城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2015/08

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (249)



全エントリ記事の一覧はこちら

2015年8月
           
         

新着エントリ
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)
城の再発見!「革命」は 信長→秀吉→三成 の三人で完成するはずだった? 時空を超えた<石田三成≒大久保利通>説 (9/27)
城の再発見!徳川家康の画期的な着眼か→ 四方正面(八棟造り)は平城の「求心性の自己表現」にもなる? (9/14)
城の再発見!ならば聚楽第チルドレンの筆頭・天正期の駿府城には「小天守」とともに大天守もあったのか (8/29)
城の再発見!毛利輝元らは聚楽第で天守を見ていなかった!? とすれば… 広島城天守をめぐる“ぬぐえぬ疑問” (8/15)
城の再発見!最上階にやはり白鷺(しらさぎ)の絵 → 問題の層塔型「御三階」の構造を推理する (8/2)
城の再発見!後継者・秀次の墓穴(ぼけつ)――最大の過失は、洛中に強固な「城」を築いてしまったこと?? (7/15)
城の再発見!異例の側室・摩阿(まあ)姫が住んだ「京都天主」「聚楽天主」の正体 (7/4)
城の再発見!40m四方の天守台!? →『聚楽第図屏風』には天守が描かれていないのかもしれない… (6/20)
城の再発見!驚嘆、信長の「天下」観念は今日にも通じているのか… (6/9)
城の再発見!話題の「旧二条城」と岐阜城と小牧山城の“合体形”として安土城は出来上がった? (5/25)
城の再発見!続々・信長の「天下」――安土城天主は天皇の行幸殿の上にそびえ立ち、見おろしていた、とする見方の多大な影響 (5/10)
城の再発見!続・信長の「天下」とは――せっかく築いた小牧山城と城下をなぜ4年で捨てたのか? (4/25)
城の再発見!信長の「天下」とは――いつごろまで「天下布武」印を使ったのか?という素朴な疑問から (4/11)
城の再発見!続・豊臣大坂城天守も階段群が2系統 →「2系統なのは何階までか?」で各天守を区分すると… (3/29)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (9)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)


アクセスカウンタ
今日:471
昨日:1,138
累計:1,906,451


RSS/Powered by 「のブログ

2015年08月21日(Fri)▲ページの先頭へ
城の再発見!釈明を兼ねた独自仮説――沼田城には関東の「北辺」を守備する四重五階の天守がそびえていた






沼田城には関東の「北辺」を守備する四重五階の天守がそびえていた


前回記事より / 沼田城天守は五重天守ではなかった、という立場の作図

一方、沼田市観光協会のHP「ようこそ沼田へ」には壮大な五重天守の想像図が…


沼田城天守ほど、歴史的な位置づけに迷う「五重天守」もないだろうと感じて来ましたが、観光協会の想像図は、かつての宮上茂隆先生の復元案に基づいて描かれたものでしょう。

そしてその前を言えば、西ヶ谷恭弘先生の復元案も黒い五重天守として強い印象を残しましたし、一般に、真田信之(のぶゆき/いわゆる幸村の兄/正室は本多忠勝の娘)が関東でいちはやく五重天守を上げたのは慶長2年(1597年)であったとも、徳川の江戸城天守と同時期の慶長12年(1607年)だとも言われて来ました。

(※ちなみに私の勝手な自論ですと、その江戸城天守は四重の天守のはず、と申し上げて来ておりますので、当時、沼田城天守は依然として関東で唯一無比の五重天守だったのかもしれませんが…)


そうした中で、現在、ウィキペディア等では、信之の孫・真田信利(のぶとし)が抱いた真田本家・松代藩への過剰な対抗意識が、沼田藩主就任の1658年(=明暦4年!明暦大火の翌年!)以降に破格の五重天守を生んだのだという異説が踊っていまして、当ブログの冒頭の作図は(時系列的に見れば)その異説を支持しているかのようでもあり、ちょっとマズい状態にあります。

ちなみに昭和30年代から城の復元運動があったという沼田の地元としては、こんな異説まで出て来るようでは、ますます前途多難でしょうが、とにかく当ブログの作図はそうした異説とは無縁である、という釈明を兼ねまして、この際、自前の大胆仮説を申し上げておきたいと思うのです。



正保城絵図「上野国沼田城絵図」の本丸周辺(当図は右が北)




さて、かくのごとく正保城絵図に描かれたのですから、城絵図の作成が命じられた正保元年(1644年)の前後には、絵のごとき天守が沼田城に実在していたはずです。

とはいうものの、城絵図の天守台に「石かき高八間」と墨書されている点については、現地を訪れた方々は、口をそろえて“とても信じられない”とおっしゃいます。

高さ8間と言えば15〜16mであり、およそ5階建てのアパートにも相当するからで、いったいどういうことなのか、現地の様子を写真でザザッとご紹介しますと…


沼田駅から眺めた城址 / 木々におおわれた台地の突端が本丸 / 左の遠景は三峰山

各曲輪のかつての位置をダブらせた地図(オレンジ色はわずかに残る微高地)


台地の上には広い平坦な土地が広がっていて、そこに本丸以下の城と城下町があったわけですが、現在、公園や市街地になった台地上の印象は、城下から本丸までほとんど地表高に変化がなく、本丸の先の「古城(捨曲輪)」「侍屋敷(二之丸)」がガクンと低くなり、その先が急崖で落ちている形です。

で、地図上のアルファベットの各地点から見た様子は…

【写真A】台地の上、沼田公園の入口付近

【写真B】本丸堀が部分的に残った池


わずかに残った本丸堀のこの部分の石垣は、城絵図に「石かき高三間」と墨書されていて、例えばこの堀の東側(写真では右側の見えない部分)の微高地と同じ高さまで石垣が積まれていたと想像しますと、ちょうどそれは「三間」の高さになりそうで、墨書はまんざらウソでもなさそうなのです。
しかし…



【写真C】本丸堀を埋め立てた場所から、天守台の方向を見ると…


【写真D】本丸内から見た利根英霊殿 / わずかな微高地の上に建つ


ご覧のとおり、天守があった辺りは、先ほどの本丸掘の石垣の想定とほとんど同じ地表高の微高地でしかなく、とてもここに、5階建てアパートに匹敵するような壮大な天守台石垣を思い描くのは困難なのです。

もし本当にここにあったのだとすれば、その膨大な土砂や石材はそっくり綺麗に取り去られたことになりますし、それを使って本丸堀を埋め立てたのだろうか?と考えるしかありません。

ところが、ところが…


【写真E】利根英霊殿のすぐ裏=北側は、軽く10m以上はある土塁が落ち込んでいる!!!

どういうことかと言いますと…


ここでもう一度、城全体の構造を踏まえて天守の位置を再確認しますと、前述のとおり、城内の北端でガクンと低くなった「古城(捨曲輪)」「二之丸」と、本丸との間を画する大きな土塁上の際に、天守は建てられていたのです。

これは正保城絵図が東側から眺めた状態、すなわち本丸の大手虎口が正面になるような角度で描かれたため、なかなか意識されなかったことなのでしょうが、構造的に見れば、天守は城の「北」方を意識していて、「北」を仮想敵とする姿でそびえていたと思えてなりません。

しかも、その土塁は図のように、沼田城と言えばいつも写真が出る「本丸西櫓台」まで、一続きの土塁として考えることが出来そうでして、ということは、現状はここに石垣の痕跡は確認できないものの、ここには、天守と本丸西櫓が左右に居並ぶ形で!北方の仮想敵に見せつけるための構造が出来上がっていたのではないでしょうか。


そういう姿を解りやすくするため、今までご覧いただいた地図をひっくり返して、北を手前にしてご覧いただきますと…



2010年度リポートより / 天守は詰ノ丸の左手前隅角に!=豊臣大坂城にみる織田信長の作法


いよいよ冒頭で申し上げたごとく、沼田城天守の歴史的な位置づけに関わる話になって来るのですが、このように天守が「北」を強く意識して築かれたとなると、その完成が慶長2年であれ、慶長12年であれ、それは城主・真田信之と、江戸の徳川家康(および妻の実家・本多忠勝)との関係の中で、この天守は構想されたのだと考えざるをえないでしょう。


言うなれば、“江戸の防衛の最前線の役目”を買って出る意味合いが、信之の天守建造には込められていたのではなかったでしょうか。!…


ご承知のとおり、信之という武将は、父の真田昌幸、弟の幸村(信繁)に比べれば一般の方々の認知度は低いものの、第一次上田合戦での闘いぶりから、敵方の徳川家康や本多忠勝が信之の胆力を大いに評価し、やがて忠勝の娘・小松姫が家康の養女として信之の正室に迎えられる関係になりました。

そこから真田一族のドラマチックな歴史が複雑さを増すわけですが、ここまで申し上げたように、問題の天守も、そんな歴史と深く切り結ぶ存在であったとしますと、その間、現実には高崎城の井伊直政、厩橋城の平岩親吉、館林城の榊原康政といった徳川の譜代大名らが、すぐ間近から、信之の行動に監視の目を光らせていたのでしょうから、沼田城天守とは、そういう風当たりも受け止めながら建っていたのだと私には思えてなりません。


【ご参考】沼田城絵図(前述の信利の時代 / 当図も右が北)

大まかだが、天守の平面形の長短は“東西棟”のように見える



かくして、問題の「石かき高八間」というのは、おそらくは天守台の“北面”にあった高石垣の数値ではないかと思うのです。

しかも、下記の正保城絵図の拡大でもお分かりのように、天守の“向き”を考えた場合、この絵図は天守の屋根が“南北棟”であるように描いていますが、これが慶長期の層塔型天守としますと、先ほどの全体構造のねらいや、天守台の微高地の長短を踏まえるなら、むしろ実際のところは“東西棟”だったと考える方が自然でしょう。

となれば、この絵図に描かれたのは、墨書のある天守台ごと! 実は「北」から見た天守の姿なのだ、ということにもなりうるのです。

正保城絵図の拡大


そろそろ今回の記事もラストスパートですが、ご覧のとおり、城絵図は天守そのものの描き方もちょっと奇妙で、左側の櫓や門は普通なのに、これだけ天守台の内側に“めり込んだ”ような描写になっておりまして、ここにも大きな秘密が隠れていて、それは例えば、佐倉城の天守(御三階櫓)と同じ方式で、高石垣の内側の土塁に半分のっかるように建っていたからではないでしょうか。

佐倉城の場合、床下階を含めて五階の四重天守でしたが、城外の側の半分だけが土塁上に乗っかるように建てたため、その結果、城外からはちゃんと三階建ての「御三階櫓」に見えたという工夫でした。

そこで沼田城の場合も、建物は文献の記述どおりに五階建てであっても、同様の工夫の結果、城外からは四重天守のように見えたのではないかと思われ、その意図としては、慶長の天下普請の江戸城天守を取り巻く“有望大名の四重天守群”(→2012年度リポート/松岡利郎先生の指摘)のうちの一基とするための工夫ではなかったのか、と私なんぞは思うのですが、いかがでしょう。


【ご参考】上野国沼田倉内城絵図(城の破却直後の作/当図も右が北)

天守は四重に描かれ、なおかつ石垣からやや離れて建つ。

また天守台は、特に大きな隆起も無く、本丸石垣と一直線の高さである






作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。



2015年08月11日(Tue)▲ページの先頭へ
城の再発見!伝説の「静勝軒」と同じ景勝を…… 関東の「御三階櫓」の建築的条件は富士山や筑波山の眺望のみ?






関東の「御三階櫓」の建築的条件は富士山や筑波山の眺望のみ?


「古河市立古河第七小学校」様の公式ブログから引用した綺麗な写真…

校舎の屋上から撮影したそうで、もちろん上が富士山、下が筑波山




当ブログではこのところ、何故ああも徳川の譜代大名は関東一円に「御三階櫓」を建て並べたのか?という話題を中心にお送りしていますが、ご覧の写真でお分かりのとおり、関東平野では、ビル群の無い開けた場所なら、どこでも似たような眺望を得ることが出来ます。


関東周辺にあった天守と御三階櫓(明暦4年1658年/明暦大火の翌年の時点)


これら古河城をはじめとする城のうち、地形図ではちょっと微妙に思える高崎や水戸でも、空気が特別に澄んだ日であれば富士山と筑波山の両方をのぞむことが出来ますし、このあとの江戸中期に建造された館林城や忍城の御三階櫓からも、同様の眺望が得られたであろうことは申すまでもありません。

ということは、やはり以前に申し上げたごとく、江戸時代、関東の譜代大名の意識の中では、天守の理想像が「太田道灌の富士見櫓や静勝軒」に変わる大転換があり、彼らにとっての天守とは、もはや外観の見事さを競うものではなく、道灌の江戸城をうたい上げた詩文のごとくに、そこから見晴らす四周の「風景」の方が、天守の理想像を形づくる重要な観点になっていたのでは… という疑いがぬぐえないのです。


そこで問題になるのは、京都五山と鎌倉五山の長老たちが、太田道灌に乞われて詠んだ数々の詩文(漢詩)の中身でしょう。


ただ、漢文にうとい私なんぞは、どれを例に挙げればいちばん適当なのか解りませんので、見た目のわかり易さで、まずは鈴木理生先生が著書で例示した口語訳を引用させていただきますと…



希世霊彦『村庵稿』より「静勝軒の詩の後題」(部分)

頃(このごろ)聞けり、太田左金吾源公は関左の豪英なり。武州の江戸城を守りて国に功ありと。蓋(けだ)し武の州たるや、武を用うるを以て名と為す。
甲兵四十万、応卒響くが如し、乃ち山東の名邦なり。江戸の城是に於てか在りて其の要に雄拠し、而して堅くその塁を備う。一人険に当れば万虜も進まざる所以なり。

亦乃ち武州の名城なり。矧(いわん)や此城最も景勝を鍾(あつ)むることを。寔(まこと)に天下の稀(まれ)とする所なり。睥睨(へいげい)の隙は地の形勢に随い、彼に棲観あれば、此に台榭(だいしゃ/高台式建築)あり。

特に一軒を置いて、扁して静勝の軒という。是を其の甲と為すなり。亭を泊船と曰ふ。斎を含雪と曰ふ。各々其の附庸(ふよう/支配を受けるもの)なり。
若しそれ軒に憑りて燕座し、四面を回瞻(せん)すれば、則ち西北に富士山あり、武蔵野あり、東南に隅田河あり、筑波山あり。此れ則ち四方の観の一城に在るものなり。一城の勝、又此の一軒に在り。…




という風に、歴史上に名高い「静勝軒」といっても、唯一の手がかりである詩文の上では、建築の外観について、その意匠や見事さを歌い上げるような表現は一つも無いわけです。!…

詩の中心的なテーマは、もっぱら道灌の江戸城が「景勝をあつめた」「天下に稀」なる城であることで、富士山が見え、武蔵野や隅田川、その先に江戸湾や高橋のたもとの港のにぎわいが見え、さらには筑波山ものぞめる、という「眺望」こそが、名城かつ名建築の由来とされています。

ただし文中の方角(「西北に富士山」「東南に隅田河」)は『五百年前の東京』の菊池山哉先生もつっ込んでいた部分で、実際には、南西に富士山、北東に隅田川や筑波山であり、これは作者の希世霊彦らが江戸を訪れずに詩を詠んで贈ったことによる間違いだそうで、本当に江戸に滞在して詩を詠んだ僧侶は、漆桶万里(万里集九)と蕭庵竜統の二人だけだそうです。



釈 蕭庵竜統『江戸城静勝軒に題する詩に寄する序』より(部分)

西望すれば則ち原野を逾(こえ)て雪嶺天と界(まかい)し、三万丈の白玉の屏風の如きもの(=富士山)あり。
東視すれば則ち壚落(=宇宙)を阻んで、瀛海(=大海)天を蘸(ひた)し、三万頃の碧瑠璃の田の如きものあり。
南嚮すれば則ち浩々呼たる原野、寛に舒(の)び広く衍がる。

平蕪(=草原)菌布し一目千里、野海と接し、海天と連なるものは、是れ皆、公(=道灌)が几案の間の(=机上でもてあそぶ)一物のみ。
故を以て、軒の南を静勝と名づけ、東を泊船と名づけ、西を含雪と名づく。

(中略)
含雪、泊船の如きは、浣花老人(=唐の詩人・杜甫)が蜀中倦遊の境なり。題扁の及ぶ所にして此の地の此の景と同じきを以て、摘(とり)て以て名と為すなり。



竜統のうたい上げもすごいですが、なんと道灌自身は、江戸の風景が伝説の「蜀」の国に似ていると感じていたようで、そこから「含雪」「泊船」という扁名を選んだという経緯もあったようです。

とにかく、ここまで「眺望」「景勝」にこだわって江戸城を詠んだ詩文が、これでもかっ!というほどに存在していたのですから、江戸時代、それらが関東の譜代大名の心理に与えたインパクトは、よほど大きかったのではないでしょうか。

築城にのぞんだ彼らの関心事が「伝説の静勝軒と同じ景勝が得られるか」に傾いたとしても不思議では無かったでしょうし、そんな状況から、まるで外観にこだわない「御三階櫓」が続出したとは考えられないでしょうか。(とりわけ関東平野の中心部の諸城において…)








<一つの疑問 /「静勝軒」と「富士見櫓」に歴史的な“混同”は無かったのか…>




さて、話題の「静勝軒」ですが、どうやら太田道灌の死後も、江戸城が後北条氏の時代になっても、シンボル的な存在の静勝軒(という建物)は残っていたらしく、それは「富士見の亭」とも呼ばれていたそうです。

ということは、ここで思いっきり邪推した場合、この後北条氏の時代に「静勝軒」と「富士見櫓」との混同が起きた、という可能性は無かったのでしょうか??


と申しますのも、諸先生方の復元の考え方には大きく二種類あって、一つは「静勝軒」は平屋建ての御殿建築であり、その奥に詩文で「閣」と称された櫓が別途あったという考え方であり、もう一つは「静勝軒」じたいが楼閣建築であり、屋根上に望楼を載せていて、「静勝」「泊船」「含雪」は、竜統の詩のごとく楼閣の南面・東面・西面を名づけたものだという考え方です。

特に後者の楼閣説では、「静勝軒」は「富士見櫓」と同一の建物だということになり、天守の原形の一つとしてふさわしい形になるのですが、これまで申し上げて来たように、江戸城において、天守建造の理屈の180度近い大転換が起き、そこから「眺望」第一の、外観にこだわらない特有の「御三階櫓」が関東に広まったのだとしますと、やはり「静勝軒」と「富士見櫓」は別々の建築でないと理屈が通りません。


……で、もし仮にそうだとしますと、混同された建物はそのまま後の時代まで長く残り、やがて江戸初期に、かの土井利勝が拝領して佐倉城に移築した「静勝軒(=銅櫓)」というのは、ひょっとすると、実際には「静勝軒」ではなくて「富士見櫓(含雪斎)」だった!? ということにもなりかねません。


そうした中で、やや細かい点で恐縮ですが、下記の「銅櫓」の古写真と、谷文晁の絵の「富士見櫓」は、最上階の屋根がそれぞれ形式は違うものの、ともに「錣葺き(しころぶき)」になっている点が、どうも気になって仕方がないのです。…


左:明治初めの佐倉城「銅櫓」解体工事中の古写真                 


これは「静勝軒」? 「富士見櫓」?





作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。