城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2014/11

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (254)



全エントリ記事の一覧はこちら

2014年11月
           
           

新着エントリ
城の再発見!甲府城「天守」のゆくえ →躑躅(つつじ)ヶ崎館の天守台との関係はどうなっていたのか (6/25)
城の再発見!近世城郭の「完全否定」で籠城戦に勝てたのが熊本城か (6/12)
城の再発見!これもコンクリート天守の「魔力」がなせる技か… 熊本城天守のすばやい解体と復旧 (5/29)
城の再発見!目的地は“東アジアの下克上”か?…満洲族と日本の17世紀「新興軍事政権」 (5/19)
城の再発見!肥前名護屋城の出現と「小中華意識」に没入した李氏朝鮮の無反応 (5/4)
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)
城の再発見!「革命」は 信長→秀吉→三成 の三人で完成するはずだった? 時空を超えた<石田三成≒大久保利通>説 (9/27)
城の再発見!徳川家康の画期的な着眼か→ 四方正面(八棟造り)は平城の「求心性の自己表現」にもなる? (9/14)
城の再発見!ならば聚楽第チルドレンの筆頭・天正期の駿府城には「小天守」とともに大天守もあったのか (8/29)
城の再発見!毛利輝元らは聚楽第で天守を見ていなかった!? とすれば… 広島城天守をめぐる“ぬぐえぬ疑問” (8/15)
城の再発見!最上階にやはり白鷺(しらさぎ)の絵 → 問題の層塔型「御三階」の構造を推理する (8/2)
城の再発見!後継者・秀次の墓穴(ぼけつ)――最大の過失は、洛中に強固な「城」を築いてしまったこと?? (7/15)
城の再発見!異例の側室・摩阿(まあ)姫が住んだ「京都天主」「聚楽天主」の正体 (7/4)
城の再発見!40m四方の天守台!? →『聚楽第図屏風』には天守が描かれていないのかもしれない… (6/20)
城の再発見!驚嘆、信長の「天下」観念は今日にも通じているのか… (6/9)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (14)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)


アクセスカウンタ
今日:2,923
昨日:2,808
累計:1,999,464


RSS/Powered by 「のブログ

2014年11月28日(Fri)▲ページの先頭へ
城の再発見!豊臣秀長の遺産…雄大な「帯曲輪」や「切石」も継承されたのか





豊臣秀長の遺産…雄大な「帯曲輪」や「切石」も継承されたのか


大和郡山城天守のシミュレーション(現存天守台の上にイラスト化)

ご覧の雄大な印象の帯曲輪(石垣)も含めて、徳川家康は気に入ったのか…


巨大な天守台をもつ、家康の駿府城天守(当サイト仮説のイラスト)

ちなみに両天守を同縮尺の略図で並べてみると…

やはりどこか似た印象を感じさせる天守周辺 / ともに右下(南東)が本丸



前回の記事まで2回にわたり、大和郡山城の天守台の発掘成果をめぐって、とりわけ豊臣秀長と徳川家康の関係性を中心にいろいろ申し上げ、家康の心象風景をさぐるイラストなどをお見せしましたが、その結果、上記の両天守台の印象は、どこか似かよっていることにも気づきました。

ここで特に確認しておきたいのは、比較の図でお判りのとおり、両天守の平面規模は、ザックリ申し上げて、各辺ともに帯曲輪(駿府城は天守台)の半分くらいの長さでありまして、この程度の比率でなければ、ご覧の天守と帯曲輪(天守台)のようなプロポーションにはなりえない、という点です。

で、もしもこの「秀長の天守」が、もっと色んな面で他の城に継承されたのであったなら… という想像力を働かせますと、とたんに、アレもコレもと頭に思い浮かぶものがあります。

そこで今回の記事では、そんな秀長の遺産?をめぐる夢想を、いくつか申し上げてみたいと思うのです。




<大和郡山城天守を囲っていた雄大な帯曲輪(≒巨大な天守台)は、

 豊臣秀長の家臣でもあった籐堂高虎の「今治城」にも波及していた!?

 ナゾの今治城天守をめぐる 夢想その1>





今治城の本丸(写真中央)と昭和55年に竣工した模擬天守


ご覧の貴重な角度からの写真は、本丸がちょうど手前によく見渡せるもので、サイト「RenoStyle 不動産のブログ」様からの引用です。

ご承知のとおり、この今治城の本丸には初の層塔型天守があったのではないか、という主張を三浦正幸先生がなさっていて、その天守が後に、城主・籐堂高虎の発意で解体されて徳川家康に献上され、それが天下普請の丹波亀山城の天守として移築されたのだと言います。


城戸久(きど ひさし)先生の論文に掲載された、丹波亀山城天守の各重の規模を示した略図

(建築学会論文集「丹波亀山城天守考」1944年より引用)


城戸先生の同論文に掲載された古写真の模写


ご覧の丹波亀山城天守の移築説は、申すまでもなく『寛政重修諸家譜』に「慶長十五年丹波口亀山城普請のことうけたまわり、且今治の天守をたてまつりて、かの城にうつす」という記述があるためで、これについては過去の当ブログ記事でも引用したのですが、以前は三浦先生ご自身が…


(三浦正幸 監修・編集・執筆『よみがえる天守』2001年より)

高虎は今治城主であったが、慶長十三年に伊賀、伊勢の城主として転封しており、(丹波)亀山城普請を命じられた時は転封の直後であった。
大名の転封の際に居城の天守を持ち去ることは異例であるので、今治城天守を移建したとする点は信じ難い。
しかし、今治城天守新築の用材を準備中に転封となり、その材を新しい持ち城である伊賀上野城天守に利用する予定にしたところ、(丹波)亀山城天守に急に転用したと解すれば合理的であろう。



とおっしゃっていて、この本の時点では、従来からある今治城天守の否定論(第一の理由=遺構が見つからない!!)に目配せした考え方も示しておられ、私なんぞは、この頃のお考えの方に説得力を感じてしまうのです。

そしてこれもまた過去のブログ記事の繰り返しで恐縮ですが、この時の三浦先生の想定を時系列で整理しつつ、そこに徳川家康の慶長度江戸城「天守台」の件を合わせて考えますと、まるで違った状況も見えて来ます。


慶長5年  籐堂高虎、関ヶ原の戦功により伊予国で20万石に加増される
慶長7年  高虎、今治で居城の築城を開始し、慶長9年に一応の完成をみる
      (※注:三浦先生はこの後の慶長9〜13年に今治城天守が新築
          されたという形に、現在では自説を改めておられます)
慶長11年 高虎が縄張りした江戸城本丸改修の天下普請が始まる
慶長12年 『当代記』に「二十間四方」と伝わる江戸城天守台が築かれる
慶長13年 高虎、伊勢・伊賀に加増転封され、居城の津城を改修し始める。
      その一方で今治城天守の用材を大坂屋敷に保管する
慶長14年 高虎、その天守用材を家康に献上する
慶長15年 丹波亀山城が竣工する
慶長16年 高虎、支城の伊賀上野城を改修し、13間×11間の天守台を築く



といった一連の出来事において、文中の天守用材と、江戸城「二十間四方」天守台との、時系列的なカンケイを思い切って邪推してみた場合、問題の今治城天守が建てられたか 建てられなかったか 分からない時期に、ちょうど、江戸城の「二十間四方」天守台が築かれたことになります。



ちなみに今治城の本丸は約100m四方(≒約50間四方)の曲輪

(※石垣の状態は現状に基づいた作図です)


さて、ここから今回の「夢想」を順次申し上げてみたいのですが、図のように今治城の本丸は隅櫓や多聞櫓に囲まれた約100m四方の曲輪であり、もしここに三浦先生の(以前の)お考えどおりに、本丸内の地面に直接、丹波亀山城天守の前身の天守の木造部分が建てられようとした事を想像しますと、ちょっとバランス(比率)が悪かったのでは? と思えて来るのです。


前出の城戸久先生の略図どおりの丹波亀山城天守を建て込んだ場合、

これで「天守」として存在感を出せたのか?と、周囲からの埋没がやや心配な状態に…



さらにバランスの悪さは天守の高さについても言えそうでして、現状の模擬天守は北隅櫓の櫓台上に建てられていて、コンクリート造の建物部分の高さが約30mだそうですから、丹波亀山城天守の木造部分の高さは(古写真のプロポーションから考えますと)模擬天守の8割強といった辺りになるのでしょう。

しかも三浦先生のおっしゃるように、その木造部分だけが本丸内の地面に直接、建っていたとしますと、櫓台の分の高さが失われるわけで、結果的に、合計の高さは模擬天守よりもかなり低かったはずです。


で、まことに勝手ながら、先に引用させていただいた写真の上に

丹波亀山城天守の写真(模写)をダブらせてみますと…



おそらくはこんな感じになるのではないかと思われ、現在、本丸にある吹揚神社の木々にも埋もれてしまいそうであり、当時は周囲に隅櫓や多聞櫓があった状況を想像しますと、いかにもバランスが悪いというか、わざわざ「天守」として建てるだけの存在感を出せたのだろうかと心配になります。


ちなみに、三浦先生のお考えのキモは、慶長前期までの技術ではゆがみのない天守台を建てることが出来なかったため、初の層塔型天守を実現したのは、どこかの天守台の上ではなく、今治城の本丸内のような平らな地面の上であったはず、というものでしょう。

であるなら、そうした考え方の中にも、先ほど申し上げた「同時期の江戸城の20間四方の天守台」という一件を加味して考えて行きますと、例えば、こんな可能性はないのでしょうか。


江戸城天守のプロトタイプ用としての「材木」が準備されていた、という想定ですと…


「なんだこれはッ!」「そんな法外な話があるか」というお怒りは御もっともでしょうが、これが今回申し上げたかった【夢想その1】でして、今治城の本丸というのは、全体が「巨大天守台」の一種だったと想定しますと、それは高虎が豊臣秀長・秀保に仕えた頃に見慣れた大和郡山城天守の印象とも、大きさのバランスが合致するように見えます。


それと言うのも、慶長前期の伏見城の18間×16間とも伝わる天守台や、実際に江戸城に築かれた「二十間四方」天守台といった、徳川家康の巨大天守をめぐる動きがあったからこそであり、高虎はそうした動向をいちはやく察知し、先行して構想をねり、居城の今治城に「巨大天守台」を築き上げていたのではなかったでしょうか。

そしてそれに合わせて高虎が準備し、大坂屋敷に保管したのは、やはり建物としては一度も組み上げられたことの無かった(=三浦先生の以前のお考えどおりの)天守用の「材木」であったように感じるのです。




とんでもない夢想を申し上げてしまったのかもしれませんが、ご覧のように今治城の本丸で意図されたのは、高虎お得意の真四角な平面形で、なおかつ史上最大の、究極の層塔型天守をめざした実験場!!…だったのではないか、という風に、私なんぞには思えてしまうわけです。



徳川家康と籐堂高虎


さて、以前のブログ記事でも申し上げたとおり、高虎は家康のブレーンの一人として、家康時代の「天守」のあり方について少なからぬ貢献をしたはずでしょう。

そんな高虎にしてみれば、てっきり、徳川の世の天守はすべて、究極の「四方正面」である、真四角な平面形のオベリスクのような層塔型天守になるものと確信していたのかもしれず、それが現実には、江戸城や駿府城に長方形の平面の天守が建てられたわけで、高虎の思惑ははずれたことになるのでしょう。


で、それもこれも、実は、豊臣秀長の大和郡山城天守が、そっくりそのまま二条城に「継承」されてしまったという、高虎の予想以上の出来事の結果だったのかもしれません。

そして慶長16年、高虎が伊賀上野城で13間×11間の天守台を築いたのは、そんな高虎がめざとく状況を悟り、算盤をはじいた行動だったのでしょうか?


(※今回もすでに長文になってしまい、【夢想その2】は、改めて次回に申し上げることにいたします)





作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。



2014年11月10日(Mon)▲ページの先頭へ
城の再発見!あえてイラスト化する「初めて見た四方正面の天守…」徳川家康の心象風景





あえてイラスト化する「初めて見た四方正面の天守…」徳川家康の心象風景


徳川家康と、家康を大和郡山城に招いた豊臣秀長


左写真は徳川家康の側室・西郷の局ゆかりの宝台院(静岡市)に伝わる家康像だそうで、右写真は豊臣秀長の菩提寺・春岳院(大和郡山市)に伝わる秀長像です。

豊臣秀吉の弟・豊臣秀長(とよとみのひでなが)は豊臣政権の前半期を支えた名補佐役として有名ですが、天正16年、秀吉に対して臣下の礼をとって間もない頃の徳川家康が、秀長の居城・大和郡山城を訪問しました。

この時、秀長はわざわざ木津まで家康一行を出迎えたという話も有名で、この二人の関係を思えば、その後、もしも秀長が秀吉より長生きしていたなら、日本の歴史はどう変わっていたか(…果たして関ヶ原合戦は起きたかどうか)分からない、などと言う人が多かった二人です。


で、前回のブログ記事では、大和郡山城の天守(台)をめぐる宮上茂隆先生の“世紀の大予言”=二度の移築説が、この度の発掘調査によって、そうとうに証明されたような感があることを申し上げました。

しかもその「移築」はほとんど改変の無いもの(そのまま継承?)であった可能性が濃厚のようで、なぜ徳川家康や幕府が、豊臣政権の中枢にあった人物(豊臣秀長→秀保→増田長盛)の居城の天守を、そこまで丁重に扱ったのかは、大変に大きな謎だと言わざるをえません。


赤い図は松岡利郎先生による淀城天守の復原案 / 背景のカラー画は発掘調査報告より


改めてご覧のとおり、少なくとも天守の主要な構造には大きな改変は無かったらしく、もし細部についてもそっくりそのままであったのなら、そんな異例の措置の動機としては、それこそ冒頭の二人の関係性の他には、ちょっと考えようが無いのではないでしょうか?


ただしそれには、大和郡山城の天守がいつ建造されたかが問題になるわけでして、調査報告では、天守台の礎石等に修復のあとが無いため、おのずと天守は豊臣秀長か、その後継者の秀保(ひでやす)か、もしくは豊臣五奉行の一人・増田長盛のいずれかの時代に一度しか建てられなかったはずであり、それ以上の細かい時期は特定できなかった、としています。

ということは、天正16年、徳川家康が郡山を訪問した時、そこにはまだ「秀長の天守」が完成していなかった可能性(天正14年に完成直前の地震で崩れたとの記録あり)も若干は残っているわけですが、もしそんなことであれば、天守の「二度の継承」は、どこにも理由が見つけられられなくなってしまうことでしょう。

で、やや観点を変えて申し上げたいのは…




【新たな注意点 その2】

 大和郡山城天守が大きな付櫓台を介した「妻入り」天守ならば、

 それは豊臣大名らの望楼型天守群に含めるよりも、その後の、

 徳川将軍の「妻入り」層塔型天守につながる「祖形」と位置づけるべきか






この度の調査報告においても、現存の天守台の上に北東側から登る「石段」は、後の時代に付け加えられたものであり、創建時の登閣口は、大きな付櫓台の南面の石垣に痕跡がある「地階入口跡」であったことが確認されました。

そうなりますと俄然、気になって来るのが「大きな付櫓台」の由来でして、何故なら、天守台そのものに匹敵する広さをもち、かつ南側から「雁行」するように取り付き、その南面に登閣口があった「付櫓台」と言えば…






という風に、当ブログが仮説で申し上げて来た「立体的御殿」が「天守」として形を整えたプロセス(※上の3図は時系列とは逆の並び)の中でも、大和郡山城天守は、古い方と新しい方の形態を、両方そなえているように感じるからです。

どういうことかと申しますと、上記の天守群は初重の長辺・短辺の向きで言えば、福山城・豊臣大坂城は「平入り」の建物だったのに対し、大和郡山城のは明らかに「妻入り」であって別の要素を含む一方で、付櫓台の広さで言えば、福山城・豊臣大坂城と、最初期の小牧山城との中間に位置していることになりそうだからです。


ちなみに、この付櫓台に関しては、産経新聞(「郡山城の主は天下人クラス!?〜」ほか)の記事において、おなじみの千田嘉博先生が「付櫓に隣接する形で、大名が実際に居住して政務を執る『本丸御殿』が建てられ、そこから階段か渡り廊下で付櫓に入ったのではないか」とし、「豊臣家の重要人物の城であることを考えれば、御殿と付櫓、天守が一体となった壮大な建築物だったかもしれない」とのコメントをされたそうです。

まさに付櫓台の地中から発見された「地階」は、安土城天主の天主取付台の南面!の石段に似たものであったのかもしれません。

そこで、イラスト化を行うための、当サイトなりの「付櫓」の規模や位置についての想定ですが、一説に、付櫓台はその西端に石塁があった可能性も言われていますので、下図のような想定でイラスト化を進めました。





さて、もう一方の「妻入り」の件で申しますと、天守の「平入り」「妻入り」の違いと、時系列とをからめて考えた場合、例えば…


豊臣大坂城と小田原城の天守台の、意外な類似性


以前のブログ記事で比較した天守台ですが、実は、この両者は「平入り」「妻入り」の違いを抱えていて、時系列的には、大和郡山城天守はこの二つの間の時期に建てられたことになります。ですから…




ご覧のように、間に大和郡山城天守をはさんで考えますと(三代将軍・徳川家光の上洛の時に建造された小田原城天守を含めて)徳川将軍のための「妻入り」層塔型天守につながる過渡的な形として、大和郡山城天守をとらえることも出来そうなのです。!…


で、以上をもう一度、整理しますと、大和郡山城天守は「大きな付櫓台」という観点では小牧山城につながる古い形を残し、安土城天主を思わせる壮大な構造をもっていた可能性がありながらも、「妻入り」という観点では、同時期の豊臣大名らの望楼型天守群を飛び越えて、ずっと後の徳川将軍の妻入り層塔型天守につながる「祖形」になったように思えてならず、この意味では、たいへんにユニークな存在だったのではないでしょうか。


このように考えて来ますと、やはり冒頭で申し上げた「家康と秀長」という関係を抜きにしては、とても大和郡山城天守を解釈できないように思われます。

おそらくは、家康の側が、この天守をことのほか、気に入ったのではなかったでしょうか。…


そこで今回は、そんな家康の「心象風景」がどういうものだったかをシミュレーションするため、以上の考え方に基づいて、大和郡山城天守をあえてイラスト化してみました。


付櫓を含めれば七階建ての五重天守を、現存天守台の上に再現!!


ご覧の天守の本体は、宮上茂隆先生の二条城天守の復元案に基づき、細部の意匠は豊臣秀吉の弟・秀長の天守として違和感の無い状態としつつ、それを北東側から眺めた様子を、現在、本丸にある柳澤神社の本殿とともにイラスト化したものです。


こんなシミュレーションにおいて、まず申し上げたいのは、破風の印象によって、これが「四方正面」の天守に見えた、ということではないでしょうか。

このことは宮上先生の二条城天守の復元案(および松岡利郎先生の淀城天守の復原案)にあった三重目の東西南北面の大入母屋と千鳥破風が、細部の意匠を「秀長の天守」と割り切って想定したことで、その印象がいっそう際立った結果だと言えるでしょう。


しかもそれは家康にとって「初めて見た四方正面の天守…」であっただろうことは、時期的に見てまず間違いないでしょうから、これが家康をして「この建物をそのまま移築したい」という欲求に駆り立てた原因のように思えます。

きっちりとした四方正面の天守は、徳川が幕藩体制を確立しようという時期から流行したものであり、それが「天守」の本質的な意味の転換に沿ったデザイン(織豊権力の版図を示した革命記念碑 → 幕藩体制下の分権統治の中心的な象徴)ではなかったか、という点は当サイトが再三再四、申し上げて来たことです。

そうしたダイナミックな転換の折り返し点が、実は、大和郡山城天守と、それを見た家康の心象風景だったのかもしれません。!…



(※画面クリックで1280×960pixの拡大サイズでもご覧いただけます)


そして家康の心理には、ダブルイメージとして、「豊臣秀長」という人物に対する記憶が、強く影響を及ぼした可能性もありそうです。

例えば秀長の言葉として「内々の儀は宗易(千利休)、公儀の事は宰相(私・秀長)が相存じ候」という言葉があまりにも有名ですが…


(播磨良紀「豊臣政権と豊臣秀長」/『織豊期の政治構造』2000年所収より)

秀長は豊臣配下となった有力大名と近しい関係をもち、彼らの上洛に際してはその接待役を務めている。
豊臣政権が全国統一を進める中では、臣従した大名が大坂・京都へ出仕して豊臣大名として編成がなされるが、その出仕においては秀長が積極的に関わり、大名と秀吉を円滑に結びつける役割を果たしたのであった。

(中略)
秀長は秀吉の弟として、血族で一族大名として最高の位置にあり、統一戦争の先頭にたって活躍した。そのため、戦時や交渉には秀吉の権限を代行する「名代」の役割を担った。大友氏の書状にみえる「公儀之事」は、まさに秀長の「名代」の役割を示すものであった。
(中略)
しかし、一方では大名との交渉には大名の後見として内々に折衝する「取次」も存在した。九州大名に対し「内々之儀」を扱う千利休に代わって登場した石田三成や安国寺恵瓊は、秀吉と直接結びつき「公儀」を代行する秀長をも押さえるようになったのであった。
(中略)
その後、秀長は病気となり、奥羽仕置では血族中次に位置する秀次が「名代」として参加するのであった。
そして朝鮮の役では、出兵に専念しようとする秀吉に対して、国内統治を「名代」としての秀次が関白に就任して担当する。これは第一章で述べたフロイス書簡にいうように、本来は秀長の役割であった。



ここからは私の勝手な想像ですが、有力大名を豊臣政権下にまとめることに心をくだいた「公儀の人」秀長は、最大の外様大名であった徳川にとっては、まさに命綱であり、そんな心理が、秀長の四方正面の天守を、言わば「公儀の天守」として、強く記憶の中に刻み込んだのではなかったでしょうか。……




望楼型天守と初期の層塔型天守 …「唐破風」が示した天守の正面性(当サイト仮説)


さて、当サイトでは、望楼型から層塔型に移り変わる時期に、その正面性を保つための代用物として「唐破風」が導入された可能性を申し上げて来ましたが、その原点でもある大和郡山城天守の段階では、言わば <どちらも正面である=四方正面> という工夫のために採用されていたのではないでしょうか。


なおシミュレーションのイラストは、大小の連立天守(複合式)として描きましたが、これは秀長の支城の和歌山城がすでに連立天守だったという伝もあり、なおかつ移築先の家康の二条城にも小天守があったように洛中洛外図屏風に描かれているため、おのずと大和郡山城も、付櫓の上に望楼部分があった可能性はかなり高い、と見てそのように描きました。

またこの天守の影響が濃いと感じられる天守(江戸城・小田原城・岡崎城など)との共通項で言えば、やはり宮上先生の主張どおりに、最上階には高欄廻縁がすでに無かったのかもしれません。

さらにシミュレーションの結果としては、ご覧の帯曲輪の雄大な印象の石垣も含めて、家康は気に入ったのかもしれない… と思えて来るのです。




(※これはさながら駿府城天守のようであり、次回は駿府城の話題に戻ります)





作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。