城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2012/10

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (256)



全エントリ記事の一覧はこちら

2012年10月
 
     

新着エントリ
続々・甲府城「天守」のゆくえ →金箔付きシャチ瓦も「徳川包囲網」の目印だったのか?… (7/20)
城の再発見!続・甲府城「天守」のゆくえ →再訪の直感、天守台「穴倉」の内側も“見られること”を意識している (7/8)
城の再発見!甲府城「天守」のゆくえ →躑躅(つつじ)ヶ崎館の天守台との関係はどうなっていたのか (6/25)
城の再発見!近世城郭の「完全否定」で籠城戦に勝てたのが熊本城か (6/12)
城の再発見!これもコンクリート天守の「魔力」がなせる技か… 熊本城天守のすばやい解体と復旧 (5/29)
城の再発見!目的地は“東アジアの下克上”か?…満洲族と日本の17世紀「新興軍事政権」 (5/19)
城の再発見!肥前名護屋城の出現と「小中華意識」に没入した李氏朝鮮の無反応 (5/4)
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)
城の再発見!「革命」は 信長→秀吉→三成 の三人で完成するはずだった? 時空を超えた<石田三成≒大久保利通>説 (9/27)
城の再発見!徳川家康の画期的な着眼か→ 四方正面(八棟造り)は平城の「求心性の自己表現」にもなる? (9/14)
城の再発見!ならば聚楽第チルドレンの筆頭・天正期の駿府城には「小天守」とともに大天守もあったのか (8/29)
城の再発見!毛利輝元らは聚楽第で天守を見ていなかった!? とすれば… 広島城天守をめぐる“ぬぐえぬ疑問” (8/15)
城の再発見!最上階にやはり白鷺(しらさぎ)の絵 → 問題の層塔型「御三階」の構造を推理する (8/2)
城の再発見!後継者・秀次の墓穴(ぼけつ)――最大の過失は、洛中に強固な「城」を築いてしまったこと?? (7/15)
城の再発見!異例の側室・摩阿(まあ)姫が住んだ「京都天主」「聚楽天主」の正体 (7/4)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (16)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)


アクセスカウンタ
今日:816
昨日:1,144
累計:2,051,083


RSS/Powered by 「のブログ

2012年10月23日(Tue)▲ページの先頭へ
城の再発見!信長の本心…障壁画は見栄えよりも「文字化伝達」が最大の目的だったか






信長の本心…障壁画は見栄えよりも「文字化伝達」が最大の目的だったか


このところ申し上げてきた安土城天主の内部の薄暗さと、その各階が狩野永徳らの障壁画で埋め尽くされたことの「矛盾」は、安土城の未解決の研究課題の一つです。

前々回、当サイトの仮説では、各階の薄暗さ(明るさ)はかなり違っていて、「そういう各階を埋め尽くした障壁画は、じつは実際の鑑賞(見栄え)は二の次であって、別の主たる目的が先行した結果ではないのか」と申し上げました。


今回はこの「別の主たる目的」のお話でして、思えば、織田信長が命じた襖絵の記録のおかげで、21世紀の我々までそれらの画題を(天主全体の復元案は諸説あるのに…)正確に把握できるというのは、チョット不思議な感じがします。

そこで強く思うのは、信長はじつは(後世への記念などではなく)同時代の人物に向けて画題の「文字化」を行ったのではあるまいか!?… という疑惑でして、つまり各部屋の襖絵が詳しく記録されたのは、その記録が<特定の人物らに読まれることを大前提にしていた>のではないのか?

ひいては、それこそが、信長の天主建造の目的の一つでもあったのではあるまいか? という、「立体的御殿」誕生の深層に関わるお話なのです。



大西廣・太田昌子『朝日百科 安土城の中の「天下」』1995年


安土城天主の障壁画と言えば、今なおこの本が多くの示唆を与えてくれるようで、今回のブログ記事の主旨をインスパイアしてくれたのも、この本です。

で、A氏とB氏の対話形式で書かれた本文から、興味深い部分を何箇所か、順に抜き書きさせていただきますと…



A「ぼくが感じるいちばん大きなジレンマは、肝腎の襖絵は何も残っていないにもかかわらず、一方の文字史料の方、とくに太田牛一の書き残した『信長公記』の記述からは、地上六階の各階のすべての主題が、じつに細々と、部屋ごとの一々の画題から、全体構成のシステムにいたるまで、驚くほどはっきりとつかめるということなんだ」
(中略)
B「私はここでも、「書き手の眼」ということが大事だと思う。面白いのは、『信長公記』諸本のうちでも、テキストがいちばんオリジナルに近いとされる『安土日記』では(中略)記述の順番がまったく逆になっていることね。天守の最上階からはじめて、段々と下に降りてゆくという順になっている。上から下へというのは、これ、どう考えても案内コースとは思えない」



と最初に挙げましたように、やはり襖絵の画題(つまり部屋の格式)が一々正確に把握できて、しかもそれらが元々は最上階から記録された、という点が検討の出発点にもなっています。


ご承知のように『安土日記』の問題の部分は、描写の仕方が相阿弥(そうあみ)の座敷飾りの秘伝書『御飾書』(おかざりしょ)にならったもの、という指摘がかつて宮上茂隆先生からありました。

でもそれらが何故、最上階から始まっていたかについては、「信長の安土城天主の構想の中心が最上階にあったことを反映したものだろう」(『安土城天主の復原とその史料に就いて』)といった言及にとどまっています。


確かにその『安土日記』によれば、狩野永徳が独力で障壁画を描いたのは最上階だけであって、(それ以外は子の光信らとの分業で)最上階が極めて重要だったことがうかがえます。

その辺りを再び、前掲書『安土城の中の「天下」』から抜き書きしますと…



B「日本における権力中枢のイメージ環境の歴史を振り返ってみると、意外にもというか、案の定というべきか、安土城というのは平安の内裏の復活だったのではないかという気がしてくる」

A「確かに、安土城最上層の、三皇五帝をはじめとする、神話時代の聖天子や、孔子および孔門十哲の図など、ぼくのいうチャイニーズ・ロアの図像は、内裏の賢聖障子(けんじょうのしょうじ)にそのままつながるものを持っている」






ご存知、賢聖障子は、紫宸殿の天皇御座の後ろに立てられた、中国古代の名臣ら32名の立像!の肖像画(→ご参考:京都御所紫宸殿賢聖障子絵画綴/東京都立図書館)等を描いた9枚の幅広の襖で、漢の成帝が行った同様の事績に基いているそうです。

で、それが安土城天主の最上階の画題につながる… のだとしたら、信長のねらいは明々白々ということにもなるでしょう。


問題の村井貞勝らの天主拝見は「天正七年正月二十五日すなわち天主作事完了直後にしていまだ信長正式移徒(いし)のおこなわれない時期の間隙をぬって特別に許可された」(内藤昌『復元・安土城』)そうですから、画題の文字化は、天主の建造と一連の、重要プロジェクトであったのかもしれません。

そして何が何でも最上階の七重目(『安土日記』では「上一重」)を真っ先に語らせたい、一階から始める普通の見聞録のような書き方は許さない、という信長の強い意思が、貞勝の筆に作用したことも間違いなさそうです。

そこで気になるのが前掲書『安土城の中の「天下」』の次の部分でして…



B「それにしても、内裏のイメージ環境については、これまで問われるべくして問われたことのない、重大な問題が一つある。日本の政治中枢でありながら、なぜ日本の神話が描かれなかったのかということ」
(中略)
B「世の始まりは、アマテラスではなく、三皇五帝であるということよね。いかにも神話よろしく、人びとは、その三皇五帝を、二重、三重のイメージをもって捉えていた。まさに禅僧らの漢詩を通して、あるいは『太平記』を通して。そして謡曲では、「三皇五帝の昔より……」などというのが、決まり文句にさえなっていたのよね」

A「戦国武将たちが、『太平記』を通して、三皇五帝を語るときには、しかし、さらにもう一つの側面があったのではないだろうか。謡曲の決まり文句のように、太平の世の枕詞として出てくるのとは裏腹に、『太平記』の中では、今の世の、乱世に対する批判として、三皇五帝の世を称揚するといった感が強い」




ああやはり… という感想でして、信長もまた「乱世に対する批判として、三皇五帝の世を称揚」していた、となれば、信長の天主の創造をめぐる様々な事柄が一気に焦点を結ぶような思いがいたします。

近年よく言われるとおり、戦国大名の中で信長たった一人だけが、戦国の世の統一(分裂国家の再統一)という遠大な目標をスローガンに掲げた(「天下布武」)わけで、そうした覚悟と「立体的御殿」も深く結びついていた可能性があったことになるからです。


すなわち皇帝の館に見立てた安土城天主の障壁画、とりわけ最上階に掲げた三皇五帝らの絵とその「文字化」は、それらを伝達されてもなお織田の軍門に降ろうとしない戦国大名(特に足利義昭を担ぐ地域勢力)は、いずれ「朝敵」として討ち果たす、首を洗って待っていろ、という恫喝を(絵画と建築という芸術を通じて!)行ったものではなかったのでしょうか。


信長という人の特異性をつくづく感じるのはこんな所でして、現に信長最後の武田勝頼の討伐戦は「朝敵」として行ったとも言われますし、信長は本当に大事なことは全部言わずじまいで死んだ武将、という思いがしてなりません。

そこで以上の結論として、たとえ安土城天主に「彩色豊かな障壁画」があったとしても、それらは「文字」で画題の上下関係(体制転換の指針)を伝えることが第一の役割であり、そのための「立体的御殿」でもあり、実際の各部屋は防備優先のままで、書院造のような明るさは求められていなかった! という結論になりそうなのです。



豊臣秀吉の場合は…/大阪城天守閣蔵『大坂城図屏風』と当サイトのイラストより


さて、そうなりますと、信長の後継者・秀吉は、<そんな安土城天主の内と外をひっくり返せば「見せる天守」を造れるではないか>という、これまた大変に分かり易いアイデアを思いつき、それを大坂築城で実行した、という言い方も、ひょっとすると出来るのかもしれません。


当サイトでは、上写真の屏風に描かれた天守の紋章群はおそらく八幡神の神紋であり、神功皇后の三韓征伐伝説を世情に喚起したい秀吉政権の思惑が込められたもの、という仮説を申し上げて来ました。

信長と秀吉、二人の天主建造に対するスタンスの違いは、安土城と豊臣大坂城それぞれの歴史的な立場も影響したはずで、大坂の築城では盛時に5万人にも達したという大動員がかなり影響を及ぼしたのではないでしょうか。


と申しますのは、ともに政治的モニュメントとして効果の極大化をねらったものの、当面「文字化伝達」をねらうしかなかった安土城天主と、建造前から「見せる天守」をねらえた豊臣大坂城天守、という条件の違いが、天守の造型にもろに表れたことは大変に面白く感じられるからです。








作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。




2012年10月09日(Tue)▲ページの先頭へ
城の再発見!続イラスト解説 なんと三重目に「開かずの祭壇」が?…






続イラスト解説 なんと三重目に「開かずの祭壇」が?…


前回、当サイト仮説の安土城天主においては、各階ごとに薄暗さ(明るさ)がまったく異なり、「そういう各階を埋め尽くした彩色豊かな障壁画とは、じつは実際の鑑賞(見栄え)は二の次であって、別の主たる目的が先行した結果ではないのか」などと申し上げました。

本来ならば、今回はこの話のケリをつけるべきなのでしょうが、その前にもう一つ、この機会に是非ともお伝えしたい、ちょっと不思議な事柄がありまして、今回はそちらの方をご紹介させていただくことにします。



天主の三重目を色づけ/二重目「北之方御土蔵」の真上に部屋がある(左の張出し部分)


かねてから気になっていたのが『天守指図』で三重目(天主台上の二層目)の北端、すなわち二重目「北之方御土蔵(『安土日記』より)」の真上にある部屋でして、これをイラストで見ますと、グリーンに色付けしたうちの左端の張出し部分になります。

何故、ここが気になるかと申しますと…


『天守指図』三重目より/ここだけ『信長公記』等に該当する部屋の記録が無い



よく見ますと、北(下)壁の中央に幅2間の段? その壁外に破風


拡大して見ますと、ご覧のとおり下階の土蔵とは内部で連絡していたようにも見えず、したがってここは“土蔵の二階部分”ということではなさそうです。

そして(※当サイトは池上右平の文字の書き込みをすべて疑問視しておりますが…)部屋の真ん中に「御くらノ上さしき」と書かれ、北壁に張り付いた幅2間の段(階段付き)には「たん」「さか」と書き込まれています。


この段らしきものは、思わず姫路城天守にある「石打棚」という、高い窓と床の高低差をおぎなう狙撃手用の段を連想させますが、安土城『天守指図』の場合、どうしてこの位置にそういうものが必要なのか、まったく分かりません。


それは内藤昌先生の復元案においても、この部分の張出しの壁面には(仕方なく)窓を設けず、わざわざすぐ上の(高い位置の)破風内に小窓を設ける、というチョット苦しい復元にならざるをえなくなったほどです。

そして内藤先生はこの部屋について、著書ではごく簡単にしか触れておられません。



(内藤昌『復元・安土城』1994年より)

「御くらノ上さしき」(東西四間×南北三間)がある。T・U・V類本にまったく記述がないのは、祖本の記録者貞勝が、特殊な場所ゆえ拝見しなかった結果と思われる。



「特殊な」というのは、この文章に特段の補足説明がないことから「御殿のうちに入らない別種の」という意味のようですが、その一方で、『信長記』『信長公記』類の分類(「T・U・V類本」)の中に「まったく記述がない」こと、また天主を拝見した村井「貞勝」が「拝見しなかった結果と思われる」と指摘された辺りは、さすがだと思われます。

何故なら、織田信長は村井貞勝らに<この部屋も意図的に見せなかった>(!!)という可能性が生まれるわけで、このことに私なんぞはビンビンと過剰反応してしまうからです。


当イラストでは問題の「段」の下に小窓、上に華頭窓を想定して描いてみた


はからずも『天守指図』が示唆する、信長が秘して見せなかった部屋… しかもその部屋の北壁(つまり部屋に入って正面に見える壁)に謎の段が設けられている…



左:サンタニェーゼ・イン・アゴーネ教会の祭壇(ローマ/ウィキペディアより)
右:大天后宮・媽祖廟の祭壇(台湾/台湾旅行クチコミガイド様より引用)


ひょっとして、問題の2間幅の段は「祭壇」ではなかったのか… などと申し上げれば、まーたトンデモない事を! とおしかりを受けそうで心配ですが、現に安土城内にハ見寺を建立したり、天主内に盆山を置いたりした信長のことですから、まんざらでもなかったように感じられてなりません。


まさか内側にステンドグラス!?信長が秘した「開かずの祭壇」か


よもや、かの「第六天魔王」の祭壇ということでもないでしょうが、これはずっと私の好奇心を誘って来た事柄です。

と申しますのも、当サイトの仮説ではこの階だけが<極端に薄暗かった>三重目において、その最も奥まったところに“開かずの祭壇が隠されていた”などというふうに想像しますと、矢も楯もたまらず、かく申し上げてしまった次第なのです。







作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。