城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2012/08

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (246)



全エントリ記事の一覧はこちら

2012年8月
     
 

新着エントリ
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)
城の再発見!「革命」は 信長→秀吉→三成 の三人で完成するはずだった? 時空を超えた<石田三成≒大久保利通>説 (9/27)
城の再発見!徳川家康の画期的な着眼か→ 四方正面(八棟造り)は平城の「求心性の自己表現」にもなる? (9/14)
城の再発見!ならば聚楽第チルドレンの筆頭・天正期の駿府城には「小天守」とともに大天守もあったのか (8/29)
城の再発見!毛利輝元らは聚楽第で天守を見ていなかった!? とすれば… 広島城天守をめぐる“ぬぐえぬ疑問” (8/15)
城の再発見!最上階にやはり白鷺(しらさぎ)の絵 → 問題の層塔型「御三階」の構造を推理する (8/2)
城の再発見!後継者・秀次の墓穴(ぼけつ)――最大の過失は、洛中に強固な「城」を築いてしまったこと?? (7/15)
城の再発見!異例の側室・摩阿(まあ)姫が住んだ「京都天主」「聚楽天主」の正体 (7/4)
城の再発見!40m四方の天守台!? →『聚楽第図屏風』には天守が描かれていないのかもしれない… (6/20)
城の再発見!驚嘆、信長の「天下」観念は今日にも通じているのか… (6/9)
城の再発見!話題の「旧二条城」と岐阜城と小牧山城の“合体形”として安土城は出来上がった? (5/25)
城の再発見!続々・信長の「天下」――安土城天主は天皇の行幸殿の上にそびえ立ち、見おろしていた、とする見方の多大な影響 (5/10)
城の再発見!続・信長の「天下」とは――せっかく築いた小牧山城と城下をなぜ4年で捨てたのか? (4/25)
城の再発見!信長の「天下」とは――いつごろまで「天下布武」印を使ったのか?という素朴な疑問から (4/11)
城の再発見!続・豊臣大坂城天守も階段群が2系統 →「2系統なのは何階までか?」で各天守を区分すると… (3/29)
城の再発見!豊臣大坂城天守も階段群が2系統か →ならば建物の造りは「立体的御殿」のうち?? (3/16)
城の再発見!幕末、幻の大阪籠城戦での「大狭間筒vsエンフィールド銃」の勝負を夢想すると… (3/1)
城の再発見!幻の石山本願寺城から ブータンの要塞寺院「ゾン」へ (2/10)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (6)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (1)


アクセスカウンタ
今日:318
昨日:632
累計:1,850,084


RSS/Powered by 「のブログ

2012年08月29日(Wed)▲ページの先頭へ
城の再発見!だから豊臣秀吉の天守は物理的機能が「宝物蔵」だけに!?






だから豊臣秀吉の天守は物理的機能が「宝物蔵」だけに!?




ご覧の図はかなり以前の記事でお見せした、当サイトの仮説による、織田信長の安土城天主の内部に組み込まれた「高サ十二間余の蔵」部分(右側)と、正倉院宝庫(左側)の断面図を並べてみたものです。

(→該当記事「正倉院宝物が根こそぎ安土城天主に運び込まれるとき」及び「2009緊急リポート」ほか)


想像しますに、上の記事をご覧になった当時は「えええ?嘘だろ…」という印象しか持たれなかったことでしょうが、当方はいたって真面目に申し上げたわけで、現在ではいっそう、この仮説(推理)が確信に近いものに深まって来ております。

と申しますのは、前回までにご覧いただいたとおり、安土城天主が「立体的御殿」として構想されて完成したのに、その直後に建造された豊臣秀吉の大坂城天守が、どうしていきなり「宝物蔵」に物理的機能を限定(削減)されてしまったのか? という謎解きの道筋が見えて来たように感じるからです。



<前回までの記事の仮説> 織田信長は当初、七重天主という立体的御殿で
安土城の「奥御殿」機能を集約したかったのではないか…



一方、天主の「高サ十二間余の蔵」にはやがて正倉院宝物の唐櫃(からびつ)が…?


ならば信長の天主構想には、最初から「宝物蔵」機能が含まれていた!?


ところが、このせっかくの天主構想は(信長自身の判断で)形骸化することになったようで、正倉院宝物が根こそぎ収奪されて運び込まれることも無く、一方、天主には「奥御殿」機能が集約されたものの、周囲の曲輪にも重複した御殿群が建てられて行き、結果的に、安土城主郭部や七重天主(立体的御殿)はちょっと理解しにくい部分を含んで完成したのではなかったか…

そしてその直後、それらをスッキリと仕分けてみせたのが豊臣秀吉の大坂城であり、以後、豊臣の天守は「奥御殿(立体的御殿)」機能を順次切り離し、物理的機能は「宝物蔵」により特化していくことになった…

というストーリーがあぶり出されて来るのではないでしょうか。



豊臣大阪城天守の外観/大阪城天守閣蔵『大坂城図屏風』より



ではここで、宝物蔵(金蔵)としての天守とはどんなものだったのか、少々エピソードを拾ってみることにします。

まずは秀吉時代の姫路城天守ですが、かの有名なエピソードが『川角太閤記』等にあります。すなわち本能寺の変の後、毛利方との和睦をまとめて、遠征軍の本拠地・姫路城に急ぎ戻った秀吉は…


(『川角太閤記』より)

秀吉は風呂に入りながらも、光秀誅伐の戦略を考へてゐたが(中略)金奉行、蔵預米奉行等を召寄せ、先づ金奉行に向ひ「天守に金銀何程あるか」と問ひ、金奉行から「銀子は七百五十貫目程ござりませう、金子は千枚まではござりませぬ、八百枚の少し外ござりませう」と答へると、秀吉は「金銀一分一厘跡に残すことならぬ(中略)と言つて、その日から蔵を開き、金銀や米を残らず分配させた。


という風に「天守に金銀何程あるか」というセリフが登場していて、原書が成立した江戸初期に、これにある程度の説得力があったとしますと、なかなか見過ごせない文言でしょうし、しかも前後のニュアンスからは、天守内部に「金蔵」が建て込まれていたようでもあり、これは安土城天主の「蔵」を想起させるものです。

しかも姫路城は、次の池田輝政(いけだ てるまさ)改築の現存天守にも、軍資金として金銀が貯えられたことが知られています。大著『姫路城史』の輝政死去のくだりには…


(橋本政次『姫路城史』1952年より)

その居城姫路城には、天守附として、常に金子四百枚、銀子百十六貫百目を貯へ、一朝有事の場合に備へた。池田分限帳、履歴略記。(中略)姫路城天守附として貯へてゐた金銀も、家康からの借用金を始め、各方面の負債償却のため残らず処分した。分限帳。


とあって、まさに織田信長や豊臣秀吉と同時代に生きた輝政一代に限って、現存天守に金銀が保管されたようなのです。

ちなみに輝政の死去は慶長十八年、つまり豊臣家の滅亡や元和偃武(げんなえんぶ/…長い戦乱の終結宣言)の二年前のことでした。


今回はわずかな事例ですが、これらのエピソードから感じることは、信長が密かに安土城天主に設けたはずの「高サ十二間余の蔵」の真相を、じつは秀吉も、輝政も、しっかりと察知していたのかもしれない… という類推でしょう。

結局のところ、「天守とは何か」という事柄について、当時の大名らの側近は何もまとめて書き遺しておらず、各大名家がどう使うべきだとしていたかは、ある種の秘伝の奥義として、属人的に伝承されたり伝承されなかったりという危うい状態にあったのかもしれません。


そしてその後、徳川の天守は(意図したのか否か…)残りの「宝物蔵」機能さえも切り離し、別途、金蔵を設ける形に変わり、天守自体はいよいよ外形だけを継承するガランドウと化して、急速に<意味の脱落>の度を深めて行ったように見えるのです。


大阪城本丸にのこる金蔵と復興天守

(※天守の前の土手は明治時代に建設された貯水池をおおう土手)






作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。




2012年08月14日(Tue)▲ページの先頭へ
城の再発見!本丸に馬場??織田信長の天主構想の解明に向けて






本丸に馬場??織田信長の天主構想の解明に向けて


【8月20日 緊急追記】
昨日まで2日間、尖閣問題で予定外の文面を掲示しておりましたが、事実は小説より奇なり、ということなのでしょうか。
驚きました。
→尖閣諸島上陸の中国人活動家が中国国旗を燃やしていたことが判明/中国人「えっ?」




仮説:当初(計画)の安土城の主郭部/前々回の記事より


さてさて、前々回の仮説のイラストで、ご覧の伝本丸に「馬場など」と書き込みました点について、若干の疑問をお感じになった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

城の本丸に「馬場」などあったのか、と。

ですが、この「馬場など」はそれなりの根拠もあって書き込んだものでして、今回はこの点のご説明を手始めに、このところ進めて来ました“信長の安土城主郭部や天主をめぐる当初の構想”について、さらに探ってみたいと思います。



会津若松城の本丸周辺


「馬場など」と書きました第一の動機(根拠)は、ご覧の会津若松城の本丸に「御馬場」があったと『会津鶴ヶ城御本丸之図』に記されていることです。

「御馬場」=図の赤いエリアは、本丸御殿のうちでも最も公的な建物群である「表御殿」(大書院や小書院など→赤エリアのすぐ左側の建物)の庭先にあたる場所で、こんな場所で馬に乗れる人物は城主以外にはありえない、という位置になります。


これが果たしてどこまで日常的に使われたかは、歴代の城主(蒲生、上杉、加藤、保科・松平)によっても色々だったでしょうから、「御馬場」は単なる伝承地に過ぎなくなっていた時期もあるかと思われます。

しかし、この城の本丸御殿が南(上図の右側)から「表御殿」「中御殿」「奥御殿」と並んでいて、各々の御殿の配置や平面形をつぶさに見ますと、どこか豊臣大坂城の表御殿と奥御殿をギュッとこの場所に詰め込んだような印象があるために、なかなか興味深いのです。


秀吉の築城当初の豊臣大坂城/2010年度リポートの仮説より


どういうことかと申しますと、例えばご覧のイラストの表御殿を、まるごと向きを90度(時計方向に)変えて、奥御殿の西側(図では右側)にギュギュッと強引に押し込みつつ、その全体を奥御殿のスペースに納まるように縮小・削減したかのような印象があるのです。

これは当サイトでかねがね申し上げてきた“豊臣大坂城と会津若松城の類似性”をいっそう補強するものでして、この観点から前述の「御馬場」を考えた場合、またひとつ疑問がわいて来ます。




この「馬屋?」と記した長屋は、これまでの諸先生方の著書ではただ「長屋」とだけ記されて来たもので、かの中井家蔵『本丸図』や『城塞繹史』『諸国古城図』の図中には何も書き込みが無く、詳しい使い方が特定できていない長屋です。

ですから、もしこの長屋を秀吉自身の愛馬を入れた馬屋だと仮定しますと、上記の会津若松城の「御馬場」ともつながる可能性が浮上して来て、なおかつこの長屋の手前の「御上台所」との間の細長いスペースは、面積的に「御馬場」とほぼ同じであり、秀吉一人がちょっと馬をせめる程度のことなら、じゅうぶんな広さだとも言えそうなのです。



<天主=立体的御殿の、最初の動機はいったい何だったのか>




仮説:当初(計画)の安土城の主郭部/「馬場など」は後世の城に受け継がれていた?


さて、以上のように冒頭イラストの「馬場など」は、安土城と後世の城…すなわち蒲生氏郷(がもう うじさと/信長旧臣)ゆかりの会津若松城や、秀吉の豊臣大坂城との関連性から、あえて想像力をふくらませて書き込んだものでして、こうしてみますと、安土城天主とその周囲の曲輪の構想がいくぶんハッキリして来るのではないでしょうか。


つまり豊臣大坂城では、この「馬屋など」の場所におびただしい規模の「奥御殿」が入ってきて、曲輪の面積が大幅に拡張された、とも言えるでしょう。

で、それと同時に、秀吉の天守は物理的機能が“宝物蔵”に限定(削減)されたわけなのです。


このような天守の変遷(諸機能の移転)を、ここで試しに逆算して、より原初的な姿を想像してみますと、信長が安土城天主にこめた最初の構想をボンヤリと思い描くことが出来るのではないでしょうか。



<以上の逆算による仮説> 信長は当初、七重天主という立体的御殿で
 安土城の「奥御殿」機能を集約したかったのではないか…




…当サイトは4年前のスタート時から、天守は天下布武の革命記念碑(維新碑)ではなかったかという仮説を申し上げ、その天守が高層化したのも、中国古来の易姓革命にもとづく天命(天道)を聞くためには(→参考記事)当然の成り行きであったろうという考え方で一貫してまいりました。

ただ、そうだとはしても、天守が単なる「塔」ではなく、また詰ノ丸御殿の屋根上の単なる「物見櫓」でもなく、その内部を「立体的御殿」としたことには、何らかの契機や意図があったはずだという感があります。

その意味で、上図のような安土城天主と周囲の曲輪との、機能上の関係性(代替や集約)に注目してみるのも面白いのではないかと思うのです。


で、歴史的に見ますと、信長の後継者の秀吉は、大坂築城で早くもその信長の天主構想をねじ曲げていたわけで、そこにも何らかの経緯(いきさつ)があったはずだと思われてならないのです。



安土城の完成までに、自らの天主構想をあえて崩したのは、信長その人だった!?

(次回に続く)







作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。