と反対の東側に回り込んでから建物に入る形だったという点が、安土城との関連で重要であったように思われるのです。



以上の<前提1><前提2>を踏まえて、以下のイラストのように安土城の主郭部にも、完成までの変遷や「時期差」があったのではないか、と申し上げてみたいのです。

(※イラストは標高170mの等高線から上だけを画像化しました)



仮説:当初(計画)の安土城の主郭部/この時点では本丸西虎口が第一の門だった

仮説:完成した安土城の主郭部/本丸西虎口はその役割が不明確に!








作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。




2012年07月04日(Wed)▲ページの先頭へ
城の再発見!「内玄関」が安土城主郭部の復元のカギを握っている?






「内玄関」が安土城主郭部の復元のカギを握っている?


前々回から藤田達夫先生の『信長革命 「安土幕府」の衝撃』から多くを引用させていただきましたが、この本には、その「安土幕府」の舞台である安土城についても、かなり大胆な持論が展開されています。

その辺りの内容は、当サイトの仮説とは必ずしも一致するものではありませんので、誤解の無いよう申し上げておきたいのですが、ただ、藤田先生がこの本の中で「安土城の設計変更」とおっしゃった点はそのとおりだと思われ、今ある安土城跡は部分部分で <完成にかなり時期差がある> ように感じられてなりません。
(※改築や再建ではなく時期差)

その時期差は場所によっては、本能寺の変さえも跨いでしまうのではないか(!?)という観点から、以前の記事で「城として異様な南側山麓の三つの(四つの)門は信長廟の門構えではないのか」( →記事1 記事2)などと申し上げたわけです。

(※ちなみにこの件では、小牧山城にもいわゆる「大手道」はあったのですから、そちらの登り口付近を発掘調査してみれば何か参考になりそうですが、ただ、現地は幹線道路のアスファルトの下で、まだ調査はされていないかと…)




さて、そうしますと、2011年度リポートで、ご覧の安土城の伝本丸と肥前名護屋城の遊撃丸がたいへん良く似ていることから、遊撃丸は本来、後陽成天皇の“北京行幸”のための行幸殿として築かれた場所かもしれない、と申し上げた仮説が気がかりになって来ます。


遊撃丸に「儲(もうけ)の御所」を想定して描いたイラスト




リポート後のブログ記事(→記事3)では、遊撃丸の具体的な建物として、聚楽第と同様の「儲の御所」を想定した場合、面積的にじつに納まりがいいことを申し上げました。

で、その勝手ついでに、試しに「儲の御所」を安土城の伝本丸に当てはめてみますと、かの「御幸の御間」問題に関わる、ちょっと面白いシミュレーションが出来ることをご紹介したいと思います。



<安土城主郭部の御殿群はどこまで一体化していたか? 木戸雅寿先生の指摘から>






(木戸雅寿『よみがえる安土城』2003年より)

(「天主取付台」と「伝二の丸跡」「伝三の丸跡」)これらの敷地は天主に次いで高い同一平面上にある。
これらをひとつの面的空間として考えるなら、ここに天主を取り巻くような付属施設としてかなり大規模な建物群があったと想定できる。

このうち、天主の東側にある長いL字の郭が天主取付台である。発掘調査では多聞櫓(たもんやぐら)と考えられる長い建物の存在が確認されている。
さらに伝三の丸跡にも大きな建物の存在が確認されている。天主取付台と伝三の丸跡とは本丸東門である櫓門を廊下橋として繋げる櫓門も発見されている。これらは廊下で行き来できる一体型の建物だったようである。

取付台の建物と伝本丸御殿とは建物軸を違えているが、伝三の丸跡の建物と伝本丸御殿とは建物軸がぴったりと一致していることから、本丸御殿と伝三の丸が二階部分で棟続きであった可能性も考えられるのである。



この木戸先生の指摘を踏まえて、安土城主郭部の調査報告書の平面図を使って、シミュレーションというか、遊びのような作業を行ってみます。それは…


かなり思い切って“乱暴に”図上の礎石どおしを直線で結んでみる


平面図に示された礎石群を、とりあえず石の大小や状態に構わず、2、3個以上が「直線」で結べるものをドンドン結んでみるのです。

こんなことは調査の専門家でも何でもない自分がやっても、まったく意味が無い… などと躊躇(ちゅうちょ)せずに、やってしまいます。

すると、意外なほど、あれもこれも直線で結べてしまうことが分かります。




やはり木戸先生の指摘のとおりだ、ということが実感できる遊び、否、ある種のシミュレーションでして、安土城主郭部の秘密をのぞいたような気分になれます。


で、こんな考え方はありえないでしょうか?? 図の「内玄関」を起点にすれば――


平面図の右下、主郭部の南東端は、これまでの諸先生方の復元では「江雲寺御殿の一部」や「厩(うまや)」などとされていた場所ですが、ここにあえて「内玄関」を想定してみます。

これは本丸南虎口(図の虎口1)がいわゆる「くらがり御門」であったようにも思われますので、それを一度くぐって到達するため、「内玄関」と仮称したのですが、こうしてみますと、御殿は雁行(がんこう)して連なっていた、という想像も出来そうなのです。

そしてそれらの南西側、伝本丸には「儲の御所」(室町時代の行幸では桁行7間!)が南面して、面積的にもすんなり納まる形になります。


突拍子も無いことを言い出すようで恐縮ですが、このような遊び(シミュレーション)の結果は、何故か、駿府城や二条城など、のちの徳川の城の御殿配置に良く似ているのです。



復元工事中の名古屋城本丸御殿がまさにそっくり!!

(※ホログラム展示の完成予想図から作成)


ご覧のように、名古屋城の本丸から御深井丸(おふけまる)にかけての御殿や天守の配置は、シミュレーションと同じく「雁行」しています。

しかも名古屋城の当初の計画では、大天守と御深井丸は付櫓を介して通り抜けられる可能性があった点や、御深井丸は本丸同様に多聞櫓でがっちり囲む計画があった点(つまり御深井丸とは本来、何だったのか?)を考えますと、さらに似て来るようです。


そして、いわゆる「上洛殿」(将軍家光の上洛時の宿所「御成書院」)がシミュレーションの「儲の御所」とまったく同じ位置で南面していることもあり、決して偶然とは思えない一致点が揃うのです。


―――ということは、なぜ安土城と徳川の城が直接に似ているのか、詳しい経緯は分からないものの、やはり安土城の伝本丸の御殿は、<上位の人物>を迎えるための建物(=御幸の御間?)だったのではないか、という疑念がムクムクと頭をもたげて来ます。

これらはひとえに、安土城の「内玄関」の想定位置がカギを握っているわけなのです。



(※調査の専門家の皆さんから見れば、まことに乱暴な話で、失礼しました。)







作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。