城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2015/12

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (263)



全エントリ記事の一覧はこちら

2015年12月
   
   

新着エントリ
城の再発見!さらなる『江戸始図』の補足を。「刻印」優先論との深刻きわまりないバッティング (10/18)
城の再発見!『江戸始図』の「小天守」はどこに消え失せたのか?? (10/13)
城の再発見!家康が本当に好んだ天守の姿から問う、「江戸始図」解釈への疑問点 (9/29)
城の再発見!「京の城」の伝統的な天守の位置 →聚楽第の「北西隅」はむしろ新機軸の異端か (9/16)
城の再発見!ポルトガル海上帝国と「川の城」岐阜城 →あえて「C地区」の構造的な欠陥を疑うと… (9/1)
城の再発見!フロイスの岐阜城訪問記には金箔の「瓦」とはどこにも書いてない (8/17)
城の再発見!どうして岐阜城で「織田系」金箔瓦が発見されないか (8/3)
続々・甲府城「天守」のゆくえ →金箔付きシャチ瓦も「徳川包囲網」の目印だったのか?… (7/20)
城の再発見!続・甲府城「天守」のゆくえ →再訪の直感、天守台「穴倉」の内側も“見られること”を意識している (7/8)
城の再発見!甲府城「天守」のゆくえ →躑躅(つつじ)ヶ崎館の天守台との関係はどうなっていたのか (6/25)
城の再発見!近世城郭の「完全否定」で籠城戦に勝てたのが熊本城か (6/12)
城の再発見!これもコンクリート天守の「魔力」がなせる技か… 熊本城天守のすばやい解体と復旧 (5/29)
城の再発見!目的地は“東アジアの下克上”か?…満洲族と日本の17世紀「新興軍事政権」 (5/19)
城の再発見!肥前名護屋城の出現と「小中華意識」に没入した李氏朝鮮の無反応 (5/4)
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (23)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)


アクセスカウンタ
今日:2,038
昨日:2,207
累計:2,205,460


RSS/Powered by 「のブログ

2015年12月24日(Thu)▲ページの先頭へ
城の再発見!正確な極楽橋の描写は、瓦葺きではなく、総「檜皮(ひわだ)」葺きで描いた方か






正確な極楽橋の描写は、瓦葺きではなく、総「檜皮(ひわだ)」葺きで描いた方か


〜秀吉時代の大坂城に架かっていた特別な建造物「極楽橋」〜

YOMIURI ONLINE 中部発「図解 天下人の城」より引用/絵:富永商太/監修:千田嘉博




前回の記事では、オーストリアの大坂図屏風にある「極楽橋」の豪華な描き方の“隠れた由来”について申し上げましたが、やはりあの屏風絵のインパクトは大きかったようで、例えば2015年に千田嘉博先生が注目すべき指摘を行った <YOMIURI ONLINE 中部発「図解 天下人の城」権威象徴する極楽橋> のイラストもまた、基本的にオーストリアの屏風絵にならったものでした。

そしてこれ以外でも、昨今では諸誌を飾るCG等で豊臣大坂城の「極楽橋」が登場すると、これでもかっ! というほどの、ものすごい豪華版が描かれるようになったのはご承知のとおりで、こうした状況はぜんぶ、オーストリアの屏風絵とその解釈による結果なのでしょう。そして、あろうことか…


すべて! 瓦葺きの「極楽橋」まで登場―――

NHK「歴史秘話ヒストリア 古城に眠る秀吉の“Beobo”」平成21年放送より引用




NHKは私も長いこと出入りして来た局ですので、あまりケチをつけるような事をしたくはありませんが、さすがに、この映像を観た時は「ぁ……」と力の抜ける思いがしました。

何故こんな風に申し上げるかというと、長い間、極楽橋を描いた絵画史料といえば、以下の写真の大阪城天守閣蔵「大坂城図屏風」や大阪歴史博物館蔵「京・大坂図屏風」のように、総檜皮(ひわだ)葺きで描いたものしか知られていなかったところに、オーストリアの屏風絵の“瓦葺き”が発見されるや、たちまち状況が一変してしまったからです。

思いますに、檜皮葺きと瓦葺きの間には、けっこう大きな意味の違いや景観年代の問題も付随するでしょうから、この件を、そう易々と断定することは出来ないはずです。



<<対照的な「極楽橋」の描き方>>

総檜皮葺き
で描いた古風な二例=「大坂城図屏風」と「京・大坂図屏風」
VS
瓦葺きを取り入れた豪華なオーストリアの「豊臣期大坂図屏風」




で、前回も申し上げたとおり、当時の人々を驚かせた豪華な廊下橋というのは、「極楽橋」に関する記録ではなくて「千畳敷に付設の廊下橋」の方だ、という動かしがたい文献上の“事実”があります。

この際、是非とも申し上げたいのは、現在の「極楽橋」をめぐる無用な混乱をおさめるためにも、オーストリアの屏風絵の解説でよく引き合いに出された「1596年日本年報補筆」の全文を、一度、じっくりと読んでみて下さい。

そうすれば、そこで「政庁」と何度も書かれた建物が「千畳敷」に他ならない!! ことは、だれにでも分かるような文章になっているのですから、当然、そこへの「通路」として架けられた廊下橋は「千畳敷に付設の廊下橋」でしかありえないはずなのです。――



【ご参考】

(松田毅一監訳『イエズス会日本報告集』所収「1596年度の年報補筆」より)

堺から三里(レーグア)隔たり、都に向かう街道に造られた大坂の市には、民衆がその造営を見て驚嘆に駆られるように、太閤の宮殿と邸に巨大な装置ができた。(太閤は)その政庁に千畳の畳(それは非常に立派な敷物の一種である)を敷き、それをダマスコ織と全絹の黄金色の縁で覆うよう命じたが…(中略)

デウスはこのように豪壮な造営における、かくも空しい誇示を本年 懲らしめ給うたように思われる。なぜなら大坂では豪雨のため政庁が支えられていた一方の壁面が崩壊したからである。この崩壊によって政庁に少なからぬ傾斜が伴った。しかし太閤はいっそう熱をあげて気をもみ…
(中略)

(太閤)はこの政庁の前の非常に美しい広場に狂言を上演するために舞台を構築するよう命じたが、その舞台の両脇に、或る程度の間を隔てて三、四層造りの二基の櫓を(構築したが)、その一基は降り続く雨のために、長く保たずして転倒し…
(中略)

(太閤)はまた城の濠に巨大な橋が架けられることを望んだが、それによって既述の政庁への通路とし、また(橋に)鍍金した屋根を設け、橋の中央に平屋造りの二基の小櫓を突出させた。その小櫓には…




という最後の部分に続くくだりが、「豪華」説の紹介でさんざん引用された部分でありまして、このとおり、何度も申し上げて恐縮ですが、豪華なのは「極楽橋」ではなくて「千畳敷に付設の廊下橋」の方なのです。

(※「政庁の前の非常に美しい広場」とはきっと桜の馬場のことなのでしょう)

(※さらに追記:この「極楽橋」の豪華さをめぐる混乱の背景を皆様にお解りいただくために、勇気をもって追記いたしますと、この1596年=慶長元年に造営された廊下橋を「極楽橋」だと断定する「慶長元年説」を主導した北川央先生が、昨年から大阪城天守閣の館長に就任しております。北川先生は年齢で言えば私の一歳年下だということに免じて書かせていただきますと、先生は大阪城天守閣の言わば叩き上げの学芸員として活躍して来られた方ですが、得意な分野は織豊期の政治史や庶民信仰、大阪の地域史だそうで、絵画史料の分析でも権威とされています。ただ、私のような「城」にドップリの城郭マニアとは、興味や観点=城郭研究の先人達に対する思いが、やや違うのかもしれない… つまり、1596年に造営された廊下橋は「極楽橋」ではなくて「千畳敷に付設の廊下橋」であるとした櫻井成廣先生や宮上茂隆先生の業績を尊重する気持ち → 旧説の城郭論を否定するのならせめてその論拠を城郭論で示す姿勢が、やや違うのかもしれない… というあたりが、昨今の混乱の背景にあるのではないでしょうか?)

ということで、今回は、より正確な「極楽橋」の描写はどちらなのか? というテーマで、当サイトなりの解釈を申し上げておきたいと思うのです。




<「極楽橋」が“瓦葺き”だという文献を見ると>




(太閤)はまた城の濠に巨大な橋が架けられることを望んだが、それによって既述の政庁への通路とし、また(橋に)鍍金した屋根を設け…


という風に、先ほどの1596年日本年報補筆には「鍍金した屋根」とだけ書かれていて、ここでは特に屋根の材料は限定されていません。(→柿葺きや檜皮葺きでも垂木に「金具」をあしらうケースはありますので…)

では、どこから“瓦葺き”という話が具体的に出て来るのか? というと、前回の記事でも挙げた「千畳敷に付設の廊下橋」のもう一つの記録の方に、それが登場するのです。



(ジャン・クラセ『日本西教史』太政官翻訳より/※細字だけ当ブログの補筆)

城外には湟(ほり)を隔てゝ長さ六丈、幅二丈五尺の舞台を設け、(中略)舞台の往来を便にせんと湟(ほり)を越して橋を架す、長さ僅かに拾間(じゅっけん)(ばか)りにして其(その)(あたい)一萬五千金なりとぞ。
鍍金したるを瓦を以て屋を葺き、柱 欄干 甃石
(いしだたみ)等も金箔を以て覆はざるなし。其頃大坂に在て此荘厳を目撃せし耶穌(やそ)教師も、此の如き結構は世に類なしと云へり。



と、こちらの記録で「鍍金したるを瓦を以て屋を葺き」という風に、はっきりと“瓦葺き”と明言した形になっていて、この記録が千畳敷に付設の廊下橋のことであるのは誰の目にも明らかでしょう。

しかも絶対に見逃せないポイントは、最後の「此の如き結構は世に類なしと云へり」という部分でありまして、つまりは、この千畳敷に付設の廊下橋こそ、当時の日本はおろか世界的な観点で見ても、地球上で最も豪華な橋であろう、と記録したことになる点です。

ということは、もちろんそれは「極楽橋」よりも豪華であったはずで、この際、城郭論の立場から考えてみますと、豪華さ(→明国使節の目を驚かすこと)が「極楽橋」の命ではなかったはずであり、極楽橋が極楽橋たりえた最大の要件というのは、もっと別のところ―――それは、大坂城本丸から“北”に向けた出入口、すなわち都の朝廷を意識した出入口、という点にあったはずではないのでしょうか?




<そもそも「極楽橋」は誰が渡る橋だったのか??

 →それを本丸の搦め手(からめて)門や臨時の大手門とする諸説の限界>





ここで冒頭の、千田嘉博先生の注目すべき指摘について、改めてご紹介する必要があると思うのですが、そのYOMIURI ONLINEの記事には、

…天下人とそれに準じる大名の城には、さらにある重要な建造物があった可能性がある。「極楽橋です」と、千田嘉博・奈良大学長(城郭考古学)は言う。(中略)千田さんは「官位で大名を序列化した秀吉は、権威を象徴する特別な施設として、極楽橋を架けさせたのではないか」と言う。…

とありまして、千田先生の関心もやはり豊臣関白政権を支える「権威」の一環としての極楽橋にあるようです。

であるならば、いったい「極楽橋」とは誰が渡る橋だったのでしょう?




その疑問について同記事には言及が無いため、まことに手前味噌ながら当サイトの大坂築城当初の想定をご覧いただきますと、図のように本丸北部の表御殿には「主門(礼門)」と「脇門」という二つの門があったはず、と考えております。

これらは足利将軍邸の門の形式を意識したもので、まさに築城当初から! こうした形が採用されていたという想定であり、ちなみに千田先生も著書の中で、洛中洛外図屏風に描かれた足利将軍邸を、以下のように解説しておられます。


洛中洛外図屏風(歴博甲本)の足利将軍邸



(千田嘉博『戦国の城を歩く』2003年より)

…館の正面には平唐門形式の礼門(らいもん)とよぶ正式の門と、四脚門形式の日常の通用門という二つの門があったことも見てとれます。

礼門は将軍のお出ましなど特別なときしか用いませんでした。ちょうどこの「洛中洛外図屏風」が描いた「将軍のある日」は特別な日ではなく、正式の門(向かって左側)は門扉が閉じたままでした。将軍は館にいるのでしょう。

日常使いの通用門は戸が開いていて、人びとが出入りできました。正門と通用門との違いも意図的にしっかりと描き分けています。



といった足利将軍邸の門の形式を、豊臣大坂城の表御殿も踏襲していたはず、というのが当サイトの基本的な考え方でありまして、ですから「極楽橋」というのは、本丸の搦め手門でも臨時の大手門でもない、最初から渡れる人物を厳しく限定した“特別な門”に直結した廊下橋なのだろうと思うのです。


当サイトの2010年度リポートより

築城当初(輪郭式の二ノ丸の造成前)を推定した略式イラスト


淀川に通じた舟入堀から入城すれば、極楽橋を経て表御殿に…



(※ご覧のうち極楽橋の望楼の屋根が薄青色なのは描画の都合ですのでご容赦を…)


そこで豊臣大坂城の「極楽橋」に限って申しますと、それは本来、城主の羽柴(豊臣)秀吉よりも高位の人物を迎えるための橋であった、と考えても良いのではないかと思われますし、千田先生が指摘された大大名らの「極楽橋」は、そうした大坂城の用法にならって、天下人・秀吉を各城に迎えるための御成り橋であった、と考えてみても良いのではないでしょうか。


で、そのうえに付言させていただくなら、そうした「橋」が築城まもない豊臣大坂城に必要とされたのは、やはり豊臣関白政権の異例の成り立ちや、かの「大坂遷都計画」の推進との関わりを、どうしても考えざるをえないように感じるのです。!!



檜皮葺き「勅使門」の一例、大徳寺・勅使門(創建は慶長年間)

宇佐神宮の呉橋(創建は鎌倉時代以前/これも勅使を迎えるための屋根付き橋)

そして何より実際の「極楽橋」そのものの現在の姿、宝厳寺・唐門

(※上記3写真はいずれもウィキペディアより)


ご覧の門や橋はもうよくご存知のものでしょうが、改めてこのように並べてみますと、総檜皮葺きの「極楽橋」というのは、大坂城の本丸から内裏移転候補地の天満地区に向けて、さらには京の都に向けて北向きに架けた廊下橋だった、という理解が深まる感がして来ますし、完成直後の「極楽橋」はまさに朝廷からの勅使(=大坂遷都の吉報!)を待っていたのではなかったでしょうか。


再びオーストリアの「豊臣期大坂図屏風」より

極楽橋の先、淀川の流れの先には、京の都が。…






かくして、オーストリアの屏風絵の極楽橋の方は、言わば <情報の折衷(せっちゅう)案> として、絵師が独断で瓦葺きと檜皮葺きの両方をとり入れて“作画”したもののように見えて来ますし、ましてや、この極楽橋をよーく見ると、その前には魚をのせたまな板をもつ庖丁師ら?が描かれていて、この廊下橋はいったい何なのか=超豪華な家臣の通用門!??…という、絵師の無謀な画面操作が暴露されているかのようです。

……以上のごとく、「極楽橋」とは一言で言えば、秀吉の政権構想のあらわれであり、総檜皮葺きこそが「極楽橋」にふさわしい屋根の意匠と思えてなりませんし、そういう考え方の裏側では、極楽橋を本丸の搦め手門や臨時の大手門としか(構造的に)扱えない諸説の“限界”が露呈していると思うのです。





作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。



2015年12月11日(Fri)▲ページの先頭へ
城の再発見!前回記事の部分訂正=「文献どおりの豪華さ」は極楽橋ではなくて千畳敷に付設の廊下橋のはずなので…






「文献どおりの豪華さ」は極楽橋ではなくて千畳敷に付設の廊下橋のはずなので…


極楽橋を“より豪華に”描いたオーストリアの大坂図屏風(本丸周辺のみ)


前回の記事では、ご覧の屏風絵の“天守の描き方”をめぐって色々と申し上げましたが、その文中において「極楽橋」に関して、その豪華な描き方が「正確である」かのように書きました。

しかしそれは、絵師が「情報を取り違えながらもその内容どおりに忠実に描いた」という意味であって、極楽橋の描写としては決して「正確」だとは考えておりませんので、今回は、そうした前回記事のつたないニュアンスを反省して訂正しつつ、そこでなおも深まるオーストリアの屏風絵に対する疑問を、補足させていただくことにします。



「千畳敷に付設の廊下橋」を紹介した宮上茂隆『大坂城 天下一の名城』(1984年)

同じく「千畳敷に付設の廊下橋」がある櫻井成廣作・豊臣大坂城模型


さて、極楽橋の問題は4年前の記事(1)(2)でも取り上げましたが、ご覧の著書や模型の宮上茂隆先生や櫻井成廣先生など、往年の先生方は、『イエズス会日本報告集』『日本西教史』にある豊臣秀吉が晩年に大坂城内に造営した廊下橋というのは、極楽橋ではなく、上記のような千畳敷に付設の廊下橋のことだと解釈され、私なんぞもそれで間違いないものと確信しております。

そう考えざるをえない理由は、過去の記事の中でいくつも申し上げましたが、決定的なのは、文献にある橋の長さ「十ブラザ前後」=22m前後=約11間では、現実の極楽橋の半分くらいにしかならず、それではとても水堀を渡りきれない!! という点でしょう。


【ご参考】中井家蔵『本丸図』の極楽橋の周辺



【ご参考】

(松田毅一監訳『イエズス会日本報告集』所収「1596年度の年報補筆」より)

(太閤)はまた城の濠に巨大な橋が架けられることを望んだが、それによって既述の政庁への通路とし、また(橋に)鍍金した屋根を設け、橋の中央に平屋造りの二基の小櫓を突出させた。
その小櫓には、四角の一種の旗幟〔長さ八〜九パルモ、幅四パルモ〕が鍍金された真鍮から垂れ、また(小櫓)には鳥や樹木の種々の彫刻がかかっている。(小櫓)は太陽の光を浴びるとすばらしい輝きを放ち、櫓に新たな装飾を添える。

(橋の)倚りかかれるよう両側の上方に連ねられた欄干は、はめ込みの黄金で輝き、舗道もまた非常に高価な諸々の装飾で鮮明であり、傑出した工匠たちの手によって入念に仕上げられたすばらしい技巧による黄金塗りの板が介在して輝いていた。

そこで堺奉行(小西ベント如清)はこの建物について話題となった時、我らの同僚の某司祭に、(その橋は)十ブラザ前後あるので、黄金と技巧に一万五千金が注ぎ込まれたことを肯定したほどである。




(ジャン・クラセ『日本西教史』太政官翻訳より/※細字だけ当ブログの補筆)

太閤殿下は頻(しき)りに支那の使者を迎ふる用意を命じ、畳千枚を敷るゝ程の宏大美麗なる会同館を建て、(中略)其内に入れば只金色の光り耀然たるを見るのみ。
城外には湟
(ほり)を隔てゝ長さ六丈、幅二丈五尺の舞台を設け、(中略)舞台の往来を便にせんと湟(ほり)を越して橋を架す、長さ僅かに拾間(じゅっけん)(ばか)にして其(その)(あたい)一萬五千金なりとぞ。
鍍金したるを瓦を以て屋を葺き、柱 欄干 甃石
(いしだたみ)等も金箔を以て覆はざるなし。其頃大坂に在て此荘厳を目撃せし耶穌(やそ)教師も、此の如き結構は世に類なしと云へり。



ということでして、この二つの文献が伝えたのは、「極楽橋」としては明らかに短か過ぎる!!別の廊下橋であり、それはやはり豊臣大坂城の本丸南側に架けられた「千畳敷に付設の廊下橋」なのでしょう。

したがって、オーストリアの屏風絵で極楽橋がひときわ豪華に描かれたのは、必ずしも“正確な描写”と言えるものではなく、これもまた絵師の努力と工夫(→情報を取り違えつつも忠実であろうとした真摯さ)がもたらした表現なのだと理解せざるをえません。


この屏風の絵師については、17世紀中頃に活躍した京都の町絵師だろうと言われていますが、その町絵師が参考にしたと言われる<原画>の絵師も、これまた、ひょっとしますと、様々な資料を集めて作画を行ったのかもしれず、その絵師さえも豊臣大坂城を実際には見ていなかった!? 可能性がありうるのではないでしょうか。

……となれば改めて、やはり、と感じる、以下のごとき“画面構成の操作”が透けて見えるのです。








<天守の右側、極楽橋との間にある「小天守」風の三重櫓の正体は…>




ちょうど前々回まで、江戸城の元和度天守が大・小天守による連結式ではなかったか、という話題を続けて来ただけに、ご覧の天守も連結式(…前回記事の流れで言えば二条城の慶長度天守を意識したもの?)と早合点しそうですが、そう話は簡単ではないようです。

そもそも、描いたのが豊臣大坂城そのものであれば、こんな場所(本丸の北東隅?)に小天守風の三重櫓などあるはずがありませんし、そのせいで天守と極楽橋の位置関係がちょっとおかしいことを含めて、この屏風絵の本丸の描写には、かなりの混乱が見て取れます。

で、これに比べますと、例えば大阪歴史博物館蔵の「京・大坂図屏風」に描かれた豊臣大坂城の本丸などは、建物の配置にある程度の信憑性(しんぴょうせい)があるように思われます。


京・大坂図屏風(部分)…モノクロ写真で恐縮ですが…


ご覧の本丸は、西(北西)から眺めた景観であり、しかもここには前述の「天守の右側、木橋との間にある小天守風の三重櫓」と言えなくもない! ひときわ目立つ三重櫓が描かれています。

このちょっと意外な符号はどういうことなのか、当サイトが想定する(築城当初の)豊臣大坂城の本丸北部「表御殿」周辺の建物配置を、ご参考までにお目にかけますと…






どうでしょうか。このようにご覧になれば、この「京・大坂図屏風」の建物配置にはある程度の信憑性がありそうだ、と考える当サイトの立場にも、幾分かのご理解がいただけますでしょうか。


したがって、これらは同じ櫓(上記「三重菱櫓」)を描こうとしたのでは??


といった以上の見方を、さらに突き詰めますと…




まさにご覧のごとく、京・大坂図屏風とオーストリアの屏風絵は言わば“パズル”のような関係にあったのかもしれず、両者の違いとしては、オーストリアの屏風絵では屏風全体の“北(北東)から眺めた景観”に合せるため、判りやすい「記号」としての極楽橋が、本丸の北側(=正面側)にコンバートされていることが分かります。

こうなると「記号」として極楽橋は、とびきり豪華に(必要以上に?)描かざるをえなかったわけでしょうし、本丸内の描写の基本的なレイアウトを踏襲した以上は、画面の構成上、極楽橋だけの“単独移動”が不可欠であった、という絵師の事情がここに透けて見えるのです。





作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。