城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2016/05

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (252)



全エントリ記事の一覧はこちら

2016年5月
       

新着エントリ
城の再発見!これもコンクリート天守の「魔力」がなせる技か… 熊本城天守のすばやい解体と復旧 (09:06)
城の再発見!目的地は“東アジアの下克上”か?…満洲族と日本の17世紀「新興軍事政権」 (5/19)
城の再発見!肥前名護屋城の出現と「小中華意識」に没入した李氏朝鮮の無反応 (5/4)
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)
城の再発見!「革命」は 信長→秀吉→三成 の三人で完成するはずだった? 時空を超えた<石田三成≒大久保利通>説 (9/27)
城の再発見!徳川家康の画期的な着眼か→ 四方正面(八棟造り)は平城の「求心性の自己表現」にもなる? (9/14)
城の再発見!ならば聚楽第チルドレンの筆頭・天正期の駿府城には「小天守」とともに大天守もあったのか (8/29)
城の再発見!毛利輝元らは聚楽第で天守を見ていなかった!? とすれば… 広島城天守をめぐる“ぬぐえぬ疑問” (8/15)
城の再発見!最上階にやはり白鷺(しらさぎ)の絵 → 問題の層塔型「御三階」の構造を推理する (8/2)
城の再発見!後継者・秀次の墓穴(ぼけつ)――最大の過失は、洛中に強固な「城」を築いてしまったこと?? (7/15)
城の再発見!異例の側室・摩阿(まあ)姫が住んだ「京都天主」「聚楽天主」の正体 (7/4)
城の再発見!40m四方の天守台!? →『聚楽第図屏風』には天守が描かれていないのかもしれない… (6/20)
城の再発見!驚嘆、信長の「天下」観念は今日にも通じているのか… (6/9)
城の再発見!話題の「旧二条城」と岐阜城と小牧山城の“合体形”として安土城は出来上がった? (5/25)
城の再発見!続々・信長の「天下」――安土城天主は天皇の行幸殿の上にそびえ立ち、見おろしていた、とする見方の多大な影響 (5/10)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (12)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)


アクセスカウンタ
今日:1,324
昨日:1,269
累計:1,947,808


RSS/Powered by 「のブログ

2016年05月25日(Wed)▲ページの先頭へ
城の再発見!話題の「旧二条城」と岐阜城と小牧山城の“合体形”として安土城は出来上がった?






話題の「旧二条城」と岐阜城と小牧山城の“合体形”として安土城は出来上がった?


前回の地図に、古代文化調査会の「旧二条城」の推定位置をダブらせると…




前回記事のアップとちょうど前後して、京都で様々な発掘調査を行なってきた民間団体の古代文化調査会(家崎孝治代表)が、発掘した土塁の堀跡は「旧二条城」の内堀と外堀の間に急造された“第三の堀”と考えられる、という発表を行なってニュースになりました。

その“第三の堀”というのは、ご覧の図のとおり、前回記事の高橋康夫先生が想定した「旧二条城」よりも、いくぶん西側に広い範囲を城域として、その中に、あとから掘られた土塁の堀だということで、それは足利義昭が、対立の度を深めた織田信長の攻撃に備えて急造したものであろう、との解釈を調査会の方ではしているようです。

そもそも、これまでにも高橋先生のような想定のほかに、文献の記述等から、各専門家によって「旧二条城」は色々な想定の仕方があったわけですが、まず決定的だったのは昭和50年の地下鉄工事で発見された石垣の堀跡であり…




それらに基づいて「旧二条城」は内堀と外堀、二重の堀で守られた城であった、との見方がなされて来たものの、今回の“第三の堀”という考え方が出て来たのは、その地下鉄工事の調査の際に、もう一つ、南内堀のすぐ南側の(地下鉄ルート上の)地点を東西に走る土塁の堀跡も見つかっていた、という話などを踏まえてのことでしょう。

ですから図のように、それが今回の土塁の堀跡と結び付くなら、ぐるりと城の全周をめぐる“第三の堀”の可能性が生じるのでしょうが、発見当時はもっぱら、足利義昭の前の(前回ブログ記事でも申し上げた)義輝時代の二条御所(武衛陣の御構え)の堀跡であろう、と言われたものです。

その他の発掘成果も含めて解釈が揺れ動いている昨今ですが、今回の土塁の堀跡を“第三の堀”と解釈して(使って)しまいますと、ならば義輝時代の二条御所はどう考えるのか?という、言わばイタチゴッコのような真相究明の作業がこの先に待っているのかもしれません。…




<ではその後、「旧二条城天主」はいったい何処へ行ったのか??

 という問題にこだわってみると……>





平安女学院大学の角にある「旧二條城跡」の石碑と説明文


さて、ご覧の説明文はちょっと小さな字になって恐縮ですが、この文中に <その後、織田信長は旧二条城から足利義昭を追放し、東宮誠仁親王を迎え入れ、城は「二条御所」として使われていたが、室町幕府の滅亡に伴い廃城となった。天正4年(1576年)に旧二条城は解体され、安土城築城に際し建築資材として再利用された> とあるのが、思わず目を引きます。

と申しますのは、後半の <天正4年…に旧二条城は解体され、安土城築城に際し建築資材として再利用された> という部分は、『言継卿記』の天正4年9月24日の条にあるそうした記述に基づいたもので、それについて高橋康夫先生は「残っていた西之御楯、すなわち天主をはじめ、南の門、東の門などがあいついで解体され、安土城の建設が始まっていた安土へ引かれた」と説明しておられます。


しかしその一方で、前半の <その後、織田信長は…東宮誠仁親王を迎え入れ、城は「二条御所」として使われていた> という部分はどうなのでしょう。!!…

もしそうだとすれば、問題の「天主」は約3年間、次期天皇への即位は間違いなしと目された誠仁(さねひと)親王が、使っていたか、もしくは居住していた!!?天主(立体的御殿)だという可能性が出て来て、これは天守の歴史を語るうえでコペルニクス的な大事件になります。

よもや、よもや、と思いつつ、この件を確認しようとしますと、思いのほか、この件について明確に説明した本は少なく、かろうじて金子拓先生が(前々々回記事の「五畿内説」を強く主張されている先生ですが)最近作『織田信長権力論』に掲載の略年譜やその解説文で、誠仁親王は弘治3年に「御方御所」に入居して以降は、天正7年に信長から「二条御新造」を献上されるまで、その他の御所に移ったことを示すような文献は見当たらない、としています。




ということは、綿密な史料批判で知られる金子先生ですから、この略年譜に間違いは無いとしますと、どういうことになるかと言えば、「旧二条城」は信長に攻められ炎上もした後は、おそらく御殿などが破却されて、誠仁親王はもちろん誰もそこを御所として使えた状態ではなく、その後の安土築城や「二条御新造」造営が始まるまでの約3年間は、天主や門、庭だけが寂しく残り、石垣の石が人々に略奪されるままに放置…もしくはある種の維持がなされていた、ということなのでしょう。


一説には信長自身が使った、との話もあるようですが、その年以降も毎年、信長は京の都では妙覚寺や知恩院、相国寺などに「寄宿」した記録がちゃんとありますから、とても「旧二条城」を修繕して使ったようには思えません。

となると、これもまた「3年間も放置された信長の天主があった」!!というコペルニクス的な事件になりそうで、いったいぜんたい「旧二条城天主」はどうなってしまったのか? という疑問が大きくふくらんで来るのです。


そこで、信長の意図をつかむため、ためしに永禄11年の上洛以降、信長は京の都でどこを「宿所」にしていたのか、非常にざっくりとした年譜にまとめてみますと、それだけで、ちょっと異様な感のある傾向が(信長の本意か、結果論なのか分かりませんが)透けて見えるようです。






という風に、結局、織田信長が「本能寺で死んだ」ということは、ほぼすべての日本人が知っているような事柄ですが、では何故、信長は天下人とされた晩年に至っても、京の都ではほぼ一貫して寺院に「寄宿」し続け、そこで落命する、などという結末を(あえて)迎えてしまったのか? という疑問が当然のごとくあるわけで、そこを信長本人はどういうつもりでいたのか、という動機や原因については、まだ良く解明されていないのではないでしょうか。…

信長が洛中に強固な「城」を築かなかったことは、義昭や朝廷からもそれを心配する声が出たと『信長公記』にありますし、これは「城郭論」のテーマとしても、かなり重要な問題を含んでいると思われ、例えば、西ヶ谷恭弘先生がかつて指摘された「吉田山築城計画」(『城郭史研究』19号)などが頓挫(とんざ)していなければ、本能寺の変は起きたかどうかも分からない感があります。


ちなみに上記の年譜に登場する寺は、位置も宗派もバラバラであり、あえて共通点を探すと、最初の清水寺をのぞけば、下京・上京の町組からほんの一歩外れた位置にあった寺を、好んで選んだかのように見えます。

で、そうした寺に「寄宿」しながら、足利義昭との暗闘を続け、浅井・朝倉や石山本願寺など各方面の敵と戦い続けた信長は、その間に造営した「二条御新造」をわずかな日数を使っただけで誠仁親王に献上し、再び寺院での「寄宿」に戻っていたわけです。


この「慎ましやかさ」と言うのか、何なのか分からない信長の習癖(ある種の信条か政策か)は、いったい何に起因したものだったのでしょう。??

余談ながら、ひょっとすると、明智光秀はそういった信長の習癖が「弱点」になりうることに早くから気づいていて、虎視眈々(こしたんたん)と“チャンス”を待っていたようにさえ思えてしまうのです。



以前のブログ記事でお見せした「織田信長の天守」

天正10年「本能寺の変」の時点で、可能性のある天守を積極的に挙げてみた――



(※「内陸部」「海寄り」「海辺・湖畔」の定義は2011年度リポートと同様)


さて、それではここで、前述の旧二条城天主の「3年間も放置された信長の天主があった」コペルニクス的な事件を改めて考えますと、ご覧の図はやや時期が違うものの、旧二条城が陥落した天正元年の時点では、もうすでに信長の天主は、畿内を中心にある程度の数があげられていた可能性があるのでしょう。

当サイトは「天守は天下布武の革命記念碑(維新碑)説」という仮説を申し上げておりますが、その立場から、洛中に「3年間も放置された信長の天主があった」原因を想像しますと、それは、いったん京の都に掲げた「記念碑」や「旗印」を、そう簡単に降ろすわけにはいかなかったからだ――― という風に想像できるのですが、どうでしょうか。


そうした考え方が許されるのなら、解体されて安土へ運ばれた「旧二条城天主」は、まず間違いなく「安土城天主」の建造に使われたに違いない、と申し上げることも出来そうですし、したがって「旧二条城天主」という存在には、もっと注意を向けるべきだったのかもしれません。

そしてその先をさらに申すなら、安土城じたいの成り立ちについても、例えば、おなじみの小牧山城(=南側に大手道のある城)と岐阜城(=西向きの山城)と、話題の旧二条城(=大型の天主がある、行幸を前提にした城)という三つの城が合わさって、言わば三位一体の“合体形”として、安土城は構想されたのでは… といった勝手気ままな夢想も出来るのかもしれません。







作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。



2016年05月10日(Tue)▲ページの先頭へ
城の再発見!続々・信長の「天下」――安土城天主は天皇の行幸殿の上にそびえ立ち、見おろしていた、とする見方の多大な影響






安土城天主は天皇の行幸殿の上にそびえ立ち、見おろしていた、とする見方の多大な影響


前々回から、織田信長が意図したはずの「天下」の語義について申し上げて来ましたが、結局のところ、私なんぞには「天下布武」の「天下」の中に足利将軍の居場所は殆ど無かったように思われますし、また信長が使った「天下」の中に領域的な「五畿内」という意味が含まれていても、それはまず「天皇」が千年にわたり遷座を行なった都の地、としての畿内であったのだろうと感じられてなりません。




ですが、そうなりますと、一点だけ、気がかりな問題がありまして、それは10年以上前に、滋賀県が行なった安土城の発掘調査から、伝本丸にあった建物は「慶長年間に改修された京都御所内の天皇の日常の住まいであった清涼殿と酷似」していて、それこそ伝承の行幸殿「御幸の御間」である、という驚きの調査結果が出て、論議を巻き起こした一件です。


いまや懐かしい、調査結果を紹介した本の一例 /『図説 安土城を掘る』2004年より

安土城天主は足元の行幸殿を見おろしていた?(同書の平面図をもとに作成)


ご承知のとおり、この一件は、調査結果が出た後に三浦正幸先生や川本重雄先生から「発掘された遺構を清涼殿に見立てるのは恣意的で無理がある」という主旨の(古建築の分野からの)反論があり、その後の論議の中でしだいに勢いを失った経緯があります。


ただ、この時期に、多くの論述やメディアにおいては <信長の居所であった安土城天主は、行幸殿の上にそびえ立ち、天皇を見おろす形になっていた> というニュアンスの言われ方が度々なされました。

―――その物理的な分かり易さもあってか、例えば「天皇を従える信長」(小島道裕『信長とは何か』)「神仏や朝廷(行幸後)よりも上位にある信長のイメージを焼き付けることが可能であった」(藤田達生『信長革命』)「いわゆる天下布武の中での、彼なりの物の示し方というのか、権力の具現化、示し方だったのではないか」(木戸雅寿ほか『信長の城・秀吉の城』)という風に、二つの建物の上下の位置関係が、信長の人物像にまで多大な影響を与えてしまったようです。


結局、「御幸の御間」の具体的な位置や姿かたちは判らずじまいですが、いずれにしても狭い主郭の中のことですから、それが天主近くの“足元”にあったことは事実でしょうし、そんな行幸殿と天主の関係は、見るからに「天皇を従える信長」のようでもあったのでしょう。


しかし一方では、その天主の内部に描かれた障壁画は「安土城最上層の、三皇五帝をはじめとする、神話時代の聖天子や、孔子および孔門十哲の図など、ぼくのいうチャイニーズ・ロアの図像は、内裏の賢聖障子(けんじょうのしょうじ)にそのままつながるものを持っている」…「安土城というのは平安の内裏の復活だったのではないか」(大西廣・太田昌子『朝日百科 安土城の中の「天下」』)といった見方もありました。

となると、安土城天主に紫宸殿の「賢聖障子」を連想させる絵があったのなら、もし安土に行幸があった場合は、そのまま天主への登閣があれば、天皇は自身の目でそういう“見慣れた絵”?を目撃することになっていたわけで、そのあたりの計算を信長の方はどういう風に心づもりしていたのでしょう。??


ということで、果たして信長の天主は、天皇を威圧的に見おろす建物だったのか否か… そんな問いの答えをさぐるためには、別の「行幸」を前提として京の都にそびえた“ある天主”が大いに参考になるのかもしれません。



徳川の二条城の行幸殿に入った後水尾天皇は、ご覧のような角度で天守を見上げたはず


(歴史群像 名城シリーズ11『二条城』1996年より)


寛永3年、徳川幕府が大改築した二条城に、かねてから幕府との確執があった後水尾天皇が行幸を行いました。その時、城内に建てられた行幸殿と天守との位置関係を、まずは安土城との比較で確認しておきたいと思います。


中井家蔵『二條御城中絵図』

絵図の上に安土城の平面図(ブルー)をほぼ同縮尺にしてダブらせると…


ご覧のとおり、安土城の天主と伝本丸との距離は、二条城の天守と行幸御殿との距離の三分の一くらいであり、かなり近い関係に見えるものの、これは安土山頂の狭い土地におさめなければならなかった事情もありそうで、その一方では、安土城も二条城も、方角的には似たような位置関係(→行幸殿が天主の東南東?)にあったとも見えます。

ちなみに二条城の天守も、内部は金碧障壁画で飾られていて、おそらく徳川の天守の中で一二を争う華美な造りだったのでしょうが、ここに後水尾天皇は五日間の滞在中に二度も登って眺望を楽しんだそうで、そうした経緯は、この天守が天皇自身の登頂を大前提として建てられたことを物語っているのでしょう。




<そもそも「行幸」を得るための築城、という発想はどこから??>




行幸と城… と言いますと、私なんぞは聚楽第行幸をまず思い浮かべますが、それまでに行なわれた武家の邸宅への行幸としては、足利義満の有名な「花の御所」や北山第への行幸がよく知られています。

しかしそれらは足利将軍の「御所」と言うべき邸宅ばかりで、「城」となると例が無かったようで、例えば歴代の足利将軍邸の中で初めて「城」と呼ばれたのが足利義輝の二条御所(武衛陣の御構え)だそうですが、それは完成の前に三好義継や松永久秀に攻め込まれて、義輝自身が落命のうきめに会ってしまいました。

そして義輝の死後、すっかり廃墟になった二条御所を大きく拡張して出来上がったのが、織田信長が足利義昭のために築いた、いわゆる「旧二条城」でした。


実に興味深い、織田信長(足利義昭)の「旧二条城」のあり方



ご覧の「旧二条城」と言えば、宣教師の記録に築城時の有名なエピソードがあり、その規模はかなりのものであったにも関わらず、色々な呼び方がなされて名称が一つに定まらないという不思議な城でしたが、この図は主に高橋康夫先生の論考を参照しながら、京都におけるその他の時代の御所や城の位置をまとめて表示してみたものです。


で、このようにしてまずお解りのとおり、足利将軍の幕府が「室町幕府」と呼ばれるのは、花の御所が室町通りに面した今出川付近(室町)にあったためですが、上記の義輝の二条御所や、信長(義昭)の「旧二条城」もまた、このように室町通りに面した形で築かれたそうで、それは義輝や義昭の足利将軍としての体面に配慮した形だと申し上げていいのでしょう。

なにしろ「旧二条城」の建設は、西側の(室町通りの側の)石垣を積む工事から始まったことが象徴的ですし、その結果、「大手門というべき西門櫓が中心街路である室町通りに面していた」(高橋康夫ほか『豊臣秀吉と京都』)そうですから、この城の性格がよく分かろうというものです。


そして徳川の二条城とまったく同様に、この「旧二条城」にも南西の隅に(三重の)「天主」があったことが確実視されています。

で、その位置は城の全体の(つまり二ノ丸の)南西の隅であったように解説した本もありますが、当ブログの図では、地下鉄工事で判明した「内堀」で分けられた本丸と二ノ丸は、高橋説の範囲に築かれた輪郭式の構造とあえて解釈し、その本丸の南西隅に★印をつけてみました。

こうしてみますと「旧二条城」というのは、城の立地は、かつての花の御所を踏襲した室町通り沿いの南北に細長い城でありながら、輪郭式の構造や天主の位置を見れば、まるで徳川の二条城(→しかも行幸のための寛永修築後の姿)にそっくりだという、たいへんに興味深い城であった可能性が浮き彫りになるのです。




ということであれば、「旧二條城」はこれだけの配慮を行なった上での築城だったのですから、それはもちろん、花の御所と同様に、いずれは「天皇の行幸」があることを想定していなかったはずはない!… と思われるのですが、そこには時代の変化をあらわす「天主」が新たにそびえ立ったことになります。

つまりは、築城を差配した信長も、それを使う側の義昭も、両人ともこの城に「天主」のごとき高層建築が加わることに特段の支障は感じておらず、義昭自身は「天主」で度々、公家との対面や雑談、町衆の踊りの見物などをしていたと言います。


したがって、以上の事柄を総合しますと、天皇の行幸が想定された城において、天主と行幸殿の位置関係というのは、ひょっとすると、織田信長が足利義昭のために築いた「旧二条城」に始まり、それが安土城、聚楽第、徳川の二条城と、脈々と踏襲された“形式”のようなものが存在していたのかもしれない、と思えて来るのです。

ですから、そんな中で安土城天主だけが、取り立てて行幸殿の上にそびえ立ち、見おろしていた、という見方はやや唐突な感じがしますし、少なくとも武家の側で <天守をあげること> と <そこから行幸殿を見おろしてやる>といった意識が直結したことは、まずは無かったのではないか、と感じるのですが、いかがでしょうか。






作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。