城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2014/05

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (249)



全エントリ記事の一覧はこちら

2014年5月
       

新着エントリ
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)
城の再発見!「革命」は 信長→秀吉→三成 の三人で完成するはずだった? 時空を超えた<石田三成≒大久保利通>説 (9/27)
城の再発見!徳川家康の画期的な着眼か→ 四方正面(八棟造り)は平城の「求心性の自己表現」にもなる? (9/14)
城の再発見!ならば聚楽第チルドレンの筆頭・天正期の駿府城には「小天守」とともに大天守もあったのか (8/29)
城の再発見!毛利輝元らは聚楽第で天守を見ていなかった!? とすれば… 広島城天守をめぐる“ぬぐえぬ疑問” (8/15)
城の再発見!最上階にやはり白鷺(しらさぎ)の絵 → 問題の層塔型「御三階」の構造を推理する (8/2)
城の再発見!後継者・秀次の墓穴(ぼけつ)――最大の過失は、洛中に強固な「城」を築いてしまったこと?? (7/15)
城の再発見!異例の側室・摩阿(まあ)姫が住んだ「京都天主」「聚楽天主」の正体 (7/4)
城の再発見!40m四方の天守台!? →『聚楽第図屏風』には天守が描かれていないのかもしれない… (6/20)
城の再発見!驚嘆、信長の「天下」観念は今日にも通じているのか… (6/9)
城の再発見!話題の「旧二条城」と岐阜城と小牧山城の“合体形”として安土城は出来上がった? (5/25)
城の再発見!続々・信長の「天下」――安土城天主は天皇の行幸殿の上にそびえ立ち、見おろしていた、とする見方の多大な影響 (5/10)
城の再発見!続・信長の「天下」とは――せっかく築いた小牧山城と城下をなぜ4年で捨てたのか? (4/25)
城の再発見!信長の「天下」とは――いつごろまで「天下布武」印を使ったのか?という素朴な疑問から (4/11)
城の再発見!続・豊臣大坂城天守も階段群が2系統 →「2系統なのは何階までか?」で各天守を区分すると… (3/29)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (9)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)


アクセスカウンタ
今日:280
昨日:2,692
累計:1,898,091


RSS/Powered by 「のブログ

2014年05月25日(Sun)▲ページの先頭へ
城の再発見!立体的御殿における「御上」(おうえ)の存在感





立体的御殿における「御上」(おうえ)の存在感

【お知らせ】

完成がとてつもなく遅れています2013年度リポート(最後の「立体的御殿」駿府城天守 〜朱柱と漆黒の御殿空間をビジュアル化する〜)は依然として難工事を続行中です。
この際、全体の体裁を2013−14年度リポートとしまして、この夏頃には是非ともお目にかけたいと決意しております。



ということで、今回の記事は「立体的御殿」の話題に戻って、『匠明』当代屋敷の図などに見られる「御上」の御殿が、萌芽期の天守(立体的御殿)において、かなり大きな存在感を持っていたのでは… というお話を申し上げてみたいと思います。


※ご参考 『岩波 古語辞典』より

おうへ【御上】
1 畳の上。座敷。また、居間あるいは客間
2 良家の主婦の敬称。「いかなれば−にはかくあぢなき御顔のみにて候ふぞや」<是楽物語>

※『三省堂 大辞林』より

おうへさま【御上様】
主人や目上の人の妻の敬称。おえさま。おいえさま。おうえ




発掘された滝の庭園が話題の、岐阜城・千畳敷(NHK番組の一コマより)

(※この画像はサイト「手づくりアイスの店 マルコポーロ」様からの引用です)


さて、当サイトは織田信長の岐阜城の千畳敷に関して、「全体がいわゆる山里ではないのか」「別の場所に四階建ての楼閣があったはず」等々と、発掘調査関係者の方々の神経を逆なでするようなことばかり申し上げて来ましたが、いま話題の“二本の滝の庭園”はさすがに、一日も早く現地で拝見したいという願望をかき立てられております。


一方、発掘調査のホームページや上記の番組CG等を見るかぎり、この20年近く可能性が強調されて来た「階段状居館説」はずいぶんとトーンダウンして来たようです。

すなわち、階段状に建物が接続した「増築を重ねた温泉宿のような構造」ではなくて、言わば「階段状」の曲輪群にそれぞれ配置された複数の建物、といった解釈に落ち着いたように見受けられます。

ですが、それでもまだ、私なんぞの疑問としては、例えば松田毅一『完訳フロイス日本史』の訳文では「予の邸」は「大きい広間」とは別の建物であって、その第一階に「約二十の部屋」があり、その「前廊の外に」「四つ五つの庭園」が位置していて「三、四階の前廊からは全市を展望」できたというのですから、上記のCGでも、まだまだ苦しい解釈だと思えてなりません。

(※またご承知のとおり、それ相応の礎石類は未発見のままですし…)




発掘調査地とは別の場所にあったと考える、当サイトの「四階建て楼閣」説

『耶蘇会士日本通信』の訳文を当てはめれば日本史上最大の楼閣に…



これは4年前の記事でご覧いただいた図に若干の加筆を行ったもので、何べんも申し上げて恐縮ですが、やはり山麓の「宮殿」(「予の邸」)は四階建て楼閣であり、足利義政造営の「銀閣」とまったく同じように、現在の岐阜公園の平地部分(昔御殿跡)において山側を向いて! 建っていたと考えた図です。


これを何故またご覧いただくのか(こだわるのか)と申せば、この楼閣こそ、「立体的御殿」の進化にとって、かの小牧山城の大発見と並ぶほどの、重要で欠くべからざるマイルストーン(一里塚/節目)だと感じるからです。

それは図のごとき「地階」があったなら、実質的に五重規模の史上最大の楼閣となりますし、また各階にそれぞれ性格を持たせていた節があるなど、まさに「立体的御殿」のプロトタイプと申し上げて良いのではないでしょうか。

そうした観点から、とりわけ留意すべきは二階の描写だと思われ…



(松田毅一・川崎桃太訳『完訳フロイス日本史』より)

二階には婦人部屋があり、その完全さと技巧では、下階のものよりはるかに優れています。

(村上直次郎訳『耶蘇会士日本通信』より)

宮殿の第二階には王妃の休憩室其他諸室と侍女の室あり。下階より遥に美麗にして、座敷は金襴の布を張り、縁及び望台を備へ、町の一部及び山を見るべし。



一階よりも美麗な二階には「王妃」=正室の濃姫(帰蝶)??の休憩室が…


ご覧の四階建て楼閣は、基本的には、建物の主目的が「銀閣」と同様の“月見のための楼閣”だったと考えるべきでしょうから、そこに「休憩室」という訳語が出て来てもなんら不思議は無いはずで、その最も美麗に仕立てられた二階は「王妃」の階だったというのです。


これは特筆すべき事柄だと思われまして、何故なら、その後の安土城天主でも、各階の障壁画の画題等は詳しく判っていても、ここまではっきりと「誰」のための階(部屋)と書かれた記録は他に無いわけで、信長の「立体的御殿」に対する発想を知るうえで、たいへんに貴重な証言だと言えるのではないでしょうか。

で、そうした発想は突然、信長の発意だけで生じたものかと言えば、そうでもないらしい… という点が、今回、強調させていただきたいポイントなのです。



『匠明』当代屋敷の図では、北西のいちばん奥に描かれた「御上方」

(その右下には「局」「台所」、左下には「御寝間」が描かれている)



皆様ご存じの平内政信の『匠明』は慶長年間の成立ですから、ご覧の図は織田信長よりやや時代が下るものの、ここにある「御上方」の御殿の位置は、どう見ても「天守」のあるべき位置と同じ?であるように見えて仕方がありません。例えば…


 左:聚楽第図屏風   右:洛中洛外図の二条城(慶長度天守か)

ともに本丸の東南に大手門、北西の奥に「天守」を配置したらしい



このように聚楽第や徳川家康の二条城、駿府城など、本丸御殿の敷地が四角い近世城郭と比べた場合、「天守」と「御上方」はほぼ同じ位置にあったと言えそうでして、これがさきほど申し上げた信長の「立体的御殿」の発想ともピタリと合致しそうで、ずっと気になって来た事柄なのです。

とりわけ気になるのが、従来、安土城天主の各階の「解釈」をめぐっては、諸先生方の間でいくつか相違があったものの、おおむね天主台上の「二階」については「対面所」という解釈で一致して来たのに、それが実は「王妃」の階=すなわち江戸城にもあった御台様の大奥対面所の先例だった… などという話は、諸書ではまったく見かけたことがありません。




ですが、ですが、今回お話し申し上げているように、信長の「立体的御殿」の進化のプロセスを推定する上では、<二階は「王妃」の階>であり、<二階の対面所は大奥対面所の先例だった> という見方は、けっこう理にかなった配置手法であると思えて来るのが、なんとも興味深いのです。


いずれにしても、ここでいちばん大事なことは、岐阜城千畳敷の場合、もはや小牧山城の山頂のようなスペース的な制約はまったく無かったわけで、それでもなお、信長が「立体的御殿」に執着したことが、次の安土城での天主誕生!! につながったのだという見立てが、当サイトの筋立ての屋台骨になっているわけなのです。



今回の話からの推論) 銀閣や金閣にもあった空中の橋廊下、史上最大の四階建て楼閣の場合は?


それは話題の滝の庭園へ…??







作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。


2014年05月11日(Sun)▲ページの先頭へ
城の再発見!続・幻の福岡城天守と「切妻破風」…空とぶ絵師は何を描いたのか





続・幻の福岡城天守と「切妻破風」…空とぶ絵師は何を描いたのか


歌川貞秀「真柴久吉公 播州姫路城郭築之図」


前回に申し上げた“戯れ言”(=この浮世絵こそ福岡城天守の実像なのでは?…)は、どうやら言いっぱなしのままでは済まない状態のようで、弁明のための補足説明をいくつか申し上げたいと思うのです。

まず、背景の海は「実は博多湾ではないか」という件ですが、逆を申せば、表題どおりの姫路城と播磨灘だとしますと、現実には、とてもこの浮世絵のような景観がありえないことは明らかでしょう。


姫路城天守の最上階からの眺め(南の播磨灘方面 / 外港の飾万津は約4km先)


(※上写真2枚はサイト「神戸観光壁紙写真集」様からの引用です)


こうして見直してみますと、冒頭の浮世絵が「本来は姫路城の描写でない…」という私の勝手な疑念も、決してまとはずれではないようですし、さらに石橋を叩いて、姫路の外港だった飾万津(しかまづ)の景観を確認しておきますと…


播州名所巡覧図に描かれた飾磨津(飾万津)


(拡大)

ご参考1)冒頭の浮世絵の拡大  飾万津にこれだけ多数の蔵が建ち並んでいたか…


江戸時代、飾万津の港には、姫路藩の米蔵「飾磨御蔵」や水軍「御船手組」の奉行所などが置かれ、河岸には回船問屋が軒をならべて繁盛したと伝わるものの、そこに「博多」と肩を並べるほどの数の蔵があったかと言えば、そうとは言えないようです。しかも…


ご参考2)同じ浮世絵の左下部分  城の北々西の海岸沿いに小さく「橋」が見える


(拡大)

(※ちなみに「貞秀画」の右下の「通油町 藤慶版」はこの浮世絵の版元の情報)


前回はご覧に入れなかった浮世絵の左下部分ですが、小さいながらも目を引く橋が描かれていて、これを仮に、福岡の波戸港に入る手前の橋だったと考えますと、描写の「正確さ」「緻密さ」という点で、歌川貞秀ならではの特異な世界(→後述)が顔をのぞかせるのです。


ご参考3)「福博古図」にも福岡城の北々西の海ぎわに、ちゃんと「橋」がある


(拡大)現在の福岡市中央区荒戸と西公園の境界あたり


!!! ご覧のとおり、問題の浮世絵は一見、羽柴秀吉(真柴久吉=絵本太功記の役名)が鳶職の親方のように描かれるなど、太閤記の人気にあやかったオチャラけた要素がありながらも、実は、背景の町並みはそうとうに「正確」かつ「緻密」に描かれた可能性があるのです。




<「空とぶ絵師」歌川貞秀とは、何を描いた人物なのか

 「絵画と地図のあいだ」と言われるマニアックな筆致と遠近法>





歌川貞秀が、富士山の火口部分だけをパノラマ風に描いた「大日本富士山絶頂之図」


どうでしょうか。浮世絵でこんな絵!を描いたのが歌川貞秀(五雲亭貞秀、玉蘭斎貞秀とも)です。

神奈川県立歴史博物館が平成9年に行った「横浜浮世絵と空とぶ絵師 五雲亭貞秀」展の図録によれば、貞秀自身がある版本の序文で「親しく実地を踏みて見ざれば其真景ハ写しかたし」と自らの作風を記したそうで、この驚きの作画は、実際に本人が、富士山に何度も登頂して描いたものと考えられています。

そして貞秀は「横浜浮世絵」というジャンルでも精緻さを突き詰めていて、あまりの細密さから、貞秀が活躍した幕末から明治初期、浮世絵の業界では「彫り師泣かせ」の絵師と言われたそうです。

例えば以下の絵は、それぞれ画面クリックで拡大サイズ版にもリンクしておりますので、是非ご参照下さい。


歌川貞秀「再改横浜風景」(拡大版:3481×856 pix 横浜市立大学蔵)

歌川貞秀「東都両国橋夏景色」(拡大版:1602×785 pix 江戸東京博物館蔵か)


前述の図録によれば、貞秀の絵は「絵画と地図のあいだ」と評されているそうで、遠近法の採用も手伝って、観る者に“そこに行ったかのような体験”をさせようという、まるで現代のハイビジョンや4K画像(8K、IMAX…)等々と同じねらいを持っていることに、私なんぞは舌を巻いてしまうのです。

晩年になって貞秀は「凡そ浮世絵の上乗は。その時の風俗をありのまゝに写して。偽り飾らず。後の世にのこして。考証を備えしむるに在り」と語ったそうで、浮世絵というものに対して、一般の人々が抱いているイメージとは、かなり違う世界を追い求めていたのかもしれません。


歌川貞秀「楠正成 河内国千早城 鎌倉勢惣責寄手破軍大合戦」(拡大版:2000×991 pix)


一方、ご覧の千早城の絵など、貞秀は多くの合戦図の類いも描いていて、特にこの絵は、有名な楠木勢の奇策を(大胆に翻案して)櫓をガラガラと敵兵の頭の上に崩す形で描いた面白さで知られています。

ただ、これら何点かの「城」がらみの絵を見ますと、千早城や堺の籠城戦、北条執権の館などに「高石垣」を描いてしまうなど、どれも厳密な城の考証から申せば、貞秀の「正確さ」が急に怪しくなっているのは事実です。

これは、さすがの貞秀も、鎌倉から室町時代の城がどういうものか、もはや現地でも確認できなかった影響なのか、それでも依頼主の注文に応えるため、やむなく自らの画法を捨てて、世間一般が容易に「城」だと認識できるような確信犯的な手法に堕してしまったのかもしれません。



歌川貞秀「真柴久吉公 播州姫路城郭築之図」(拡大版:2000×956 pix)


さて、以上のような歌川貞秀の人物像を踏まえて、改めて問題の浮世絵をながめますと、上記の合戦図などと明らかに違うのは、なにより「姫路城は現存する城」であって、貞秀は西国への旅のおりに、池田家築造の現存天守なら何べんでも見られたはず、という一点に尽きるでしょう。

そういう中で、貞秀は現存天守とは似ても似つかぬ天守を描いた一方で、背景の海については「博多湾」をはっきりと意識して、正確に、細密に、描き込んだ可能性があるわけです。

!?…


この矛盾の背景を推理してみますと、作画に色々と策をろうした貞秀のことですから、もしかすると、羽柴秀吉時代の天守が現存天守とは異なることを百も承知のうえで、「ならば…」と、まったく別の城の原画を下敷きにして“真柴久吉の天守”を(はるかに精密に)仕立て上げた、という彼一流の芸当をやってのけたのではないでしょうか。


であるならば、そこに描かれた「博多湾」と「切妻破風」という共通項は、とりもなおさず、幻の福岡城天守につながるものでしょうし、前述の「後の世にのこして、考証を備えしむるに在り」という貞秀の言葉が、にわかに、意味深な謎かけに聞えて来るのです。







作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。