城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2016/07

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (249)



全エントリ記事の一覧はこちら

2016年7月
         
           

新着エントリ
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)
城の再発見!「革命」は 信長→秀吉→三成 の三人で完成するはずだった? 時空を超えた<石田三成≒大久保利通>説 (9/27)
城の再発見!徳川家康の画期的な着眼か→ 四方正面(八棟造り)は平城の「求心性の自己表現」にもなる? (9/14)
城の再発見!ならば聚楽第チルドレンの筆頭・天正期の駿府城には「小天守」とともに大天守もあったのか (8/29)
城の再発見!毛利輝元らは聚楽第で天守を見ていなかった!? とすれば… 広島城天守をめぐる“ぬぐえぬ疑問” (8/15)
城の再発見!最上階にやはり白鷺(しらさぎ)の絵 → 問題の層塔型「御三階」の構造を推理する (8/2)
城の再発見!後継者・秀次の墓穴(ぼけつ)――最大の過失は、洛中に強固な「城」を築いてしまったこと?? (7/15)
城の再発見!異例の側室・摩阿(まあ)姫が住んだ「京都天主」「聚楽天主」の正体 (7/4)
城の再発見!40m四方の天守台!? →『聚楽第図屏風』には天守が描かれていないのかもしれない… (6/20)
城の再発見!驚嘆、信長の「天下」観念は今日にも通じているのか… (6/9)
城の再発見!話題の「旧二条城」と岐阜城と小牧山城の“合体形”として安土城は出来上がった? (5/25)
城の再発見!続々・信長の「天下」――安土城天主は天皇の行幸殿の上にそびえ立ち、見おろしていた、とする見方の多大な影響 (5/10)
城の再発見!続・信長の「天下」とは――せっかく築いた小牧山城と城下をなぜ4年で捨てたのか? (4/25)
城の再発見!信長の「天下」とは――いつごろまで「天下布武」印を使ったのか?という素朴な疑問から (4/11)
城の再発見!続・豊臣大坂城天守も階段群が2系統 →「2系統なのは何階までか?」で各天守を区分すると… (3/29)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (9)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)


アクセスカウンタ
今日:282
昨日:2,692
累計:1,898,093


RSS/Powered by 「のブログ

2016年07月15日(Fri)▲ページの先頭へ
城の再発見!後継者・秀次の墓穴(ぼけつ)――最大の過失は、洛中に強固な「城」を築いてしまったこと??






後継者・秀次の墓穴(ぼけつ)――最大の過失は、洛中に強固な「城」を築いてしまったこと??


もう一つの豊臣秀次像(模写/原本は16世紀の作!で、京都の地蔵院が所蔵)

で、これの顔の部分を拡大してみれば……


(※ご覧の写真はウィキペディアより引用)

ご覧の掛け軸に関しては、すでに大勢の方々が気づいていらっしゃるのでしょうが、ここには、おなじみの瑞泉寺(京都)蔵の豊臣秀次像とはかなり印象の違う、目ヂカラの弱い、『太閤記』等の“殺生関白”とは程遠い感じの、面長のヤサオトコの顔が描かれております。

ただし両あごに特徴的な髭がある点は同一人物だということを伝えているようですし、実は瑞泉寺の方の秀次像は17〜18世紀・江戸初期か江戸中期の作だそうですから、その当時、『太閤記』のイメージが普及した状態を想像しますと、どちらが本当に近かったのか、まったく分からなくなって来ます。…


近年では、有名な秀次事件の原因について、矢部健太郎先生(日本近世史)が <豊臣秀吉は秀次を高野山に追放しただけであって、そんな秀吉の意図に反して、秀次が身の潔白を証明するために自ら腹を切ってしまったのだ> という主旨の新説を打ち出して話題になりました。

で、その矢部説では、自刃した場所が秀吉の生母・大政所の菩提寺(青巌寺)であったために、秀吉は神聖な場所を汚されたという怒りに燃えて、秀次の妻子ら39人を処刑したのだろうと説明していて、その後の聚楽第の徹底的な「破却」についても、「やはり政権の意図に反した「秀次切腹」がきっかけであろう」(『関白秀次の切腹』)と説明しています。




――― では、そもそも <高野山への追放> を引き起こした最初の原因(嫌疑)は何だったのか? と言えば、やはり問題の発端は実子・秀頼の誕生のようで、矢部説においても、当時二歳の秀頼への「権限委譲」を秀吉の命のあるうちにいかに行なうかが急務となり、「何らかの口実をもって秀次を詰問し、聚楽第を退去させてどこかへ隠遁(いんとん)させるというのが、政権主体の青写真であった」(上記著書)という風に、秀吉側の陰謀が根底にあったとしています。

そのように、実際の秀次自身は『太閤記』等にある“謀反人”ではなかったし、ましてや残忍な“殺生関白”でもなく、石田三成による讒言(ざんげん)説も怪しい、というのが、おなじみの小和田哲男先生など現在の研究者のほぼ一致した見方のようで、そうした中にあって、謀反の嫌疑に <潔白> だから自刃したのだ、という矢部説の新味さは、この度の探査結果とも、妙な符合を見せているのです。…



聚楽第の外堀→ これは「城」としては <未完の状態> と見るべきか?

とりわけ、南東側の浅い凹みは「今まさに外掘を掘っている途中」だったのか…



(※ご覧の図は京都新聞「聚楽第に未発見の外堀 京大、表面波探査で判明」の掲載図を引用)


で、ここへ来て、城郭研究の先生方の“出番”が来ていると思えてならないのですが、この度の地中探査(表面波探査)で外堀の様子がよりはっきりと見えて来たことは、秀次事件の真相の解明にも大きく寄与するのではないでしょうか。

その場合、とりわけ注意が必要なのは、探査チームの発表による「聚楽第は単なる邸宅ではなく、本格的な城としての性格が強いことを裏付ける発見」だとのニュース報道のうち、「本格的な城」という言い方でしょう。

と申しますのは、一見、外堀の状態から「本格的な城」と見えても、これをもって秀次の側に「やはり謀反の意図はあった!? 」などと考えてはいけないということでして、むしろ逆の視点から、外堀の状態は「潔白だから自刃した」秀次にとって貴重な“身のあかし”とも言えそうだからです。


もう一度、外堀の配置をよく見れば、南面(=伏見城の側)の工事が後回しになっている…



今回の探査では、ご覧のとおり南面(=伏見城の側)の外堀が後回し! になっていたことが如実に分かり、…ということは、これらの工事が、南からの差し迫った攻撃にそなえた「防御」のつもりではなかったことを、“物的に”証明していると感じられてならないのですが、どうでしょうか。

となれば、この外堀工事は、ただ、ただ、「関白の城」としての体裁を整えるため、といった意図しか無かったのではないか、という風にも想像できますし、秀次ら主従は、それが政治的にどれほど危険な行為になるのか、あまり深く考えずに工事を始めたところ、その情報が秀次の失脚をねらう者らに利用され、工事が進むにつれて“秀次謀反”の嫌疑が(秀吉の間近でも)急速にふくれあがった… という可能性は無かったのかと。


――― かく申し上げますのは、当ブログの先々月からの記事で、かの織田信長が、京の都ではほぼ一貫して寺院に「寄宿」し続けたのは何故か? という疑問や、二重(もしくは三重?)の堀で囲まれた「旧二条城」の足利義昭が、やがて信長への反旗をかかげるに至ったこと、などを申し上げたばかりだからでして、天皇や朝廷に近い洛中において、強固な「城」を築くことの意味合い(危うさ)というのは、本来なら、あらゆる武家が警戒したはずでしょうし、それが常識的な感覚だったのではないでしょうか。

それは関白政権をスタートさせた秀吉であっても、完全な城構えの聚楽第を、わざわざ「第(てい/やしき)」と呼ばせたり、堀を「一重」にとどめたりしたのは、そうした配慮が加わってのことと思えてなりません。

そういう感覚を、なぜ秀次らは持ち合わせていなかったのか、という点は不思議でなりませんが、もし仮に、外堀の工事が秀吉軍の来襲にそなえたものだとしたら、当時は文禄の役の休戦時で、西の諸大名も朝鮮半島から戻っていましたから、秀次ら主従は、彼らとも対峙する籠城戦を(→当然、天皇を擁する「官軍」として!? )闘いぬけると踏んだことになってしまいます。…




そんなはずは無いだろう、と思う以上に、まずもって「洛中の強固な城」という、政治的にきわめて危険な存在に化ける城郭の中に、関白職に執着した秀次が住んでいて、着々と堀の普請を進めているという状況が、都の外からどんな風に受け止められたかと思えば、秀次の「うかつさ」が目についてしまいます。

ですから、事件後に秀吉が聚楽第を「徹底的に破却」したのは、矢部説の言う“秀次が憎かったから”というよりも、洛中にこんな「城」を残しておくことへの恐怖心が上回っていたのでは? と想像するのです。



洛中洛外図屏風(勝興寺蔵)に描かれた徳川の二条城


のちに徳川家康が築いた二条城も、当初は狭い堀が一重しかなく、そうした点について家康本人が “これなら敵に城を奪われても、すぐに奪回できるから好都合だ” などと、一瞬、不可解とも感じられる言葉を発したと伝わっていますが、これなども、もしも秀次謀反の嫌疑の発端が聚楽第の「外堀」にあって、そんな洛中の城の「宿命」を語った言葉なのだとすれば、当時の人々は「なるほど…」と納得したのかもしれません。

以上のように、秀次は「潔白だから自刃した」という矢部説と、今回の地中探査の結果をつき合わせてみますと、厳密に言えば「妻子ら39人の処刑」と「聚楽第の破却」は直接の原因が異なる二つの事件であり、この二つは、切り分けて考える必要があるように思えて来るのです。




【前回記事の訂正/「京都天主」は妙顕寺城の天守かもしれない】

さて、最後に前回記事の訂正を少々させていただきたいのですが、摩阿姫をめぐる『兼見卿記』の記録のうち、天正14年正月16日条の「京都天主」というのは、同年の『御湯殿上日記』にも摩阿姫を「関白京の天守の女房」と呼んだ部分がありまして、当時の豊臣秀吉の洛中の城としては、いわゆる「妙顕寺城」しか該当する城がないため、ひょっとすると、摩阿姫は妙顕寺城の天守にも住んでいたのかもしれません。

この点、取り急ぎ訂正しつつ、この件については、摩阿姫の居場所の矛盾点を整理したうえで、改めて申し上げてみたく存じます。




作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。



2016年07月04日(Mon)▲ページの先頭へ
城の再発見!異例の側室・摩阿(まあ)姫が住んだ「京都天主」「聚楽天主」の正体






異例の側室・摩阿(まあ)姫が住んだ「京都天主」「聚楽天主」の正体





前回の記事で申し上げた聚楽第天守をめぐる推論(暴論?)は、先ごろ発表された地中探査の結果にもとづき、40m四方もの広さの天守台を備えていたのなら、それはきっと層塔型の天守であり、有名な『聚楽第図屏風』にはまだその“天守台”しか描かれていないのではないか… という思い切った仮説でした。


広島市立図書館ウェブギャラリー『諸国古城之図』の聚楽第より


そして、地中探査で見えた天守台の形状が “本丸の北西隅にかなり飛び出た形” であったことは、ご覧の『諸国古城之図』もまさにそのように描かれておりまして、多くの方がこの一致ぶりに驚かれたのではないでしょうか。

この絵図には、今回判明した「外堀」や「北ノ丸」などが(まだ)描かれていない点が注目を集めていて、そこから聚楽第の「城」としての変遷が色々と取りざたされており、ご覧の「北ノ丸」が無い状態は、まさに天正年間の豊臣秀吉の時代を描いたものであろうと言われます。


このような点は前回ブログの仮説(→『聚楽第図屏風』の天守は、実は、加賀少将=前田利家邸の四重櫓!? )とも合致する可能性がありますが、その一方では、この仮説は、前田利家の娘で豊臣秀吉の側室・摩阿姫(まあひめ/加賀殿)が“聚楽第天守に住んでいた”という話と矛盾するのでは?… とお感じになった方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、その話というのは、例えば摩阿姫をめぐる桑田忠親先生の著作(『桃山時代の女性』ほか)によりますと、むしろ当ブログの推論を“補強する話”でもあるようなのです。

何故なら、摩阿姫は側室といっても、初めは秀吉の養女として天正14年の春ごろ(桑田忠親説)に15才で大坂城に引き取られ、それから約4年間は養女として京都や聚楽第(天正15年に完成)で暮らしたらしく、側室になったのは天正18年になってからだと考えられるからだそうです。





(桑田忠親『桃山時代の女性』より)

この、まあ姫が、秀吉の側室とされたのは、いつかというに、神道家吉田兼見の日記である『兼見卿記』の天正十八年七月十九日の条に「前田筑州息女、十九歳、殿下へ御参也。」と見えるから、天正十八年(一五九〇)、十九歳で、前田筑前守利家の息女のまあ姫が、関白殿下秀吉の側室となったことが知られる。
(中略)
なお、『兼見卿記』の天正十八年九月十六日の条に、「前田筑州息女、天主に御座也。」と見えるから、かの女が、当時、京都の内野の聚楽第の天守閣にいたこともわかる。


ということでして、ただし桑田先生がここで例示した7月19日条の「…殿下へ御参也」というのは、いわゆる割書(本文の途中に二行で小さく書き加えた註)の部分でありまして、それよりは同年の5月16日の条に、本文でちゃんと「前田筑州息女、殿下へ御参、殿主ニ御座也、連ゞ祈念之義承之」という記述がありますから、こちらの方を取って、天正18年の5月に側室になったのだ、と解釈すべきなのでしょう。


であるなら、この時に、摩阿姫は聚楽第天守に住み始めたのか?? と申しますと、これがまことに判断に苦しむ状態でありまして、この件の情報はひとえに『兼見卿記』によるのですが、それがどういう状態になっているのか、是非ともご理解をいただきたく、そのため今回は、『兼見卿記』に摩阿姫の名が登場する箇所を(私が分かる範囲で)すべて列挙してみたいと思うのです。!!

そしてそれは、早くも、天正14年に始まっているのです…


〔※以下は『兼見卿記』第3・第4/八木書店刊行より〕

〔※ほぼ全ての箇所は、吉田兼見が摩阿姫の依頼で御祓い(おはらい)を行なった記録になる〕

〔※以下の文面の(  )内は現代の校訂者による註ですのでご注意を〕



【1】天正14年正月16日条
京都天主(前田利家女、摩阿)之御女房衆・同城介殿(織田信忠)御息(秀信)へ神供・御祓進上之、…

【2】天正14年5月16日条
関白御女房(前田利家女、摩阿)衆、正月ヨリ御祈祷之義承之間、…
殿主(前田利家女、摩阿)之御女中ヨリ美濃紙 十帖 到來了、

【3】天正15年正月15日条
相國御女房(前田利家女、摩阿)衆御在京、近年進之、御祓ニ神供、

【同年7月26日条「聚楽ニ御座」→この日、秀吉が正式に聚楽第に入った!とある】

【4】天正15年9月16日条
殿主(前田利家女、摩阿)へ御祓 二、…
… (前田)玄以殿主へ今日出頭、…

【5】天正18年正月18日、19日、20日の条
聚楽天主(利家女、前田筑州息女、十九才、摩阿)去年已來御祈祷之事承也、…
… 自天主(前田利家女、摩阿)御女房衆御乳人厄神祈念撫物、…
天主厄神之御祓、…

【6/前出】天正18年5月16日条
前田筑州息女(利家女、摩阿)、殿下へ御参、殿主ニ御座也、連ゞ祈念之義承之、

【7】天正18年7月14日条
天主(前田利家女、摩阿)ヨリ五月御祈祷料請取之、直ニ塗師屋へ相渡候、使 左介、(前田)玄以之天主ニ御座候かミさま也、前田筑州女房(利家室、篠原氏)衆へ角豆一折遣之、同天主へ一折進之、筑州息女也、…

【8/前出】天正18年7月19日条
… 自天主御乳人 前田筑州息女、十九才、殿下(秀吉)へ御参也、給御棰、…

【9/前出】天正18年9月16日条
天主(前田利家女、摩阿)へ、御祓、台所人取次、二十疋、…
前田筑州息女(利家女、摩阿)天主ニ御座也、御祓・一折進上之、…

【10】天正18年11月20日条
天主(前田利家女、摩阿)、前田息女、殿下へ祗候也、…

【11】天正19年正月14日条
天主(前田利家女、摩阿)、前田筑州息女、殿下祗候之、御乳人也、…

【12】天正19年5月18日条
関白御内義 天主(前田利家女、摩阿)、大津(近江滋賀郡)ニ御座也、…



!!―― という風に、吉田兼見は【1】や【2】では、聚楽第が完成する一年半も前から、摩阿姫を「京都天主」様とか「殿主」様と呼んだ形になっていて、しかもそのあとの【3】の「御在京」という記述を踏まえれば、まだ摩阿姫が京都にも来ていない段階から【2】では「関白御女房」と呼んでしまっている形なのです。


……これはいったいどういうことかと邪推しますと、ひょっとすると『兼見卿記』という文献は、世に出る過程のなかで、吉田兼見みずからが(もしくは後に写本を書き写した人物が)摩阿姫らの呼称について“ある種の統一化”をはかり、時系列をさかのぼって“書き改めた”疑いもあるのではないでしょうか。??

その辺りのことは、なかなか門外漢の私には分かりづらい領域ですが、一見して「京都天主」「殿主」「聚楽天主」「天主」という風に、摩阿姫は聚楽第天守に住んだ側室だというレッテル(キャラクター付け)が一貫しておりまして、しかしそれは逆を申せば、では本当に聚楽第天守に住んだのは、いつなのか? については、とても断定できない、という状況を生んでいるのです。


――― という状態にあるわけですが、上記の列挙を総合して勘案しますと、やはり前述の、天正18年5月の「前田筑州息女(利家女、摩阿)、殿下へ御参、殿主ニ御座也」という本文の記述はかなり確実なもののように感じられますし、この時に、摩阿姫は秀吉の側室になり、同時に聚楽第天守に住み始めたのだ、と考えるのが妥当なのではないでしょうか。


とすれば、まさにこの直前(翌年には秀吉は聚楽第を豊臣秀次に与える)までは、本丸の「40m四方の天守台」の上に天守は存在せず、この頃から層塔型の「御三階」が建造されたのではなかろうか… という当ブログの推論とも、時期的にはかなり“合致”することになります。



そしてここが、聚楽第の天守台の痕跡の真上!!(裏門通りを北側から見る)



ですから摩阿姫は、前回ブログの仮説のとおりならば、約1年半という短い期間ですが、新築の層塔型「御三階」に住んだことになりそうなのです。…

で実は、このあたりから、摩阿姫自身は病がちの身になったそうで、【12】天正19年5月の「大津ニ御座也」とあるように、まもなく聚楽第の天守や本丸を出て、有馬の湯治場や実家の前田邸で過ごすことになったのだそうです。

あの有名な醍醐の花見も、摩阿姫は言わば“序列五位”の女性として参加したものの、それは伏見の前田邸から出掛けた形だったといいます。


ではありますが…、摩阿姫はかの豪姫(=秀吉に、男ならば後継者だと言わせた姫君)の姉にあたる女性ですから、どうも私なんぞは、本当に病気がちだったのか、それとも前田利家の後ろ盾で“仮病”を使い始めたのか(→ なんと摩阿姫は秀吉の最晩年に側室を辞したうえ、秀吉の許可を得て再婚し、一子・前田利忠を産んだ!!そうですから)よく分かりませんが、どちらにしても、摩阿姫は慶長10年に34才で死んでいて、人生の主要な期間を、秀吉の養女や側室として費やしたことに違いはないのでしょう。

――― という風に見て来ますと、問題の、聚楽第本丸の北西隅に“飛び出た形”の天守台というのは、ひょっとすると、当初のねらいは、大事な姫がどこかに行ってしまわないように、ちゃんと、しまっておくためだったのか… などと妙な連想も頭に浮かんでしまうのですが。







作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。