城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2016/03

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (265)



全エントリ記事の一覧はこちら

2016年3月
   
   

新着エントリ
城の再発見!続『モンタヌス日本誌』→大坂城天守の記録はまさに「駿府城天守」のことか (11/17)
城の再発見!今回は『江戸始図』の補強になるか?『モンタヌス日本誌』の挿絵は予想外に写実的 (11/5)
城の再発見!さらなる『江戸始図』の補足を。「刻印」優先論との深刻きわまりないバッティング (10/18)
城の再発見!『江戸始図』の「小天守」はどこに消え失せたのか?? (10/13)
城の再発見!家康が本当に好んだ天守の姿から問う、「江戸始図」解釈への疑問点 (9/29)
城の再発見!「京の城」の伝統的な天守の位置 →聚楽第の「北西隅」はむしろ新機軸の異端か (9/16)
城の再発見!ポルトガル海上帝国と「川の城」岐阜城 →あえて「C地区」の構造的な欠陥を疑うと… (9/1)
城の再発見!フロイスの岐阜城訪問記には金箔の「瓦」とはどこにも書いてない (8/17)
城の再発見!どうして岐阜城で「織田系」金箔瓦が発見されないか (8/3)
続々・甲府城「天守」のゆくえ →金箔付きシャチ瓦も「徳川包囲網」の目印だったのか?… (7/20)
城の再発見!続・甲府城「天守」のゆくえ →再訪の直感、天守台「穴倉」の内側も“見られること”を意識している (7/8)
城の再発見!甲府城「天守」のゆくえ →躑躅(つつじ)ヶ崎館の天守台との関係はどうなっていたのか (6/25)
城の再発見!近世城郭の「完全否定」で籠城戦に勝てたのが熊本城か (6/12)
城の再発見!これもコンクリート天守の「魔力」がなせる技か… 熊本城天守のすばやい解体と復旧 (5/29)
城の再発見!目的地は“東アジアの下克上”か?…満洲族と日本の17世紀「新興軍事政権」 (5/19)
城の再発見!肥前名護屋城の出現と「小中華意識」に没入した李氏朝鮮の無反応 (5/4)
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (25)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)


アクセスカウンタ
今日:1,952
昨日:3,243
累計:2,257,520


RSS/Powered by 「のブログ

2016年03月29日(Tue)▲ページの先頭へ
城の再発見!続・豊臣大坂城天守も階段群が2系統 →「2系統なのは何階までか?」で各天守を区分すると…






続・豊臣大坂城天守も階段群が2系統 →「2系統なのは何階までか?」で各天守を区分すると…


(※前回も引用の『完訳フロイス日本史』より)

(最上階の)この席において関白は大いに心をこめて決意を述べ、下(しも)の九ヵ国を豊後、薩摩、山口の諸国主に分配するつもりだが…(中略)こう述べると関白は立ち上がり、種々の別の階段から降り始めた。


最上階に登った豊臣秀吉と宣教師らは、降りる時だけ、複数の階段群を使った…

これはすなわち「表の階段・奥の階段」という構造ならではの出来事か!?



ご覧のとおり、天正14年のコエリョら宣教師一行の大坂城訪問において、関白(秀吉)と宣教師は天守の最上階に登ったあと、降りる時になると突如、複数の階段群を使ったことがフロイスの『日本史』に書かれています。

細かい事を申し上げて恐縮ですが、この「降りる時だけ複数の別々の階段」という妙な現象は、よくよく考えますと、表・奥の2系統の階段群であれば、なんら不思議ではなかったことが解ります。

つまり、登りの行程では、秀吉がアレコレと天守内を案内しつつゾロゾロと行くため、一筋のルートしか行けなかったわけですが、最上階から降りる場合は、三十人以上の一行が(例のごとき急階段を)スムーズに降りて行くためには、2系統の階段群をすべて使った方が手っ取り早い、と思われたのではなかったでしょうか?

くどいようですが、こうした点もまた、豊臣大坂城天守には2系統以上の階段群があった、という可能性を補強しているように思えてなりません。




では、その2系統以上の階段群は「何階まで」達していたのだろうか? という点に興味は移ると思うのですが、その前に、皆様におわびを申し上げねばならないのは、思えば、ご覧の天守イラストは、内部の「階」の想定について、これまで一度も説明を申し上げて来ておらず、図示などもしておりません。

これはまことに私の手落ちであったと反省しつつ、早速、豊臣大坂城天守の内部についての当サイトの想定をご覧いただきたく思うのです。



それは「8階」建ての構造に「中5階」が加わり「橋敷以上九ツ」になっていたのでは…

(青文字=『輝元公上洛日記』より / 赤文字「御蔵」=『大友家文書録』より)



まず、フロイス『日本史』に最上階が「八階」と書かれたのは、コエリョやフロイスらが一番下の土間の階から入って順に上まで登ったからでしょうし、この時、秀吉は別のルート(おそらくは付壇・付櫓の方)から先回りして入っていて、それが『日本史』に「関白は、この門の鍵を所持している、一人の修道女のような剃髪した比丘尼(ビクニン)だけを伴って、すでに上から降りて来ていた」と伝えられたのだろうと想像しています。


そして毛利輝元の訪問などを記した『輝元公上洛日記』には、各階の名称について「金乃間、銀の間、銭の間、御宝物の間、御小袖の間、御武具の間、以上七重也」とあり、筆者の平佐就言が「以上七重也」と書きながら、階の名称は六つしか挙げていない、ということは、その他に名称の無い階(穴倉など)があったことを証言しているのでしょう。

したがって上記のイラストのごとく、天守台上の1階(3階)が「御武具の間」にあたり、その名の由来としては、内部に付櫓から雁行する形で対面所が設けられ、例えばその最奥に記念の甲冑(秀吉自身の、もしくは旧主・織田信長の??)を飾ったことで「御武具の間」という名称がついたのでは… などと想像しております。


で、そこから上は『輝元公上洛日記』のとおりの各階が続いたとしますと、ちょうど「御小袖の間」(4階)が「御上(おうえ)の階」(天守台上の2階)にあたることになりまして、まさにここに正室・北政所らの部屋があって、旧主・織田信長の天主の構想が反映されていたのではないでしょうか。

しかもこの階は、全部で「八階」と記したフロイスが「四階で茶を飲んだ」とも書いていますから、ここがその場所であったことになり、この階より上が“財宝類を納めた塔の領域”になるだけに、極めて妥当な話だと思われます。


さらにご注目をいただきたいのは「中5階」の張り出しでありまして、前述のように全体が8階建てと思われるのに、なぜか『大友家文書録』には「橋敷以上九ツ」=土台の上に階段が九つもあった(→10階建て!!?)と記録されていて、それはこの「中5階」のごとき特殊な構造が、間に組み込まれていたからではないか… と想定しているわけです。




かくして、壮大で、なおかつ新種の「立体的御殿」豊臣大坂城天守は、旧主・信長の構想を受け継ぎつつも、上層階の塔の領域を「宝物蔵」とする、ある意味で実に秀吉らしい発想を具現化した天守であったと思うのです。




<2系統の階段群は、天守台上の「何階」まで達していたか?

 という観点で、他の各城の天守を区分すると…>





さて、以上のような豊臣大坂城天守において、2系統以上の階段群はどの階まで達していたのか? と考えますと、例えばこれに近いはずの彦根城天守・広島城天守・姫路城天守など、付櫓などで「二つの登閣路」があった天守でも、それらのほとんどは天守台上の1階で一つに合流してしまい、それより上に2系統の階段群が伸びる形にはなっておりません。

つまり2系統の階段群というのは、確認できる天守の中では、けっこう珍しい部類に含まれていて、それだけ「立体的御殿」のなごりは希少な現象であったのでしょうが、しかしそれらには“ある共通点”がしっかりと残されているようです。すなわち…


■2系統の階段群が天守台上の「3階」まであった例

名古屋城大天守


徳川再建の大坂城天守(願生寺蔵「大坂御天守指図」部分より)

ご覧の写真で右端に写っている「三重目」を拡大して見れば…



■2系統の階段群が天守台上の「4階」まであった例

松本城天守(天守四階平面図/『国宝松本城』より)


ご覧の名古屋城大天守、徳川再建の大坂城天守、松本城天守の三つは、階段の付け方が各々バラバラのようでいて、実はこんな共通点があります。




このように、いずれの天守も、天守台上の1階から、いちばん上から数えて三重目の階まで、2系統の階段群があった形になります。

で、この「上から数えて三重目の階まで」という共通点について申しますと、さらに当サイトの我田引水になってしまって恐縮ですが、かの安土城天主!! もまた、そうであったと申し上げざるをえないところなのです。


静嘉堂文庫蔵『天守指図』より 五重目 小家ノ段

それはご覧の『天守指図』そのままの全体図においても…

また当サイト独自の「新解釈『天守指図』復元案」でも…


したがって、この件に関して、豊臣秀吉の天守もやはり、旧主・織田信長の構想をしっかりと受け継いでいたはず… つまり「上から数えて三重目の階まで」というのが、今回の話題の結論になるのではないかと思うのです。





作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。



2016年03月16日(Wed)▲ページの先頭へ
城の再発見!豊臣大坂城天守も階段群が2系統か →ならば建物の造りは「立体的御殿」のうち??






豊臣大坂城天守も階段群が2系統か →ならば建物の造りは「立体的御殿」のうち??


(『完訳フロイス日本史』「副管区長が大坂に関白を訪れた時の(関白の)歓待と恩恵について」より)

その後関白は、主城(天守閣)および財宝を貯蔵してある塔(トルレ)の門と窓を急ぎ開くように命じた。彼自ら城内を案内することになっていたが…
(中略)
そして途中では閉ざされていた戸や窓を自分の手で開いて行った。このようにして我らを第八階まで伴った。
(中略)
この最上階において関白はおもむろに着座し、我ら一同は彼の周りに座を占めた。その場所は狭く、我らの一行は三十名を越えるほど多かったので、幾人かは関白の衣服に触れたほどであった。

この席において関白は大いに心をこめて決意を述べ、下(しも)の九ヵ国を豊後、薩摩、山口の諸国主に分配するつもりだが…
(中略)こう述べると関白は立ち上がり、種々の別の階段から降り始めた。


このところ話題の豊臣大坂城天守は、その内部の様子が断片的にしか伝わっておらず、おそらく実際は「宝物蔵」として使ったらしい、という風に(上記のフロイス日本史など)様々な記録をもとに考えられ、当ブログもそのように紹介してまいりましたが、実は若干、そう言い切っていいのか… と思える節もあります。

と申しますのは、上記の引用文には「種々の別の階段から降り始めた」とありまして、天守の最上階から下の階には、複数の別々の階段を使って降りられる構造であった、と書かれたわけで、この天守も、内部の各階が2系統以上の階段群で接続されていた可能性があるからです。



2系統あった階段群は「立体的御殿」のなごりではないか…



【模式図】立体的御殿は階段にも「表」と「奥」があったのでは?



これらの図は過去のブログ記事で何度もご覧いただいたものですが、御殿建築が縦に重なった「立体的御殿(=天守の原初的なスタイル)」を当時の人々が不都合なく使うためには、ご覧のように、階段の位置が非常に重要なポイントであったはずでしょう。

そこで例えば「表の階段」「奥の階段」という風に、2系統の階段群で上下の階を接続すれば、かなり便利に使えたのかもしれませんし、現に、名古屋城大天守などは手前と奥に2系統の階段群が設けてあって、それらは「立体的御殿」のなごりとも見て取れます。

ということで、かの豊臣大坂城天守にも2系統以上の階段群があったとなれば、「実際上は宝物蔵」という解釈とは別に、建物の構造としては、やはり「立体的御殿」の影響を濃厚に受け継いだ建築物であった、という風にも思えてならないのです。




さらに申しますと、冒頭の引用文から、最上階は「畳敷きの座敷」であったことが明らかでしょうし、その点でも「立体的御殿」が感じられ、いっそう大胆なことを申せば、その引用文に続くくだりが、さらなる大問題に発展しそうなのです。!!


(冒頭の引用文の続き)

こう述べると関白は立ち上がり、種々の別の階段から降り始めた。

そして我らは同所から今まで見たものよりもさらに秘された幾つかの部屋のところで立ち止りながら進んだところ、関白はさらに自分が平素夫人と寝る場所を我らに見せた。
彼は納戸になっている室の戸を自ら開き、その中でおもむろに坐ったので、我らも彼とともに着座した。

その際、関白が彼女たちに、彼ら伴天連らを見たければ出てくるがよいと許可を与えたところ、かなりの人数の女たちが姿を現した。

(中略)
こうした談話と歓待で二時間以上が経過した後に、関白は我らに別れを告げた。

彼は一、二の婦人に平素は開けない秘密の門の鍵を奥から持って来るように命じ、そこから出るのがもっとも近道だからと言った。

そして彼は先頭に立って降りて行き、我らが先に通り、関白と我らが互いに会見した場所まで来ると立ち止り、非常に嬉しそうな面持でふたたび我らに別れを告げた。



さあ、ご覧の引用文が描いた「場所」は、いったいどこなのでしょう??

従来の解釈では、関白(豊臣秀吉)と宣教師らは、天守を出て、天守のすぐ足元の「御納戸御殿」に入り、そこで「夫人と寝る場所」を拝見したり、「かなりの人数の女たち」を目撃したのだと言われて来ましたが、本当にそうでしょうか。

ここで私なんぞが申し上げてみたいのは、織田信長の岐阜城においては、山麓御殿の四階建て楼閣の二階は、みごとな装飾の「婦人部屋」「王妃の休憩室」であったという宣教師の報告でありまして、すなわち「立体的御殿」の二階は「御上(おうえ)の階」=正室の部屋とする、信長の構想があったように思われる点です。




こうした仮説の延長線上で話を進めますと、ひょっとすると、秀吉の豊臣大坂城天守も二階は「御上(おうえ)の階」であったのかもしれず、そのため、先ほどの引用文が描写した「場所」も実は天守の二階!!!であったのかもしれない、という可能性が生じてまいります。

そして引用文に「彼は先頭に立って降りて行き」とあるように、秀吉らは問題の場所から“さらに降りて行った”ことが示されていますし、これらの点を総合して勘案しますと、豊臣大坂城天守の内部は“素っ気ない宝物蔵”と言うよりも、構造的に見れば、れっきとした「立体的御殿」の造りが施された格式ある空間であった、と考えてしかるべきではないでしょうか。


そう仮定して冒頭の引用文を見直しますと、「主城(天守閣)および財宝を貯蔵してある塔(トルレ)の…」という妙な表現のしかたも、フロイスらの「原初的な望楼型天守」に対する深い洞察を示しているのかもしれない… とさえ思えて来るのです。





→ 豊臣大坂城天守も階によって、使い方に差があった? →「立体的御殿」の範疇(はんちゅう)か





作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。



2016年03月01日(Tue)▲ページの先頭へ
城の再発見!幕末、幻の大阪籠城戦での「大狭間筒vsエンフィールド銃」の勝負を夢想すると…






幕末、幻の大阪籠城戦での「大狭間筒vsエンフィールド銃」の勝負を夢想すると…


真田丸との関連で話題の 大狭間筒(おおはざまづつ)

(NHK「歴史秘話ヒストリア これが真田丸だ」より)

大坂城というのは本当に話題の尽きない城ですが、前回、アジアの要塞寺院に話が及んだ中で「(仏教の)本尊とそれを守護する護法神(十二神将など)といった考え方が影響したのでは…」等と申し上げ、それはアジアの仏教国の「城づくり」にも影響したかのように感じる旨を申し上げました。

これは私のトラウマにも原因があるようで、どうして日本の城は中国やヨーロッパのような城壁都市として発展しなかったのか、と城好きでない人々にパパッと呆気なく言われてしまうことに対して、何か、綺麗に言い返せる論理(ロジック)は無いものか… と常に思い続けているからかもしれません。

ご承知のとおり、日本においても、領民を収容する機能をそなえた城はいくつも事例があったわけですが、それをいちいち城好きでない人々に数え上げるのは徒労になりそうですし、それよりは「ご本尊とそれを守護する十二神将」といったおなじみの仏教スタイルが、日本の城づくりに影響したからだ、と言い切れたなら、どんなに楽か、という気分になります。

… … すなわち、日本の封建社会における武家の「城づくり」の究極の目的は、やはり「主君の命を守ること」であり、主君のまわりに幾重にも並べた塁壁や櫓や堀は、言わばご本尊を守る十二神将なのであって、だから(その究極の目的とはやや異質な)城壁都市を築くに至った事例は、あくまでも二の次、三の次の補完的な作業だったのだ、と。


江戸末期の古地図にみる大阪城(「改正 摂津大坂図」より)


そういう意味で申しますと、大坂の陣の後に徳川が再築した大阪城は、守るべき「主君」がずっと遠くの関東におわす、という複雑な立場のまま、230年以上、大阪の地で孤塁を守って来ました。

ところが幕末の動乱期、長州征伐に向かう徳川十四代将軍・家茂が入城し、また最後の将軍・徳川慶喜も薩摩打倒のために入城すると、いちやく大阪城は守るべき「主君」を得た形になり、そんな中で勃発した鳥羽伏見の戦い(慶応4年・明治元年/1868年正月)では、「主君」慶喜と幕府陸軍・会津及び桑名藩兵らによる「大阪籠城戦」が必至と思える情勢になりました。

で、ここで一つ確認すべきは、鳥羽伏見の戦いで、薩長土芸の軍勢が三分の一の兵力で幕府軍(1万5000人)に勝ったのは“近代的な兵器の差だ”という世間一般の認識は、まったくの誤り!!らしい、という一件でしょう。


映画「ゲティスバーグの戦い/南北戦争運命の三日間」より

アメリカの南北両軍が大量に使用した エンフィールド1853マスケット銃



ご覧の画像のエンフィールド銃は、ミニェー式の銃弾を先込めする「ミニェー銃」の一種で、英国のエンフィールド造兵廠が大量生産したモデルですが、実は、幕府軍・薩長軍ともに鳥羽伏見で使用した小銃は、大半が「これ」そのもの(→アメリカから輸入した中古品の銃!!)であったというから、驚きです。


大砲についても、両軍が使用したのは同じ「四斤砲」であり、結局、そういう中で薩長軍が勝利したのは、作戦指揮の能力の差と、意識の差(この日の戦闘を全く想定していなかった幕府軍と、この日に何がなんでも戦端を開きたかった薩摩軍との意識の差)だというのが、『会津戊辰戦史』や野田武彦著『鳥羽伏見の戦い 幕府の命運を決した四日間』が明らかにした実態だと言われています。


ちなみに上記画像のエンフィールド銃は、クリミア戦争で実力が証明されるとアメリカに90万丁も輸出されたそうですが、南北戦争が終わるとそれらは一斉に払い下げになり、武器商人の手で中国や日本に転売され、これを幕府陸軍が5万丁も買い入れ、倒幕派の諸藩も正式銃として競って買い求めました。

ということは、かつて「関ヶ原合戦」では東西両軍で約6万丁の国産火縄銃が使われて徳川の天下が到来し、当時の日本は世界最大の鉄砲保有国(50万丁とも)などと言って来たわけですが、皮肉なことに、その徳川の世の終わりを決めた第二の天下分け目の戦では、こともあろうに、黒船を送ってきた国アメリカが(南北戦争で)使った中古の輸入銃で、薩長(官軍)も幕府軍も、互いに撃ち合っていたのだという、ちょっと笑うに笑えない現実があるようなのです。


西洋式軍装に身を包んだ幕府軍歩兵(ウィキペディアより)

当時は両軍ともに、真っ黒い軍服を着た兵士達が、同じ銃砲を撃ち合っていた…




これは近年の中東情勢を見ても、内乱に発展しそうな国の双方の勢力に、世界の第一線で使われたばかり… といったふれ込みで新兵器を渡せば、どうなるかは火を見るより明らかでしょう。

幕末の日本もまるで同じことで、同国人にしか解らない難しい理屈での悶着が、産業革命直後のグローバルな兵器産業にとっては格好のターゲットになっていて、しかしそうした中で我が国の「明治維新」は果たされたのだと思うと、結果的には、我が国はどこか、絶妙のコントロールが効いていたようにも感じられてなりません。

そんな風に思う時、重大なターニングポイントとして頭に浮かぶのは、やはり最後の将軍・慶喜が断念した「幻の大阪籠城戦」ではなかったでしょうか。…


有名な「浪華城全図」にみる江戸後期の大阪城の姿


ご覧の絵図は、中央の天守が落雷で焼失したままですが、本丸と二ノ丸に櫓26基が健在であった姿を伝えていて、前出の本と同じ野田武彦著『慶喜のカリスマ』には、鳥羽伏見の緒戦に負けた時点での大阪城内が以下のように描写されています。


(野田武彦『慶喜のカリスマ』2013年より)

将士たちは大坂籠城を覚悟し、慶喜が出馬して陣頭指揮すれば頽勢(たいせい)を盛り返せると信じていた。
事実、軍配書を見ても、大坂城警備には、
 大久保能登守(陸軍奉行並)の奥詰銃隊八小隊
 戸田肥後守(同)の奥詰銃隊八小隊
 杉浦八郎五郎(銃隊頭並)の四小隊
 三浦新十郎(撒兵頭並)の撒兵四小隊
がそっくり温存されていた。

城廻り十四ヵ所の関門には、
 小林端一(歩兵頭並)の歩兵一大隊
も前線に出ずに残されていた。

さらに大坂蔵屋敷を警備する、
 天野加賀守(「花陰」、撒兵頭)・塙健次郎(撒兵頭並)の率いる撒兵九小隊
 吉田直次郎(大砲師範役)の砲兵二門
 会津兵四百人
がいた。
要するに、遊撃隊・見廻組といった腕に覚えのある旗本剣槍軍団のほかに、銃隊化されていた旗本の諸部隊はこれまで戦闘に投入されていなかった。

ただ、実際に大坂城に配置されていた諸部隊は全部が全部 戦闘意欲に満ちていたわけではなかった。



という風に籠城戦は必至と見られたわけですが、そもそもこの戦いの1ヶ月前(慶応3年末)に、薩摩の大久保利通・西郷隆盛と岩倉具視らによる「王政復古」のクーデターが起きたことで、徳川慶喜は前述の幕府陸軍と会津・桑名の藩兵を率いて大阪城に入城したのであり、当時、慶喜の大阪入城は、戦略的にかなりの圧力をクーデターの新政府側に与えたようです。


それは例えば大久保の手紙に「(慶喜の)下坂の義、大いに策略これ有り、華城(=大阪城)に根拠し、親藩・譜代を語らひ、持重の策をもって五藩を難問し、薩を孤立の勢になし、隠に朝廷を謀り挽回せんとの密計に候由、異説紛々たり」(大久保利通文書)と書いてあるとおり、もしそのまま慶喜が大阪城にどっかりと腰をすえ、畿内で次々と政治的策謀をめぐらし始めたなら、大久保と西郷は打つ手無しの窮地に追い込まれたはずだと言います。

それが、うっかり、幕府軍の先手の兵を京都に入れようと京都方面へ移動させたことが、大久保・西郷に千載一遇のチャンスを与えてしまい、鳥羽伏見の戦いになったのだというのですから、まるで三国志の陸遜(りくそん)の「先に動いた方が負け」を想わせる展開です。


現代の城郭ファンとしては、慶喜はもっと「大阪城の底力」を信じるべきであったと思うばかりですが、仮に百歩ゆずって、鳥羽伏見の緒戦に負け、大久保が岩倉と謀って「錦旗」を戦場に掲げたとしても、旧幕府軍としては、敗走の兵を大阪城に収容しつつ大阪籠城戦に持ち込めば、なおも慶喜には勝機があったはずだと思えてなりません。

後の会津戦争や西南戦争での戦闘の様子を見れば、おそらく薩長軍は当時、大阪城ほどの堅城を取り囲んだまま、半年や一年も攻城戦を続けられるような力量は無かったでしょうし、大阪湾には幕府の軍艦もいたわけですから、新政府側になだれを打った諸藩の動きもやがては止まり、幕末の大阪において、日本の「城」が軍事的な遺産として十分に機能してしまう姿を、鮮やかに天下に見せつけたのではなかったでしょうか。…





と、ここまでアレコレと申し上げて来たのは、今回のタイトルの「大狭間筒vsエンフィールド銃」という対戦の可能性はあったのか、探ってみたいという興味から始まったことでして、ひょっとすると幕末の大阪城でも、真田丸の戦いの再現が成ったのではあるまいか?…といった興味本位の仮説によるものです。

奇(く)しくも、話題の大狭間筒とエンフィールド銃は、両方とも先込め式の銃ですし、ともに有効射程は300mほどと言われ、命中率はエンフィールド銃の方が格段に上回るようですが、六匁玉(径16ミリ)等々の大きな鉛玉(=変形してつぶれる!)を発射する狭間筒の殺傷力はすさまじいもので、籠城戦・攻城戦における両者の実力は、優劣つけ難かったのではないか… と。


ところが、その当時、大阪城内にはどれほどの「狭間筒」「大狭間筒」が備蓄してあったのか、という肝心要の史料がいまだに把握できておりませんで、今回の記事はここで企画倒れにならざるをえません。

この他にも、幕府陸軍歩兵隊は果たして籠城戦が出来たのか? とか、砲撃戦での大阪という地形(会津若松城の小田山のごとき攻城側に有利な高地は無く、また幸いにも目標になる天守が無いこと!)がどう影響したのか? 分からない点も色々とあって、このテーマは私の宿題として、もう少し時間をかけてから再挑戦してみたいと思うのです。





作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。