城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2013/10

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (249)



全エントリ記事の一覧はこちら

2013年10月
   
   

新着エントリ
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)
城の再発見!「革命」は 信長→秀吉→三成 の三人で完成するはずだった? 時空を超えた<石田三成≒大久保利通>説 (9/27)
城の再発見!徳川家康の画期的な着眼か→ 四方正面(八棟造り)は平城の「求心性の自己表現」にもなる? (9/14)
城の再発見!ならば聚楽第チルドレンの筆頭・天正期の駿府城には「小天守」とともに大天守もあったのか (8/29)
城の再発見!毛利輝元らは聚楽第で天守を見ていなかった!? とすれば… 広島城天守をめぐる“ぬぐえぬ疑問” (8/15)
城の再発見!最上階にやはり白鷺(しらさぎ)の絵 → 問題の層塔型「御三階」の構造を推理する (8/2)
城の再発見!後継者・秀次の墓穴(ぼけつ)――最大の過失は、洛中に強固な「城」を築いてしまったこと?? (7/15)
城の再発見!異例の側室・摩阿(まあ)姫が住んだ「京都天主」「聚楽天主」の正体 (7/4)
城の再発見!40m四方の天守台!? →『聚楽第図屏風』には天守が描かれていないのかもしれない… (6/20)
城の再発見!驚嘆、信長の「天下」観念は今日にも通じているのか… (6/9)
城の再発見!話題の「旧二条城」と岐阜城と小牧山城の“合体形”として安土城は出来上がった? (5/25)
城の再発見!続々・信長の「天下」――安土城天主は天皇の行幸殿の上にそびえ立ち、見おろしていた、とする見方の多大な影響 (5/10)
城の再発見!続・信長の「天下」とは――せっかく築いた小牧山城と城下をなぜ4年で捨てたのか? (4/25)
城の再発見!信長の「天下」とは――いつごろまで「天下布武」印を使ったのか?という素朴な疑問から (4/11)
城の再発見!続・豊臣大坂城天守も階段群が2系統 →「2系統なのは何階までか?」で各天守を区分すると… (3/29)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (9)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)


アクセスカウンタ
今日:282
昨日:2,692
累計:1,898,093


RSS/Powered by 「のブログ

2013年10月28日(Mon)▲ページの先頭へ
城の再発見!さらに深かった?籐堂高虎の超秘策 …その重大さに徳川家康も思わず気付かぬふりを?





さらに深かった? 籐堂高虎の超秘策


前回は、天下普請の江戸城で「二十間四方」天守台を築いた家康と高虎の深意について、色々と想像をめぐらせてみましたが、実はその時、高虎が仕掛けた企(くわだ)ては、それだけではなかったようです。

この件をお話するためには、その企ての前提となる天守曲輪(天守丸/天守構え)の状態について、『当代記』にもとづく独自の解釈案をご覧いただきましょう。



【 独自解釈 】「殿守台は二十間四方也」の文脈をあえて図示すると…


(『当代記』巻四より)

去年之石垣高さ八間也、六間は常の石、二間は切石也、
此切石をのけ、又二間築上、其上に右之切石を積、合十間殿守也、
惣土井も二間あけられ、合八間の石垣也、
殿守台は二十間四方也



上の図と『当代記』の記述を合わせてご説明しますと、記述の一、二行目については、これまでの諸先生方の見解では、「去年之石垣」を改築して合計の高さが10間の天守台(「十間殿守」)になった、という解釈でほぼ一致して来ました。

しかし三行目の「惣土井も二間あけられ」がどこの土居の話なのかは諸説があって、それについては例えば西ヶ谷恭弘先生は、高さ10間の天守台と読むか、土居のかさ上げの影響で「二間の土壇上に八間の天守台石垣が築かれたと読むか」は不明であると解説しておられます。(『江戸城』2009年)

つまり「土井(土居)」がどこにあたるかで、最終的な天守台の高さが変わってしまう可能性が残るわけで、そのために当サイトは、ご覧のような独自解釈を申し上げてみたいのです。




このように「土井(土居)」を天守曲輪の内部の敷地と解釈するのは、たいへんに異例な考え方だとは思うものの、これならば、問題の三行目が文中のそこにある意味がはっきりして来ますし、記述全体の“足し算・引き算”をきれいに納めることも出来ます。

すなわち、天守台の本丸側(図の上側)は石垣高が10間に達したものの、天守曲輪の内部を2間かさ上げしたため、内側の石垣高は8間になった… という経緯を『当代記』は伝えていたのだと解釈できるわけです。


ではいったい何故、ここを2間かさ上げする必要があったのか?? と考えますと、築城名人・高虎の「本丸を意図的に狭くして多聞櫓で囲む」という築城テクニックがそこに関わっていたのかもしれません。

現に、他の文献では、江戸城本丸の「狭さ」をめぐる高虎と家康のやりとりが伝わっています。


(『慶長日記』より)

(家康)高虎に本丸狭ければ広げられんと仰ければ、高虎云(いう)、本城は狭きに利多し、広きに小勢籠りたるは利少しと、申し上る…


【 参考図 】高虎が改修した江戸時代の津城 / 本丸の狭さ、内堀の広さが特長的!!


上の『慶長日記』の部分は、一般的には、家康が高虎に対して「江戸城の本丸が狭くないか」と問いかけたところ、高虎が「本城は狭い方が守るに好都合」と答えた話として扱われますが、文中の「本丸」「本城」がそれぞれどこを意味したかは諸説あり、それによって話の結論は様々です。


ですが、そもそも慶長の江戸城「本丸」は、結果的に狭くもなんともなく、すでに広大な敷地を占めていたのは確実のようですから、それが狭いか、狭くないかと、押し問答をしたこと自体が不自然でなりません。

したがって、私なんぞは文句無く「天守曲輪」のことだろうと思うのですが、もしそうだとしますと、この話には、もっと別の、驚愕の真相が隠されているかもしれないと疑っているのです。




<築城名人がくわだてた超秘策…

 そこの本来の目的は天守曲輪(詰ノ丸)などではなく、あろうことか、

 天皇の「江戸行幸」のための行幸御殿が意識されていた!?>







これは2011年度リポートでお見せした図ですが、その説明文も是非もう一度、目を通していただけますでしょうか。


(2011年度リポートより)

遊撃丸伝本丸は、敷地の形やおおよその広さ、天守との位置関係、全体が石塁や石垣で厳重に囲まれていること、しかし石塁上に上がれば良い眺めが得られること、そして第一の門が南から入る形であることなど、あらゆる点が、驚くほど似ているのです。
(中略)
冒頭で申し上げた秀吉の大陸経略構想では、計画の目玉として、後陽成天皇の北京行幸が掲げられています。
一方、安土城の伝本丸も、正親町天皇(もしくは誠仁親王)の安土行幸に備えた「御幸の御間」があったのではないかと論争になった場所です。

この状況が示す可能性を直裁に申し上げるなら、遊撃丸も、元来は「天皇の行幸殿」として築かれた場所だったのではないか……
あの城内でもひときわ堅牢な石塁の囲みは、そのためだったかと思えば、じつに納得のいくものです。




そしてなんと、慶長の江戸城も!!?(ご覧の3図はもちろん同縮尺。方角は方位記号のとおり)


ご覧のように、敷地の形や広さ、天守との位置関係が、またまた良く似ているわけでして、その他の要素も、南から入る表口と搦手口(からめてぐち)というように、それぞれに三つ巴の関係で踏襲し合っているようです。






例えば最後の「主な眺望」では、いずれも天守の反対側から、安土城下や玄界灘や富士山が眺められる形になっていて、これらは一つのスタイルとして、高虎が再び江戸城で採り入れたものと感じられてなりません。

すなわち、ここに、問題の「土居」をわざわざ2間かさ上げした深意が隠されていて、はっきりと申し上げるなら、高虎は「いずれ天皇の江戸行幸あるべし」と密かに考え、それを改修の絵図に盛り込み、家康に提示したのではなかったのかと。

それだけ高虎は、新しい天下の覇城・江戸の築城に、強い思い入れを込めて縄張りを行ったとも考えられ、たとえ実際に江戸行幸が無くとも、“そういう備え”を施してあることが、幕府の「本城」として肝要なのであると考えたのではないでしょうか。




ところが、家康は、『慶長日記』の一般的な解釈のままでは、絵図の深意などにはまったく気付かなかったことになります。

ですが、ひょっとすると、家康はうすうす気付いたものの、事のあまりの重大さのために、わざと気付かぬふりで「本丸(!)が狭くないか」とカマをかけて高虎の顔色を見た… ということであったのかもしれません。

そうだとすれば、家康の「本丸」というカマかけに対して、とっさに持論の戦術云々の話で答えた高虎もまた、そうとうな“タヌキ親父”だったのではないでしょうか。








作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。




2013年10月13日(Sun)▲ページの先頭へ
城の再発見!「人」が登らない天守への画策か 〜徳川家康と藤堂高虎の密議〜





「人」が登らない天守への画策か 〜徳川家康と藤堂高虎の密議〜


徳川家康と藤堂高虎



家康時代の江戸城を推定してみますと、天守台は『当代記』に「殿守台は二十間四方也」とあるうえに、意外にも、ご覧のように20間四方がピタリと伝来の城絵図に当てはまる、という現象があることを前回お知らせしました。


したがって文献の「二十間四方」というのは、天守台の“台上の広さ”を伝えた文言であろうことは、もうさほど異論の出ない状況なのではないでしょうか。

となれば、家康時代はかなり複雑な形状の天守曲輪(天守構え)があったにも関わらず、天守台そのものは、実に整然とした「真四角」の広大な台が築かれたことになります。


築城名人・籐堂高虎の伝記『高山公実録』では、高虎が仕上げて差し出した江戸城本丸改修の絵図を見た家康は、「此所はかく、其所はかやうにと、御手づから度々御朱引御墨引遊ばし」たそうで、そのように二人で決めた絵図に二代将軍秀忠も異論なく、そのまま「隍(ほり)池 石崖 悉(ことごとく)成就しぬ」とあります。

この文中に「石崖」=石垣と書かれている点から、天守曲輪や天守台も当然、家康と高虎の合作であったのでしょう。


ということは、おそらく徳川氏の居城としては初めての、そして高虎の居城では経験のある「真四角な」天守(台)を、二人はあえて選択した可能性があるわけでして、今回はその狙いについてちょっと考えてみたいのです。




丹波亀山城天守(各階の平面が真四角 / 初の層塔型天守とも言われる)

窓の配置はやや不規則で、最上階はおそらく見せかけの欄干であり、内部はかなり暗かった??


(※写真:ウィキペディアより)


籐堂高虎と言いますと、近年は三浦正幸先生が、ご覧の丹波亀山城天守の前身(移築前の天守)と伝わる高虎の今治城天守の方を「初の層塔型天守」と主張されていますが、ただし、この移築については三浦先生ご自身が…


(三浦正幸 監修・編集・執筆『よみがえる天守』2001年より)

高虎は今治城主であったが、慶長十三年に伊賀、伊勢の城主として転封しており、(丹波)亀山城普請を命じられた時は転封の直後であった。
大名の転封の際に居城の天守を持ち去ることは異例であるので、今治城天守を移建したとする点は信じ難い。
しかし、今治城天守新築の用材を準備中に転封となり、その材を新しい持ち城である伊賀上野城天守に利用する予定にしたところ、(丹波)亀山城天守に急に転用したと解すれば合理的であろう。



という風に、この本では、従来の今治城天守の否定論(遺構が見つからない)に目配せした考え方も示しておられて、かなり複雑な経緯も考えられたわけですが、この時の三浦先生の想定を時系列で整理しつつ、そこに江戸城「天守台」の件を加えますと、まるで違った状況も見えて来るのです。



慶長5年  籐堂高虎、関ヶ原の戦功により伊予国で20万石に加増される

慶長6年  高虎、伏見城(再建)や膳所城の天下普請で普請奉行を務める

慶長7年  高虎、今治で居城の築城を開始し、慶長9年に一応の完成をみる

      (※注:三浦先生はこの後の慶長9〜13年に今治城天守が新築
          されたという形に、現在では自説を改めておられます)

慶長11年 (前述の)高虎が縄張りした江戸城本丸改修の天下普請が始まる

慶長12年 「二十間四方」の江戸城天守台が築かれる

慶長13年 高虎、伊勢・伊賀に加増転封され、居城の津城を改修し始める。

      今治城天守の用材は大坂屋敷に保管する

慶長14年 高虎、篠山城や丹波亀山城の天下普請で縄張りを担当し、

      天守用材を家康に献上する

慶長15年 高虎、名古屋城の天下普請で縄張りを担当。丹波亀山城が竣工

慶長16年 高虎、支城の伊賀上野城を改修し、13間×11間の天守台を築く




こういう経緯の中で丹波亀山城天守が完成したとなりますと、ここには高虎の「石高の加増」と「縄張り担当」「普請助役の免除」「重要地・伊勢への転封」そして「天守用材の献上」とが、まことに巧妙にカラミ合っていることに気付かざるをえません。


その上で、問題の天守用材と、江戸城「二十間四方」天守台との、時系列的なカンケイを思い切って邪推してみた場合は、ちょうど、今治城天守が建てられたか 建てられなかったか 分からない時期に、話題の「二十間四方」天守台が築かれているわけなのです。!!


……もちろん私は、ここでいきなり、今治城天守と、江戸城「天守台」との間に直接的なカンケイがあった、などという暴論を申し上げるつもりはありません。

ただし、両者ともに「真四角」を大前提にしていた節があり、そして完成した丹波亀山城天守の窓がやや不規則な配置(=建物の規模縮小?)になった点を考慮しますと、ある種の、疑念が頭に浮かんで来ます。




つまり、問題の天守用材というのは、本当に所伝どおりの、今治城や伊賀上野城などの“高虎の天守”として利用が可能な「用材」だったのでしょうか??


と申しますのは、高虎は、豊臣時代の宇和島城は別として、関ヶ原後の今治城や津城では、ハッキリと天守を建造したことが確認できない一方で、問題の天守用材を家康に献上したあとの伊賀上野城では、堂々と、五重天守(13間×11間)を新規に建て始めたことが判っているからです。


つまり問題の天守用材とは、実は、高虎にとって“家康に対する遠慮のため、処置に困り、手に余ってしまった天守用材”だったのではないか、という観点が必要になっているように感じられてなりません。(→なぜ大坂屋敷に保管?)

言葉を変えますと、問題の用材のことは、すでに家康に知られていて、「二十間四方」天守台とも、まったく無関係とは言えない存在ではなかったのか…と。


宇和島城天守

藤堂高虎の創建時(大竹正芳先生の復元案に基く)と、伊達宗利が再建した現存天守



さて、そういう「真四角」な天守(台)と高虎との関係は、豊臣時代の宇和島城に始まったことが知られています。

その頃から山頂の本丸内にポツンと建つ独立式(創建時は複合式)の天守であり、創建天守はそこにあった岩盤の台上に建てられたようです。


この天守の位置は、高虎の旧主・豊臣秀長の大和郡山城に似ている感じがあるもの、所詮、その位置と標高からして、すでに城の防御機能への貢献は完全に放棄されていた、という点に着目すべきではないでしょうか。

そして創建天守が各階とも真四角を基本にしていた点を合わせて考えますと、高虎はすでに、櫓とは別個の建築物として「天守」を造型していた節があります。




<家康と高虎の 真四角な天守台は「立体的御殿」との決別宣言だったか>





真四角な平面の建築と言えば… 大雁塔(中国) / 興福寺五重塔 / 法住寺捌相殿(韓国)


そして意外なことに、日本の代表的な「楼閣」の一階は真四角ではなかった

金閣は5間半×4間 / 銀閣は4間×3間 / しかし両者とも最上階は真四角



以前の記事で「金閣」を取り上げた際に、宮上茂隆先生の著書から「釣殿(つりどの)である住宅建築の上に、仏堂(二階は和様、三階は唐様)を載せる構成になっている」(『金閣寺・銀閣寺』1992年)という解説文を引用いたしました。


私のごとき古建築の素人があまり勝手なことは申せませんが、こうして見ますと、真四角(正方形)の建物というのは、同じく幾何学的な「六角堂」や「八角円堂」と同じ部類に含まれた、祭祀的な色合いを帯びた、人々の住宅とは別次元の建物を意味していた、ということはなかったのでしょうか。


不勉強を棚に上げてさらに申し上げるなら、そうした事柄の延長線上には、初期の望楼型天守の望楼に「三間四方」がポピュラーだったのは何故なのか、果たして「九間」との関連だけで説明しきれるのか、という問題もあるのかもしれません。

であるなら、天守の一階や、天守台そのものから「真四角」を強いる行為は、日本建築の伝統に照らして、明確な意図やメッセージを含んでいたようにも思えます。





そこで今回、あえて申し上げたいのは、家康と高虎の密議の中では、幕藩体制の中心・江戸の天下普請では、天守はもう <下克上を起こす「人」が登れる建築ではないものにしてしまおう> というような、大変に大きな歴史的判断が下されていたのかもしれない… と想像できてしまうことです。


そのような判断は、言わば、織田信長が創始した天主(「立体的御殿」)との決別宣言であったのかもしれません。

この時、徳川幕府がすでに歩みを始めた慶長12年には、荒々しい天守の時代にいかに幕引きするかが、築城名人としての懸案であったのかもしれず、高虎はそのアイデアを江戸城改修の絵図に描き込み、家康に言上したのではなかったでしょうか。


ところがその後、現実の江戸城では、やはり家康や秀忠の天守への登閣が求められるなどして、工事の過程で計画変更が行われてしまい、(※同時に高虎が計画していた今治城天守も足をすくわれてしまい!!)結果的に、江戸では2012年度リポートのような特注の四重天守が出現したのではあるまいか、と思っているのですが…。


その時の、家康と高虎の密議とは



天守における真四角な平面の選択


最上階から廻縁高欄を無くすこと


織田信長流の「立体的御殿」との決別


「人」が登らない天守への画策・誘導


天守(天主)本来の凶暴なる本質の換骨奪胎


徳川幕藩体制の要諦(ようてい)

<領国統治の中心は「人」であってはならない>

<公儀と忠義が両立した社会体制へ>


???







作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。