城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2016/01

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (263)



全エントリ記事の一覧はこちら

2016年1月
         
           

新着エントリ
城の再発見!さらなる『江戸始図』の補足を。「刻印」優先論との深刻きわまりないバッティング (10/18)
城の再発見!『江戸始図』の「小天守」はどこに消え失せたのか?? (10/13)
城の再発見!家康が本当に好んだ天守の姿から問う、「江戸始図」解釈への疑問点 (9/29)
城の再発見!「京の城」の伝統的な天守の位置 →聚楽第の「北西隅」はむしろ新機軸の異端か (9/16)
城の再発見!ポルトガル海上帝国と「川の城」岐阜城 →あえて「C地区」の構造的な欠陥を疑うと… (9/1)
城の再発見!フロイスの岐阜城訪問記には金箔の「瓦」とはどこにも書いてない (8/17)
城の再発見!どうして岐阜城で「織田系」金箔瓦が発見されないか (8/3)
続々・甲府城「天守」のゆくえ →金箔付きシャチ瓦も「徳川包囲網」の目印だったのか?… (7/20)
城の再発見!続・甲府城「天守」のゆくえ →再訪の直感、天守台「穴倉」の内側も“見られること”を意識している (7/8)
城の再発見!甲府城「天守」のゆくえ →躑躅(つつじ)ヶ崎館の天守台との関係はどうなっていたのか (6/25)
城の再発見!近世城郭の「完全否定」で籠城戦に勝てたのが熊本城か (6/12)
城の再発見!これもコンクリート天守の「魔力」がなせる技か… 熊本城天守のすばやい解体と復旧 (5/29)
城の再発見!目的地は“東アジアの下克上”か?…満洲族と日本の17世紀「新興軍事政権」 (5/19)
城の再発見!肥前名護屋城の出現と「小中華意識」に没入した李氏朝鮮の無反応 (5/4)
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (23)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)


アクセスカウンタ
今日:2,038
昨日:2,207
累計:2,205,460


RSS/Powered by 「のブログ

2016年01月26日(Tue)▲ページの先頭へ
城の再発見!続・時系列のイラストで追う豊臣大坂城 …二代目の秀頼が増築した千畳敷「二階」は広大無縁な真っ暗闇か






続・時系列のイラストで追う豊臣大坂城 …


千利休の木像


前回に続いて、豊臣大坂城が豊臣時代の中でも激変をくり返したことを、当サイトの仮説に沿ったイラストでご覧いただきますが、今回もまた、話題の中心は「千畳敷」――と言っても今度のは、後継者の秀頼が、秀吉七回忌の慶長9年にわざわざ二階建てに改めたという、新しい千畳敷が中心になります。

この時、秀頼はなぜ「二階」を増築したのか? という動機については、これまで議論になった試しはほとんど無いようで、単純な受け止めとしては、何か、見晴らしのよい眺望を得るために「二階」を増築したのだろうか… といった程度に思われがちですが、私なんぞはむしろ真逆の!イメージを抱いております。

と申しますのは、例えば冒頭写真の「千利休の木像」が置かれたのは、有名な大徳寺三門の二階でしたが、この二階はそもそも利休自身が寺に寄進して増築した部分です。



(写真:ウィキペディアより)


普段は二階の扉がすべて閉じてあるため、内部に日の光がさすことも無く、真っ暗闇のなかに釈迦如来像などとともに問題の利休の木像が(現在のは幕末の復刻ですが)置かれております。

ご承知のように、利休が活躍していた頃の初代の木像は、利休の寄進に報いるために寺側が安置したものでしたが、これが利休切腹の一因になったとも言われ、このように、二階を増築、と言えば明るいイメージばかりかというと、まるで逆の印象や意味を抱えた空間もあったわけで、今回はそんな時代の豊臣大坂城に話を進めてみたいと思うのです。…



【第1図】当サイトの2010年度リポートより

築城当初(輪郭式の二ノ丸の造成前)を推定した略式イラスト


【第2図】慶長元年(1596年)慶長伏見地震の直前の最盛期

【第3図】慶長伏見地震の被害状況の推定

【第4図】慶長3年、再建計画としての中井家蔵『本丸図』の姿へ

【第5図】慶長5年、徳川家康の上杉討伐軍の出陣と同時に「極楽橋」を移築

豊臣秀頼のいる本丸の有名無実化がいっそう進む……



さて、当ブログでこのところずっと話題にして来た「極楽橋」が、京都の豊国社(豊国明神)に移築されたのは、秋に関ヶ原合戦が起きる慶長5年の5月であり、家康自身が大坂城西ノ丸を出陣したのとほぼ同時の出来事でした。


(『義演准后日記』慶長五年五月十二日条より)

豊国明神の鳥居の西に 廿間ばかりの二階門建立す 大坂極楽橋を引かれおわんぬ


――ということは、移築の具体的な名目が気になりますが、いずれにしても、これは前々回に申し上げた極楽橋の「意味」から考えますと、朝廷と豊臣家との関係を早く絶ちたいと考えていた(に違いない)家康による“工作の一環”と見えてなりません。

そのようにして、豊臣秀頼のいる本丸を有名無実化する作業は、すでに前年の慶長4年に建造された「西ノ丸天守」のねらいと連動したもの、と思わざるをえないからです。


ちなみに私なんぞは、この時、豊臣大坂城には もはや西ノ丸天守しか天守は無かったとにらんでおりまして、したがって、かつて盛んに書かれた「大坂城に並び立った二つの天守」という解釈は、どうも納得できない、という立場にあります。

それは四重天守との関わりが深かった家康であっても、この場合に限っては、本丸天守に対して明らかに見劣りする“小ぶりな天守”に甘んじては政治的な効果や意味がありませんし、どういう形であれ、本丸を凌駕(りょうが)する形にならなければ、「御本丸のごとく」と石田三成に糾弾されるはずがないだろう!… とも思えて来るからです。



【第6図】慶長9年、秀頼時代の豊臣大坂城が完成して輝きをとりもどす




かくして政治的な軟禁状態に置かれた秀頼(当時12歳)でしたが、慶長8年の千姫輿入れを契機として、ご覧の秀頼再建天守(当サイト仮説)が完成し、豊臣家はようやく新たな城の姿を整えたのではなかったでしょうか?

話題の「極楽橋」については、京都の豊国社に移築されたあとの措置として、すかさず本丸西側の木橋を利用して新たな極楽橋を設けたものと思われますし、その外観は、大坂夏の陣図屏風にあるとおりの「黒塗り」の珍しい色の橋であったのかもしれません。


大坂夏の陣図屏風に描かれた黒い「極楽橋」(左隻の右端部分)



そして冒頭から申し上げたとおり、上記【第6図】の慶長9年(1604年)には、千畳敷が「二階建て」に改められたという記録(義演准后日記)があります。

その増築の方法としては、おそらくは冒頭の大徳寺三門などと同様に、表御殿の対面所を、一階とほぼ同じ<規模と棟方向>のまま二階を増築したのが、新「千畳敷」であろうと想定しています。

※当サイトでは、大坂夏の陣図屏風の天守や千畳敷は「南から眺めた描写」である(→リポートの前説)と申し上げて来ておりまして、そのため千畳敷の屋根は東西棟となるからです。


そして何よりも、この年が秀吉の七回忌であり、下記の絵でも知られた「豊国祭」(8月に8日間にわたって盛大に行われた豊国神社の臨時大祭)の年であったことが、二階の増築(=これも8月の完成!)と決して無縁ではないように思えてならないのです。


豊国祭礼図屏風より(部分)


この時、祭礼に集まった民衆の心には「いよいよ家康が太閤の遺言を守って天下を秀頼に譲るのではないか」という気分が満ち満ちていたようですし、そうした心理が大坂城内とも共有されていたのではなかったでしょうか。

ならば何故「二階」だったのか? という発想の出どころを考えたとき、私なんぞがまず連想するのは、かの安土城「ハ見寺」の二階です。



鳥取環境大学紀要「仏を超えた信長 −安土城ハ見寺本堂の復元−」からの引用図



ご覧の図は、織田信長の安土城「ハ見寺」本堂の復元のために、鳥取環境大学の岡垣頼和・浅川滋男両先生が、本堂の二階に安置された有名な「盆山」の位置(高さ)について考察した図です。


両先生はこの紀要のなかで「境内の立地に目を向けると、最も背の高い三重塔を本堂よりも低い隣接地に配し、「盆山」を安置する本堂の2階から見下ろせるようレイアウトしていた。以上のような伽藍内部の空間設計を通して、信長は己が「仏を超えた存在」であることを誇示しようとしたのであろう」との興味深い指摘をされていて、これが、私なんぞには秀頼・淀殿の母子による新「千畳敷」のくわだてに通ずるように思えてなりません。


……まことに勝手な空想ではありますが、秀頼と淀殿が新「千畳敷」に置こうと考えた何かが、少なくとも自らの居所の本丸御殿よりも“高い位置”に置かねばならない、という観念にとらわれたことが、二階の増築を考えた具体的な動機であったとは考えられないでしょうか。


それが果たして何か? 秀吉の木像(立像)!? か 盆山の類い!? かといった点は全く分かるはずもなく、空想のまた空想でしかありえませんが、それにしても新「千畳敷」というのは、秀頼と淀殿にとって初代の建物よりもはるかに切実な存在であり、広大無縁な「意味」をたっぷりと抱えた空間ではなかったか、と感じるのです。


豊臣秀頼像(方広寺蔵)



【第7図】慶長20年、大坂冬の陣の和議が結ばれた結果の惨状



多くの民衆を熱狂させた豊国祭から11年、ついに秀頼の大坂城が最期を迎える慶長20年、城は大久保彦佐衛門の『三河物語』にあるとおり「二之丸の土居、矢倉を崩し、石垣を堀底へ崩し入れ真っ平らに埋め」られてしまいます。

ただし、外堀を言葉どおりの「真っ平らに」埋めるほどの土木工事が、本当に可能だったのか? という疑問は残るため、上記の図は「破城」という形を取った状態として描きました。

この方が「あさましき体」と評された城の姿に近いようでもあり、結局、豊臣大坂城は秀吉の築城当初(当サイト仮説では南は千貫櫓のラインまで城郭化)よりも、ずっと防備の手薄な状態におちいったことになります。



最後に余談ながら、前出の大坂夏の陣図屏風の“黒い極楽橋”のちょうど真下には…

ご覧の、幌(母衣)を背負いつつも、いかにも高貴な緋威(ひおどし)の鎧武者は何者??


これもまた私の思い込みに過ぎないかもしれませんが、阿鼻叫喚のさまが描かれた同屏風の「左隻」を見ていて、ずーっと気になって来た鎧武者の一行が、群集のなかに描かれています。

この武者は、屏風全体で五千人にのぼる人物描写の中でも、いちばん端整な顔だちだと思うのですが、落城の直前、本丸桜門の内側で出馬の機をうかがった秀頼は、『大坂御陣覚書』に「梨子地緋威の御物具を召して」「太平楽という七尺の黒の御馬に梨子地の鞍を置きて」その時を待っていたと伝わります。

屏風絵では、鞍の色は分からないものの、伝承どおりの甲冑をまとい、鞍の下には虎皮!を敷いていて、数名の侍を連れるなど、ただの幌武者とは思えない描き方ですし、かっぷくの良さといい、年齢的にも二十三歳の秀頼として、何ら問題の無い描きぶりに見えます。

幌(母衣)や指物は脱出用の「偽装」と考えれば、むしろリアリティを感じるくらいであり、これはひょっとすると、秀頼の「生存説」を描き込んだ部分ではないのでしょうか?




一方、本丸桜門の外側には、豊臣家の金瓢の馬印のちょうど真下あたりに、上記の伝承とは明らかに異なる鎧姿の使い番らしき若武者が、さも秀頼の影武者であるかのように、それらしき位置に描かれています。

―――ということは、悲惨さばかりが強調されるこの屏風にも、実は、こんな「願望」が密かに描き込まれていたのかと、灯火のような明るさが(私なんぞは勝手に)感じられますし、そのうえ鎧武者の一行が「極楽橋」の真下に描かれたことにも、また何か、意味が込められているのではないかと思うのです。





作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。



2016年01月11日(Mon)▲ページの先頭へ
城の再発見!時系列のイラストで追う豊臣大坂城の姿 …最大の謎「千畳敷は地震で倒壊したのか?」を焦点に






時系列のイラストで追う豊臣大坂城の姿 …


現在も、大阪城天守閣3Fに展示中の <豊臣時代 大坂城本丸復元模型>

手前の堀に渡された屋根付きの橋が「千畳敷に付設の廊下橋」!…




ご覧の模型は、1992年に宮上茂隆先生の復元図を参考にしながら製作され、この20年以上、館内に展示されて来たものですが、この写真ですと「極楽橋」は本丸の向こう側の見えない所にあります。

そして手前に見えるのが「千畳敷に付設の廊下橋」であり、このように慶長元年1596年に造営された廊下橋は「極楽橋」ではなく、ご覧の「千畳敷に付設の廊下橋」である、とした宮上先生や櫻井成廣先生の見解にならったものと言えましょう。(作:馬場勇/建築家)


で、昨年末の当ブログ記事では、この極楽橋と 千畳敷に付設の廊下橋をめぐる混乱ぶりについて申し上げたものの、それらの <位置関係>や<時系列> が若干、解りにくいままに話を進めてしまったようで、今回はその点をおぎなうため、当サイトの仮説どおりに描き分けた豊臣大坂城の移り変わりをイラストでお目にかけようと思います。

その第1図は、これまでに何度もご覧いただいたものですが…


【第1図】当サイトの2010年度リポートより

築城当初(輪郭式の二ノ丸の造成前)を推定した略式イラスト



冒頭の復元模型に比べますと、このイラストの視点はほぼ反対側(北西)から眺めた状態であり、時期的には築城当初の天正13年(1585年)を想定したものです。

そしてこの状態から、豊臣大坂城は豊臣時代の中においても激変をくり返すことになるわけで、それを強めた第一の要因は、かの「千畳敷」が慶長元年の慶長伏見地震で完全に“倒壊”したという、おなじみの「1596年日本年報補筆」に書かれた宣教師の記録に他ならないでしょう。


この「千畳敷」が本当に倒壊したのか? という問題は、もしそうであれば、千畳敷が描かれていない! しかも「極楽橋」がただの木橋になっている!!中井家蔵『本丸図』は、いったいいつからいつまでの状況になるのか??
(→例えば冒頭の復元模型では、ほぼ『本丸図』どおりの表御殿が、築城から30年後の落城の時まで、二階の増築のみでずーっと存在し続けた!想定のようであり、ならば東西25間×南北20間とも伝わる巨大な千畳敷はいったいどこに!?…)

という未解決の大問題を含めて、いまだに合理的な解釈や定説を見い出せておりません。

ではひとまず、当サイト仮説の地震直前の本丸周辺をご覧いただきますと…


【第2図】慶長元年(1596年)慶長伏見地震の直前の最盛時

明国使節を圧倒するために千畳敷・廊下橋・大舞台が造営された



ずばぬけて巨大な「千畳敷」が、本丸の南側に造営された様子がお分かりでしょうが、このとおり、当サイトの仮説では「表御殿」はこの頃も後の山里曲輪にあったという想定ですから、巨大きわまりない「千畳敷」も、表御殿とは一切バッティングすることなく、ご覧の“通説どおりの位置”に建てられたことになります。

もちろん、そこには1596年日本年報補筆にある豪華な「付設の廊下橋」や「大舞台」もあったわけで、この一時期、「極楽橋」と「千畳敷に付設の廊下橋」は本丸の北と南にこうして並存していたはずです。

しかし間もなく…


【第3図】慶長伏見地震の甚大な被害状況の推定

千畳敷は「倒壊」、全く無事だったのは表御殿と「極楽橋」だけ?



伏見城を一撃で壊滅させた慶長伏見地震は、大坂城など畿内各地にも甚大な被害をおよぼし、その様子は1596年日本年報補筆にも詳しく記されています。



【ご参考】

(松田毅一監訳『イエズス会日本報告集』所収「1596年度の年報補筆」より)

まず、大坂に居所を有する我らの司祭は次のように報告している。

本年(一五)九六年八月三十日夜八時に、地震が起こった。地震はしばらく続いたが何らの被害ももたらさず、ただ来るべきことを警告しただけであった。
九月四日の真夜中に、突然非常に恐ろしく、震動の激しい地震が起こったが、人々にとっては屋外に飛び出す余裕もないほどであった。

(中略)
しかも(地震)は、(太閤)がシナ使節たちを迎えようと考えていて、その荘重さと多彩なことで一同の目を集中させていた千畳敷のあの広壮ですばらしい宮殿を最初に倒壊してしまった。
(中略)
天守(閣)と呼ばれる七層から成るすべての中でもっとも高い宮殿の城郭(propugnaculum)は倒壊はしなかったが、非常に揺れたために誰もそこに住まおうとせず、また全部を取り壊さぬ限り修復はできない。



という風に、豊臣大坂城は千畳敷が「最初に倒壊してしまった」と明記した形になっていて、ほぼ全滅の伏見城が「大坂のそれに似た千畳敷の宮殿しか残らなかった」という風に、対照的な被害を伝えた点は興味深く、そうした被害状況の把握は次の「太閤がシナ使節一行を謁見した次第」という(…若干の情報の錯誤が感じられる)くだりでも一貫しています。



(上記の同書より)

この地震によって伏見の市、とりわけ城郭(propugnaculum)は非常に震動して荒廃したので、使節一行のための住居と謁見に適当な場所が残らなかったほどである。

太閤は彼らを大坂で謁見することに決めたが、そこでは非常な震動があった唯一の(天守)閣(turris)と、山里と言われた或る屋敷と極楽橋〔または楽園の橋と言ってもよい〕と言われ一万五千黄金スクードに値する非常な黄金で輝くいとも高貴な橋を除いては、地震のため城郭(propugnaculum)内には何も残らなかった。

(中略)
他の諸建造物は千畳敷の政庁とともに倒壊したり、または何らかの害になるので国王(太閤)の命令によって倒壊させられ…



という風に書いてあり、ただお気付きのとおり、こちらの文章では「一万五千黄金スクードに値する非常な黄金で輝く」という一部分だけは、情報の錯誤で「千畳敷に付設の廊下橋」の説明文がまぎれ込んでしまった!ようであり、その点では注意が必要でしょう。

(※ただし、前回の記事で申し上げた北川央・大阪城天守閣館長は、逆に、この一部分だけをよりどころにして「極楽橋」の慶長元年造営説を説明しておられますので、皆様には是非とも1596年日本年報補筆の全文を通してお読みいただきたいところです)

そして絶対に見逃せないのが、この錯誤の部分を除けば、実は、この文章には大変に重要な情報が隠れているのかもしれない、という点が、今回の記事の一大焦点なのです。すなわち…


「唯一の(天守)閣と」「山里と言われた或る屋敷と極楽橋」

「を除いては」「何も残らなかった」


ということは、後の山里曲輪の周辺だけが被害をまぬがれたことに!!?




大変に重要な情報かも、と申し上げたいのはこの点でありまして、1596年日本年報補筆に書かれた被害状況を総合しますと、ご覧のように、城内で奇跡的に無事であったのは後の山里曲輪の周辺に限られて来ます。

ということは、この記録で「山里と言われた或る屋敷」と書かれた建物は、実際には、ここにあった「表御殿」であったのだと思い切って解釈しますと、前述の未解決の大問題(→表御殿と千畳敷との入れ替わりの関係→詳しくは後述)に対して、ある程度の、合理的な解決策が見えて来そうなのです。


1596年日本年報補筆に基づく被害状況の解釈

■千畳敷は完全に倒壊した(付設の廊下橋や大舞台も一緒に倒壊した)
■主要な建物では(後に山里曲輪となる)表御殿と極楽橋だけが残った
■天守は使用不能の危険な状態におちいった
■奥御殿はまだら状に被害が広がり、個々の建替えと修理で対処した
■櫓群も多くが建替えを余儀なくされた
■輪郭式の二ノ丸(西ノ丸御殿など)は不明


このところ話題の1596年日本年報補筆に基づけば、上記のような被害状況と思えるものの、ところが、ご承知のごとく、地震の直後に豊臣大坂城で行われた明国使節との対面(明使登城)は、その千畳敷で!!儀式が行われた、とする国内外の記録が一方にありまして、果たして本当に千畳敷は倒壊したのか? しなかったのか? という大きな矛盾を抱えた状況が、今日に至るまで続いております。


(諸葛元声『両朝平壌録』より)

正使楊方亭前に在り、副使沈惟敬金印を捧げて階下に立つ。

良や久しうして殿上黄幄
(あく)開く、一老叟杖を曳き二青衣(=小姓)を従えて内より出づ、即ち関白(太閤)なり。
侍衛呼吶し人皆竦慄
(=身がすくんでおののく)す。


明国使節と太閤秀吉との対面の様子を伝えた文章ですが、これをご覧になって、やや奇妙で、意外に感じられたのは、儀式は御殿の前庭に明国使節(正使・楊方亭と副使・沈惟敬)を立たせて、その眼前で御殿の黄色い幕があいて秀吉が姿を現す、という風に「屋外」で行われたことではありませんでしょうか。

―――黄色い幕、と言いますと、私なんぞは映画「ラストエンペラー」で幼児の頃の溥儀(ふぎ)が、太和殿の前庭に居並ぶ大勢の臣下に気づかずに、無邪気に黄色い幕で遊んでしまうシーンを連想しますが、黄色い幕とは、取りも直さず「皇帝」を意味したのでしょう。

ですから、秀吉の場合も「黄色い幕」というのは、鳥肌が立つような、ただ事ではない事態が明国使節の眼の前でくり広げられた疑いがありそうで、これは「中国式」の儀式を逆手にとって行ったものに違いない、と解説した書物もありましたが、本当にそれだけが「屋外」開催の真の理由だったのか??…


ここで、さらなる大胆仮説を申し上げてみたいのですが、この明国使節との対面儀式というのは、実際には、奇跡的に無事であった「表御殿」の玄関前の白洲!!か、その近くの渡り廊下の前の「勢溜り」において、それがあたかも「中国式」であるかのような体を装いつつ、場合によっては眼前の建物が「千畳敷である」とさえ言い放って、挙行したのではなかったか… と邪推するのですが、いかがでしょう。




……これには異論もございましょうが、様々な条件をかいくぐりながら、何とか物理的に成り立ちうる、矛盾の解決策の一つと思われますし、また上記のようにして、「表御殿」が全く無事であったと解釈しうる“当サイトならでは”の解決策であることを、重ねて強調しておきたいと思うのです。



【第4図】慶長3年、再建計画としての中井家蔵『本丸図』の姿へ



さて、ここに至って、ようやく中井家蔵『本丸図』にある城の姿が実現に向かったのだと考えておりまして、秀吉の最晩年の大坂町中屋敷替と三ノ丸の築造に合わせて、豊臣大坂城の大手を南に変更すべく、本丸の大改造が行われたはず、と申し上げて来ております。(→2010年度リポート)

具体的には、幸いにして被害をまぬがれた「表御殿」を、まるごと本丸の南側に移築することで、城の大手を南に変え、それとともに、修築中の奥御殿を含めて、ほぼ全ての殿舎を「瓦葺き」に改めたのではなかったでしょうか?(→『大坂冬の陣図屏風』『大坂夏の陣図屏風』の城内はほとんどが瓦葺き屋根であること)

そして1596年日本年報補筆に「全部を取り壊さぬ限り修復はできない」と書かれた天守については、やはり一旦は、全面的な解体修理がなされた、と考えることが出来るのかもしれません。

と申しますのは…


2010年度リポートより / 中井家蔵『二條御城中絵図』の色分けの意味

ならば、同じ中井家蔵『本丸図』の色分けは?(当サイト仮説)

ちなみに同図の天守の色は… 無色!紙の地の色のまま!!

で、もう一度『二條御城中絵図』を見れば、左下の天守はちゃんと「継続使用」の色!!!


あまりに単純な話であり、そのせいか、これまでどなたも両図の天守の「色」の差異をおっしゃったことは無いように思いますが、これはいったいどうしてなのか?と、めいっぱい想像力を働かせますと…

おそらく天守は1596年日本年報補筆のとおりの危険な状態になり、「解体修理」という方針が決まって解体したものの、その時点で秀吉が死んでしまい、一方、西ノ丸天守(≒代替天守)の方が、政治状況の流動化でどんどん話が進んで行き……

というような、図には「御天守」と墨書したものの、結局、そこを「色分け」出来るような状況にならなかったのではないか、と。


そこで上記の【第4図】は、幼き後継者・豊臣秀頼による再建天守(当サイト仮説)の建造がスタートするまでの“空白期間”に、『本丸図』は該当するのかもしれない、という可能性を示す状態で描いてみました。



かくして、豊臣大坂城は秀吉死後のさらなる激変を強いられて行くのですが、今回の記事はすでにかなりの長文になっておりまして、これ以降については、まことに勝手ながら、次回に改めて申し上げさせていただきたく存じます。…


【第5図】慶長5年、徳川家康の上杉討伐軍の出陣とほぼ同時に「極楽橋」を移築

豊臣秀頼のいる本丸の有名無実化がいっそう進む……




(次回に続く)





作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。