城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2013/04

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (263)



全エントリ記事の一覧はこちら

2013年4月
 
       

新着エントリ
城の再発見!さらなる『江戸始図』の補足を。「刻印」優先論との深刻きわまりないバッティング (10/18)
城の再発見!『江戸始図』の「小天守」はどこに消え失せたのか?? (10/13)
城の再発見!家康が本当に好んだ天守の姿から問う、「江戸始図」解釈への疑問点 (9/29)
城の再発見!「京の城」の伝統的な天守の位置 →聚楽第の「北西隅」はむしろ新機軸の異端か (9/16)
城の再発見!ポルトガル海上帝国と「川の城」岐阜城 →あえて「C地区」の構造的な欠陥を疑うと… (9/1)
城の再発見!フロイスの岐阜城訪問記には金箔の「瓦」とはどこにも書いてない (8/17)
城の再発見!どうして岐阜城で「織田系」金箔瓦が発見されないか (8/3)
続々・甲府城「天守」のゆくえ →金箔付きシャチ瓦も「徳川包囲網」の目印だったのか?… (7/20)
城の再発見!続・甲府城「天守」のゆくえ →再訪の直感、天守台「穴倉」の内側も“見られること”を意識している (7/8)
城の再発見!甲府城「天守」のゆくえ →躑躅(つつじ)ヶ崎館の天守台との関係はどうなっていたのか (6/25)
城の再発見!近世城郭の「完全否定」で籠城戦に勝てたのが熊本城か (6/12)
城の再発見!これもコンクリート天守の「魔力」がなせる技か… 熊本城天守のすばやい解体と復旧 (5/29)
城の再発見!目的地は“東アジアの下克上”か?…満洲族と日本の17世紀「新興軍事政権」 (5/19)
城の再発見!肥前名護屋城の出現と「小中華意識」に没入した李氏朝鮮の無反応 (5/4)
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (23)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)


アクセスカウンタ
今日:2,033
昨日:2,207
累計:2,205,455


RSS/Powered by 「のブログ

2013年04月25日(Thu)▲ページの先頭へ
城の再発見!まことに興味が尽きなかった城郭史学会の大会から






まことに興味が尽きなかった城郭史学会の大会から


駿府城天守の周囲を前代未聞の「露台」がめぐっていた可能性についてのお話の続きは、申し訳ございませんが、また一回先送りしまして、先週末のセミナーの感想を是非ともお伝えしたく思います。

4月20日開催の、西ヶ谷恭弘(にしがや やすひろ)先生の日本城郭史学会の大会は、テーマが「安土城天主」でした。

私は以前、まったく個人的な理由から史学会に迷惑をおかけしてしまい、以来、カンペキに敷居が高くなっていたものの、テーマがテーマだけに、矢も盾もたまらず参加させていただいたという次第です。


会場の江戸東京博物館にて

(※西ヶ谷先生が内藤昌先生から寄贈されたというイラスト)


大会テーマの発端になったのは…

千田嘉博著『信長の城』(岩波新書) / 池上裕子著『織田信長』(吉川弘文館 人物叢書)

  


大会の冒頭、司会の伊藤一美先生が言われるには、昨年に出た「衝撃的な二冊」、ご覧の千田嘉博先生と池上裕子先生の本が企画の発端だったそうです。

不覚にも自分は『織田信長』の方をまるでフォローしてなかったため、セミナー終了後に本屋に飛んで行ったのですが、二冊の安土城のとらえ方は、織田信長の城の「求心性」では一致するものの、「階層性」という概念をめぐっては、異なる見解が対立しているように見えました。


千田先生の著書はご承知のとおり(前年末に出た『天下人の城』と共に)安土城等について、かなり思い切った論調で自説を展開された注目作でした。

私なんぞは『天下人の城』の段階で、例の『信長公記』類にある天主台の広さについて「文字史料の誤り?」と書かれていたのを見つけた時、ついに来るか、と大きな期待を感じました。

そして次作『信長の城』での「天守」の解釈、天守と織豊系城郭(求心性)との関係などは最大級の賛辞を心中で発したものの、具体的な安土城天主の復元案には「あ…」と複雑な感想を抱いてしまいました。(※今回の文末にその感想を図解付きで申し上げています)


一方、池上先生の著書は、信長が奉行人制や評定衆などの政治機構を設けず、また百姓と向き合う農政や民政も無く、絶対服従する家臣への直接的な命令だけで“すべて”を動かそうとした点(=ワンマン独裁者?)に注目されました。

ですから、そうであるなら織豊系城郭の「求心性」とは何だったのか、「階層性」の実態はどういうものだったのか、という疑問が大会企画の発端になったのかもしれません。


で、セミナーの講師には、千田先生の著書で痛烈な批判をあびた(!!)滋賀県文化財保護課の松下浩(まつした ひろし)先生や、宮上茂隆復元案の生き証人・竹林舎建築研究所長の木岡敬雄(きおか たけお)先生をお迎えするなど、意欲的なラインナップでした。


とりわけ自分にとっては、当サイトで申し上げて来た「大胆仮説」に関連しうる発言がいくつも、発表や質疑応答の中にちりばめられていて、まったく興味の尽きない1日だったのです。

ということで、今回お伝えしますのは、決して当大会の公平かつ妥当な報告文ではなくて、あくまでも私の勝手な我田引水ばかりの印象記であることをお断りしたうえで、順次申し上げて参りましょう。





<山が動いた!! / 私にとって最大の福音になった西ヶ谷恭弘先生の「八角」発言>






西ヶ谷先生の発表「安土城天主復元諸説をめぐって」は、話題になった天主崩壊説(大雨で一度倒壊した)を含む復元諸説の紹介があったわけですが、その最後の <十、「六重目八角四間程」をめぐって> での発言は、これまでの安土城天主の復元の歩みを転換させる契機になって行くのではないでしょうか。

先生は大村由己の『秀吉事記』(『天正記』)が豊臣秀吉の大坂城天守について「四方八角」と表現したことを踏まえて、安土城天主の六重目も「本当に八角形だったのだろうか」と発言されたのです。


その直前には先生ご自身の(もちろん八角円堂による)復元案の紹介もあったので、よもやそんな展開になるとは思っていなかったため、私は会場の最後列に座ったまま感極まり、思わず目頭が熱くなったことを白状いたします。


八角円堂ではない「十字型八角平面」による六重目/当サイト仮説イラスト


で、決して他意は無いのですが、かつて八角円堂による六重目を含む斬新(ざんしん)な復元案で一世を風靡した内藤昌先生が、昨年の秋に亡くなられたことも含めますと、なにか時代がまた動き始めているような気がいたします。

そして何より、八角円堂による自説の復元案もあるのに、ああいう発言をされた西ヶ谷先生の深意は何だったのか… 非常に重いものを受け取ったように、私なんぞは勝手な感慨にふけってしまうのです。





<宮上茂隆案はいまも変化し続けていた / 木岡敬雄先生の「二段目の石垣」発言>






木岡先生は宮上茂隆先生のもとで宮上案の図面を引いたという方で、まさに宮上復元の生き証人と申し上げてよいのでしょうが、そんな木岡先生の発言の中にも、ハッとさせられる事柄がありました。

と申しますのは、宮上案に対する三浦正幸先生の批判のホコ先になっているのが、天主台上に復元された複雑な形状の「二段目の石垣」であり、宮上先生は生前にこれの高さを五尺として図面化するように指示したそうです。


以前のブログ記事の作図より/二段目(濃いグリーン)は外観上はすっきり見えても…


木岡先生は指示どおりにこれを高さ五尺で図面化し、それをもとに何枚かのイラストが描かれ、世間に認知されて来たのですが、その一方で、宮上先生は『国華』で次のようにも書いておられました。


(宮上茂隆『国華』第998号/1977年より)

不整八角形の天主台上に、低い石垣を矩形に築き、その上に天主木部が載っていたと思われる。また仮にそうした二重石垣でなかったとしても、天主木部と石垣外側との間には広い空地がとられていたに違いない。


つまり宮上先生は、二段目が無かったケースにも、ちゃんと目配りしていたのです。

そんな遺志を継いでか、いま竹林舎建築研究所から発表する図面は、木岡先生の新たな復元図として、二段目石垣を高さ1〜2尺の低いものにしているそうで、言わば、宮上案はいまも生き続けていた(変化し続けていた)わけです。

私なんぞは、これは素晴らしいことだと思いますし、今後は宮上案の復元図などを見かけた時、それが「宮上図」なのか「木岡図」なのか、見極める楽しみが増えたように感じています。





<『信長の城』への反論の機会がありがたいと… / 松下浩先生の「大手門のズレ」発言>






ご承知のとおり、20年に及ぶ発掘調査の中で(旧)安土城郭調査研究所が発表した「清涼殿に酷似した本丸御殿」説は、三浦正幸先生や川本重雄先生から強い批判を受け、それに続いて千田先生は、小牧山城にも大手道があることから、安土城「大手道」を天皇の行幸道とした先の発表を、重ねて批判しました。

そんな渦中にある松下先生は、セミナー冒頭で「岩波新書(『信長の城』)の力は恐ろしい」とボヤきながらも、話題の伝信忠邸跡の石垣跡の正しい読み方を力説して、千田説に反論するなど、けっこう涙ぐましい様子に(私には)見えました。


かく申し上げる当ブログも、これまでに「清涼殿〜」説への対案(→記事)をアップしたり、「大手道」や大手門の四つの門は、ひょっとすると信長廟の門構えなのでは?(→記事)などという勝手な推論を申し上げて、批判の後追いをして来た立場にあります。


対案(雁行する御殿群と「儲(もうけ)の御所」説)のイラスト

「大手道」の直線部分は信長廟に向かっている!?


そんな私が思わず身をのり出したのは、発表後の質疑応答で、史学会評議員の坂井尚登さんが問いかけた「大手門の位置」に関する質問でした。

それは上図(やブログ記事)にも小さく描きましたように、大手道の登り口である「大手門」が、安土城郭研究所の発表では右側に微妙にズレているのは何故なのか、という疑問点であり、これに対する松下先生の答え(答え方)がたいへんに興味深かったのです。


ご承知のように研究所の発表では、四つの門は、内裏や中国の周王城などにならった都城の形式だとしていて、それは松下先生自身が「思いついた」ものだそうですが、先生は先の質問を受けると、ちょっと困ったようなニガ笑いをされて、発表内容に至った経緯について説明されたのです。


ひょっとすると、大手門は幅30m超の「羅城門」級の巨大な門だった!?

(※滋賀県安土城郭研究所『図説 安土城を掘る』掲載の図をもとに作成)


松下先生のお答えによれば、図のように「推定大手門」の左側の石塁もまた推定のものであって、出土した石塁跡のままであれば、その門幅は約30mもあり、「これでは羅城門のようになってしまう」と先生自身が懸念して、一、二の出土礎石をもとに左側の石塁を“推定した”のだそうです。!!

この回答に対して、質問者の坂井さんが「羅城門でもいいんじゃないですか」と応じていたのは、これもまた城郭研究の一つの転機になりうる質疑応答だったのではないでしょうか。







<では最後に、千田復元案に対する当サイトの感想を申し上げますと…>



まずは当サイト仮説の図から/『信長公記』類の数値は、南北と東西が逆だったのではないか


当サイトでは、天主台上(二重目)の空地を含む広さは、『信長公記』類に書かれた「二重 石くらの上 廣さ北南へ廿間 東西へ十七間」という数値が逆であったと考えますと、現地の遺構にスンナリ当てはまることを申し上げて来ました。

しかし千田先生が『信長の城』で提起された新復元案は、文献どおりの数値を実現すべく、天主二重目の木造部が天主台から大きくはみ出して建つように、大規模な懸造り(かけづくり)を想定したものです。


千田復元案の根幹を成すのは、ご覧のような「20間×17間」の想定方法



(千田嘉博『信長の城』2013年より)

別言すると懸け造りで天主台から天主が張り出したと考えないと、『安土日記』や『信長公記』の記述と遺跡でわかる実際の天主の規模を合致させることはできないのです。
同様に北側もしくは南側でも天主が懸け造りになっていたと考えれば、南北二〇間の記述とも合致します。
(中略)
天主台石垣の高さによって石垣天端まで伸びた柱がどこまでだったかには解釈の余地がありますが、石垣直下の東列礎石では北から七石目、西側礎石では北から四石目までが、少なくとも天主の懸け造りに関わった礎石と推定しておきたいと思います。


このように千田復元案とは、天主台の南西側の「二の丸東溜り」で発見された礎石列に立脚したもので、そこを南西端として天主台を取り巻くように懸造りが築かれ、それで文献の「20間×17間」が建物二重目として建てられたとするものです。

(※ただし礎石列は、間隔は2.1mと天主台石蔵のものと同じですが、その軸線・石列の向きは上図のようにずいぶん異なっています…)


ということは、今後、天主台跡の北側において、限定的な発掘調査を行いさえすれば、この千田復元案の評価はかなりハッキリするのではないでしょうか。

仮に先生の著書にあるように、懸造りや天主の全体が南へ(図では上へ)3間ズレていたとしても何かしら「出る」はずでしょうし、出なかった時は、それはそれで興味深い状況になると思われるのです。









作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。




2013年04月14日(Sun)▲ページの先頭へ
城の再発見!駿府城天守のまわりは付櫓か? それとも広大な「露台」か!?






駿府城天守のまわりは付櫓か? それとも広大な「露台」か!?


天守から何が見えたのか/…反対の南側には太平洋の水平線も

北東に見える富士山(この写真はサイト「BLUE STYLE 第二事業部」様からの引用です)

(※静岡県庁別館21階からの撮影/写真左下が駿府城公園の一部)


お話は前々回からの続きになりますが、大日本報徳社蔵の城絵図によって、これまで「天守台四隅の隅櫓」と思われた墨塗り部分が、よくよく見れば天守にしっかりと接続していることは、駿府城天守を「究極の立体的御殿」と考える上で、見逃すことの出来ない重要な情報であったと感じています。

では、天守台上の幅広い墨塗りをどう解釈すべきか?と申しますと、天守と接続していることから該当するのは、まずは下写真のような「付櫓(つけやぐら)」ではないでしょうか。


福山城天守に接続した付櫓(園尾裕先生所蔵の古写真より)



もしも古写真のような付櫓の類であったなら、図の駿府城天守に登閣した者は、そのまま二階から水平移動で、天守のまわりの付櫓に入ることが出来たでしょうし、さらに歩を進めて天守台周囲の風景を眺めることも出来たでしょう。

ですから、こうした構造であれば、前々回に引用させていただいた八木清勝先生の懸念(天守二階からの眺望の問題)は、もしかすると、取り越し苦労になるのかもしれません。

で、多少、前々回とダブりますが、もう一度だけ、八木先生の文章を確認しておきますと…


(八木清勝「駿府城五重天守の実像」/平井聖監修『城』第四巻より)

天守の二階に高欄を設けたのは、二階からの眺望を得るためと思われる。
天守台上の地面と外側石垣との差は十二尺五寸(約三・八メートル)で、二階床面がわずかに外側石垣の天端より高い程度である。
天守台外周石垣上に多聞櫓を設けると二階からの眺望はほとんど望めなくなる。眺望を妨げずに石垣天端に建てられるのは土塀くらいの高さまでの建物である。
少なくとも富士山や臨済(りんざい)寺、浅間(せんげん)神社を見渡せる西北から東にかけての方角には、二階からの眺望を妨げる、多聞櫓のような高さ二十尺(約六メートル)を超える桁行の長い建物は建てられなかったと思われる。



ご覧の文面でお気づきのとおり、八木先生の指摘で肝心かなめの部分は、懸念の発端が「二階に高欄を設けた」のは何故か? という、高欄の目的にある点です。

ですから「付櫓」であってもダメ…… と言いますか、とにかく天守二階の高欄からの眺望をさえぎるものは、それが何であれ、天守の設計と矛盾してしまうだろう、という考え方なのです。

(※この観点は、前々回も申し上げた「隅櫓や多聞櫓は文献史料に一言も書かれていない」という件も深く関係して来るでしょう)

まぁ細かい事をつつくようですが、この部分が一番大事なキモになるわけですから、それにしたがって第二の可能性を探ることにしますと、次に浮上して来るのが、ちょっと意外な「露台(ろだい)」なのではないでしょうか。!!


露台造りの実例:手前の板張り部分が厳島神社の平舞台(国宝)

(※この写真はサイト「日本の遺産〜日本で出会う遺産」様からの引用です)


露台とは、ご覧のように屋根の無い、御殿から張り出した広い縁側のような構造物でして、一般にはその上で池庭を鑑賞したり、宴席を設けたり、という目的で造られて来たものです。
ただし写真の厳島神社「平舞台」の場合は、これそのものが本殿の前の「庭」という位置づけだそうです。

そういう言わば遊興施設?の一部ですから、天守のまわりに露台、というのは前代未聞のことで、またまた私の妄想癖が始まった(…)とお感じになるかもしれません。


ですが、天守のまわりの天守台上に(どういう目的なのか)空地を設けた事例が歴史的にいくつかあったことも、ご承知のとおりです。

例えば以下の各天守で、その空地の目的が判明しているものは一つも無く、これらはおそらく、過去の何らかの形態のなごりではなかったのかと、私なんぞには感じられてなりません。

・会津若松城天守
・小松城本丸御櫓
・金沢城御三階櫓
・安土城天主(当サイト仮説)等々


一方、これらと駿府城天守との違いは、駿府の方には大きな「穴倉」状のくぼみがあることで、言葉を換えれば、天守台上が大きな矩形の石塁で囲われている点でしょう。

ですから、露台でその上を覆ってしまうのなら、何故、わざわざ天守台を石塁で囲んだのか… この場所は防御的なのか開放的なのか、方向性がはっきりせず、設計に矛盾が生じるではないか… といった疑問は当然のことです。


この件に関しては、以前のブログ記事でも申し上げた、駿府城天守の完成までの特異な経緯(駿府城の「超巨大天守」は本当に馬鹿げた話なのか)や、下図の名古屋城との相似形の裏に、疑問に対する答えや真相が隠れているのではないかと勝手に想像しております。




これについてはすぐに答えが得られるわけでもありませんので、ここは、今回のお話を最後まで申し上げてしまいますと、天守のまわりに「露台」という前代未聞の形でスペースが設けられたとしても、正直申しまして、私はさほど違和感を感じません。

何故かと申しますと、以前にもご覧いただいたイラストですが…


天守のいちばん原初的なイメージ 〜織豊期城郭の求心的な曲輪配置の頂点に〜

 
ともに派生形か… 天主台上に空地をもつ安土城天主(仮説) / 本丸石垣の一隅に建つ高知城天守(現存)


ご覧のように、そもそも最初の天守は、おそらく敷地の台上にタップリと空地があったのだろうと想像しているからです。

ですから駿府城天守のまわりに広大な「露台」がめぐっていたとしても、それは全く奇異なことではなくて、むしろ天守の発祥に関わる、原初的な形態を踏まえた(才気あふれる)デザインなのだと感じられてなりません。

そこには中国古来の「台」の伝統も垣間見えるようで、駿府城天守の造型に小堀遠州が関与した可能性は低いとも言われますが、もしも今回申し上げたような構造が天守の周囲に施されていたなら、そこはまさしく、大王の「国見(くにみ)」の場にもふさわしい気配が漂っていたのではないか… などと思わず空想してしまうのです。


広大な露台に囲まれた、新「王朝」府の天守か






作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。