城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2015/02

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (246)



全エントリ記事の一覧はこちら

2015年2月

新着エントリ
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)
城の再発見!「革命」は 信長→秀吉→三成 の三人で完成するはずだった? 時空を超えた<石田三成≒大久保利通>説 (9/27)
城の再発見!徳川家康の画期的な着眼か→ 四方正面(八棟造り)は平城の「求心性の自己表現」にもなる? (9/14)
城の再発見!ならば聚楽第チルドレンの筆頭・天正期の駿府城には「小天守」とともに大天守もあったのか (8/29)
城の再発見!毛利輝元らは聚楽第で天守を見ていなかった!? とすれば… 広島城天守をめぐる“ぬぐえぬ疑問” (8/15)
城の再発見!最上階にやはり白鷺(しらさぎ)の絵 → 問題の層塔型「御三階」の構造を推理する (8/2)
城の再発見!後継者・秀次の墓穴(ぼけつ)――最大の過失は、洛中に強固な「城」を築いてしまったこと?? (7/15)
城の再発見!異例の側室・摩阿(まあ)姫が住んだ「京都天主」「聚楽天主」の正体 (7/4)
城の再発見!40m四方の天守台!? →『聚楽第図屏風』には天守が描かれていないのかもしれない… (6/20)
城の再発見!驚嘆、信長の「天下」観念は今日にも通じているのか… (6/9)
城の再発見!話題の「旧二条城」と岐阜城と小牧山城の“合体形”として安土城は出来上がった? (5/25)
城の再発見!続々・信長の「天下」――安土城天主は天皇の行幸殿の上にそびえ立ち、見おろしていた、とする見方の多大な影響 (5/10)
城の再発見!続・信長の「天下」とは――せっかく築いた小牧山城と城下をなぜ4年で捨てたのか? (4/25)
城の再発見!信長の「天下」とは――いつごろまで「天下布武」印を使ったのか?という素朴な疑問から (4/11)
城の再発見!続・豊臣大坂城天守も階段群が2系統 →「2系統なのは何階までか?」で各天守を区分すると… (3/29)
城の再発見!豊臣大坂城天守も階段群が2系統か →ならば建物の造りは「立体的御殿」のうち?? (3/16)
城の再発見!幕末、幻の大阪籠城戦での「大狭間筒vsエンフィールド銃」の勝負を夢想すると… (3/1)
城の再発見!幻の石山本願寺城から ブータンの要塞寺院「ゾン」へ (2/10)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (6)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (1)


アクセスカウンタ
今日:330
昨日:632
累計:1,850,096


RSS/Powered by 「のブログ

2015年02月21日(Sat)▲ページの先頭へ
城の再発見!名古屋城の新・旧天守における「階段」とエレベーターの使われ方






名古屋城の新・旧天守における「階段」とエレベーターの使われ方


戦災焼失前の名古屋城天守と本丸御殿(※写真は「Network2010」からの引用です)

改めて、天守と御殿は一連のもの(雁行する建築群)という印象が…



… やはり元来の姿は、本丸御殿が「表の御殿」、天守(立体的御殿)が「奥の御殿」なのか?

一方、現在の復興コンクリート天守の、吹き抜けらせん階段、土産物店、来館者用エレベーター


現状の復興天守を将来的にどうするのか(耐震改修による延命か?木造復元か?)で話題の名古屋城ですが、あるニュースでは、ご覧のエレベーターのメーカー保守期間が平成28年に終わるそうで、新しいエレベーターへの入れ替えを含めて「耐震化工事か木造復元か早急な判断が望まれる」という監査結果が、市の包括外部監査人から出たそうです。

まあ、これで即どうなるという話でもないでしょうが、思えば当ブログでは、天守の原型「立体的御殿」の階段の配置のしかたは、きっと“立体化の成り立ち”と深く関係していたはずだろう、などと申し上げて来ました。

そういう意味では、実は <どう登るかも天守のうち> だったのではないか、という気もしてなりませんで、ちょうどいい機会ですので、名古屋城天守の「階段」とエレベーターをめぐるお話を、少々付け加えさせていただきたいと思うのです。


二条城・二ノ丸御殿の平面図(抜粋)

書院造の「鉤(かぎ)座敷」の構造

鉤座敷の作法と、雁行(御殿のつながり方)には密接な関係があった


ご覧の図は以前の記事でお見せしたものですが、もしこのような御殿が縦に重なって立体化したとなれば、それらをつなぐ「階段」の位置は、やはり要注意の案件だったはずでしょう。

そこで当ブログが注目したのは、名古屋城の大天守にもあった「二系統の階段群」でした。


二系統あった階段群は「立体的御殿」のなごりではないか?

【模式図】…それならば「立体的御殿」は階段にも「表」と「奥」があったのでは??

これなら、不測の鉢合わせも起こらずに済みそう…



この模式図をお見せした時は、あまり詳しく申し上げなかったのですが、図をよくご覧いただきますと、「表の階段」が途切れた上の最上階(図では三階)が、ちょっと変なことになっているのがお分かりでしょうか。

この図のままですと「奥の階段」の導線と、最上階の「鉤座敷」の導線とが、ちゃんと噛み合っておりませんで、この点を例えば、実際の名古屋城天守はどうなっていたかと『金城温古録』で確認してみますと、実は、最上階は「鉤座敷」が逆回り! という面白い仕組みになっていたのです。


復興コンクリート天守の空撮

これに旧天守の各階の床面をダブらせ…

さらにその上に「二系統の階段群」の位置をダブらせると…


それぞれの階段は、手前の階段群が「御成階(はしご)」、奥の階段群が「段階」と呼ばれておりましたが、これは『金城温古録』によりますと、寛永11年に三代将軍・徳川家光が登閣した際に、奥の階段では地階で井戸や流しのある「御勝手」をお通りいただくことになり、それは大変に恐れ多いため、手前の階段も使ったからだろう、と記しています。

ですから、両方の名称の違いにこだわるのはあまり意味が無いのかもしれず、むしろ何故、手前の階段は“三階(天守台上の三重目)までしか”設けられなかったのか? という原因の方が、ずっと重大であるように思われてなりません。

と申しますのは、もし本当に手前の階段が「表の階段」をルーツとしたものなら、それはやはり「立体的御殿」全体の使われ方! に由来した現象だったかもしれないからです。





例えばご覧の写真のごとく、五重天守の三重目が「第二の望楼」とされた例もあったのかもしれない、などと申し上げた件を思えば、ひょっとすると原型の「立体的御殿」では、中層階までが領主本人とその家族や内々の訪問客も想定したエリアであり、そこから上は、それこそ、領主本人しか立ち入れないような領域であったのかもしれません。




そして問題の最上階ですが、名古屋城の旧天守では、入側縁に囲まれた四つの部屋は、それぞれご覧のような名称になっておりまして、つまりここでの「鉤座敷」の導線は左回りであり、天守を登った最終的な終着点は、南東側の、本丸御殿に面した側の部屋になっていたわけです。




本丸御殿では奥へ、奥へ、と進んでいた「鉤座敷」の導線が、何故か、天守の最上階になると逆に表側へとターンして来ていた…… これはいったい、どういうことなのか…。

ここで「立体的御殿」全体の使われ方を、思い切って想像してみますと、登閣の終着点が表側だったということは、その意味は「本丸御殿」の方角というより、もっと正確に申せば「大手門」の方角に出るための構造だったのではないでしょうか。

すなわち、その構造は、登る人物の側の便宜や作法のためではなくて、最終的には外の城下や城内の人々からの「視線」が最優先の事柄であり、高欄などで<領主がそこに姿を現すこと>が「立体的御殿」のセオリーになっていたのではなかろうか… という気もして来るのです。


このことは他の城においても、例えば萩城天守の場合、四代目藩主・毛利吉広が、初入国のおりに天守に登ったという記録がありますが、その時、吉広は最上階の部屋の南側に着座した、と書かれている点とも符号しそうです。

と申しますのは、ご承知のとおり萩城天守は、その南側に二の丸以下の各曲輪や城下町が広がっていた一方で、逆に本丸御殿は、天守の北側にあったからです。

(※ただし地形の問題で、城下から天守が見えにくい、という萩城の設計ミス?はご愛嬌でしょうか…)


さらに、これは後出しジャンケンのようで恐縮ですが、前出の二条城の二ノ丸御殿においても、いちばん奥に示した白書院だけが、慶長の創建時は「鉤座敷」が逆回りだった可能性が言われているのも、ご存知のとおりでして、これもまた何かの符号かもしれません。


以上のごとく、名古屋城の旧天守における「階段」の様々な意味を考えますと、現状の復興コンクリート天守は“展望台付き資料館”として実に単純でありまして、「階段」の位置など問題外で、地階から最上階まで便利にすばやく移動できることが必須条件なのですから、上下の移動は「エレベーター」かエスカレーターでなければ苦情が出てしまいます。





今回の記事は <どう登るかも天守のうち?> という観点から申し上げて来ましたが、名古屋城の旧天守の「階段」のつけ方には、「立体的御殿」の成り立ちや、天守とは何だったのか、という大仰な話をひも解くヒントが隠れていそうです。

ひるがえって、それ以降の徳川の巨大天守 = 例えば江戸城天守ですと、やはり二系統の階段群があっても、それらはもう「表」「奥」は関係なく、ただ単に左右に並列していた疑い(→江戸期の再建案の指図!)もあることと比べますと、名古屋城天守というのは、実に稀有(けう)な建築であったと言わざるをえず、それもこれも、小堀遠州と中井正清という最強コンビの手になるエポックメイキングな建築だったからでしょうか。…


江戸城天守の再建案にみる「階段」の位置(→ 内閣文庫蔵の史料をもとに作成)






作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。



2015年02月03日(Tue)▲ページの先頭へ
城の再発見!糸杉が描かれた「死の島」と大坂夏の陣図屏風の天守






糸杉が描かれた「死の島」と大坂夏の陣図屏風の天守


前回、前々回と、当サイトがスタートした当時(2008年)のリポートをWeb形式に変えてお届けしましたが、それらの内容は、これまでのブログ記事と部分的な重複(焼き直し)もあって、そうしたネタばれの部分も露呈してしまったようです。

そこで今回の記事は、そうした白状のついでに、リポートでご覧いただいたイラストについて、今だから申し上げたい、作画の裏話として、豊臣秀頼の再建と思われる大坂城天守の右脇に描かれた「糸杉」の、ちょっと怖いお話を申し上げてみたいと存じます。


※             ※



ですが、その前に「秀吉の大坂城・前篇」の論拠に関わる追記を、ほんの少しだけさせて下さい。

それは、羽柴(豊臣)秀吉はなぜ「関白政権」を選択したのか?という理由について、リポートでは今谷明先生の学説(=小牧・長久手の敗戦が征夷大将軍の任官の障害になったというもの)を挙げさせていただきましたが、この今谷説をめぐっては「秀吉は自ら征夷大将軍を断った」との記録もあり、ご懸念の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

例えば堀新『日本中世の歴史7 天下統一から鎖国へ』では「秀吉が「将軍の官」を断ったことは『多聞院日記』天正十二年十月十六日条に明記されている。(中略)信長も秀吉も将軍任官を望んだがはたせなかったとすることで、将軍となった家康の正当性を強調し、さらには将軍職の神聖化をはかった徳川史観である。」とも書かれています。

そのように秀吉が自ら将軍職を断っていたのなら、小牧・長久手の敗戦のせいで将軍職を断念したという今谷説は、説得力を失ってしまいそうですが、しかし私なんぞの感想としましては、その「断った」時期が大問題だと思えてなりません。

すなわち『多聞院日記』にある天正十二年十月十六日という日が、どういうタイミングなのかと申せば、リポートと同じ年表にその「時期」を書き加えますと…






ご覧のように秀吉が「将軍職を断った」時期というのは、秀吉が織田信雄と和睦し、矢継ぎ早の任官昇叙が始まるのとほぼ同時期でありまして、あえて申し上げるなら、これらはすべて一連の出来事だったのではないか、という気もしてまいります。

つまり秀吉としては、この頃にはもう、矢継ぎ早の任官昇叙でいずれ従一位・太政大臣にも登り詰める“めど”は得ていて、したがって将軍職はもはや関心の枠外になりつつあり、そうした直後に、たまたま関白職を近衛信輔から奪取するチャンスにも恵まれた、という風にも見えるわけです。

ですからこの時期には、秀吉自身が今谷説の言う「王政復古政権」をはっきりと自覚(選択)していたのかもしれず、そんな秀吉の心理をうかがえるのが、前出の『多聞院日記』の記録に付け加えられた秀吉の一句ではないのでしょうか。

 冬ナレト ノトケキ陰ノ 光哉
(冬なれど のどけき陰の 光かな)

…厳しい冬かと思ったら、うららかな日の光も見えて来た、と詠んでいるようでして、結局のところ、「将軍職を断った」という記録は、むしろ今谷説を“補強”する材料でさえあるように、私なんぞには感じられてしまうのです。


※             ※



さて、それでは今回のメインテーマ「糸杉」の話題に戻りますが、まずはこれらをご覧下さい。


大坂夏の陣図屏風(大阪城天守閣蔵)の天守部分と、当サイトの推定イラスト



ご覧の3点でお判りのように、屏風絵の天守の右脇には、杉かヒノキか分かりませんが、「針葉樹」が特徴的に描かれていて、この木々は、推定イラストの方では省略して描いておりません。

これは作画した当時、天守の脇に「松」を描いた屏風絵なら他にいくつも思い当たり、また実際に天守の脇にあった木としては熊本城のイチョウなども思い浮かびましたが、針葉樹の「杉」ですと、城外からの見通しをさえぎるため、土塀の手前などにはあったものの、天守の脇という例はちょっと聞いたことが無かったため、本当だろうか… と作画に加えるか否か迷ったのです。

そんなおり、ふと、西欧では「糸杉」の木が象徴的に描かれた絵として、こんな絵もあるのだと初めて知りました。

かのヒトラーが、同じ画家による三枚目を所持していたという「死の島」です。


アルノルト・ベックリン画「死の島」1880年制作(ウィキペディアより)


(中野京子『怖い絵2』2008年/「死の島」解説文より)

水面からは、ごつごつ赤茶けた岩島が立ち上がり、その懐(ふところ)には不気味な糸杉が何本も高くそびえている。
糸杉は死の樹だ。
黄泉(よみ)の国の支配者ブルトンに捧げられ、不慮の死を司る女神アルテミス(ディアナ)の聖樹でもある。太陽神アポロンは、誤って自分の鹿を弓で殺した少年キュパリッソスを、永劫に嘆き続けることができるようにと糸杉へ変身させた。またこの木は神々の彫像や棺の材料として用いられ、しばしば古代神殿跡や墓地に植えられる。

(中略)
糸杉、棺、小舟、白装束、そして岸壁に穿(うが)たれたいくつもの人工的横穴、即(すなわ)ち埋葬所。
さまざまな死のモチーフを散りばめたこの絵は、陰鬱な死の気配に満ち、人が生から死へ向かうときの気分とでもいうべきものを濃密に伝える。





この絵で一躍、19世紀末のドイツ画壇で人気を博し、その陰鬱なイメージにも関わらず、多くのドイツ人家庭でこれの複製画が飾られ、若きアドルフ・ヒトラーもそうしたファンの一人で、のちに本物(1886年制作の三枚目)を手に入れたというベックリンの絵です。

『怖い絵』シリーズで知られるドイツ文学者の中野京子先生の解説のとおり、この絵の中心の「糸杉」というのは、欧州やイスラム文化圏では「死」の象徴でもあるそうで、その木部に虫除けの効果があるため、腐敗を防ぐとして死者の埋葬に使われ、そのためか、キリストが磔にされた十字架は、この木で作られたという伝説まであるそうです。


墓地の糸杉 / ベックリンの娘も埋葬されたフィレンツェのイギリス人墓地(ウィキペディアより)


ちなみに、日本のスギやヒノキは日本列島周辺の固有種だそうですから、ここで言う「イトスギ」とは別種の木になるわけですが、キリシタン大名・黒田官兵衛の子、黒田長政が、問題の大坂夏の陣図屏風の発注者であるとも言われて来た経緯を踏まえますと、天守脇の植樹としては異例な「針葉樹」は果たして何なのか… このままイラスト化をしても良いのか… まったく判らなくなってしまったのです。




リポートの論点においては、この天守が、大坂夏の陣図屏風(右隻)の右端にある徳川秀忠本陣と徳川家康本陣の対極(=絵の左端)に位置づけられたのは、ある特別な意図が込められた配置であって、それは「天守」と「征夷大将軍(幕府)」が本来は対極的な存在であり、まさに豊臣関白家vs徳川将軍家の闘い(=大坂の陣)の政治的な図式を、象徴的に示した構図だったのではないか? という仮説を申し上げました。




と同時に、この絵の構図はご覧のとおり、左右で「敗者と勝者」「死者と生者」という対比やコントラストも強烈でありまして、そんな構図のいちばん左端(!)に、もしかして、キリシタンの“死の象徴”イトスギが、あえて描き加えられたのではあるまいか… などという、悪い想像も出来てしまうのです。

考え過ぎとは思いつつも、もしそうであったなら、それを「封印」と見るか、「鎮魂」と見るかで、これまた、注文主の本音はやや違って見えるわけなのです。



合掌…。(豊臣秀頼像/方広寺蔵)






作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。