城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2013/06

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (265)



全エントリ記事の一覧はこちら

2013年6月
           
           

新着エントリ
城の再発見!続『モンタヌス日本誌』→大坂城天守の記録はまさに「駿府城天守」のことか (11/17)
城の再発見!今回は『江戸始図』の補強になるか?『モンタヌス日本誌』の挿絵は予想外に写実的 (11/5)
城の再発見!さらなる『江戸始図』の補足を。「刻印」優先論との深刻きわまりないバッティング (10/18)
城の再発見!『江戸始図』の「小天守」はどこに消え失せたのか?? (10/13)
城の再発見!家康が本当に好んだ天守の姿から問う、「江戸始図」解釈への疑問点 (9/29)
城の再発見!「京の城」の伝統的な天守の位置 →聚楽第の「北西隅」はむしろ新機軸の異端か (9/16)
城の再発見!ポルトガル海上帝国と「川の城」岐阜城 →あえて「C地区」の構造的な欠陥を疑うと… (9/1)
城の再発見!フロイスの岐阜城訪問記には金箔の「瓦」とはどこにも書いてない (8/17)
城の再発見!どうして岐阜城で「織田系」金箔瓦が発見されないか (8/3)
続々・甲府城「天守」のゆくえ →金箔付きシャチ瓦も「徳川包囲網」の目印だったのか?… (7/20)
城の再発見!続・甲府城「天守」のゆくえ →再訪の直感、天守台「穴倉」の内側も“見られること”を意識している (7/8)
城の再発見!甲府城「天守」のゆくえ →躑躅(つつじ)ヶ崎館の天守台との関係はどうなっていたのか (6/25)
城の再発見!近世城郭の「完全否定」で籠城戦に勝てたのが熊本城か (6/12)
城の再発見!これもコンクリート天守の「魔力」がなせる技か… 熊本城天守のすばやい解体と復旧 (5/29)
城の再発見!目的地は“東アジアの下克上”か?…満洲族と日本の17世紀「新興軍事政権」 (5/19)
城の再発見!肥前名護屋城の出現と「小中華意識」に没入した李氏朝鮮の無反応 (5/4)
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (25)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)


アクセスカウンタ
今日:3,072
昨日:2,766
累計:2,269,682


RSS/Powered by 「のブログ

2013年06月24日(Mon)▲ページの先頭へ
城の再発見!「居館」という呼称に対する戸惑い… 冷静に見れば、岐阜城千畳敷は「山里丸」ではなかったのか





※この何日間か、「のブログ」がまた閲覧しにくい状態に陥り、ご心配をおかけしましたが、現在、運営会社の方に善処を依頼しているところです。


「居館」という呼称に対する戸惑い… 冷静に見れば、岐阜城千畳敷は「山里丸」ではなかったのか


二重目に高欄を設けた駿府城天守の模型 / 犬山城二重天守の推定復元イラスト


今回は、前回に申し上げた「二重同規模 望楼型」の話題から、このところの宿題であった駿府城天守の二重目の「高欄」問題へと、大きく論点を展開させてみようと思っていたのですが、そんな矢先に、またまた気になる歴史雑誌と出会いました。

それは、せっかくの上質な仕上がりの中で、たった一語だけ、どうしても気になる用語が使われていて、こういう事は機会を逃してしまうと、なかなか言い出しにくいものですので、今回もあえて変則的な記事にさせていただきます。



『週刊 新発見!日本の歴史』創刊号/朝日新聞出版


ご覧の創刊誌は、かの『週刊朝日百科』の流れをくむ本だそうで、それにしてはずいぶんと表紙の雰囲気が違うため、思わず書店でもパスしてしまいそうでしたが、中身を拝見しますと、さすがに神経の行き届いた誌面づくりがされていると感じました。

で、この本においても、最近「金箔飾り瓦」が話題の岐阜城について紹介されていて、その書き出し部分はこうです。


(高橋方紀「考古学コラム 岐阜城を掘る」/前掲書より)

宣教師ルイス・フロイスの『日本史』は、岐阜城の山麓居館の庭を次のように記述している。
「庭(ニワ)と称するきわめて新鮮な四つ五つの庭園があり、その完全さは日本においてはなはだ稀有なものであります。



決してこのコラム自体について、どうこう申し上げようというのではなくて、これはもう岐阜城の関係者の方々には慣例化した事柄なのでしょうが、文中の「山麓居館」という呼称(用語)に、私なんぞは、ずっと違和感を感じて来たのです。

と申しますのは、「信長公居館」とか「山麓居館」という呼び方に対して、おそらく一般の方々が受け取るだろうイメージは、そこにあたかも“織田信長と家族が居住していた”かのような誤解を生みかねない、危うい要素をはらんでいると思われたからです。


ご承知のとおり、<信長と家族は金華山山頂の主郭に居住していた> というのが長年の城郭研究の成果であるのに、どこか、我々は、山麓の千畳敷で出土した巨石群の強い印象に惑わされているのではないでしょうか。

それはひょっとすると、信長の思う壺に、現代人までがハマっているのかもしれず、ここは一度、冷静になって見直してみた場合、岐阜城千畳敷(巨石列から奥の曲輪群)は基本的に「山里丸」の、重要人物の接遇用の御殿と庭ではなかったか、と思われて来るのです。

と申しますのも…


防御上の必要性を超えた、“威圧感”を目的とした過大な石積み

A.肥前名護屋城の上山里丸の虎口(慶長期)


B.岐阜城千畳敷で発掘された巨石列



余人には困難な、多大な労力を費やして現出させた数寄の空間

A.肥前名護屋城の上山里丸の青竹ばかりの茶屋(引用:五島昌也復元画)


B.巨石の石組みで護岸した岐阜城千畳敷の渓流

(引用:岐阜城跡 信長公居館発掘調査デジタルアーカイブの掲載写真より)



天守(主郭)のひざ元で、周囲から半ば隔離されて築かれた曲輪の位置

A.肥前名護屋城図屏風(県立名護屋城博物館蔵)の上山里丸


B.金華山ロープウェー駅に展示された杉山祥司画「岐阜城図」


ご覧のうち、一番下の「岐阜城図」は地元の日本画家の方の創作による絵画ですから、このように並列に扱うのは問題があるかもしれませんし、これらはすべて豊臣秀吉の肥前名護屋城との比較だけですので、片手落ちと言われかねない部分もあるのかもしれません。

ただ、写真ABの両者を、全国の城にいくつもあった根小屋式の山麓居館… 例えば私の地元・八王子城の御主殿とか、備中松山城の御根小屋とか、そしてそもそも斉藤氏時代の岐阜城千畳敷!? 等と比べますと、後者はいずれも城主の主たる居館であり政庁でもあった、という点に歴然とした違いがありそうです。

その点、ABの両者は、むしろ「山里丸」としての特徴をしっかりと備えているように思えてならず、それは上記写真の他にも…


1.千畳敷一帯で、池・洲浜・石組みなど数多くの庭園遺構が確認されたこと

2.秀吉ゆかりの城も「上山里」「下山里」とヒナ壇式に山里丸が築かれたこと

3.肥前名護屋城の記録では、山里丸にも華麗な御殿群が造営されたこと

4.肥前名護屋城図屏風にも楼閣風の櫓があり、城下の遠望は重視されたこと





といった点は、ABともに共通し、なおかつ岐阜城を訪問した宣教師の記録とも合致する要素として揃っていて、これらの理由から、岐阜城の千畳敷は、曲輪の分類や用途としては「山里丸」と考えるべきではないのか、と申し上げたかったのです。




<ならば、関係者の期待を集める「階段状居館」説は??>




当ブログの過去の一連の記事をご覧になった方は、私がいまだに四段の「階段状居館」説に納得できず、むしろ岐阜公園(「千畳敷下」)の池の周辺に、将軍・足利義政の別荘・東山殿の「銀閣」にならって、四階建ての楼閣が東向きに建てられたはず、と申し上げて来たことはご存知でしょう。

この点は、話題の「金箔飾り瓦」が確認された中でも、一向に変わることはありませんで、またいつか反論をまとめて記事にしたいと思うのですが、その論点は例えば…


論点1

信長の岐阜城時代のあと、織田家の一門衆や重臣らは、誰一人として、居城に「階段状居館」を建てることは無かったようであるが、これは信長が重臣(柴田勝家ら)にも千畳敷の御殿をほとんど見せなかったことの影響なのか、それとも、彼らの側がまるで無関心だったのか。


論点2

発掘された千畳敷の地形から見て、“増築を重ねた温泉宿のような構造”とされる「階段状居館」では、いちばん下段の建物以外は、どの建物も、すぐ下段側の建物の屋根や接続部分が邪魔になって、その向こうにある城下町を、十分に見渡せる状態にならなかったのではないか。(宣教師の記録との矛盾)



等々ですが、特に論点2では、城主(領主)が櫓の高欄などから城下を見渡すのは、言わば「政治的行為」の一環であって、ちょっと覗き見えさえすればいい、などという事ではなかったはずだと思うのです。







作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。




2013年06月09日(Sun)▲ページの先頭へ
城の再発見!イラスト犬山城二重天守に見る、原初的な姿は「天守≠高層建築」






イラスト犬山城二重天守に見る、原初的な姿は「天守≠高層建築」


犬山城の直線的城道「岩坂」


前回の犬山城からたどった独自仮説は、一つの拠り所として、針綱神社の遷座(現本丸にあった針綱神社が築城のために遷座した年)が天文6年であると、神社側が由緒を表明している点を重視したものです。

と申しますのは、織田信康時代の犬山城は三光寺山(後の三ノ丸)にあったという考え方も強いのですが、仮にその場合であっても、幕末まで「直線的城道」の史実をたどれる城としては、犬山城の他には検討材料が無く、この観点からの犬山城の貴重さに変わりはないはず、という点をまず申し添えたいと思います。


さて、その犬山城の天守と申しますと、例の「金山越え」の件など、現存十二天守の中でもいちばん謎の多い天守ではないでしょうか。


ご承知のとおり、様々な古文書に、美濃金山城(兼山城)から天守などが犬山城に移築されたという話(金山越え)が記されていますが、現にブツがのこる天守については、昭和の解体修理のおりの調査で、その話は否定されました。

ですが、それにしても、現在見られる天守の三重目(3階4階)が無かった状態(最短でも慶長期の約20年間)というのは、いったいどんな姿をしていたのか… これは城郭ファンの興味の的の一つと申し上げていいでしょう。


現状の犬山城天守


この件について、先の調査報告書は、二重目の屋根上に「果して望楼の如きものがあったかどうかも判明しない」としていて、より小さな望楼が載っていた場合の柱位置(小屋束穴)を検討してはいるものの、結局、それらは単に屋根を支える小屋束であった(つまり二重目の屋根上には何も無かった)可能性もあって、確たることは言えないと結論づけています。

ところが今回、こうして犬山城の資料をいくつか見直しているうちに、ふと、アレレッ…と思い当たる事柄がありまして、しだいに作画意欲が沸いて来て、またまた妄想的なイラストを描いてしまったのです。




<文献にある「天守上一重は…御再興」という文言に対するインスピレーション>




(『視聴随筆』1848年より)

天守上一重は宗心公御再興、欄干と御好にて成就す、夫れ故に二重目より下は皆鑓かんな削りにて兼山より移所なり、尤も御風呂、下水堀も宗心公御再興となり


これは幕末に書かれた『視聴随筆』の注目される部分の文言でして、これによって犬山城天守は、「宗心公」成瀬家の初代城主・正成が、江戸初期の元和4年から寛永2年の間に「天守上一重」すなわち望楼を増築したとされています。

で、ご覧のように文中では「御再興」と表現されていて、この「御再興」という言葉は、普通に考えますと、かつても望楼があったという意味になるでしょう。

しかし今回、ふと気づいたのは、昭和の解体修理で判明した、天守の旧観に関する知見を改めて突き合わせますと、「御再興」とは、通常の意味ではなくて、ちょっと特殊な使い方であった可能性もあるように感じられたのです。



旧観1)破風内は木連格子だった / 現状は三重目が木連格子、二重目が漆喰塗込


二重目の屋根の破風は、現状は白漆喰の塗込めになっていますが、この漆喰を解体修理の時にはがしたところ、中から墨塗りの黒い木連格子(きづれごうし)が姿を現したそうです。

ということは、現状では黒い木連格子の破風は三重目の屋根にありますので、要するに、かつての二重目の破風の様式が、望楼の増築とともに三重目に移され、その代償であるかのように、二重目はわざと漆喰で塗込められて隠された、という風にも言えそうなのです。



旧観2)軒裏は素木(しらき)だった / 現状は三重目が素木、初重・二重目が漆喰塗込


また屋根の軒裏についても、同じような事が起きていて、現状の軒裏は三重目が写真のとおり素木であり、一方、初重と二重目は漆喰塗込になっています。

ところがこれも、漆喰をはがしたところ、当初は素木であったことが判明し、つまり軒裏についても、望楼の増築に合わせて、かつての様式を望楼の方に移して、その代償のごとく初重・二重目の素木は塗込めて隠してしまった、とも言えそうなのです。



旧観3)黒い下見板の無い時代があった! / 現状は三重目だけ柱を見せた真壁


そして驚くべきことに、この天守の特徴の一つでもある「黒い下見板」が、無かった時代もあるというのです。


(『国宝犬山城天守修理報告書』1965年より)

外部の腰下見張りも後世修理の際施されたものであり、当初は縁切目長押上まで壁であったことが判明した。
何時頃下見張りに変更されたか判明しないが柱の風蝕状況その他からみて江戸末期の附加とするのが妥当と考えられる。

(中略)
修理前のものは明治震災の復旧になるもので、今回修理の際それ以前の下見板が発見されたが、それが当初のものであるかどうかは判明しない。


この結果は城郭ファンにとってまことに意外で、文中の「縁切目長押」とは、壁面のいちばん下の、縁などとの間に入れる長押ですから、かつては初重が全面「壁であった」時代があると判ったのです。

そして報告文のとおり「それ以前の下見板」も見つかったものの、「柱の風蝕状況」がある以上は、下見板は長い間、それが無い時代が続いたことの証拠であり、その間、初重や二重目はどうなっていたかと言えば、またもや三重目と同様の(否、三重目だけに遺された?)柱を見せた「真壁」であった可能性があるわけです。



以上のとおり、調査の知見を改めて突き合わせますと、文献の「御再興」という文言は、例えば <二重目の主な意匠を三重目に移して再現した> という意味で「御再興」としたのではないのか… という風にも思えて来たのです。

すなわち、それまでの状態は、二重目屋根の上にはやはり何も無かったのであり、逆を申しますと、当初の二重目は、それだけですでに特殊な位置づけ(※初重と同規模でありながら立派に望楼!?)だったのではないのか、と。


もしこの見方が正しいならば、かつての犬山城天守は、絵画史料にある越前大野城の二重天守と似たようなプロポーションであり、報告書の他の知見によりますと、屋根は柿(こけら)葺きなど板張りであった可能性が強く、また東西の妻破風はそれぞれ半間ずつ中央に寄っていた、等とありますので、それらを踏まえてイラスト化してみました。


慶長期の、三重目が無かった「犬山城二重天守」を推定復元!!

(※木曽川の対岸、北西側から見上げた状態)


現状とまったく印象が違うので驚かれたことでしょう。

でも、犬山城の別名「白帝城」は、元来は地形的な連想から云われたのでしょうが、外壁の色としてはこの方がずっと相応しいのかもしれません。


で、おそらく、ここで申し上げるべき事は、天守の要件とは何だったのか、という問題ではないでしょうか。


これまで当サイトは、天守の「形」の要件は「重数」では全くなく、つまり規模や床面積に関わらず、ひとえに、織豊系城郭の求心的な曲輪配置の頂点に位置し、基壇にちなむ台などを伴い、織豊権力の出現を領内(新領地)に視覚的に示すため、どこからも見えるように天高く、山頂などの「しかるべき位置」に築かれた、主君の館の表現(政治的モニュメント)だったのだろうと申し上げて来ました。

ですから、とりわけ原初的な姿は「天守≠(ノットイコール)高層建築」と思われ、ご覧のような二重天守はもちろん、場合によっては平屋建ての天守も充分にありえたのではないでしょうか。



(※注/手前の小さな櫓台上の千貫櫓は、描写を省略しております)


しかしそうなりますと、よく言われる <望楼型天守が天守の「型」の始まり> ということでもなかったことになってしまい、このままですと、望楼型に先行した型、例えば「二重同規模 望楼型」とでも言うべき型があった… などという超過激な話になりかねず、まったくもって冷汗モノです。


でも、よくよく考えますと、「二重同規模 望楼型」というのは、その後の天守の二重目までの構造(例えば岡山城天守〜広島城天守〜名古屋城天守など)を見た場合、それらの原型としては、案外、ひょっとすると…



ご覧の松江城天守も、(手前の付櫓を除く)本体の初重と二重目が同規模

これらの形の由来は未解明のまま









作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。