城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2014/06

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (265)



全エントリ記事の一覧はこちら

2014年6月
         

新着エントリ
城の再発見!続『モンタヌス日本誌』→大坂城天守の記録はまさに「駿府城天守」のことか (11/17)
城の再発見!今回は『江戸始図』の補強になるか?『モンタヌス日本誌』の挿絵は予想外に写実的 (11/5)
城の再発見!さらなる『江戸始図』の補足を。「刻印」優先論との深刻きわまりないバッティング (10/18)
城の再発見!『江戸始図』の「小天守」はどこに消え失せたのか?? (10/13)
城の再発見!家康が本当に好んだ天守の姿から問う、「江戸始図」解釈への疑問点 (9/29)
城の再発見!「京の城」の伝統的な天守の位置 →聚楽第の「北西隅」はむしろ新機軸の異端か (9/16)
城の再発見!ポルトガル海上帝国と「川の城」岐阜城 →あえて「C地区」の構造的な欠陥を疑うと… (9/1)
城の再発見!フロイスの岐阜城訪問記には金箔の「瓦」とはどこにも書いてない (8/17)
城の再発見!どうして岐阜城で「織田系」金箔瓦が発見されないか (8/3)
続々・甲府城「天守」のゆくえ →金箔付きシャチ瓦も「徳川包囲網」の目印だったのか?… (7/20)
城の再発見!続・甲府城「天守」のゆくえ →再訪の直感、天守台「穴倉」の内側も“見られること”を意識している (7/8)
城の再発見!甲府城「天守」のゆくえ →躑躅(つつじ)ヶ崎館の天守台との関係はどうなっていたのか (6/25)
城の再発見!近世城郭の「完全否定」で籠城戦に勝てたのが熊本城か (6/12)
城の再発見!これもコンクリート天守の「魔力」がなせる技か… 熊本城天守のすばやい解体と復旧 (5/29)
城の再発見!目的地は“東アジアの下克上”か?…満洲族と日本の17世紀「新興軍事政権」 (5/19)
城の再発見!肥前名護屋城の出現と「小中華意識」に没入した李氏朝鮮の無反応 (5/4)
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (25)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)


アクセスカウンタ
今日:3,023
昨日:2,766
累計:2,269,633


RSS/Powered by 「のブログ

2014年06月23日(Mon)▲ページの先頭へ
城の再発見!再吟味!「五重め(四階) 御絵ハなし」の実相





再吟味!「五重め(四階) 御絵ハなし」の実相


銀閣の二階「潮音閣」(ちょうおんかく)は、観音像を囲む壁が一面の漆黒!

これを例えば「御絵ハなし」と伝えても、不都合は無いはず!?…




ならば織田信長の「立体的御殿」の四階はいかに…


このところ、岐阜城に四階建ての楼閣があったとする当サイトの仮説を前提にしまして、信長の「立体的御殿」(萌芽期の天守)の発想のあり方を色々と申し上げてまいりました。

で、いよいよ最上階の四階はどうなのだ? となりますと、これがチョット不思議なことに(皆様よくご承知でしょうが)大した記述が無いのです。…!!


(フロイス『日本史』柳谷武夫訳より)

山と同じ高さの三階には、いくつかの茶室がある一つの回廊があります。茶室はことさらに選ばれた閑静な所で、何の物音も聞えず、人のさまたげもなく、静粛優雅です。三階と四階とからは町全体が見渡されます。

(村上直次郎訳『耶蘇会士日本通信』より)

第三階及び第四階の望台及び縁より町を望見すべく、高貴なる武士及び重立ちたる人々は皆新に其家を建築したれば、宮殿を去って甚だ長き街に出づれば王の宮廷に仕ふる者以外の人の家なし。


つまり四階については、外の眺望に関する記録しか無く、四階の内部がどうなっていたかは一切、記述が無いわけでして、せっかく「立体的御殿」を重ねた上の最上階であるのに、こういう状況というのは、私なんぞには、逆に気がかりで仕方がありません。

四階内部は本当に何も記すべきことが無かったのか… いや、そもそも「無い」とはどういう部屋の状態なのか… とりわけ記録者が宣教師という特殊事情を踏まえれば、と考えた時、ふと思い当たるのが冒頭の写真です。




この銀閣の二階(潮音閣)は、実際に現場をご覧になった方の言葉を借りれば「室内を見た時の衝撃・感動が忘れられない」「漆黒の世界に、障子越しの淡い光を、にぶく金色に放つ仏像。足利義政の心をみたり」(建築家・西方里見様のブログ「家づくり西方設計」より)という感じだそうで、かなり異様な真っ黒い空間が、逆に日本人の心をつかむのかもしれません。

ちなみに、足利将軍・義政が自ら命名したという「潮音閣」は、観音像を安置した禅宗様の仏堂であり、義政の造営のときから壁は黒漆塗りであったことが判っています。


そこで、もし、フロイスらが何も記録しなかった四階とは、こういう状態のことだった、と仮定した場合、話はまるで別の方向に大きく展開せざるをえないでしょう。


と申しますのは、かの金閣の二階もまた、ご承知のとおり「潮音洞」(ちょうおんどう)と呼ばれる和様の仏堂であり、しかも内壁は同じ黒漆塗りであるため、この両者に共通した「潮音」(ちょうおん)という名称はいったい何から来たものなのか、たいへん気になるところで…

1 海の波の音。潮声。海潮音。

2 仏・菩薩(ぼさつ)の広大な慈悲を大海の波音にたとえていう語。海潮音。


などと辞書には書かれていて、したがって四階は「何も無い」どころか、宗教的な背景をもつ、一つの世界観を与えられた階であった可能性が浮上して来るからです。




ひるがえって、これまで安土城天主の五重目(四階)は単なる「屋根裏階」とも…


(岡山大学蔵『信長記』より)

五重め 御絵ハなし
南北之破風口に四畳半の御座敷両方にあり
小屋之段と申也



(木戸雅寿『よみがえる安土城』2003年より)

こうしてみると天主じたいが後の本丸御殿に見られる書院の部屋の数々を階上に配列を変えて作られたものであることがわかるであろう。なぜ信長は、平面ではなく塔にしたのか。問題は各階各部屋の画題である。
(中略)
五重目には絵はない。これじたいも「無」が画題なのかもしれない。


さて、木戸先生の貴重な「無」発言を見ましても、安土城天主については『信長公記』類の「安土山御天主之次第」に各階各部屋の襖絵の画題が一々記録されているため、五重目だけが「御絵ハなし」とあっさり書かれていると、さも(評価に値しない)取るに足らない階であったかのような錯覚に、我々はいつの間にか、陥っていたのではないでしょうか。


かく申し上げる当ブログも、過去の記事(暗闇と迷路の五重目は「無」か「乱世」か)では、五重目が静嘉堂文庫蔵『天守指図』によると、ほぼ真っ暗闇になることから、それは暗闇の上方の最上階の「光」を際立たせる演出ではなかったか、などと申し上げるのが精一杯でした。


しかし今回、岐阜城の状況を踏まえて <銀閣−四階建て楼閣−安土城天主> という連関を想定してみますと、天主五重目は建物の構造として屋根裏であったとしても、ただの素朴な屋根裏階ではなくて、れっきとした性格(世界観)を与えられた階であったのかもしれません。

すなわち、一面の漆黒の階は、天下布武のあかつきの安寧(あんねい)と静謐(せいひつ)の受け皿となるべき、広大な空間の広がり(=制圧と版図)を表現していたようにも感じるのですが、いかがでしょうか。


天主(立体的御殿)の四階は、言わば潮音の階?


ということは、信長が岐阜城の段階で仕掛けた「立体的御殿」の全体構想とは…


この際、さらに申し上げておきますと、この前後の織豊政権のありようを思えば、天下布武の構想には「海の波音」が重低音のように低く鳴っていたのかもしれず、信長の「天下」観念のなかに「大海」がしっかりと組み込まれていた節も感じられて、改めて刮目(かつもく)する思いがするのです。






作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。


2014年06月09日(Mon)▲ページの先頭へ
城の再発見!ならば立体的御殿の三階は「茶の湯御政道」の本拠地か





ならば立体的御殿の三階は「茶の湯御政道」の本拠地か


当サイトが考える岐阜城の四階建て楼閣

二階が「王妃」の階(御上方)ならば、三階は茶の湯の階??



(村上直次郎訳『耶蘇会士日本通信』より)

第三階には甚だ閑静なる処に茶の座敷あり、其巧妙完備せることは少くとも予が能力を以て之を述ぶること能はず、又之を過賞すること能はず。予は嘗て此の如き物を観たることなし。


安土城天主も二階(三重目)が実は「御台の対面所」であったなら、

三階(四重目)は「茶の湯御政道」の階だったのでは…



前回、織田信長の「立体的御殿」をめぐる発想の仕方に話題が及んだわけですが、その二階が実は「御上方」の御殿を意識していたとしますと、三階は上の二つの図のように茶の湯… 信長の有名な「茶の湯御政道」の本拠地、とでも言うべき空間(ある種の聖域)に発展していたのかもしれません。

仮にそうだとしますと、「茶の湯」は信長軍団の支配原理に関わる重要な存在でもあったわけですから、安土城天主の七重は、下層階が蔵や政庁、御上方といった実生活に使うエリアだったのに対し、四重目から上が早くも政治的モニュメントの色合いを濃くするという、みごとなグラデーションが出来上がることになります。


金閣・銀閣などの各階構成にもつながるグラデーション


しかし私なんぞは、どうも、羽柴秀吉や丹羽長秀ら信長の家臣たちが、何故あそこまで信長下げ渡しの名物茶器を有り難がったのか、感覚的に解らない部分があるのですが、もし現代風に、ゴッホの絵が一枚何十億円という中で、信長の「名物狩り」のごとく、世界中のゴッホの絵を収奪・管理したうえで、一枚ずつ、家臣に恩賞として渡したというのなら、解らないでもないでしょう。

という理解のレベルで申しますと、仮に三階が「茶の湯御政道」の階だとしても、それは必ずしも信長自身が茶の湯三昧にひたる場所ではなく、ただ“名物茶器が集中的に納めてある階”というだけでもいいのかもしれません。

とすれば、私なんぞの一番の関心事は、二階の「御上方」にしても、それらは本当に実用(=実際に奥方らの専用)を第一目的として作られた階だったのか、という観点なのです。


と申しますのも、以前、当ブログでは <安土城天主の障壁画は見栄えよりも「文字化伝達」が最大の目的だったのでは> などと申し上げたり、<天主内部は薄暗さ・明るさが階によってバラバラだったのでは> とも申し上げたりしていて、岐阜城の四階建て楼閣ならまだしも、安土城天主の場合、二階(三重目)は「御上方」の実用にはちょっと不向きな面もあったように感じるからです。


静嘉堂文庫蔵『天守指図』三重目の内部はかなり暗そう

逆に四重目の内部はかなり明るかったのかもしれない



大西廣・太田昌子『朝日百科 安土城の中の「天下」』1995年


(同書より)

(安土城天主は)何といっても、上下七階に襖絵を配するという、ほとんど空前絶後といっていいプロジェクトであったことが、まず問題になる。
外観の壮大なスペクタクルが人の眼を奪ったであろうけれども、内部の各層に描かれていた襖絵が、またそれ自体で、さまざまなメッセージを階層的に組み立てた、一個のスペクタクルになっていたにちがいない。



といった見方を踏まえますと、結局、二階に「御上方」を配したのも、真のねらいは、あくまでも奥向きの御殿群を縦に重ねた「立体的御殿」、という建築構想の“身の証(あかし)”にあったのではないでしょうか。…

つまり個々の階に性格づけがなされていても、それぞれの階の実用性よりも、何故そういう風に積み重ねたのか?という、全体のメッセージの組み立ての方が、優先していたように感じられてならないのです。

そしてその立案者の信長にとっては、言わば“天主の情報管理”(天守とは何かという伝達情報のチェック)が、世間や家臣団の評価がそれで左右されかねないだけに、けっこうシビアであったはずだと思うのです。




<余談 / 駿府城天守の『当代記』の記録に、最上階の4間×5間の
 
 情報が無い(伏せてある?)のも、天守の情報管理の影響か…>





さて、そういう話題に関わる「余談」としまして、現在、まだまだリポートの制作途上ではありますが、駿府城天守の記録に関しても、申し上げたような“情報管理”の影を感じております。

と申しますのも、下記の重要なくだりに、最上階「物見之段」の4間×5間という規模の情報が欠けている点が、やや気になるのです。


(『当代記』此殿守模様之事)

元段  十間 十二間 但し七尺間 四方落 椽あり
二之段 同十間 十二間 同間 四方有 欄干
三之段 腰屋根瓦 同十間 十二間 同間
四之段 八間十間 同間 腰屋根 破風 鬼板 何も白鑞
            懸魚銀 ひれ同 さかわ同銀 釘隠同
五之段 六間八間  腰屋根 唐破風 鬼板何も白鑞
          懸魚 鰭 さか輪釘隠何も銀
六之段 五間六間  屋根 破風 鬼板白鑞
          懸魚 ひれ さか輪釘隠銀
物見之段 天井組入 屋根銅を以葺之 軒瓦滅金
     破風銅 懸魚銀 ひれ銀 筋黄金 破風之さか輪銀 釘隠銀
     鴟吻黄金 熨斗板 逆輪同黄金 鬼板拾黄金
  


この件については、諸書の解説などで『慶長政事録』の方に「七重目 四間に五間 物見の殿という」と書かれていて、こちらの記録で最上階の規模はちゃんと分かるのだとされています。

でも私なんぞは長いこと、『当代記』にそれが無いのは何か意味があるのでは? という勘ぐりを捨て切れませんで、悶々として来たのですが、その背景には…


最上階は伝統的な「三間四方」が当然、となれば、こういう考え方も無くはない


これは天守最上階の物見之段が「三間四方」であるのは“言わなくても判るはずだ”という姿勢を『当代記』がとっていた場合、ありうるケースだという気がして、私の悩みのタネになって来たものです。

ご覧のように六重目を完全な屋根裏階として大屋根をかけ、その上に三間四方の小さな望楼をあげれば、全体では立派に「五重七階建て」で考えることが出来ます。


そして何故「4間×5間」だけ欠けているのか、もう一つの原因として考えられる候補が、申し上げた「天守の情報管理」の影響ではなかったでしょうか。


すなわち <大御所の天守の最上階が、伝統的な三間四方=九間(ここのま)ではない> ということに、記録者がある種の“引け目”を感じてしまい、そのため4間×5間の『当代記』への記述をはばかり、遠慮してしまった、という可能性もあったのではないか… と申し上げてみたいのです。


ですが実際のところは、以前の記事で申し上げた「小さなコロンブスの卵」に気づいてからは、私もやはり最上階は「4間×5間」で正しかったのだと得心できましたし、制作中のリポートやビジュアルもこれに沿っています。


小さなコロンブスの卵


かくして、天守が「天守」として(立体的御殿が「立体的御殿」として)見られるための“身の証”には、思いのほか、当時の人々は慎重だったように感じるのです。






作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。