城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2014/09

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (256)



全エントリ記事の一覧はこちら

2014年9月
 
       

新着エントリ
続々・甲府城「天守」のゆくえ →金箔付きシャチ瓦も「徳川包囲網」の目印だったのか?… (7/20)
城の再発見!続・甲府城「天守」のゆくえ →再訪の直感、天守台「穴倉」の内側も“見られること”を意識している (7/8)
城の再発見!甲府城「天守」のゆくえ →躑躅(つつじ)ヶ崎館の天守台との関係はどうなっていたのか (6/25)
城の再発見!近世城郭の「完全否定」で籠城戦に勝てたのが熊本城か (6/12)
城の再発見!これもコンクリート天守の「魔力」がなせる技か… 熊本城天守のすばやい解体と復旧 (5/29)
城の再発見!目的地は“東アジアの下克上”か?…満洲族と日本の17世紀「新興軍事政権」 (5/19)
城の再発見!肥前名護屋城の出現と「小中華意識」に没入した李氏朝鮮の無反応 (5/4)
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)
城の再発見!「革命」は 信長→秀吉→三成 の三人で完成するはずだった? 時空を超えた<石田三成≒大久保利通>説 (9/27)
城の再発見!徳川家康の画期的な着眼か→ 四方正面(八棟造り)は平城の「求心性の自己表現」にもなる? (9/14)
城の再発見!ならば聚楽第チルドレンの筆頭・天正期の駿府城には「小天守」とともに大天守もあったのか (8/29)
城の再発見!毛利輝元らは聚楽第で天守を見ていなかった!? とすれば… 広島城天守をめぐる“ぬぐえぬ疑問” (8/15)
城の再発見!最上階にやはり白鷺(しらさぎ)の絵 → 問題の層塔型「御三階」の構造を推理する (8/2)
城の再発見!後継者・秀次の墓穴(ぼけつ)――最大の過失は、洛中に強固な「城」を築いてしまったこと?? (7/15)
城の再発見!異例の側室・摩阿(まあ)姫が住んだ「京都天主」「聚楽天主」の正体 (7/4)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (16)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)


アクセスカウンタ
今日:816
昨日:1,144
累計:2,051,083


RSS/Powered by 「のブログ

2014年09月15日(Mon)▲ページの先頭へ
城の再発見!続・世界の中での「天守」…西欧の美しい城館は決して領民に見せるための建築ではなかったということ





西欧の美しい城館は決して領民に見せるための建築ではなかったということ


小和田哲男『城と秀吉』1996年 / いわゆる「見せる城」論の原点


年度リポートの完成はまだちょっとだけ時間をいただきたく、前回の<世界の中でのニッポンの「天守」>というテーマについては、是非とも付け加えたき事柄もありまして、それはおなじみの小和田哲男先生の「見せる城」論との関係です。


(上記書「あとがき」より)

秀吉の築城史と豊臣覇業史という視点で注目されるのが、「戦う城」から「見せる城」へという変化である。
少なくとも、大坂城までは「戦う城」という位置付けが可能である。事実、大坂冬の陣・夏の陣での大坂方の戦いぶりをみても、そのことは明らかである。
しかし、関白の政庁として築かれた聚楽第からは、もっぱら、豪華さを前面に出して相手を威圧する方向へと転換している。
見せる城、すなわち「見栄の城郭」の出現が“桃山文化”の極地ともいわれる豪壮華麗な城郭建築を生み出したのである。



この小和田先生の著書では、普請狂とも言われる豊臣秀吉の築城手法(戦略)について考察がなされましたが、この本で打ち出された「見せる城」論は、その後も様々な場で話題となり、日本の城に関する考え方の一つのベースとなった感があります。

一方、直近では、いわゆる「土の城」をめぐる長年の諸研究を経て、西股総生先生の「城の本質は悪あがきである」という名言も飛び出して来ていて、さながら「土の城 vs 見せる城」の相克(確執)こそ、戦国時代から安土桃山時代にかけての、我が国の城の最重要テーマであったことが浮き彫りになって来たようです。

となりますと、天守そのものを「見せる城」の重要アイテムと考える場合、それは必ずしも豊臣秀吉に始まったというより、その前の織田信長の城を含めて考えてもよいのではないでしょうか。…



姫路城大天守の修理後の真っ白い姿を、驚きをもって伝えたニュース


さて、今年は、平成の大修理を行っている姫路城大天守が姿を現し始め、そのあまりの白さから「白鷺城ならぬ白すぎ城」などと報道されました。

で、来年3月のグランドオープンを告知するポスターには「世界に見せたい白がある」というキャッチコピーがありまして、私なんぞの勝手な印象では、やや中途半端なアピールにとどまっているようにも感じられ、その理由としては <何故こんなに白かったのか> という肝心要の哲学(造形の主旨)についての言及が、少々抜け落ちているからではないでしょうか。…


思うに、そうした言及を行うには、いわゆる「西欧の美しい城館」との徹底的な比較検討(とりわけ美しさの理由や目的)が不可欠だろうと思えてなりません。



シャンボール城(フランス)


と申しますのも、「西欧の美しい城館」の代表格と言ってもいいシャンボール城やシュノンソー城などがどのように世間から見えていたかと言えば、いずれも広大な森林の中の道を延々と、延々と行った末に、ようやくご覧の城館が姿を現す形でした。

これらは全体が国王の余暇(狩猟)や国賓の接遇等のために設けられた専用の場所で、基本的に地域の領民は一帯からシャットアウトされ、城館は遠くから人々が眺められるような状態ではありませんでした。


アンボワーズ城 / ロワール川沿いの城館は町から眺めやすい位置になるが…

城と館の来歴をうかがわせる空撮写真(ウィキペディアより)



そして先のシャンボール城を含めて、絶対王政下のフランス国内では、戦略的な役目を失った城において、王侯貴族らが優雅な城館を建てることが流行し、ご覧のアンボワーズ城のごとく、新たな城館が町から眺めやすい格好の位置に建て込まれたものの、それらは言わば“超豪華な別荘”であって、領民の統治とはほぼ無関係の存在だったと言っていいようです。


さらには、有名なノイシュヴァンシュタイン城がたいへん眺めやすい“絵に描いたような城”であるのは、ご承知のとおり、近代人のバイエルン国王ルートヴィヒ2世が舞台美術家にデザインさせたロマンティック趣味の「作品」だったからで、これなどは(同様のリヒテンシュタイン城やホーエンツォレルン城等々も含めて)本来ならば、除外して考えるべきものでしょう。(!!…)

ですから、そうしますと、あとは「西欧の美しい城館」といっても、殆どがいわゆる「廃墟としての趣きや塁壁の古色が美しい」といった類いの城になってしまうのです。



先ほどのニュース画像より


その点、我が国の城の「天守」は、白壁や金箔瓦などで鮮やかに天空や城下に向けて雄姿を示すのが建築としての使命であり、同じ“美しい城”であっても、西欧の城館とは本質的に異なる存在だと言えそうでして、このことは解説書やガイドブック等でも案外、触れられていない事柄ではないでしょうか。

例えば「一度は行きたい世界の名城」といったランキング等でも、ご覧の姫路城天守と、シャンボール城と、ノイシュヴァンシュタイン城とが、仲良くトップ10に並んでいたりもしますが、「何のための美しさだったのか」という観点で申せば、実に三者三様であり、それぞれに美しさの「目的」が違っていたことを忘れるわけにはまいりません。



そこでもう一度、整理しますと、我が国の「天守」のある大名の居城は、まずは領内最大の軍事拠点であり、ときに苛烈な徴税や使役・徴兵などを強いた行政府の本庁舎でもあり、その目印たる「天守」は領民にとって、本来なら畏怖の対象であったはずです。

なのに、すべての「天守」は美しさ・華やかさ・雄渾さを競うように建造され、その高さ(山頂の立地や高層化)と色彩、破風の多用などで、ひたすら <視覚的な存在感> を極めることに努めたのです。

これはいったい、何故なのか??


今回、申し上げたいのは、このことこそ、日本の城だけに起きた「見せる城」という、世界でも稀有な出来事の賜物(たまもの)だろうという点でありまして、強力な攻城砲が出現する直前の、まことに幸運な一時期に、ちょうど織田信長や豊臣秀吉によって一気に「天守」というものが創始され、多くの日本人の目の前にズラリと出現した、という日本史のラッキーなめぐり合わせについての再確認なのです。


そしてそれほどの「天守」の急激な普及は、まったく新しい建築様式の浸透のスピードとしては、人類史上でも例の無かったもののはずでしょう。

それはおそらく、戦国時代という事実上の分裂国家を再統一するため、信長や秀吉が、奈良時代の一国一寺の国分寺や、足利兄弟による一国一寺の安国寺・利生塔の建立といった国家プロジェクトになぞらえた節も感じられ、彼らの政治手法に立脚して始まったものと考えなければ到底、理解できません。


… ひたすらに <人心をつかむ> ということ。

織豊大名という「下克上」出身の新興勢力が、日本の旧体制のあらゆる勢力や制度を押さえ込んで行くためには、戦闘や移封で得た領国支配のダメ押し的な一手として、そこの地侍や領民の目線から見て「これは仮設の陣地ではない」「恒久的かつ安定的な支配・統治のための新城である」という天守の絶大な視覚的効果が、大いに威力をふるったのかもしれません。





ということで、小和田先生の「見せる城」論は、日本が世界に向けて、是非とも力強く発信すべき理論であろうと申し上げたいのでありまして、姫路城大天守が何故あんなに白かったのかについても、もっと積極的な説明とアピールを行ってよいのではないでしょうか。


そんなこんなを考えたとき、「天守閣なんてお大名のただの見栄っ張りでしょ…」といった一般の方々の間違った認識は、一刻も早く正さなくてはならないと思いますし、また天守を「ドンジョン」donjon と翻訳する間違いも明らかでありまして、最低でも「テンシュ・タワー」tenshu tower などと訳さなくては、余計な、誤った認識を外国人に与えてしまう危険があると思います。


昨今、世界では19世紀や20世紀以来の国境が怪しくなる事態が続発しておりますが、我が国の「天守」は少なくとも、日本という国を戦国時代から中央集権を経て近世社会まで転換させる、という荒業(あらわざ)を押し進める上で、かなり重要な役目を果たした、巧みな <政治的アイデア> であったはずなのです。








作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。


2014年09月01日(Mon)▲ページの先頭へ
城の再発見!世界の中でのニッポンの「天守」





世界の中でのニッポンの「天守」


いよいよ昨年度から持ち越しの年度リポート(仮題:最後の「立体的御殿」としての駿府城天守)が追い込みに入っておりまして、このところは時間があると「立体的御殿」というキーワードをアレコレと考えるばかりの毎日です。

この数ヶ月のブログ記事でも、織田信長時代の小牧山城の主郭について、スペース的な制約から「御殿の立体化」が始まったのではないかと申し上げてみたり…




また岐阜城の山麓居館に四階建て楼閣を想定して、山頂天守と一体的にとらえて「七重の立体的御殿」の構想があったのでは… 等々と申し上げて来ました。




とりわけ岐阜城の構想は、足利義政の東山殿「銀閣」とその背後の山頂にあった「義政公遠見の櫓」とのセットが、直接的な参考事例のようでもあり、信長は義政ゆかりの地を思いつつ、“立体的城郭”とでも“階層城郭”とでも言うべき独自のスタイルを編み出していたのでしょうか。…




<垂直の落差を「軍事的な防御壁」とするか 「政治的な階層の表現」とするか…>




おなじみの世界遺産「万里の長城」「シーギリヤ」「開平の楼閣村」

(※写真はいずれもウィキペディアより)


さて、ご承知のとおり、アジアでは有史以来、連なる山の稜線上に「万里の長城」のような塁壁を連ねて城郭化した例や、険しい山や断崖の頂上部分を「シーギリヤ」のように城砦化(空中都市化)した例、さらには商人が自宅を高層化した「開平の楼閣村」といった例もあり、これらはいずれも、垂直の落差を軍事的な防御壁として活かしたものでした。



小牧山城 / 一つの山塊を下から上まで要塞化した“階層城郭”??

(※築城450年記念のパンフレットに使われたイメージ画より)


一方、垂直の落差を政治的な階層の表現として活用した節があるのは、小牧山城から以降の、織田信長の城だと言えるでしょう。


ご覧のように一つの山塊を下から上までカンペキに要塞化したのは、例えばフランスのモン・サン・ミシェルなど、宗教施設(山岳寺院)が真っ先に頭に思い浮かぶわけですが、それが日本の信長の手にかかると“階層城郭”とでも言うべき代物に変わってしまう…

この仮称“階層城郭”は、果たしてアジアや世界の視点から見るとどうなるのかが、たいへんに興味のあるところです。

何故かと申せば、この“階層城郭”の延長線上に「天守」が出現したとも思われるため、そうしますと天守はまさに、公家と武家が並び立って来たニッポンという国柄を踏まえて、権威(統治)と軍事の両面にまたがる「象徴」として生み出されたのかもしれない… などとも感じ取れてしまうからです。


そんな中で、世界の中でのニッポンの城(天守)を非常に考えさせる画像がありまして、今回はそれらを是非ご紹介したく存じます。



それは、おーぷん2ちゃんねるの「さよなら旧速記念」様のスレッド <世界の日本に対するイメージ画像・韓国だけがこんなにひどい件> というものでして、すでにご覧になった方も多いのかもしれません。
世界の国々の人が「日本」を画像検索した時に、どんな画像が上位にランクインしているのか?というもので、今回は特に、注目の画像にグリーンの枠を付けつつ、その他をやや暗くして見やすくさせていただきました。



アメリカ(→弘前城1画像)

タイ(→姫路城2画像、大阪城1画像、松本城1画像、弘前城1画像)

台湾(→姫路城1画像、芸者と松本城1画像)

中国(→姫路城と桜1画像)

ロシア(→姫路城2画像、大阪城1画像、名古屋城1画像、松本城1画像)

フランス(→姫路城1画像)

サウジアラビア(→姫路城1画像)

南アフリカ(→大阪城1画像、姫路城1画像)

【番外】韓国(→誰がこんな事態を招いたのか!?…この際立った異常さ)


(※検索の方法は、上記スレッドによれば「世界で大きなシェアを誇る検索エンジンGoogle、それを使いGoogle UK、Google France等々、世界の国々のGoogle検索サイトへ飛び、そこで各々の原語で「日本」という言葉を検索してみたところ、微妙に異なるそれぞれの「日本像」が生々しく浮かび上がって来た。Google Franceではフランス語で「Japon」、Google Brasilではポルトガル語で「Japao」と検索するなど、各国の公用語で「日本」を検索し、日本のイメージ画像をキャプチャ」というもの)


お察しのとおり、ご覧の画像のスレッドは、最後の韓国のひどい検索結果を伝えることを主題としたものですが、それはそれとして、私なんぞが思わず注目したのは、他の国々での「日本の城」とりわけ「天守」の画像の予想以上の多さなのです。!


そこで実際に、私も上記の方法で検索してみますと、日によって画像が変わるためか、各国ともに「日本の城」の画像はさらに多かったように感じました。

(※また意外と言っては恐縮ですが、世界では「弘前城」がずいぶんと健闘していることにも気付かされました)


この現象はもちろん、事の正確性を担保できるような話ではありませんが、例えば際立って「日本の城」が多いタイやロシアのように、もし本当に彼等にとって、日本のイメージの「数分の一」を「城」が担っているのだとしたら、これはやはり要注意の事柄であり、我々としてもそれなりの心構えが、改めて必要になるのではないでしょうか。…


タイ(→35画像のうち5画像)

ロシア(→35画像のうち5画像)


もちろんここでは、ニッポンの城の初心者である外国人の皆さんに「天守=城そのものではない」という基本情報を、まずはお伝えすべきなのでしょうが、彼等にしてみれば、とにかく検索画像に出て来た現物(→天守)を見てみたい、と思うのが人情でしょう。

それが日本の城そのものではなくて、一部分であるのなら、それはそれで、ちゃんとそうした説明(→ならば「天守」は城の何なのか?)が無ければ、まるで不親切と申しますか、最低限、日本人もまだ解明できないミステリーはミステリーとして、そのまま丁寧に伝えていくべきだと思われてならないのです。


そして出来るなら、世界の城の中での「ニッポンの天守」はどういう位置にあるのか、積極的にアピールできれば最良でしょうし、それに関しては、今年4月から奈良大学の学長!の千田嘉博先生の文章が勇気を与えてくれるようです。



(千田嘉博「“ガラパゴス”ではなかった日本の城」/『歴史発見 vol.3』2014年所収より)

日本では織田信長や豊臣秀吉の居城を手本にした織豊系城郭が、天下統一の過程にあわせて各地に広がった。そして一七世紀初めにきわめて共通性の高い近世城郭が、列島の広い範囲にわたって一斉に出現した。
日本の城がもつ鮮やかな政治史的な特徴も、世界史的に見て特筆される。









作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。