城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2014/07

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (247)



全エントリ記事の一覧はこちら

2014年7月
   
   

新着エントリ
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)
城の再発見!「革命」は 信長→秀吉→三成 の三人で完成するはずだった? 時空を超えた<石田三成≒大久保利通>説 (9/27)
城の再発見!徳川家康の画期的な着眼か→ 四方正面(八棟造り)は平城の「求心性の自己表現」にもなる? (9/14)
城の再発見!ならば聚楽第チルドレンの筆頭・天正期の駿府城には「小天守」とともに大天守もあったのか (8/29)
城の再発見!毛利輝元らは聚楽第で天守を見ていなかった!? とすれば… 広島城天守をめぐる“ぬぐえぬ疑問” (8/15)
城の再発見!最上階にやはり白鷺(しらさぎ)の絵 → 問題の層塔型「御三階」の構造を推理する (8/2)
城の再発見!後継者・秀次の墓穴(ぼけつ)――最大の過失は、洛中に強固な「城」を築いてしまったこと?? (7/15)
城の再発見!異例の側室・摩阿(まあ)姫が住んだ「京都天主」「聚楽天主」の正体 (7/4)
城の再発見!40m四方の天守台!? →『聚楽第図屏風』には天守が描かれていないのかもしれない… (6/20)
城の再発見!驚嘆、信長の「天下」観念は今日にも通じているのか… (6/9)
城の再発見!話題の「旧二条城」と岐阜城と小牧山城の“合体形”として安土城は出来上がった? (5/25)
城の再発見!続々・信長の「天下」――安土城天主は天皇の行幸殿の上にそびえ立ち、見おろしていた、とする見方の多大な影響 (5/10)
城の再発見!続・信長の「天下」とは――せっかく築いた小牧山城と城下をなぜ4年で捨てたのか? (4/25)
城の再発見!信長の「天下」とは――いつごろまで「天下布武」印を使ったのか?という素朴な疑問から (4/11)
城の再発見!続・豊臣大坂城天守も階段群が2系統 →「2系統なのは何階までか?」で各天守を区分すると… (3/29)
城の再発見!豊臣大坂城天守も階段群が2系統か →ならば建物の造りは「立体的御殿」のうち?? (3/16)
城の再発見!幕末、幻の大阪籠城戦での「大狭間筒vsエンフィールド銃」の勝負を夢想すると… (3/1)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (7)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)


アクセスカウンタ
今日:879
昨日:1,736
累計:1,852,986


RSS/Powered by 「のブログ

2014年07月19日(Sat)▲ページの先頭へ
城の再発見!「金頂」の御座としての最上階を想像する





「金頂」の御座としての最上階を想像する


(木戸雅寿「天主から天守へ」/『信長の城・秀吉の城』2007年より)

天守とはいったいどう言う意味で作られ、それが何なのかということを、理解できている人はなかなかいない。天守がどういう成立過程を踏んでできてきたものなのかということを、お話いただけませんかというような話になりますと、これをなかなかうまく説明できる人は少ない。
実は今の城郭研究の分野の中でも、天守の研究はある意味、混とんとしている部分があり、そのような状況が続いております。



安土城発掘の木戸雅寿先生がシンポジウムでこう発言されたのは、当ブログがスタートした前々年でしたが、その「混とん」を打破する突破口の一つは、かつて内藤昌先生が安土城天主を評した言葉であり、かつ三浦正幸先生も改めて指摘された「立体的御殿」というキーワードに他ならないでしょう。




で、当ブログはご覧のように、織田信長が構想した「立体的御殿」の各階のねらい(性格づけ)について、あえて岐阜城の四階建て楼閣と山頂天守を一体化して、安土城天主につながる「七重」として考えることから、アレコレと申し上げて来ました。

その山頂天守は、宣教師の記録に「欧州の塔の如し。此より眺望すれば美濃の過半を見る」(日本西教史)と書かれた以上は、複数階の建物であったことは間違いないのでしょうが、二階以上(最上階)の具体的な様子に関しては文献上にヒントも残されておらず、関ヶ原合戦の頃の二重天守らしき絵図や、加納城に移築された御三階櫓の図などを除くと、あとはもう信長当時のこと(特に内部について)は想像でしか語ることが出来ません。


これはおそらく、山頂天守の二階は、日常的に出入りできた信長の家族しか目撃のチャンスも無く、それ以外の者は、断じて信長が立ち入らせなかったからではないかと感じています。

余談ながら、その観点で申しますと、フロイスとロレンソに茶を運んだ信長の「次男」「十一歳くらい」の「お茶箋(ちゃせん)」は申すまでもなく後の織田信雄であり、彼が本能寺の変の直後に、安土城主郭部に火を放ったとされているわけですから、やはり彼は、信長の天主の中で何かを見ていたのかもしれません。

(※なにしろ、前回の記事のごとく、もしも六重目がアマテラスとスサノオにちなんだ階だとすれば、その上の七重目は、これはもう「天地開闢(かいびゃく)」か何かの、この世の始まりを示した階か、それとも全く別の角度からのアプローチによる階だったのか…)


いずれにしましても、岐阜城の方の最上階は想像で語るしかない、となりますと、残る有効な手立ては「逆算」ということにならざるをえないでしょう。



当サイト仮説の安土城天主の六重目・七重目(最上階)


ご覧の金づくしの七重目は、松岡利郎先生の復元模型(→関連記事)に勇気をいただいてイラスト化したものですが、思えば何故、天主(立体的御殿)の最上階だけ金でおおわれたのか? その目的や由来は? という、当たり前のようで誰も真剣に問うたことの無い疑問に、こうなるとブチ当たらざるをえないようです。

そういう中で想起されるのは、かつて宮上茂隆先生が指摘された、かの「金閣」の本来の姿でしょう。


宮上先生の考察による本来の金閣(『週刊 朝日百科』日本の歴史1986年より引用)


同じ宮上先生の著書『金閣寺・銀閣寺』1992年によれば、応永4年の創建時から昭和25年の有名な放火焼失事件まで、金閣の二階は、内外ともに黒漆塗りの状態がずっと続いたのであり、総金箔張りは常に三階の最上階だけであったはず、としています。


しかし現実には、事件後の再建のおりに、寺外に流出して花生けに加工された一木片が金箔張りのような色をしていたことを根拠として(!!…)、それは二階の隅木の古材であり、かつては二階も金箔張りであったと村田治郎博士らが考証して、そんな“過去の姿”を取りもどす名目で現状のように再建されました。

ですから、その再建方法に異論を唱えた宮上先生の指摘どおりならば、金閣もまた、本来は <金でおおわれたのは最上階だけ> であったことになります。


左写真:再建された現状の金閣                  



中国大陸の各地にある「金頂」

道教の総本山・武当山の金頂の金殿 / 峨眉山の金頂の金殿(近年の修築)


雲南省・鶏足山の金頂寺(近年の修築) / チベットのトゥルナン寺の金頂


そこで、ここでちょっと視点を変えまして、中国大陸の各地には、道教の山岳寺院を中心として、山頂の小堂だけを金でおおった銅製の建物(具体的には真武大帝の廟や観音堂など)にした「金頂」が、様々に設けられて来ました。


「金頂」というのは、厳密には山頂にある特定の場所を示す言葉のようで、本来は金色の建物や屋根だけを示す言葉ではなかったみたいですが、現実の漢字世界では例えばエルサレムの岩のドームなども「金頂」と言ってしまっていて、厳格ではありません。

またご覧の写真のうち、右下のトゥルナン寺は山頂に位置しているわけではありませんが、チベットのラサ(海抜は富士山頂とほぼ同じ)という立地を考慮すれば、どれも“極めて高い場所”であるのは間違いのないところです。


そして今回の記事の注目ポイントとしては、そうした山岳寺院の中で「金頂」が設けられた最高峰の山は、どれも「天柱峰」と呼ばれていることでしょう。


天柱峰の「天柱」には「この世を支える道義」という意味があるそうです。

ということは、言い直しますと、山岳寺院の中心に「この世」や「天」を支える「道義」のごとき「柱」である最高峰がそびえていて、その頂点に「金頂」が輝いていた、という関係になるわけです。


「金頂」と「天柱峰」はセットのような関係か…(写真は武当山の場合)


!! これはお気付きのとおり、我々の「天守」という名称とも、一脈、通じているかのような現象であって、たいへんに興味深いことだと感じます。


冒頭の文章の木戸先生によれば、我が国で当初「殿主」「殿守」「天主」と様々に表記されていた「てんしゅ」が、「天守」という表記に統一されたのは豊臣政権の時だそうです。

ですから、日本国内の再統一を成し遂げた豊臣政権にとって、「天守」という表記が、もしも天柱峰と金頂の関係にヒントを得たものだったとするなら、それは取りも直さず、豊臣政権の安泰と永続性をねがう意図が込められた表記であったのでしょう。


天柱峰と、金頂と、我々の「天守」と…

このような関係に注目して想像力を働かせますと、その結果、どうしても申し上げておくべき核心部分の仮説に行き当たりまして、それはすなわち…

<織田信長が構想した天主(立体的御殿)は基本的に最頂部を金でおおうものであった>

ということです。!!?…


ふりかえって前述の「金閣」ですが、本来、金でおおわれたのは最上階だけ、という宮上先生の指摘に寄り添えば、放火事件後の再建された姿は一見、華やかで印象がいいようでいて、その実、「なぜ金で階をおおうのか?」という、そもそもの「意味」を解らなくしてしまったのではないか… その姿を見続ける現代人に、今後どれほどの(悪)影響を残すのだろうか… という思いもしてまいります。

そこで、そんな状況に一矢を報いるため、今回の記事の最後には、こんな想像を付け加えてみても構わないのではないでしょうか。



小牧山城や、岐阜城の山頂天守も、最上階はすでに金色に輝いていたはずである

何故なら、それが信長の「立体的御殿」の構想なのだから…


(次回に続く)





作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。


2014年07月07日(Mon)▲ページの先頭へ
城の再発見!六重目(五階)の「千本の矢」…スサノオを天で待ち受ける軍装のアマテラス





六重目(五階)の「千本の矢」…スサノオを天で待ち受ける軍装のアマテラス


岐阜城の山頂天守の一階(五階/六重目?)はどんな階だったのか


(『完訳フロイス日本史』より)

上の城に登ると、入口の最初の三つの広間には、約百名以上の若い貴人がいたでありましょうか
(中略)
私たちが到着しますと、信長はただちに私たちを呼ばせ、私たち、ロレンソ修道士と私は中に入りました
彼は次男に茶を持参するように命じました。彼は私に最初の茶碗をとらせ、彼は二番目のをとり、第三のを修道士に与えさせました。
同所の前廊から彼は私たちに美濃と尾張の大部分を示しましたが、すべて平坦で、山と城から展望することができました。
この前廊に面し内部に向かって、きわめて豪華な部屋があり、すべて塗金した屏風で飾られ、内に千本、あるいはそれ以上の矢が置かれていました。



岐阜城の山頂付近から眺めた南の濃尾平野(地平線の高層ビルが名古屋駅前)


上記の訳文は、山頂天守の一階、すなわち織田信長が岐阜城に設けた「立体的御殿」の五階についての描写と思われますが、まず「上の城」の中でも「最初の三つの広間」と、山頂天守とは、別の建物であった可能性があるのでしょう。

そしてフロイスとロレンソが呼ばれて「中に入り」茶を飲んだ座敷?があって、「同所の前廊から」南の濃尾平野が見渡せ、しかも二人がそれまで通らなかった奥の「内部に」「きわめて豪華な部屋」があったと書かれています。

したがって、おそらく二人は、山頂天守の付櫓から入ってそこで茶を飲んだのであり、付櫓は南側に高欄が走っていて濃尾平野を見渡せたのでしょうし、「内部」というのが西の城下側、つまり天守そのものの一階=立体的御殿の五階(六重目)だったのではないでしょうか。

で、今回申し上げたい話題の中心は「千本の矢」でして、訳文の中で金屏風の豪華な部屋に置いてあったという「千本あるいはそれ以上の矢」に焦点を当てますと、そこから驚くほど色々な連想が出来るのです。




まず「千本の矢」というのは防御用の実用の弓矢ではなく、神前に供えた「千入(ちのり)の靫(ゆぎ)」ではなかったかと思うのですが、どうでしょう。

もしそうだとしますと、ダイナミックな岐阜城の「立体的御殿」の五階にふさわしい仕立てであり、すなわち天(高天原/タカマガハラ)のアマテラス(天照大御神)が「背には千入の靫を負い、脇にも五百入の靭をつけ」て、眼下のスサノオ(須佐之男命)に対して何故あがってきたかと雄々しく叫んだ、という『古事記』のスサノオ伝説を想起させるからです。

ちょっと唐突に聞えるかもしれませんが、岐阜城の山頂というロケーションと、後ほど申し上げる様々な関連性から、そう思えてならないのです。



(下左:「須佐之男命」津島神社の看板より / 下右:「武装した天照大御神像」東逸子画)


【ご参考】靫型埴輪(東北歴史博物館ホームページのアーカイブスより引用)

古代の靫(ゆぎ)は矢尻を上にして背負うための入れ物/埴輪の上4分の3がそれ



古代の靫(ゆぎ)は、信長の時代にはとっくに存在しなかったでしょうから、おそらくは千本の矢と、五百本の矢を、それぞれ神前(天照大御神)に供えるような形にしてあったものと想像しているわけでして、ここではまず『古事記』のスサノオの昇天伝説をザザザッとご紹介しますと…


(※以下の口語訳は「月刊 京都史跡散策会」様の第23号「冥府の神、荒ぶる神、須佐之男命」のほぼ丸写しであることを、何とぞ、何とぞお許し下さい)

黄泉国から逃げ帰った伊邪那岐命(イザナギノミコト)は、私はなんともいやな穢(けが)れた国へ行っていたものだ、ここはなんとしても、この身の禊(みそぎ)をしなければなるまい、として筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原で禊祓いをした際、左の目を洗ったときに天照大御神(アマテラスオオミカミ)が生まれ、右の目を洗ったときに月読命(ツクヨミノミコト)が生まれ、鼻を洗ったときに生まれた神が建速須佐之男命(タケハヤスサノオノミコト)でした。
伊邪那岐命は三貴子(みはしらのうずのこ)を得たと歓喜して、天照大御神には「高天原を治めなさい」と、次に月読命には「夜の食国オスクニを治めなさい」と、建速須佐之男命には「海原を治めなさい」と統治を分担させました。

ところが須佐之男命は委任された国を治めず、髭が胸前に垂れるまでの大人になっても、啼きわめいているばかりです。
その様子は青々と茂る山を泣き枯らし、河海まで泣き乾らしてしまいました。そこから邪悪な神の声が、五月の蠅さながらに満ちあふれ、万物はいっせいに災いに見舞われました。
伊邪那岐命は須佐之男命に、「どうしてお前は任された国を治めずに泣き喚いているのか」と糾(ただ)すと、「私は亡き母の国、根の堅洲国カタスクニに行きたいと思って泣くのです」と。伊邪那岐命は大いに怒って、「ならばお前はこの国には住んではならない」と須佐之男命を天上界から追放してしまいます。

追い払われた須佐之男命が天照大御神に暇乞いをしようと天に上るとき、山川ことごとく鳴動して国土が揺れ動きました。
この有様に天照大御神は驚いて、須佐之男命には善心がなく国を奪おうとしていると思い込んで、男性のように髪を美豆羅ミズラに結い、千入りの靭(ゆぎ)を背負い、脇にも五百入の靭をつけ、雄々しく叫んで「なぜ上がってきたのか」と問いただしました。

すると須佐之男命は、「邪きたなき心なく、妣母の国に行きたくて泣いていたところ追放された」と事情を説明しますが、天照大御神は、清廉潔白の証を求めます。いったい須佐之男命の言い分が真実かどうかを確かめるべく宇気比ウケイ(誓約)の方法をとりました。「自分の心が清明であることを証明するために、双方で子供を作りましょう」と答えました。
その結果は、天照大御神が須佐之男命の剣をもとに3女神を得、須佐之男命が天照大御神の珠によって5男神を得ました。5男3女神の誕生により、清き心が証明されました。

しかし、須佐之男命は宇気比(誓約)に勝ったおごりから、天照大御神の営田みつくだの畦(あぜ)を壊し、溝を埋め、稲の初穂(大嘗)を召し上がる神殿を糞尿で汚します。
しかし、天照大御神は、咎(とが)めようとするどころか、逆に弁護しています。「糞のようなのは私の弟が酔って吐き散らしたもの、田を壊し溝を埋めたのは私の弟が地面が惜しいとしてやったこと」と言葉でつくろいますが、そのとりなしにも反省せず、なおも悪しき行動は止むことがありません。

さらに天照大御神が機織り屋で神に供える衣服を織っていたところの天井に穴を開け 逆剥ぎにした天斑馬アメノフチコマを投げ込んで、天衣織女アメノミソオリメは仰天して機(はた)の杼(ひ)で ほとを突いて死にいたらしめました。
須佐之男命の所業は、高天原の神聖への侵犯・冒涜であるので、おそれをなした天照大御神は、ついに大磐屋の戸を閉じて、中に籠ってしまいます。


(以下はよく知られた天岩戸の話が続く)


このように、亡き母の国に行きたいとグレていたスサノオが、登って行った先の天(アマテラスの高天原)が、岐阜の山頂天守に見立てられていた!! とするならば、信長の想像力には本当に舌を巻かざるをえません。

何故なら、織田家と縁の深かった津島神社の祭神がスサノオ「建速須佐之男命」なのですから、ひょっとして信長は岐阜築城にあたり、自らをスサノオに見立てていたのではあるまいか… などという壮大な話にもなって来るのです。

スサノオとは、子孫の大国主之神による国譲りや、その後の天皇の神器の誕生に関わったこと(ヤマタノオロチの退治)で“キングメーカーの象徴”とも解釈される存在だと言われています。






津島神社の祭文殿にかかる社紋「木瓜紋」
(※ご覧の写真はサイト「それでも明日はくる」様からの引用です)


このうえさらに、伝説の舞台が「高天原」(たかまがはら)だという点で申しますと、当ブログで再三再四、引用させていただいた『朝日百科』の、安土城天主の襖絵の画題には「日本神話がない」という重要な指摘にも、新たな要素がからんで来ることになるでしょう。


大西廣・太田昌子『朝日百科 安土城の中の「天下」』1995年


(同書より)

B「日本における権力中枢のイメージ環境の歴史を振り返ってみると、意外にもというか、案の定というべきか、安土城というのは平安の内裏の復活だったのではないかという気がしてくる」
A「確かに、安土城最上層の、三皇五帝をはじめとする、神話時代の聖天子や、孔子および孔門十哲の図など、ぼくのいうチャイニーズ・ロアの図像は、内裏の賢聖障子(けんじょうのしょうじ)にそのままつながるものを持っている」

(中略)
B「それにしても、内裏のイメージ環境については、これまで問われるべくして問われたことのない、重大な問題が一つある。日本の政治中枢でありながら、なぜ日本の神話が描かれなかったのかということ」
(中略)
B「世の始まりは、アマテラスではなく、三皇五帝であるということよね」


このところ当ブログでは <銀閣−岐阜の四階建て楼閣−安土城天主> という連関を軸にして、信長が構想した「立体的御殿」の成り立ちを追っていますが、最終形態の安土城天主の構想(画題)に日本神話が欠落しているのは、内裏にならっただけと考えればそうでしょうが、やはりちょっと解(げ)せません。

そこで今回申し上げたように、岐阜城の山頂天守の「千本の矢」こそ、その謎を解くカギであったのかもしれず、「立体的御殿」の六重目(五階)は、岐阜城の段階までは、まさに日本神話の階(スサノオの昇天の階)であったと申し上げることが出来るのかもしれません。





軍装の大天使ミカエル(聖ミカエル)


さて、5年前の当ブログ記事で、安土城天主の外壁には、銅版包みの柱に「ばてれんの絵」が彫刻されていた可能性がある、という櫻井成廣先生の指摘をご紹介しました。

この「ばてれんの絵」とは何か?と考えた場合、まさか宣教師や聖人・聖母子像などではないでしょうし、安土山頂の天主に刻むキリスト教のモチーフとして最もふさわしいのは「大天使ミカエル(日本の守護聖人)」ではなかったか、と申し上げました。

これなども今回の話題で「軍装のアマテラス」が岐阜城の段階で登場していたとしますと、それに大いに触発された結果とも考えられ、それもこれも、信長がめざした「天下布武」の理論武装の一環として、「立体的御殿」の成り立ちに深く関わった神々なのだと言えそうです。








作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。