城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2015/10

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (254)



全エントリ記事の一覧はこちら

2015年10月
       

新着エントリ
城の再発見!甲府城「天守」のゆくえ →躑躅(つつじ)ヶ崎館の天守台との関係はどうなっていたのか (6/25)
城の再発見!近世城郭の「完全否定」で籠城戦に勝てたのが熊本城か (6/12)
城の再発見!これもコンクリート天守の「魔力」がなせる技か… 熊本城天守のすばやい解体と復旧 (5/29)
城の再発見!目的地は“東アジアの下克上”か?…満洲族と日本の17世紀「新興軍事政権」 (5/19)
城の再発見!肥前名護屋城の出現と「小中華意識」に没入した李氏朝鮮の無反応 (5/4)
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)
城の再発見!「革命」は 信長→秀吉→三成 の三人で完成するはずだった? 時空を超えた<石田三成≒大久保利通>説 (9/27)
城の再発見!徳川家康の画期的な着眼か→ 四方正面(八棟造り)は平城の「求心性の自己表現」にもなる? (9/14)
城の再発見!ならば聚楽第チルドレンの筆頭・天正期の駿府城には「小天守」とともに大天守もあったのか (8/29)
城の再発見!毛利輝元らは聚楽第で天守を見ていなかった!? とすれば… 広島城天守をめぐる“ぬぐえぬ疑問” (8/15)
城の再発見!最上階にやはり白鷺(しらさぎ)の絵 → 問題の層塔型「御三階」の構造を推理する (8/2)
城の再発見!後継者・秀次の墓穴(ぼけつ)――最大の過失は、洛中に強固な「城」を築いてしまったこと?? (7/15)
城の再発見!異例の側室・摩阿(まあ)姫が住んだ「京都天主」「聚楽天主」の正体 (7/4)
城の再発見!40m四方の天守台!? →『聚楽第図屏風』には天守が描かれていないのかもしれない… (6/20)
城の再発見!驚嘆、信長の「天下」観念は今日にも通じているのか… (6/9)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (14)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)


アクセスカウンタ
今日:2,915
昨日:2,808
累計:1,999,456


RSS/Powered by 「のブログ

2015年10月18日(Sun)▲ページの先頭へ
城の再発見!名古屋城や八代城とまるで同じ形式?… 江戸城「元和度天守」も本丸の北西隅の連結式天守だったか






江戸城「元和度天守」も本丸の北西隅の連結式天守だったか


中井家蔵「江戸御天守」建地割 / 同封された2枚の図面

→ 両図面ともに裏側から小さく「江戸御天守」と墨書されている

 

ちなみに左の図面の方が大きく! 132.2mm×84.4mmで、右が117.0mm×59.2mm


江戸東京博物館で9月末まで行われた「徳川の城」展において、一番びっくりしたのは、実は、展示されていた上記の左側の図面が、予想外に大きかったことでありまして、これまで私は現物を見たことがなかったため「え、こんなにデカいの…」と、思わず立ちすくんでしまいました。

前回の記事のラストでは、この図面こそ、元和度天守の「小天守」ではないのか、などと申し上げたのも、この図面の大きさのインパクトが多少、影響していたのかもしれませんが、とにかくこれは長い間、正体不明の図面として諸先生方の判断を迷わせ続けて来たものです。

そのせいか「徳川の城」展の図録の解説文を見ましても、いちおうは現在の解釈の主流である「天守の上層部分の計画変更用」という見方を踏襲しつつも、けっこう“苦しい”解説がなされています。



(特別展「徳川の城」図録の解説文より引用)

(問題の図面は)江戸城天守の最上層および四層目の妻側の立面図。妻側に唐破風が、平側に千鳥破風が描かれ、建築的に装飾豊かな天守であったことがうかがえる。

また最上層の平面図も加えられる。平面図によれば、千鳥破風および唐破風はそれぞれ一方向のみに飾られていたことになる

本図は中井家文書のもう一つの江戸城天守図面
(※上記の右側図面)との関連が考えられるが、詳細はわからない。

同図に描かれる側面が破風のない側の断面であるため、補完として作成されたのであろうか。あるいは当初の計画から変更があったため、この部分の図が起こされたことなどが考えられる。




…正体不明の図面だけに無理からぬ点はあるものの、この短い解説文にも、私なんぞはいくつも違和感を感じる方でして、それはまず第一に、図面に描かれたのは「千鳥破風」ではなくて「切妻破風」だという点でしょう。

「切妻破風」とは、例えば下記の御書院二重櫓の図面では、初重の張り出し(出窓)にある破風が切妻ですから、この建物の妻側の描き方(右図)をご覧いただければ、冒頭の“問題の図面”においても、図の左端にあるのは「切妻破風」であって、決して千鳥破風ではない、ということは明白でしょう。



【ご参考】江戸城本丸の御書院二重櫓の正面と妻側(都立中央図書館蔵)

 → 右下に見える「切妻破風」の断面(横から見た状態)の描き方にご注目




切妻破風の断面の描き方は、ご覧の図面のように、いちばん外側の端面が“垂直な線で”表現されるのが当然のことでありまして、この他の立面図の描き方を参照しましても、もし千鳥破風であれば、いちばん外側はこのような垂直な線ではなく、ちゃんと千鳥破風だと理解できる、それなりの形状で描くものです。

ですから、これは明らかに「切妻破風」であると申し上げざるをえませんし、問題の図面の左上に添えられた小さな平面図から“千鳥破風”と判断するのは拙速(せっそく)と申し上げるほかなさそうです。


表側の二面だけに二種類の破風(+出窓)がある典型例 → 江戸城の富士見櫓


かくして「切妻破風」と「唐破風」という、城郭ファンなら即座にビビッ!と来る組み合わせが、問題の図面上には登場しているわけです。


ご覧の富士見櫓の初重の破風は、まさに“問題の図面”と同じ組み合わせ(しかも櫓の長短の向きとの組み合わせも同じ)になっていて、そのうえ、この裏側の二面には破風の張り出し(出窓)が一切無い、という点まで、両者は完全に一致しています。




したがって前出の解説文にある「(天守最上層の)平面図によれば、千鳥破風および唐破風はそれぞれ一方向のみに飾られていたことになる」という部分も、そうとうに“苦しい”分析であることに同情するわけでして、五重天守の上層部分にこんな風に「切妻破風」と「唐破風」が一方向のみに設けられた例は、日本の城郭史上で“皆無のこと”であろうと感じるのは、当然ながら、私だけではないでしょう。

と、あえて言い切りますのも、名古屋城の大天守(や駿府城天守・彦根城天守)の頃から「四方正面」の破風の配置を意識的に行っていたはずの徳川幕府が、こともあろうに、本拠地の江戸城の大切な天守で、そんなことをするだろうか… という率直な疑問は、そう簡単には解けそうにないからです。


かくして、ここまでの結論として、問題の図面は残念ながら「江戸城天守の最上層および四層目の妻側の立面図」ではないでしょうし、「補完として作成された」図面でもなく、「当初の計画から変更があったため」の図面でもなくて、大天守とは別途の、前回に申し上げた「小天守」のものであろう、という私なんぞの勝手な見立ては、ますます深まるばかりなのです。…






さて、これは前回にご覧いただいた図ですが、赤くダブらせた本丸御殿は、同じく赤い寛永度天守よりもやや後の時代の配置図を使ってしまいまして、少々正確さを欠いたため、今回はその点を反省して、下記の小松和博先生の本から引用した“寛永度天守が完成した直後の寛永17年当時の復元図”を使って、改めて仮説の「元和度天守」の位置をダブり直してみたいのです。

そうしますと…

小松和博『江戸城』1985所収「寛永17年ごろの本丸と二の丸」

※図の下部の( )内の表記は
(『御本丸惣絵図』大蔵家蔵、『二之丸御指図』国立博物館蔵、
参謀本部陸軍部測量局の『5000分1東京図』による復元図)


→ 仮説の「元和度天守」のあたりは、何故か、広いスペースが空いていた… !!


(※注:黒文字は小松先生の復元図のままに改めて載せ替えたもの)


ご覧のとおり、寛永度天守が完成した直後の本丸御殿の配置は、何故か、申し上げている「元和度天守」のスペースが大きく空いておりまして、あたかも“それ”が撤去されたばかりのようにも邪推できます。

この後、ここには有名な「蔦の間」(=将軍の大奥での寝所)などが建てられ、しだいにスペースが埋まって行った場所ですが、ここにかつて「元和度天守」があったとしますと、本丸の「中奥」から程近く、いざという時に、将軍が天守に向かうにも便利な位置であり、また、そもそも天守の位置は「御上方」(おうえかた=正室のための奥御殿)と密接な関連性がありそう、などと申し上げて来た観点からも、ますますふさわしい立地と思えてならないのです。…


そして今回、是非とも申し上げたいポイントは、小松先生の図は上が北で、仮説の大天守のすぐ北側の足下には「西桔(はね)橋門」の虎口があるため、その位置は慶長度天守とさほど変わらないものの、城外からの見た目では“本丸の北西隅に出現した連結式天守”と見えたのではなかったでしょうか??


焼失前の名古屋城の連結式天守 / 現地案内板に描かれた八代城の連結式天守


本丸北西隅の連結式天守と言えば、即座に、ご覧の二つが頭に浮かびますし、ここから、ウリふたつ(否、ウリ三つ)とも言えそうな関係性が、元和度天守を含めて考えられそうで、現に、たいへん興味深いことに、これらの連結式の天守台は、いずれも「加藤家」が築造に関与したことになるのです。!!…


名古屋城天守と、その天下普請で天守台の築造を一手に担った加藤清正

八代城天守と、その築城を命じた熊本藩二代藩主・加藤忠広


名古屋城の天守台は、言わずと知れた加藤清正(熊本藩)が独力で普請を担ったことで有名ですし、一方の八代城は、清正の子・加藤忠広の家臣で、麦島城の城代だった加藤正方(まさかた)が築城したものでした。

ですから、両天守台の形や位置に共通した点があるのは当然でしょうが、そしてまた、江戸城の「元和度天守」もまるで同じ形式としますと…




前々回から申し上げて来たように、加藤忠広は二代将軍・徳川秀忠の「上意」のもとに、元和度天守の小天守台の普請を(八代城が完成した直後の)元和8年に行ったものの、その後、忠広の運命は暗転し、大御所となった秀忠が死んだ直後に、突然の改易(領地没収)となります。

―――ということは、三代将軍・徳川家光による江戸城天守の“謎の造替”も、どこか、加藤家の関与が影を落としたように見えてしまい……。





そこで最後に、前回に予告した、従来の「本丸北部説」に対する検証(反論)を申し添え… ようかと思いましたが、すでにかなりの長文になっておりますし、これはまた次回にさせていただきたく存じます。




作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。



2015年10月02日(Fri)▲ページの先頭へ
城の再発見!拡張された江戸城本丸の北部に「元和度天守」はあった、という定説に対する疑問を少々






拡張された江戸城本丸の北部に「元和度天守」はあった、という定説に対する疑問を少々


まずは前回の「元和度天守」をめぐる主な出来事の時系列ですが…


元和8年  正月10日、弟・徳川忠長が梅林坂辺の屋敷をあけわたす

      (一旦、榊原忠次の屋敷に移り、3月には北ノ丸の新邸に入る)

      2月18日、慶長度天守の解体と本丸拡張の工事が始まる

      4月22日、家光が西ノ丸を出て本多忠政の屋敷に移る

      5月19日、上記の工事が完了か

      その同日に、秀忠は本丸から西ノ丸に移り、本丸御殿の増改築が始まる

      9月9日、浅野長晟、加藤忠広に新天守台の築造が命じられる(奉行:阿部正之)

      
(→『御当家紀年録』「江城の殿主台の石壁を改築す」)

      11月10日、本丸御殿が完成。秀忠は本丸に戻り、家光は西ノ丸に戻る


元和9年  3月18日、元和度の新天守台が完成する

            …      …

      〜同年中に中井正侶の設計による元和度天守が完成か〜



などと申し上げたなかでも、特に赤文字で示した項目は、最近では野中和夫著『江戸城 −築城と造営の全貌−』等の、江戸城を解説した大著の見解にならう期日で書いたのですが、その一方で、この工事の関係者らは、そうした期日よりもかなり“前倒しで”動いていた節があります。

例を挙げますと、上記の元和8年9月に元和度天守台の普請を命ぜられた浅野長晟(ながあきら)は、その事跡を広島藩が編纂した『自得公済美録』によれば、その年の正月! には早くも、大天守台・小天守台の分担を(加藤忠広との間で)どうするかを内々に通達されています。


(『自得公済美録』より)

正月廿九日亀田大隅守(=浅野家家臣)へ被下御書
一 御殿主之台方切之事、上意ニて北之方ノ大殿主之方、我等手前へ被仰付、
  南小殿主ニ付申候方、肥後殿
(加藤忠広)へ被仰付、
  役儀高ニ付被仰出候由、得其意候



浅野家が大天守台の方を任され、それを「その意を得て候(そうろう)」としめくくっているのですから、さらに以前から幕府関係者と水面下の交渉をしていたようで、この後も加藤家との分担をめぐっては一悶着(ひともんちゃく)あったらしいのです。

そしてご覧の文面からは、元和度天守は <北に大天守台・南に小天守台> という形式であった可能性がうかがえますし、同じ『自得公済美録』には、五月に早々と天守台の縄張りが済み、根石をすえる作業が始まった、とさえ書かれています。

しかも浅野家の普請場だけが、地盤に予想外の問題を生じたらしく…


(『自得公済美録』5月28日付の若林孫右衛門の書状より)

一 長晟(ながあきら)様御普請場、地心悪敷所ニ御座候て、下へ五間堀入候ても未堅土ニ成申候、
  長晟様外聞實儀、御機嫌も悪敷御座候

  (中略)
  肥後殿(加藤忠広)帳場ハ、壹(一)間餘(余)堀こみ、ね土ニ成申候


長晟(ながあきら)の普請場は「五間」≒10mを掘り返しても、根石をすえる堅い地盤が現れなかったというのに、加藤忠広の普請場(南の小天守台)は、一間あまりを掘り込んだだけで堅い地盤に達したというのですから、ほんのわずかな距離で“天国と地獄”のごとき条件の違いがあったことになります。

かくして、どの文献に基づくかで当時の様相はかなり違って見える状態だったわけですが、それにしても、この『自得公済美録』等に着目しますと、私なんぞがずっと気になって来た“ある心配”が、ドッとぶり返しそうです。




【私なんぞの根本的な疑問】

 盛土でそうとうな高さに造成したばかりの本丸北部に、

 すぐさま史上最大級の重い天守台を築くことが出来たのか??…

 (→沈下の問題!)






(※松江城管理事務所蔵『極秘諸国城図』の江戸城を現在の地図に重ねて作成)


前回から申し上げている元和8年の江戸城本丸の拡張工事とは、ご覧の図の中央の本丸を、その北側(左側)の細長い曲輪や堀をすべて盛土で埋めつつ、本丸と同じ高さにして敷地を広げた工事でした。

現在の定説では「元和度天守」は、拡張された本丸北部に建てられたとされていて、そうした見方の根拠になっているのが、『御当家紀年録』にある「梅林坂辺の徳川忠長邸が元和度天守台を築く妨げになっていた」という趣旨の記録と、もう一つは『黒田続家譜』にある「三代目の寛永度天守台は、元和度の天守台を改めて、縦横の長短を変えて築いた」という記録でしょう。

この二つを文字どおりに受け取れば、確かに「元和度天守」は本丸北部になければならないのですが、しかし…


元和度天守(元和9年1623年〜寛永13年1636年)は果たしてどこに

→ 梅林坂の辺り? それとも寛永度天守と同じ位置?



上記の図の上に、三代目の寛永度の天守台とその後の本丸御殿の位置を赤くダブらせてみましたが、先ほどの定説の根拠によれば、元和度天守はこの中の「梅林坂」の辺りか、「寛永度天守」と同じ場所のどちらか(=いずれにしても本丸北部)ということになります。




ところがこの辺りは、かの太田道灌が江戸城を築城したおり(長禄元年/1457年)に、わざわざ本丸台地と地続きだった田安台(北ノ丸台)との間を大規模に掘り切った部分とも言われ、それを元和8年の工事で再び埋め戻した形です。

で、かくのごとく図をダブらせますと、なんと、寛永度天守台の真下は堀!…を埋め立てた場所であったのかもしれません。

そこで試しに、天守台の真下の「盛土」の厚みはどれほどかと推定してみますと、現在、蓮池濠の水面は海抜2m程度ですし、一方、本丸内の地表は海抜20mですから、単純計算では、天守台の真下には、厚さ20m近い大量の盛土がなされたことになります。…


では、そこに築かれた史上最大級の寛永度天守台の重さは? と申しますと、非常にざっくりした推定として、一般的に言われる「石の重さ1立方m=2.6トン」「土の重さ1立方m=1.8トン」をもとに単純に見積れば、寛永度天守台の重さは、小天守台を含めて数万トン!! に達したのではなかったでしょうか。

……20mもの盛土の直後に、数万トンの(元和度の!)天守台が載った、と仮定しますと、これはどうしても“構造物の沈下”が心配になります。


ひょっとして20mのかさ上げはすべて「版築」で突き固められた、というのでしたら、話はやや違うのかもしれませんが、そんな膨大な量の版築が可能だったのか分かりませんし、先ほどの記録で浅野長晟(ながあきら)が大変な苦労をしていることからも、本丸北部の埋め立てはかなりの突貫工事だったのではないでしょうか。

これはそもそも、土木の専門家でない私なんぞが口をはさめる事柄ではない、と言われてしまえばそれまでですが、「元和度天守」の位置をめぐる現在の定説は、地盤沈下の件をちゃんと織り込んでいるのだろうか… という疑問を引きずるばかりで、どうもすっきりしないのです。



『武州豊嶋郡江戸庄図』に描かれた元和度天守の一例

(国会図書館デジタルコレクションより引用)


さて、そんな中では、前回もご覧いただいた『武州豊嶋郡江戸庄図』に描かれた元和度天守の様子が、一つのヒントを与えてくれるようです。

―――ご覧の天守台からは、南の方角へ、まるで名古屋城の大天守と小天守との間をつなぐ「橋台」にも似た構造物が伸びています。


現在のところ、文献の中にある元和度天守の「小天守台」というのは、おそらく三代目の寛永度天守と同じ形式の、建物の「小天守」はともなわない「台」だけの構造物だろうと言われておりますが、どの文献や図面にも、それが寛永度と完全に同じ形式だという「証拠」の類いは一切ありません。

であるならば… と、この謎を頭の中で追いかけるうちに、ついに、こんな仮説に行き着いたのです。


またまた妄想仮説を! 問題の元和度天守台(元和9年〜寛永13年)はここにあったのでは!?


どうでしょうか。ご覧の位置であれば、まず、ここまで申し上げて来た“地盤沈下の心配”が大天守台には当てはまり、小天守台はまぬがれる、という絶妙な配置になりますし、本丸御殿の増改築にもさほど支障はなさそうでいて、その後の寛永度の天守造替においても、工事の不都合は起こりにくいように思われます。

そしてこの配置を“傍証”しているのではないか、と思われる記録も存在します。

前出の『自得公済美録』の書状の翌日に書かれた書状では、大天守台の普請場は、とりわけ北側と西側の地盤が悪かった、と報告しているのです。


(『自得公済美録』5月29日付の竹本外記の書状より)

一 廿四日まで、御殿主根切仕候、同廿六日まで根石すへ候様ニと被仰出候へ共、
  北・西之方地心悪候、然共、地心能所之分ハ、両方根石すへ申候






今回もまた手前勝手な妄想を申し上げておりますが、ご覧の仮説は、前述の本丸北部説とは完全にバッティングしておりまして、「梅林坂辺の徳川忠長邸が天守台築造の邪魔になった」とか「寛永度天守台は元和度とは縦横の長短を変えた」という記録についての検証(反論)は、次回の記事で改めて申し上げたく存じます。

私なんぞとしては、この妄想仮説の“鍵”をにぎるのは、中井家蔵『江戸御天守』建地割に同封されたもう一枚の天守の図面(→下図の左側/もしや前述の「小天守」!!?)をどう解釈するか、にあるのではないかと、にらんでいるのですが…。


  






作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。