城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2017/04

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (249)



全エントリ記事の一覧はこちら

2017年4月
           
26 27 28 29
30            

新着エントリ
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)
城の再発見!「革命」は 信長→秀吉→三成 の三人で完成するはずだった? 時空を超えた<石田三成≒大久保利通>説 (9/27)
城の再発見!徳川家康の画期的な着眼か→ 四方正面(八棟造り)は平城の「求心性の自己表現」にもなる? (9/14)
城の再発見!ならば聚楽第チルドレンの筆頭・天正期の駿府城には「小天守」とともに大天守もあったのか (8/29)
城の再発見!毛利輝元らは聚楽第で天守を見ていなかった!? とすれば… 広島城天守をめぐる“ぬぐえぬ疑問” (8/15)
城の再発見!最上階にやはり白鷺(しらさぎ)の絵 → 問題の層塔型「御三階」の構造を推理する (8/2)
城の再発見!後継者・秀次の墓穴(ぼけつ)――最大の過失は、洛中に強固な「城」を築いてしまったこと?? (7/15)
城の再発見!異例の側室・摩阿(まあ)姫が住んだ「京都天主」「聚楽天主」の正体 (7/4)
城の再発見!40m四方の天守台!? →『聚楽第図屏風』には天守が描かれていないのかもしれない… (6/20)
城の再発見!驚嘆、信長の「天下」観念は今日にも通じているのか… (6/9)
城の再発見!話題の「旧二条城」と岐阜城と小牧山城の“合体形”として安土城は出来上がった? (5/25)
城の再発見!続々・信長の「天下」――安土城天主は天皇の行幸殿の上にそびえ立ち、見おろしていた、とする見方の多大な影響 (5/10)
城の再発見!続・信長の「天下」とは――せっかく築いた小牧山城と城下をなぜ4年で捨てたのか? (4/25)
城の再発見!信長の「天下」とは――いつごろまで「天下布武」印を使ったのか?という素朴な疑問から (4/11)
城の再発見!続・豊臣大坂城天守も階段群が2系統 →「2系統なのは何階までか?」で各天守を区分すると… (3/29)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (9)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)


アクセスカウンタ
今日:284
昨日:2,692
累計:1,898,095


RSS/Powered by 「のブログ

2017年04月22日(Sat)▲ページの先頭へ
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。





「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、

 死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。





以前の当ブログ記事でも申し上げたとおり、現存する織田信長の「天下布武」朱印状のうち、いちばん最後のものは、下記の天正10年5月7日付け(奥野高廣著『織田信長文書の研究』より)だそうで、その一ヵ月後にはもう本能寺の変が起きるという時期に、四国攻めに向かう三男・神戸信孝に宛てた書状でした。


【神戸信孝宛朱印状】

  就今度至四国差下条々、
一、讃岐国之儀、一円其方可申付事、
一、阿波国之儀、一円三好山城守(=康長)可申付事、
一、其外両国之儀、信長至淡州出馬之刻、可申出之事、

右条々、聊無相違相守之、国人等相糺忠否、可立置之輩者立置之、可追却之族者追却之、政道以下堅可申付之、万端対山城守、成君臣・父母之思、可馳走事、可為忠節候、能々可成其意候也、
  天正十年五月七日                (朱印=天下布武印)
     三七郎(=神戸信孝)殿



という風に、信長は死ぬまぎわまで「天下布武」印を使い続けたわけでして、しかもこれから四国を攻め取ろうというこの書状にまで、神田千里先生や金子拓先生らが近年主張される「天下布武」の意味(→それは五畿内に足利将軍の治世を確立させることであり、足利義昭が将軍に就任した永禄11年に達成されたこと)のままの印判を押したというのは、やっぱり、おかしいだろ…… という素朴(そぼく)な疑問が、私なんぞは、どうにもぬぐえないことを申し上げました。


そして皆様すでにご承知のとおり、問題の「天下布武」の本当の意味については、もう一つの新説として、ある画期的な【アマチュアの指摘】がネット上をにぎわせております。

――― すなわち「天下布武」とは、『礼記』の皇宮を歩く時のマナー用語「堂上接武,堂下布武」の「堂下布武」をもじったものであり、この「武」には軍事的な意味合いはまるで無く、「歩く」と同義語であるため、その結果、信長がねらった「天下布武」を意訳すれば、<天皇や神仏等の既成の権威に捕らわれず、天意に沿ってわが道を普通に歩く> または <天下を闊歩(かっぽ)する> という意味になる、との驚くべき新説です。


とりわけこの新説は、二つのサイト(「平成談林」様と「Dagaya Blog」様)がほぼ同時期に言い出したところが面白く、しかも、かつて立花京子先生が「天下布武」を解釈した際の「武を布(し)く」という読み方に対して、そのような読み方は中国の古典には存在せず(!…)、言わば“和製漢語の読み方”なのだと批判している点は、まことに捨て置けない印象があります。




<言われてみれば、だれも「布武」の原典を確認してなかった?… 想定外の落とし穴>




では、諸先生方の「布武」の読み方を、ザッとふり返りますと…


(神田千里『織田信長』2014年 98頁より)

「布武」とは「武力が行きわたる」と解釈できるから、彼は「天下に武力が行きわたる」という標語を旗印にしたと考えざるを得ない。


(小島道裕『信長とは何か』2006年 38頁より)

もっとも、この時代の「天下」は、日本全国という使い方もあるが、むしろ京都を中心とする中央、畿内の意味であり、フロイスなど宣教師が用いる天下tencaの語も主にそのように用いられている。したがって、この「天下布武」の宣言も、中央を平定するという意味になるが、……


(立花京子『信長と十字架』2004年 37頁より)

まず初めに考えたことは、中国の古典に「天下に武を布き静謐と為す」というような語句があるのではないか、であった。
それをどうにかして見つけたいと願い、『論語』などをパラパラとめくってみたが、膨大な漢字の海から、そのような語句が簡単に見つけられるはずがない。

思いあまって、古典に詳しい友人の津田勇氏にこの悩みを話したら、氏はあっさりと「ありますよ」というではないか。
そして、私は、津田氏から、孔子があらわした『春秋』の注釈書である『春秋左氏伝』のことを教えていただいた。
『春秋左氏伝』の魯(ろ)の宣公帝の条に、「七徳(しちとく)の武」という語は存在した。



(朝尾直弘「天下人と京都」/『天下人の時代』2003年所収より)

信長は永禄十年(一五六七)ごろから「天下布武」の朱印をもちいていました。天下を武家の力で統一しようという戦略目標であり、スローガンでもあります。


ご覧のとおり、並みいる諸先生方の中で(かの朝尾直弘先生でさえも)「布武」の読み方について、中国の古典などに用例をあたってみた上で解説をされた先生は、おそらく一人もいらっしゃらなかったのではないか… そして先生方はもっぱら「天下」の意味(地理的な範囲)の方に100%の関心を向けてしまった、という、ちょっと恐ろしい状況が見えて来たのではないでしょうか。


もちろん「天下布武」は、臨済宗妙心寺派の大本山・妙心寺の第一座もつとめた禅僧・沢彦宗恩(たくげん そうおん)が、信長の「我天下をも治めん時は朱印可入候」との願いに応えて「布武天下」という印文の案を示したところ、それを信長が「天下布武」とひっくり返した(『政秀寺古記』)と伝わるものです。

ですから、沢彦の知識が反映されたはずの「布武天下」に対して、「堂下布武」を連想した信長のシャレっ気が加えられて出来たのか、もしくは、ひょっとするとその時、沢彦の側から「堂上接武,堂下布武」の話が冗談まじりに伝えられたのか!??… そんな話を“面白い”と感じた信長の表情が、アリアリと、私の頭の中にふくらんで来て仕方がないのです。




で、かくのごとき新説が飛び出した背景には、パワフルな「検索」機能を使ってネット民が専門家の問題点をあぶりだした、2020東京オリンピックの「エンブレム騒動」を思わせる面もありそうなのです。…


(サイト「平成談林」様より引用)

自分は仏典と中国古典を徹底して調べようと、そのデータベースをチェックした。すると唖然としたほど意外に、簡単にその語源にたどり着けたのだった。

宋本廣韻:で「武」を調べると色々な例があるが、曲禮曰 堂上接武 と出ている。「天下布武」の語源となった、「堂下布武」は禮記(らいき)上の28にある。

(中略)
念のため、「武を布く」という言葉自体が中国の他の古典には在るのだろうか。結論としては 否である。諸子百家・雑家のどの書にも、全くその意味で使われた言葉は無いのだ。


(サイト「Dagaya Blog」様より引用)

布武とは「大股に歩く」の意であることが分かる。兵の行軍のように大股で歩くさまから「武」の文字を用いるらしいが意味するところは軍事とは全く無関係である。

さて、これをかの有名な「天下布武」に適用すれば「天下を大股に歩く」、意訳して「天下を闊歩する」と解することができる。



かくして「天下布武」とは「天意に沿って我が道を歩む」との意味であったのならば、そんな印判を、信長が死ぬまぎわまで使い続けたことに、私なんぞは思わず(心の中で)拍手を送ってしまうのです。

そして私の最大の驚きは、「天下布武」にもこんな“シャレっ気”が込められていたのか、という点でありまして、思えば、自らの旗印に「永楽通宝」なんかを堂々と掲げた人ですし、自らを「第六天魔王」などと呼び、大事な跡継ぎの子らにも奇妙キテレツな命名をしたことを踏まえますと、自らの印判に“そんなことを”したとしても、何ら不思議ではなかったのかもしれません。




さて、以上のごとく、今回は【アマチュアの指摘】が「天下布武」に新たな光をあてた意義についてお話してみましたが、次回は、話題の【プロの著書】を通して「天下布武」をさぐってみたいと思うのです。






作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。



2017年04月10日(Mon)▲ページの先頭へ
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から





中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から





天皇を迎えに御所へと向かう関白の牛車(『御所参内・聚楽第行幸図屏風』より)

前回まで三たび「聚楽第」の話題を続けてしまい、その中では故・足利健亮先生の「外郭」ラインに説得力が感じられ、そこに当てはめた『諸国古城之図』の「せまい本丸」が豊臣秀吉の築城時の本丸かもしれず、その後に二代目の豊臣秀次が、京大防災研究所が探査した「外掘」と一連のものとして、南北に縦長の本丸(内堀)を築き直したのではなかったか… などという勝手な推測を申し上げました。

これ以上、ここで勝手なことを申すつもりはありませんが、豊臣家による聚楽第の盛事というのは、いわゆる貴種の生まれでない織豊大名らが、戦国の世の勝ち抜きレースに勝った“祝祭”であったことは間違いないでしょうし、その一回目の聚楽第行幸は天正16年(1588年)の4月14日に始まりました。


映画「七人の侍」1954年公開より


で、突然ですが、日本映画の最高峰とも言われた「七人の侍」は、ご覧の菊千代の偽(にせ)系図をめぐるシーンから、この映画が<天正14年>を舞台にしていたことが分かります。

―――天正14年と言えば、秀吉が小牧長久手で戦った徳川家康をようやく臣従させ、翌年の九州遠征に向けて準備を進めていた頃であり、全国規模での勝ち組・負け組が決しようという状況が、映画の時代設定として選ばれたのでしょう。


映画はご存じのとおり、主家の滅亡で牢人となった初老の島田勘兵衛をはじめ、仕官や恩賞にもならず、ただ白い飯が腹いっぱい食える、という条件だけで六人(菊千代を入れて七人)の牢人たちが村人に雇われ、山奥の村を野武士から守るべく臨時の防備をほどこして戦い、一人また一人と死んでいく姿を描きました。

現在では私たち城郭ファンは「村の城」や島原の乱で籠城した牢人たちの存在をよく知っているわけですが、黒澤明監督がこの映画を準備していた当時は、こんな話は夢のような“ありえない”歴史的現象として監督や脚本家の目にうつったそうで、思わずこのネタ(設定)に飛びついたと言います。


時代の負け組として行き場を無くしたサムライが、おのれの技量に熱中できる場を与えられれば、そこが山奥の人知れぬ農村であっても、命がけでのめり込んでいくという「七人の侍」の特異な人物設定には、日本人として妙な説得力を感じてしまいます。

かく申し上げる私は、我が国の歴史上にサムライの価値観や行動規範があったからこそ、日本が日本たりえたのだと確信している一人でもあります。




その一方で、かの中国大陸には「兵」が蔑視(べっし)され続けた歴史がある、という興味深い新刊本を読み終えたばかりでして、その本によりますと、中国の有名なコトワザ「良い鉄は釘(くぎ)にはならない、まっとうな人は兵にならない」(好鉄不打釘,好男不当兵)は、中華人民共和国の建国(1949年)の頃までは日常的によく使われたそうです。…


澁谷由理『<軍>の中国史』2017年



全体を読み終えた感想としましては、出版社からの執筆依頼の意図(→ご覧の帯のキャッチフレーズ)のせいか、昨今の南シナ海の問題など、中国共産党の「私兵」である人民解放軍について、北京政府が完全にコントロールしきれない状態の“言い訳さがし”を、歴史的にふり返ったようにも見えてしまう点が、やや損なところのある本だなと感じました。


ですが、それにもまして、著者の澁谷由理(しぶたに ゆり)先生が指摘された、中国の歴代王朝は正規の「国軍」を編成し切れなかった歴史の繰り返しであり、そこでは常に「軍閥(ぐんばつ)」のごとき私兵集団が皇帝の直属軍を補完する立場にあって、時に犯罪者や流民・生活困窮者の収容先としての「軍」も機能していて、そんな素性の悪さから「まっとうな人は兵にならない」というコトワザが社会に定着していた、との論述は印象的でした。


(澁谷由理『<軍>の中国史』より引用)

儒学でもっとも重要なのは、家族の結合を基礎においた社会秩序の維持と、それを尊重する為政者の「仁徳」である。家族とは、生計と先祖祭祀を一にする共同体であるから、その永続こそが為政者に課せられた最大の義務である。
(中略)
収穫物をねらう外敵の侵入と農耕地の防衛は、つねにさけられない問題であり、じゅうぶんに安全を確保するためには兵力を増強しつづけるしかない。

兵力増強のためには、兵役従事期間をながくしなければならず、そうすると農地は十全には維持できない――王朝が農耕民からの徴兵にこだわりつづけるかぎり、解決策のない問題のようにおもわれる。

ところが皮肉なことにこの問題は、王朝(ないしは皇帝)が、最終責任を負わなければ解決するのである。つまり、王朝(皇帝)直属の兵にこだわらなければよい。…



ということで、農耕民を兵役につかせる「兵農一致」は古代の前漢時代に早くもほころび、その後は国防を「豪民」など様々な私兵集団に補完させる政治が繰り返されたそうで、そんな中では、かの曹操(そうそう)が、画期的でありながらも皮肉な結果をまねく政策を打ち出したようです。




(『<軍>の中国史』より引用)

「兵農一致」を維持しようとすれば財政破綻の危機があり、それを回避するために皇帝直属軍を削減すれば内乱をふせぎえないという、古代中国におけるジレンマは、かの『三国志』で有名な、曹操(一五五〜二二〇)のとった「兵農分離」政策により、出口を見いだすことになる。
(中略)
曹操は自軍を安定させるために、兵士とその家族を「兵戸(へいこ)」として、一般民(「編戸」)とは別のあつかいにした(独身の兵士にはむりやり妻帯させてまで「兵戸」をつくった)。

彼らに生活保障をあたえ徴税を免除するかわりに、永代(父子ないしは兄弟間でかならず欠員をうめる)の兵役義務を課し、兵士が逃亡した場合、あるいは反乱をおこしたさいには家族全体に重罰をくだすことにした。

(中略)
しかし特別な待遇をあたえられた「兵戸」も、けっして特権層にはなっていかなかった。一般人とは戸籍が区別され、生まれながらに家族もふくめて戦闘要員として拘束され、農耕定住民になれないかれらは、特殊な境遇ゆえにかえって蔑視(べっし)されるようになる。


という風に、曹操の政策は、兵の安定供給には役立ったものの、兵士を一般の農耕社会から遠い存在に追いやってしまったようです。

ちなみに「兵農分離」と言えば、それを日本で最初に断行したのか?していないのか? と議論の的になっているのが織田信長ですが、本日の話題から申せば、少なくとも信長の家臣団は、恐れられたとしても“蔑視された”形跡は無いようですから、日中間の「兵」をめぐる環境は(実は…)天と地ほども差があったのかもしれません。


ならば、それはいったい何故?? という疑問が、日本人としては当然、気になるわけです。


我が国も古代の律令制下では国軍を編成できたものの、土地の私的所有が進んで律令制が崩れ始めるとそれも難しくなり、やはり私兵集団の「武士」が、各地で軍事的な要求に応えて跋扈(ばっこ)し始めました。


ご承知のとおり「武士」の厳密な起源や定義については、学問的にはいまだ議論のただなかにあるようで、そんな中では、山本博文先生の「政争に平氏や源氏の武士団が私兵として使われるようになると、最初は利用したつもりだったのでしょうが、次第に武士団の軍事力が天皇や上皇の権力を圧倒するようになります」(『歴史をつかむ技法』)という解説が解りやすかった記憶があります。

すなわち、平安時代の王朝国家において、皇位の継承をめぐる「皇統」のあらそいという、日本社会ではそれを上や横から仲裁できない“雲の上の紛争”が起きてしまった時、それを軍事的に“決着させる手立て”として「武士」団(→具体的には保元の乱の平清盛ら)が日本社会にとって欠かせない立場を得たのだ、という山本先生の解説でした。


そのうえ「蔑視」云々では、ざっくばらんに言って、マニュアルどおりに軍務に従事すればいい国軍兵士と、プロフェッショナルな家業の技で敵方と闘う武士(場合によってどちらの味方にもなりうる存在)との違いだろう、という感触が私なんぞにはありまして、では、どちらが尊敬の念を得られるかと言えば、やはり武士の方が、例えば那須与一(なすのよいち)のごとき、あっぱれな武芸で、人々の共感を得やすいというアドバンテージがあったのではないでしょうか。


那須与一像(渡辺美術館蔵/ウィキペディアより)


―――であるならば、例の織田信長が掲げた「天下布武」という謎の文言のうち、「天下」の語意については近年の議論があるものの、一方の「布武」はどうなのかが気になります。

基本的に儒教の体系のなかにある『春秋左氏伝』の「七徳の武」を使って、かつて立花京子先生は「布武」を解説されましたが、本当にそういう中国流の「武」だけで「天下布武」を解釈して大丈夫なのでしょうか?

これには信長自身が「武士」社会に対してどういう態度を取っていたのか、という基本的な事柄を含めて、今回申し上げた話題のとおり、単純な中国語の引用だけで「布武」を考えますと(→日中間の「武」の違い?/「武士」はすでに天下の裁定者?) けっこう大きな間違いをおかす危険があるようにも思えて来たのです。…






作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。