城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2015/07

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (258)



全エントリ記事の一覧はこちら

2015年7月
     
 

新着エントリ
城の再発見!フロイスの岐阜城訪問記には金箔の「瓦」とはどこにも書いてない (8/17)
城の再発見!どうして岐阜城で「織田系」金箔瓦が発見されないか (8/3)
続々・甲府城「天守」のゆくえ →金箔付きシャチ瓦も「徳川包囲網」の目印だったのか?… (7/20)
城の再発見!続・甲府城「天守」のゆくえ →再訪の直感、天守台「穴倉」の内側も“見られること”を意識している (7/8)
城の再発見!甲府城「天守」のゆくえ →躑躅(つつじ)ヶ崎館の天守台との関係はどうなっていたのか (6/25)
城の再発見!近世城郭の「完全否定」で籠城戦に勝てたのが熊本城か (6/12)
城の再発見!これもコンクリート天守の「魔力」がなせる技か… 熊本城天守のすばやい解体と復旧 (5/29)
城の再発見!目的地は“東アジアの下克上”か?…満洲族と日本の17世紀「新興軍事政権」 (5/19)
城の再発見!肥前名護屋城の出現と「小中華意識」に没入した李氏朝鮮の無反応 (5/4)
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)
城の再発見!「革命」は 信長→秀吉→三成 の三人で完成するはずだった? 時空を超えた<石田三成≒大久保利通>説 (9/27)
城の再発見!徳川家康の画期的な着眼か→ 四方正面(八棟造り)は平城の「求心性の自己表現」にもなる? (9/14)
城の再発見!ならば聚楽第チルドレンの筆頭・天正期の駿府城には「小天守」とともに大天守もあったのか (8/29)
城の再発見!毛利輝元らは聚楽第で天守を見ていなかった!? とすれば… 広島城天守をめぐる“ぬぐえぬ疑問” (8/15)
城の再発見!最上階にやはり白鷺(しらさぎ)の絵 → 問題の層塔型「御三階」の構造を推理する (8/2)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (18)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)


アクセスカウンタ
今日:1,007
昨日:2,894
累計:2,085,862


RSS/Powered by 「のブログ

2015年07月26日(Sun)▲ページの先頭へ
城の再発見!譜代大名があこがれた「富士見櫓」は太田道灌の江戸城の「高台」だったとすると…






譜代大名があこがれた「富士見櫓」は太田道灌の江戸城の「高台」だったとすると…


(『金城温古録』第十二之冊「天守の始」より)

武備の為に高台を建て威を示し、内に文を修て治道を専らとせしは
太田道灌の江戸城に権輿
(けんよ/事が始まる)す。
是、天守の起源とも謂ふべし。



そして天守のごとく描かれた谷文晁「道灌江戸築城の図」(個人蔵)の富士見櫓


……いったい何故、関東の譜代大名らは(見栄えもしない! 誠にそっけない)「御三階櫓」をああも関東一円に建て並べたのだろうか? という疑問について、従来は「徳川将軍の江戸城天守をはばかり(ランクを一段下げた?)富士見櫓にならったのだ」というような説明がされて来ましたが、前回の記事では、そこで私なんぞが申し上げてみたい疑問として〈その富士見櫓とは、いつの時代の富士見櫓なのか〉という点を挙げました。

その過程でご覧いただいた谷文晁(たに ぶんちょう)の絵は、制作が弘化3年(1846年)で幕末のものだそうですが、但し書きには「江戸築城古図により」との墨書があるそうで、思わずグググッと仔細に眺めてみますと、色々と面白い点も見えて来まして、今回はその辺をちょっとだけ補足させていただこうかと思うのです。





ご覧の絵には随所に墨書(書き込み)がありまして、それらのいくつかを、墨書の表記を基本に赤文字で大きく表示し直しますと…


絵の左側部分(遠景は富士山)…「子(ね)城」が城のいちばん北側の最高所に!?

絵の右側部分(遠景は筑波山/つくばさん)


ということでして、後の江戸時代の城とも共通した名称が並んでおり、おおよその所は理解できそうなのですが、よくよく見ますと、どうやらこの絵は(左に南西の富士山、右に北東の筑波山が見えることからも)左右で別々の「視点」と「方角」による景観が二つ(または三つ)合体して!出来上がっているようなのです。


左右の絵は、景観の視点の位置や方角・画角がずいぶんと違っているのかも…


で、こうなりますと、絵の上部に示したごとく、中央の「富士見櫓」は、ひょっとして、左側の絵の「子城」の櫓と“同一の建物”ではないのか? という疑いが頭に浮かんでまいりまして、それは絵の「汐(見)坂門」と「吉祥門」の位置関係や、そして何より絵の「富士見櫓」の真下には「三日月堀」(=すなわち北桔橋門と西桔橋門の間の「乾堀」!!)と墨書されていることから、そのように思えて来るわけです。


ですからこの絵は、富士山と筑波山が両側に見えたという江戸城(静勝軒)のベーシックな情報に忠実な(工夫を施した)構図なのだ、ということが分かって来るのですが、それにも増して、この絵の描写=「子城」は城内でいちばん高い北側の部分という描写も本当のことだとしますと、これはかなり貴重な絵画史料(の写し)なのかもしれません。

何故ならば…


【ご参考】赤い表示→小松和博先生が想定した道灌時代の江戸城


太田道灌の江戸城の構造については、諸先生方が各々の考え方を提示して来られましたが、焦点の一つは、例えば道灌と親交があった僧・万里集九の詩文「静勝軒銘并序」に次の有名なくだりがあって…

「其の塁営の形たるや、曰く子(ね)城、曰く中城、曰く外(と)城と云ふ、凡そ三重なり、二十又(ゆう)五の石門ありて、各々飛橋(とびばし)を掛けたり」

という中の「子城」「中城」「外城」が、それぞれ後の江戸城のどこに当たるか?という観点から、いくつもの解釈が登場しました。


上の図や赤い表示はその一例で、小松和博先生の『江戸城』1985年から引用させていただいた形のものですが、ここで留意すべきは、小松先生をはじめ、ほとんどの先生方が「子城」については、それは「根城」「第一の曲輪」「詰の城」といった意味であり、場所としては江戸時代に「富士見櫓」があった本丸南端を含む部分だろう、という点だけは完全に一致している点でしょう。

…ところが、どういうわけか、谷文晁の絵では「子城」の位置が城のいちばん北側の奥で、しかも城内の最高所とおぼしき地点になっているのです。




このような「子城」の位置に関しては、例えば『五百年前の東京』の著者・菊池山哉先生も同様のお考えの持ち主であり、著書に掲載の見取り図では「子城」をいちばん北側にしておられていて、いくぶん勇気づけられるわけですが、このように「子城」は城の北部にあったという形で考えを推し進めますと、これまた、かなり意外な“符号”に出くわすことになります。…


以前の記事から/『極秘諸国城図』江戸城(=家康時代)の本丸部分をダブらせた地図

それをさらに小松先生の図ともダブらせていただくと…


ご覧のとおり、このままでは「子城」は江戸時代の富士見櫓を含むエリアですが、ここで試しに、「子城」は谷文晁の絵のごとく本丸の北側部分にあった、という風に想定を変えてみた場合、その結果は、次のような驚くべき状態になると思うのです。




!! やはり、と申しますか、太田道灌の「子城」と、その後に徳川家康が天下普請で築造した慶長度天守の天守台や天守曲輪(詰ノ丸)は、ほぼ同じ小丘を!!利用していた可能性が生じて来るのです。

これはまさに、前回ご紹介の『金城温古録』の「慶長十一年 御改築 の江戸城御天守」という記述は、本当のことだったのか!?…と絶句してしまいそうな事態を意味していて、この場所に道灌の子城の櫓(富士見櫓)があって、家康はそれを承知の上でその故地に慶長度天守を上げた、という陶然(とうぜん)となりそうなストーリーが浮かび上がって来ます。


かくして、谷文晁の絵のとおりに考えた場合、この絵の中央にある「富士見櫓」とは、おそらくは、数々の詩文にうたわれた「含雪斎」(=静勝軒の西側にあって富士山をのぞむことが出来、丸窓ごしに富士山の雪が見える様子から“含雪”斎と名付けられた…)と同じ建築物だと想定することは、位置的に見ても、城内の最高所という点でも、ほとんど違和感が無いのです。…







作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。



2015年07月10日(Fri)▲ページの先頭へ
城の再発見!続・臣下の五重天守をめぐる印象論 →海外への拡張政策の道を閉ざされた天守配置の様変わり






続・臣下の五重天守をめぐる印象論

→海外への拡張政策の道を閉ざされた天守配置の様変わり



前回記事の、織田・豊臣政権による「五重天守」の配置方法




前回にご覧いただいた五重天守の配置は、意外にも、当地の城主の「格」や所領高だけではなく、天下人の府城からの「距離」も深く関係していて、言わば政権の勢力圏の最終到達点をにらむ防人(さきもり)のような存在として、「五重天守」などの巨大天守が配置されたのかもしれない… などと申し上げました。

しかもそのような不文律は、日本列島の範囲を越えて「西」へと向かう拡張政策を前提にしていたようで、例えば宇喜田秀家が漢城(ソウル)にあげた三重?の天守は、そのはるか先の「西の最終到達点」において、やはり五重天守などの巨大天守が建造されることを織り込んでいたようにさえ、私なんぞには見えてしまいます。


五重以上と言われる天守



しかし朝鮮出兵の失敗と豊臣秀吉の死によって、その直後に関ヶ原合戦などの動乱が勃発し、そこから新たな天下人の座をつかんだ徳川家康は、政治体制の刷新をめざすなかで、諸大名が望む天守の建造(全国的な配置のしかた)についても、織田・豊臣の頃とはまったく異なる不文律を打ち出したようです。




これはその家康が死去した時点の様子を図示してみたものですが、一見してお気づきのとおり、もはや織田・豊臣の「北の果ての巨大天守」といったものは存在しませんし、臣下の五重天守のなかで天下人の府城(駿府城)から最も遠い地点にあったのは、南(西)の柳川城天守や熊本城天守でした。


そして私が気になるのは、西の橋頭堡としての三重天守が無いかわりに、瀬戸内沿いの中国・四国地方にはズラリと!!臣下の五重天守が並べられていて、これは西国大名らの要望に応えた結果のようでいながら、前述の時代状況を踏まえた目で見ますと、あたかも <臣下の五重天守群が外国軍隊の国内侵入に備えていた> かのようでもあり、はたまた <朝鮮通信使の来訪ルートを意識した配置> のようでもあった点でしょう。

このことは、前回の妄言を引き継いで申し上げるなら、防人(さきもり)としての五重天守というカテゴリーが立場を失い、もはや勢力圏の周縁部で領民や敵方に見せつける必要も無くなった「五重天守」を(既存の岡山城や広島城を含めて)今後はどういう風に扱えばいいのか? という大命題に対して、徳川幕府がひねり出したアイデアだったのではないでしょうか。




そして天守の配置をめぐる幕府の最大の関心事は、西国に臣下の五重天守が建ち並んだ一方で、技術的には九重・十二重などという巨大化も不可能な中で、<いかにして天下人の天守を際立たせるか> に腐心せざるをえなかったようです。


そこで出現した興味深い現象が、ご覧のとおり、駿府城天守を中心にして、松本城・名古屋城の五重天守と、江戸城天守という、三基の大型天守が、等距離の円周上にピタリと位置づけられていたことではないでしょうか。

半径の146km(37里)と言えば約4日の行程ですし、この時期、オレンジ色の円の中にあったその他の天守は、小田原城(→おそらくどこかの時点で石垣山城天守を破却した後は後北条氏の本丸天守を継続使用か)・横須賀城・吉田城・高島城の各天守や御三階櫓しか無かったはずですから、駿府城の五重七階天守は、他の大型天守との「距離」を別の意味で応用することでも、存在感を高めていたと思えてなりません。


で、重要なのは、こんなことは前の豊臣政権ではありえなかった手法だという点であり、そうした様変わりの裏では(やがて三代将軍・徳川家光の江戸城寛永度天守という「天守」の歴史でも大変に特殊なカテゴリーが出現したことを含めて)天守建造の理屈の180度近い大転換が起きていたようです。

と申しますのも、ためしに江戸城天守が明暦の大火で焼失した翌年(明暦4年)を4枚目の図にしてみますと、もしかすると「天守」の歴史をチョットとらえ直す必要があるのかもしれない… と思うような現象が見て取れるからです。


明暦大火で江戸城天守が焼失して初めてわかった?意外な等距離の円…


居城の佐倉城古河城を大改修した幕閣の最高実力者、土井利勝(どい としかつ)

(※肖像画は正定寺蔵/ウィキペディアより)

ありし日の佐倉城 / 現地の説明看板のイラストをもとに作成

ご覧の佐倉城と言いますと、徳川家康から江戸城の櫓を拝領して移築したという「天守」御三階櫓と、太田道灌の頃の江戸城「静勝軒」を移築したという「銅櫓」が、本丸の土塁上に並んでいたことで知られています。

で、それらが佐倉城に移築されたのは慶長16年以降と言われ、それは大御所家康と将軍秀忠による江戸城の慶長の天下普請と一連のタイミングで行われた作業と言えるでしょうから、言うなれば“古い江戸城を物語る建築”を拝領して佐倉に引き取った形であって、そうした措置がかなった土井利勝は「城の本丸や天守は天下人のもの」という趣旨の発言をした人物としても知られています。


そこで思いますに、いったい何故、関東の譜代大名らは(見栄えもしない! 誠にそっけない)「御三階櫓」をああも関東一円に建て並べたのだろうか? という疑問について、従来は「徳川将軍の江戸城天守をはばかり(ランクを一段下げた?)富士見櫓にならったのだ」といった説明がなされて来たわけですが、私なんぞが今回、特に申し上げてみたいポイントは、〈その富士見櫓とは、いつの時代の富士見櫓なのか〉 という問いなのです。

そこで是非ともご覧いただきたいのが次の絵でありまして、これは江戸後期の鬼才・谷文晁(たに ぶんちょう)が、太田道灌の時代の江戸城を、築城古図を参照しつつ描いたという絵です。


谷文晁「道灌江戸築城の図」弘化3年(個人蔵)

その中央には「富士見櫓」がさも天守のごとく…





<江戸時代、関東を守る譜代大名らの意識では、天守の理想像が

 従来の安土城天主等から「太田道灌の富士見櫓や静勝軒」に変わる大転換が起き、

 それが「御三階櫓」を積極的に志向する流れを作っていたのかも??>





ご覧の谷文晁の絵は、やや石垣が多い点など気にはなりますが、要は <どうしてこんな絵が制作されたのか?> という辺りが、たいへんに興味を引くわけです。

そこで関東の御三階櫓の様子を含めて考えますと、それらのそっけない外観は、安土桃山以来の築城者たちの造形に対する意欲が萎縮(いしゅく)したのではなくて、ひょっとすると、この時期、譜代大名らの“あこがれる対象”が変わってしまっていた、ということだったのではないでしょうか??

考えてみれば、譜代大名の側からしてみれば、一度も訪れたことの無い安土城の幻の天主などより、いくつもの詩文にうたわれた太田道灌の江戸城「静勝軒」や富士見櫓(「含雪斎」?)の方がずっと身近であり、あこがれの対象になりやすかったことは確かでしょう。


現在、静勝軒などの具体的な姿は謎が多く、研究者の間で説が分かれるものの、江戸時代の認識としては、例えば名古屋城の記録集『金城温古録』の「天守の始」という文章には「武備の為に高台を建て威を示し、内に文を修て治道を専らとせしは太田道灌の江戸城に権輿(けんよ/事が始まる)す。是、天守の起源とも謂ふべし」とあり、その後段で「慶長十一年御改築の江戸城御天守」とも書いてあって、つまり江戸城は慶長11年の天下普請まで太田道灌ゆかりの「高台」が存在し、それが天守の起源であった、という理屈で(実際はどうであれ)首尾一貫している点は見逃せません。

(※『金城温古録』の「高台」は楼閣全般を示す言葉として使用)


ですから、先ほど“天守建造の理屈の180度近い大転換”と申し上げたのは、このように徳川幕下の天守は、理想の姿(手本/モチーフ)が以前とはかなり違っていた疑いがあるためで、それは太田道灌の江戸城をことさらに崇敬したものであったようです。

すなわち天守とは、太閤秀吉のごとく外観の見事さを競うものではなく、道灌の江戸城をうたい上げた詩文のごとくに、そこから見晴らす四周の「風景」の方が、天守の理想像を形づくる重要な観点になっていたのだとすれば、関東の譜代大名が建て並べた(見栄えもしない! 誠にそっけない)「御三階櫓」というもののナゾが、ようやく解けるような気がして来るのです。




さて、元和8年に本多正純が失脚して、土井利勝が名実ともに幕閣の最高実力者となった晩年に加増移封された城が古河城であり、そこで佐倉城天守と同規模で建造した天守(御三階櫓)のCGが、「古河史楽会(古河の歴史を楽しむ会)」様のHPで公開されておりまして、最後にその一つを、ご参考までに引用させていただこうかと思うのです。

……と申しますのは、CGはちょうど「松本城天守」と規模の比較になっており、これは何かの引き合わせではないのかと、大変に驚いている次第だからです。







作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。