城の再発見!天守が建てられた本当の理由 - 2017/09

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (265)



全エントリ記事の一覧はこちら

2017年9月
         

新着エントリ
城の再発見!続『モンタヌス日本誌』→大坂城天守の記録はまさに「駿府城天守」のことか (11/17)
城の再発見!今回は『江戸始図』の補強になるか?『モンタヌス日本誌』の挿絵は予想外に写実的 (11/5)
城の再発見!さらなる『江戸始図』の補足を。「刻印」優先論との深刻きわまりないバッティング (10/18)
城の再発見!『江戸始図』の「小天守」はどこに消え失せたのか?? (10/13)
城の再発見!家康が本当に好んだ天守の姿から問う、「江戸始図」解釈への疑問点 (9/29)
城の再発見!「京の城」の伝統的な天守の位置 →聚楽第の「北西隅」はむしろ新機軸の異端か (9/16)
城の再発見!ポルトガル海上帝国と「川の城」岐阜城 →あえて「C地区」の構造的な欠陥を疑うと… (9/1)
城の再発見!フロイスの岐阜城訪問記には金箔の「瓦」とはどこにも書いてない (8/17)
城の再発見!どうして岐阜城で「織田系」金箔瓦が発見されないか (8/3)
続々・甲府城「天守」のゆくえ →金箔付きシャチ瓦も「徳川包囲網」の目印だったのか?… (7/20)
城の再発見!続・甲府城「天守」のゆくえ →再訪の直感、天守台「穴倉」の内側も“見られること”を意識している (7/8)
城の再発見!甲府城「天守」のゆくえ →躑躅(つつじ)ヶ崎館の天守台との関係はどうなっていたのか (6/25)
城の再発見!近世城郭の「完全否定」で籠城戦に勝てたのが熊本城か (6/12)
城の再発見!これもコンクリート天守の「魔力」がなせる技か… 熊本城天守のすばやい解体と復旧 (5/29)
城の再発見!目的地は“東アジアの下克上”か?…満洲族と日本の17世紀「新興軍事政権」 (5/19)
城の再発見!肥前名護屋城の出現と「小中華意識」に没入した李氏朝鮮の無反応 (5/4)
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (25)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)


アクセスカウンタ
今日:2,961
昨日:2,766
累計:2,269,571


RSS/Powered by 「のブログ

2017年09月29日(Fri)▲ページの先頭へ
城の再発見!家康が本当に好んだ天守の姿から問う、「江戸始図」解釈への疑問点





家康が本当に好んだ天守の姿から問う、「江戸始図」解釈への疑問点


徳川家康の江戸城(慶長度)天守をめぐる最近の論調について、

最大の疑問点(反論)は、下記の赤丸部分は本当に「多聞櫓」か??という点であり、

この部分の「線の太さ」は、二ノ丸以下の線とまるで変わらないことにご注目を。



しかも…



(※以上は松江歴史館蔵『極秘諸国城図』の江戸城図=いわゆる「江戸始図」より)



ご覧の各図で、今回の記事で申し上げたい事柄は、半分以上は紹介してしまったようにも思いますが、前回の「城の形が似ている」ことで何が読み取れるか?というテーマの第二弾として、今回は徳川家康が創建した江戸城の慶長度天守を取り上げてみたく存じます。



当サイト2012年度リポートの引用画像

故・内藤昌先生の復元による慶長度天守(イラストレーション:中西立太)


松江城管理事務所(当時)蔵『極秘諸国城図』の江戸城図を、現在の地図上にかぶせた状態


これらは2012年度リポートの冒頭でご覧いただいた図ですが、作図のもとになったのは、内藤昌先生の著書『ビジュアル版 城の日本史』(1995年出版)に載っていた『極秘諸国城図』の江戸城図でありまして、それまでよく知られていた『慶長十三年江戸図』に比べると、はるかに克明に本丸や詰ノ丸(天守構え)の様子が描かれていました。




そこで内藤先生復元のイラストレーションと作図を並べてご覧いただいたわけですが、厳密に申せば、内藤先生の復元はむしろ『慶長十三年江戸図』の方に基づいていたと申し上げざるをえないようです。

それはイラストの小天守や櫓の様子から言えることでして、三基?の天守や櫓で詰ノ丸を囲んだ環立式(連立式)天守として描きつつも、よくよく見れば小天守の位置がちょうど大天守に重なっていてハッキリしない、という辺りが、小天守の無い『慶長十三年江戸図』を主体にイラスト化をした経緯を、ありありと物語っているのではないでしょうか。

ですからその点で申しますと、冒頭の絵図のごとく、復元を『極秘諸国城図』の江戸城図=いわゆる「江戸始図」に基づいて行なうのならば、天守や櫓(多聞櫓)は本当に詰ノ丸を「完全に」囲っていたのだろうか?? という疑問を持たざるをえないことになります。


最大の疑問点は、赤丸部分は本当に「多聞櫓」か?という点であり、

この部分の「線の太さ」は、二ノ丸以下の線とまるで変わらない


(※ご覧の図は前出「極秘諸国城図をかぶせてみた状態」とは方角がほぼ逆。)


しつこいようで恐縮ですが、私が申し上げたい第一のポイントは、このように家康の慶長度天守は、必ずしも「櫓で完全に囲った環立式(連立式)天守だ」とは思えない、ということでありまして、問題の赤丸部分は、むしろ石垣上の狭間塀(さまべい)の類いだと読み取る方が、よほど自然であろうと感じられてなりません。

最近は、家康の慶長度天守を、姫路城とまったく同じ連立式(環立式)の天守だった、と紹介する雑誌やTV番組も登場していて、この第一のポイントだけは何としても皆様にお伝えしたいと思っておりまして、そう強く願うのは、家康の慶長度天守を「どういう天守の系譜のうえに考えるか」という大問題が前に横たわっているからなのです。


ここで、ネット上にある岡崎城天守の復元CG(三浦正幸先生考証)を引用しますと…


ご覧の岡崎城天守は元和3年(家康の死の翌年)に本多氏が建造した天守ですから、岡崎城が家康出生の城だとは言っても、この建物じたいは家康と直接の関係は無かったわけですが、何故か、東側(図では右側)に小天守とも言えそうな井戸櫓を連結し、南側には付櫓を段々に連ねていたところが、別のある天守に似ていて、たいへん気になる存在です。


松岡利郎先生作図「慶長度二条城(二条御屋敷・二条御構)推定図」(部分)


別のある天守と申し上げたのが、ご覧のとおりの、家康創建の二条城天守でありまして、松岡先生の考証によれば、こちらもまた東側(右側)に小天守を連結し、一方の南側は取付櫓や南廊下を連ねていたのだそうで、またご承知のとおり、この天守の木造部分は、豊臣秀長の大和郡山城天守をそのまま移築したものと判明しています。


つまりこの二条城天守と岡崎城天守は、90度違う方角にそれぞれ小天守と付櫓群を張り出すという、言わば「連結式天守」と「複合式天守」を組み合わせたような、独特のスタイルで共通していたわけです。

ですから、これらは新たに「複合連結式天守」と呼んでもいいような気がいたしますが、この独特のスタイルは、実は、家康の江戸城(慶長度)天守も、そうではなかったのか――― というのが本日最大のアピールポイントです。


<<家康の江戸城天守の「形」は、姫路城よりも、自身の二条城天守に似ていた!!?>>



冒頭から申し上げているとおり、ご覧の赤丸部分が狭間塀の類いであったなら、大小天守や付櫓・多聞櫓の連なりは基本的に「逆L字型」までであって、赤丸のあたりは抜けていたことになりますから、慶長度天守はまさに、家康自身の二条城と同じプラン(複合連結式)を踏襲したものと言えるでしょう。

そして二条城の「取付櫓」「南の廊下」に相当する江戸城の櫓は、ひょっとすると岡崎城のごとく段々に重階が低くなっていく櫓群(→それが図の左下から左方向へグーンと続いていく石塁上の多聞櫓ともシンクロする形)だったのではないかと想像しているのです。


かくして、家康の江戸城天守を「どういう天守の系譜のうえに考えるか」という大問題については、当サイトはこれまでに、家康好みの天守の原点は、天正17年建造の駿府城小天守(「小傳主」)のはずだと、年度リポートブログ記事で申し上げて来ました。


そこで、「系譜」のいちばん最初はその小天守、最後に岡崎城天守を(家康を回顧するための)二条城のリバイバル版として建造されたものと想定しますと、少なくとも、次の四つが「系譜」上に並ぶのではないでしょうか。

1)天正期の駿府城小天守(→中村忠一が移封先の米子城で模倣か)

2)二条城天守(豊臣秀長の大和郡山城天守の移築)

3)江戸城(慶長度)天守

4)岡崎城天守


これら四天守はどれも、当サイトが申し上げて来た「唐破風天守」と思われ…


宮上茂隆先生による二条城天守の復元(最上層の屋根に唐破風)

2012年度リポートでの『東照社縁起絵巻』に基づく江戸城天守

前出の岡崎城天守


このように並べてみて、家康自身が本当に好んだ天守はこのような姿ではなかったか、ということがボンヤリと(私なんぞには)見える気がしておりまして、いずれも破風の配置で「四方正面」を表現しつつ、最上階は高欄廻縁が無く、屋根に「唐破風」をすえ、櫓群を「複合連結式」で従えた姿で一貫しており、こうした天守を居城のトレードマークにしたのではなかったかと感じるのです。


(※ちなみに図中の江戸城天守だけ、桁行いっぱいの千鳥破風や入母屋破風がありませんが、これは江戸城天守の巨大さゆえという考え方が一つと、もう一つの考え方は、大手門や本丸御殿側の天守東面はこうした比翼千鳥破風であり、天守西面はやはり超大型の千鳥破風が一つだった、という考え方もありうるのではないでしょうか?

 と申しますのは、『東照社縁起絵巻』を描いた狩野探幽は、家康に江戸城内で謁見したとも言われ、そのおりに探幽が目撃したはずの慶長度天守は、当然ながら大手門側の東面であったはずですから、そんな記憶やスケッチ?をたどりつつ探幽は『東照社縁起絵巻』を仕上げたのだとしますと、天守は本丸御殿側の破風の数を多くすることがある、という伝統的な手法を慶長度天守も採用していたかもしれないからです…)



狩野探幽筆『東照社縁起絵巻』(日光東照宮蔵/巻第二 第五段「相国宣下」後の巻末部分より)


さて、当サイトは2012年度リポートにおいて、ご覧の絵は駿府城天守ではなくて、家康の江戸城天守を描いたものではないのか? という大胆仮説を展開しましたが、今回の記事の内容はこの絵にもぴったり当てはまり、ますます私なんぞは確信の度を深めております。


例えば、ご覧の絵から誰もが感じることと言えば、徳川の世の城郭でいっせいに普及する「白漆喰」が、小天守や付櫓の方に使われていて、大天守だけが、白漆喰とは違う“何か特別な意匠”で仕上げられている点でしょう。


このことは、家康が例の豊臣大坂城の「西ノ丸天守」で示した行動を思わず連想させるものでして、きっと家康は、複数の天守を比べて見せる“政治的効果”に味を占めていたのではないでしょうか。

――― つまり当時、白漆喰が以前より安く使えるようになった、ということは、すでに少なからぬ日本人が知っていた情報なのでしょうから、それを天下普請の江戸城天守で大々的に使ったからと言って、諸大名相手には、大した威圧効果も無かったのでは… という気がして来ます。

(※追記/慶長14〜15年頃に完成したはずの大天守は、ご承知のとおり、「白い天守」としてはすでに最先端でもなく、家康の二条城天守や伏見城天守の数年遅れにあたり、姫路城天守の一年近く後の完成です)

それよりはいっそのこと、白漆喰の巨大な小天守や櫓を周囲に配しつつ、その中心に特別な意匠の大天守がそびえ立つ姿を見せた方が、徳川の圧倒的なヘゲモニーを示す格好にもなったのではないかと想像しているのです。


では最後に、そのようにして絵画史料の中に残された、当サイトが想定する江戸城(慶長度)天守の状態を、この際、思い切って異論は覚悟のうえで図示いたしますと…






作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。



2017年09月16日(Sat)▲ページの先頭へ
城の再発見!「京の城」の伝統的な天守の位置 →聚楽第の「北西隅」はむしろ新機軸の異端か





「京の城」の伝統的な天守の位置 →聚楽第の「北西隅」はむしろ新機軸の異端か


前回の世界地図(トルデシリャス条約による分割)では、スペイン側の西半球(南北アメリカ大陸)とポルトガル側の東半球(アフリカからアジア)でその後の運命はかなり違ったようで、西半球では独自の言語まで失った民族が多いことに愕然(がくぜん)とするわけですが、我が国も終戦直後、GHQ(進駐軍)による「日本語のローマ字化計画」という恐ろしい話もあったそうで、無条件降伏など、二度としてはならんと強く思うばかりです。

などと申し上げつつも、前回のマラッカ地図を見つけてから、アレ? 右側の要塞の形や位置が「籐堂高虎の宇和島城にソックリじゃないか」と気づきまして、以来、そればかりが気になっております。

かつて「空角の経始(あきかくのなわ)」と言われた、宇和島城の五角形の縄張り

そして前回の、1780年のマラッカ地図(オランダ領時代)の要塞も…



ご覧のとおり、両者のちょっとひしゃげた「五角形」の感じが非常によく似ておりまして、これは本当に偶然か?…と疑いたくなるほどですが、両者は写実的なスケッチのごとく、要塞(城)の中央部がこんもりと盛り上がった丘(山)であった点も共通していました。

したがってこの両者は「五角形」とは言っても、五稜郭(ごりょうかく)などの「稜堡式」の城とは、まるで別の手法から生まれたもののようです。


ならば何故?―――という点で、昔から宇和島城について言われて来たのは、かの「空角の経始(あきかくのなわ)」という、敵の目を四角形の城と錯覚させて、攻撃の手を狂わせるための、籐堂高虎の巧みな経始(設計)だったという解釈ですが、さすがに最近はこれを言う解説文は少ないようです。

ただ、前述のマラッカ要塞との共通項 →中央部が丘や山であり、敵に高所から見下ろされても「五角形が分かりにくい」という要素は確かにあるようでして、なんとも言い難いものの、ここでもう一つ比べてみたいのが、海に面して築かれた「鳥羽城」でしょう。


鳥羽城古絵図(浅野文庫蔵/ウィキペディアより)


このとおり、これら三つの城は <海に面した五角形(六角形)の平山城> という点では共通していたようで、何が目的だろうかと頭をひねるのですが、これらの城はどれも海辺にあって、敵が周囲をぐるっと回り込みにくいわけですから、少なくとも「空角の経始(あきかくのなわ)」は考え過ぎではないか…

むしろ、例えば <琵琶湖畔の三角形の縄張りの城> →坂本城・長浜城・大津城・膳所城(+瀬戸内海の三原城)あたりと同じ類いで、何か「浮城」としての運用上の問題なのか、もしくは「水辺に」石垣を築く場合の技術的な問題(波の影響?)が関係していたようにも想像するのですが、どうでしょうか。

…… ということで、今回の記事は「城の形が似ている」ことで何が読み取れるか、というお話を、もう少ししてみたいと思います。



織田信長が足利義昭のために築いた、旧二条城の推定位置(黄色=当ブログ)



さて、これは昨年5月の記事でご覧いただいた図ですが、この「旧二条城」に関しては、横田冬彦先生が足利義輝以後の「京の城」をめぐる論考のなかで、

南と西に「御楯」=櫓(やぐら)がある。さらに「坤申(ひつじさる)三重櫓」があり、これがのちに「天主壁」の修理記事にいうところの塗壁をもった「天主」であろうと考えられる。

という紹介があったうえで、次のような指摘があります。


(横田冬彦「城郭と権威」/『岩波講座 日本通史』第11巻 近世1より)

このような「京の城」はどのようにして建設されたのであろうか。
(中略)
天文一五年(一五四六)の足利義輝元服式に「御大工 池上五郎左衛門、棟梁衛門」が参列していたことがあげられ(『応仁後記』)、永禄二年(一五五九)からの義輝御所造営も彼らが管轄していたとみられる。
また右衛門定宗は、義輝の後援のもとに禁裏大工惣官職の兼帯も望み、禁裏大工 木子(きご)家との間で度重なる争論をおこす。

(中略)
そして信長による義昭御所(※旧二条城)造営の最中に、将軍義昭が強硬に木子宗久の違乱停止と右衛門定宗の惣官職安堵を朝廷に申し入れ、取りなしを求められた信長がこれを拒否したことは(『言継卿記』)、信長ないし奉行村井貞勝・嶋田英満の指揮下で右衛門定宗が造営に参加していたからであろう。


ということで、「旧二条城」は将軍義昭の御所であっただけに、その作事は室町幕府の御大工(右衛門定宗なる人物)が担当したはずだというのです。

ここで思わず私なんぞの興味をかき立てるのは、ならば「京の城」の権威を示すシンボルとして <新機軸の天主の位置> も大切な要素だったのでは? という手前勝手な推測でありまして、何故なら、この信長の「旧二条城」と、その後の江戸時代に徳川秀忠・家光が改築した「二条城」とは、天守の位置がおなじ坤申(ひつじさる)=南西隅で一致していて、あたかも聚楽第の北西隅に対して、そっぽを向く!ような姿であったからです。




すなわち「京の城」の代表格、豊臣秀吉の聚楽第は、天守台の位置が旧二条城に比べて90度ズレていて、三方にあった虎口も含めて考えますと、90度右回り(時計回り)に回転したとも言えそうであり、その後、徳川秀忠・家光改築の二条城は、そんな聚楽第と決別して、ふたたび旧二条城のスタイル=先駆的な「京の城」の形にゆりもどしたようにも見えるのです。

「京の城」の天守位置 →【先駆的な旧二条城式 vs 新機軸の聚楽第式】

横田先生の論考からは、こんな図式が見えて来るような気がしまして、秀吉以後はあまりに多くの「聚楽第式」が全国に普及したため(→広島城、駿府城、家康の二条城…等々)もともとの「旧二条城式」がかすんでしまったものの、例えば松平忠輝の越後高田城の三重櫓が同様であり、そしてそして伊達政宗の仙台城の伝・天守台もそうである(南西隅!)という、隠然たるコントラストを見せていました。


一方、東国の金箔瓦の城を見ても、半数以上(黄緑色の四角付き)が「聚楽第式」


では「聚楽第式」の方を少し見比べてみますと、ご覧の図は、甲府の金箔シャチ瓦を加藤光康の躑躅ヶ崎館のものと仮定させていただき、さらに二俣城の天守台(本丸の西隅)もこれらに含めた場合ではありますが、半数以上が聚楽第にならったことになります。

で、これらの中でいちばん興味深いケースと言えば、仙石秀久の「小諸城」ではないでしょうか。


小諸城に残る天守台


と申しますのも、かなり以前に私が現地を訪れ、有名な城門(三の門)から城内に入ったとき、ここが「穴城(あなじろ)」だと聞いていたこともあってか、本丸に向かってゆるやかに下っていく感覚があり、てっきり「南」に下って行ったかのような錯覚をおぼえました。

そうして「南?」に下った先に本丸があり、その右奥の隅に天守台があったため、てっきり本丸の「南西隅」に天守台はあるものと錯覚していたのですが、今回、縄張り図などを見直しますと、下記のごとく、天守台はかなりシッカリと「北西隅」に築かれていたのです。!


小諸城の絵図(『南佐久郡古城址調査』より抜粋)


かくして地形的にずいぶんと複雑な小諸城においても、仙石秀久はキッチリと聚楽第を踏襲していたわけで、その執念?には恐れ入るばかりですが、そこは仙石秀久…… これだけに留まらない、とんでもない措置を講じていたようなのです。



(※当図は#カシミール3D #真田丸 pic.twitter.com/QaxDmDmJaH からの引用です)


画面中央の「三角形」が小諸城の本丸であり、その中に小さな四角点で天守台も表示されておりますが、こうした画面からも、小諸城は(南北の断崖の堀ぎわまで接近しないと)周囲からは全く見通せない本丸であったということが、よくお解りいただけるのではないでしょうか。

さすがは「穴城」ですが、ひょっとしますと、左側の断崖下を流れる千曲川から見上げた場合でも、せっかくの天守は見えなかったのでは… とさえ思うほどの状態です。


しかも驚くべきことに、加藤理文先生によれば、豊臣政権下の金箔瓦の使い方には、城(城主)によって程度にいろいろと差が付けられたそうで、「豊臣一門衆の城では、軒丸瓦、軒平瓦を中心に、シャチや鬼瓦、飾り瓦にいたるまで金箔瓦が使用され」たなかで、秀久の小諸城は「わずか五万石程度ぐらいの武将です。それなのに、豊臣一門とまったく同じ金箔瓦を葺いて」いたのだそうです。(『信長の城・秀吉の城』)

ということは、秀久は、天守の位置や金箔瓦という「形だけ」はフルに、しっかりと聚楽第を踏襲しておきながら、実際は、本丸の堀ぎわまで近づくか、城内を訪れないかぎり、ほとんど見ることも出来ない!!? 天守や金箔瓦だった、ということになりそうなのです。…




この驚くべき状態は、仙石秀久という人物の特異なキャラクターがにじみ出た結果という気もしますが、このことは「京の城」にならった「見せる城」としてどう評価すべきか、難しいテーマを含んでいるようで、結局のところ、権威の見せ方とは、伝聞による情報伝達(=世間の評判)に多くを負っているのだ、という現実の裏返しなのでしょうか。
(→ 秀久は、地域での評判よりも、中央とのつながりの方を死守した?…)






作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。



2017年09月01日(Fri)▲ページの先頭へ
城の再発見!ポルトガル海上帝国と「川の城」岐阜城 →あえて「C地区」の構造的な欠陥を疑うと…





ポルトガル海上帝国と「川の城」岐阜城 →あえて「C地区」の構造的な欠陥を疑うと…


ポルトガル領マラッカの要塞(FORTALEZA)

スペイン語版ウィキペディアにある「ポルトガル帝国 1415-1543」の図



前回の記事では「ゴアのサバヨの…」=ポルトガル領インドの首都ゴアの「印度総督邸」が想像以上に大規模であり、その都市建設はインド西海岸の川の河口近くに、同じく河口の港湾都市「リスボン」を手本にしながら進められたことを申し上げました。

上記の世界地図に書かれたホルムズ、ゴア、マラッカなどの数多くの拠点港(占領地)は、そうしたポルトガル王国の交易システムを支えた基盤であり、これらは同じくトルデシリャス条約で世界を二分したスペインに比べると、陸上の植民地支配よりも「海上覇権」が主眼であったので、我が国の歴史学では「ポルトガル海上帝国」という呼び方もして来たそうです。

このことは以前に、織田家中で「津島」担当だった?羽柴秀吉と「兵商」との関わりのお話をした時から、いつかまた取り上げたいと思っていた話題でありまして、ご覧のスペイン語版ウィキペディアは、どうやらポルトガルへの悪意(自らの植民地支配の引け目?)があるのか、日本の種子島も!ポルトガル海上帝国の一部であったかのように紹介しています。

(→ほかの英語版などは“単なる到達年”と紹介。種子島の位置は若干違うものの…)




このように種子島への到達(→実際は漂着)が1542年ということは、この地図上の拠点港の到達年をたどれば、ポルトガルは延々と120年以上をかけて、東半球の海洋からベネチアやイスラムの勢力を駆逐しつつ、日本までたどりついた様子が見えて来ます。

で、この件は…


ポルトガル語版のウィキペディアにある「ポルトガル帝国 1588-1654」の図では…




ご覧の「自国語」版ウィキペディアではそんな書き方はしていないものの、こちらはこちらで、その後のオランダ帝国(七連邦共和国)との争いに負けて行ったことを、わざわざ色分けで図示しながら、特に横縞のゾーンで「領有をめぐる紛争海域」を示しているあたりに、当時の「ポルトガル海上帝国」の本質が現れているようです。




つまり海洋の交易ルートの独占こそが「海上帝国」そのものであって、港(土地)の占領はそのための“お膳立て”に過ぎず、その後の港湾都市や要塞の建設は、敵対勢力に港をうばい返されないことが主眼で、例えば、占領した旧領主や旧王朝との“陸の戦争”をそこから始めること(→橋頭堡という考え方)は二の次、三の次であったようです。

(※その点、次のオランダによる海上覇権の奪取は、現地の旧領主への介入や属国化によって「陸」からポルトガルを攻めたことが功を奏したようです)


ポルトガル領時代のマラッカ市街図(左側に住宅街が続く)


そしてご覧のごとく、香辛料貿易の中心的な港「マラッカ」の要塞においても、前回のゴアの印度総督邸と同じく、四階建て以上の「塔」がそびえていました。

これは塔の位置から想像するに、リスボンの有名な「ベレンの塔」→インド航路の発見を記念した塔(1521年建造)にならったのかもしれませんが、次のオランダ領(1641年〜)時代のマラッカの絵には、こうした高層建築は見当たらなくなるため(→要塞 FORTALEZA の位置にわざわざ敵方の砲撃の目標物を置かないため?)この塔はひょっとすると、ポルトガル海上帝国の覇権を見せつけるための、港の「目印」でもあったのでしょうか。…


1780年のマラッカ地図


さらにオランダ領時代の詳細な地図を見れば、要塞と市街地はともにマラッカ海峡に面していたものの、実際に荷の揚げ下ろしを行なったのは、マラッカ川の河口部に設けた港であったことが分かります。




このような外洋船と川舟との使い分けは、前回にご覧いただいた旧ゴア市街図もよくよく見直しますと、広いマンドヴィ川の河口部まで入った「外洋船」と、実際の港に入った「川舟」との使い分けが、ちゃんと絵図の中に描かれておりました。


旧ゴア市街図(1750年/アントワーヌ・フランソワ・プレヴォの著作より)


かくして「交易システム」を国力の柱として世界に君臨したポルトガル海上帝国では、拠点港と要塞が現地の「川べり」にあることが重要な条件になっていて、海上覇権と言いつつも、実際には「川の城」がその強大なパワーの源泉であったことに、是非とも注目をしてみたいのです。




<織田信長の「川の城」として、清須城・小牧山城・岐阜城を考えてみる>




五条川が城内をつらぬく形で復元考証された、清須城の模型(清洲城天守蔵)


さて、ここで織田信長の話に移るのは、やや唐突な印象を持たれるかもしれませんが、私はかねてから、ご覧の清須城がど真ん中を五条川が貫いていた形について、仮にもしも敵勢が多数の川舟で下ってきて強襲されたら危なかったのでは?… という心配が頭に浮かび、この縄張りには少々ガテンが行きませんでした。

近年ですと旧五条川の考証から、現状のような五条川の流れは信長の時代より後に出来上がったもの(=当時は城内を真っ直ぐに貫いてはいなかった)とする説もあるようですが、これについては『信長公記』の有名な「小牧移転」のエピソードが決定的な証言をしておりまして、やはり五条川は(強襲の危険もかえりみず)城内を南北に貫いたことに間違いは無さそうなのです。


『信長公記』首巻「二宮山御こしあるべきの事」より

一、上総介信長 奇特なる御巧みこれあり。清洲と云ふ所は国中、真中にて、富貴の地なり。

或る時、御内衆悉
(ことごと)く召し列(つ)れられ、山中高山、二宮山へ御あがりなされ、此の山にて御要害仰せ付けられ侯はんと上意にて、
(中略)
此の山中へ清洲の家宅引き越すべき事、難儀の仕合せなりと、上下迷惑大形(おおかた)ならず。

(さ)侯ところ、後に小牧山へ御越し侯はんと仰せ出だされ侯。小真木(こまき)山へは、ふもとまで川つゞきにて、資財雑具取り侯に自由の地にて侯なり。どうと悦んで罷り越し侯ひしなり。


たいへんに有名なエピソードで、城を清須から小牧山に移すのなら「五条川」があるから“ずっと楽だ”と家中の全員が胸をなでおろした、という記録であり、それほど五条川は清須城の間際にあったことにもなりますので、したがって清須城もまた、上記のマラッカ要塞などと同じく、海洋(伊勢湾)につながる港を守った「川の城」と考えることも可能なのではないでしょうか。



現在の主な水系で、それぞれの城と川を確認しますと…


尾張国二宮の大縣(おおあがた)神社の奥宮がある本宮山(「二宮山」!


ここでまことに興味深いのは、信長が最初に興味を示した「二宮山」も、これまた上記地図のごとく「五条川」の最上流部が、ちゃんと山のふもとを流れていた、という点でしょう。

しかしご覧の標高293mという、小牧山に比べて3倍以上もの高さがあることで断念に至った(…信長の“深謀遠慮”という話はどうも信じられません)のであって、そこにはこの山が神社のご神体として古くから「日出(いず)る山」と呼ばれたことも関係していたのかもしれず、この話の本筋は、この時すでに信長は、経済を支える「川の城」と崇拝の対象となる「高い山城」を両立させたい! との願望を持っていた“証拠”になるのではないでしょうか。(→→岐阜城の先取り?)



<小真木(小牧)山へは、ふもとまで川つゞきにて…>

→ 小牧山城では「合瀬川」に一番近い曲輪を、信長自身の「山麓居館」としたのか?



(※現地の案内看板より)


そして次の小牧山城では、ご存じのとおり、信長の頃は山麓の南東側にひときわ大きな曲輪が築かれていて、ここが信長自身の「山麓居館」であろうと言われて来ていますが、その理由はひとえに、この曲輪の「段違いの大きさ」によるものでした。

そこで今回の「川の城」という観点から申しますと、この曲輪のすぐ近くには、小牧山の東側のきわを流れる「合瀬(あいせ)川」がピッタリと寄り添う形で流れておりますが、一方、前述『信長公記』の「小真木(小牧)山へは、ふもとまで川つゞきにて…」という記述に対して、現状では「五条川」が小牧山のふもとまで“直結”しているわけではなく、その支流がやっと小牧の城下町の西側に近づく程度なのです。


春日井郡小牧村絵図解読図(小牧市ホームページより引用)


これはいったいどういうことか?と考えますと、ご覧の絵図は幕末(とっくの昔に廃城後)の小牧山周辺を描いたものですが、山の東側に合瀬川(図では「古木津」とある川)が南北にずうっと流れております。

この川、もとは江戸初期の正保5年に開削が始まった「木津用水(こっつようすい)」=古木津用水ともいう農業用水だそうで、となると当然、信長の時代はまだ存在しなかった川のはずですが、この合瀬川…“合わせ川?”という名前からして、当時、本当に一から全ての農業用水を開削したのだろうか… という疑問もあり、現に地元の建設会社のホームページには「瀬が合わさった(流路を合わせる)ことから由来したものと推測」などと、その名がやはり、木津用水の成り立ち方に関係したとの見方がされています。


ということは、この場所には江戸時代以前も、何がしかの「川」が流れていたと思えてなりませんで、ひょっとすると、それが信長の「山麓居館」の間近を流れていて、それを舟で下れば、間もなく五条川の支流から本流へ、そして清洲、伊勢湾へとつながっていたのではなかったかと想像するのですが…。



岐阜城のある金華山のふもとを流れて来る長良川


さて、いよいよ最後に、岐阜城のお話を。

岐阜城も山城ではあるものの「川の城」だなと私なんぞが感じたのは20年以上前からのことで、長良川との位置取りが城の(とりわけ山麓の曲輪群にとって)生命線であることは、城全体のプランが物語っているはずでしょう。そこで…


下記の、いまだに謎の「?」曲輪は、長良川とのアクセスを考えれば、

小牧山城「山麓居館」とも似たメリットが考えられ、非常に好都合だったはずで…




(※ご覧の図は市教育委員会の「織田信長公居館発掘調査ホームページ」から

  引用した<信長公居館跡地形復元図>に加筆しながら作成しました)

図中の「?」曲輪は、これまでほとんど誰にも論じられたことがなく、これといった名称さえ伝わっていないものの、八王子在住の私の目から見れば、この曲輪の位置づけは、岐阜城の「扇(おうぎ)の要(かなめ)」の存在と思えてなりません。と申しますのも…


【八王子城の場合】※下図はサイト「八王子城 案内」様からの引用です


ご覧の八王子城は比高では岐阜城より若干低い程度の山城ですが、尾根筋を登っていくメインの登城道とともに、山麓のいちばん奥まった曲輪「御主殿」からも、山頂部まで“直接に”上がって行ける城道がありまして、こういう姿が「城」としては当然の構造だろうと思って来たからです。

ただ八王子城は舟運を期待できるほどの川は無く、渓流が曲輪群のわきを流れているだけですので、ここの「御主殿」と岐阜城の「?」曲輪とをまったく同等に語ることは出来ませんが、どちらも、山麓と山頂をつなぐ「扇の要」という点では同じではなかったでしょうか。


そうした観点から申しますと、当ブログでずっと話題の中心の「C地区」は、その奥のB地区の方へと進んでも、その先は<行き止まり>であり、そのまま山頂部の「主城」には上がって行けない“どんづまり”地帯です。(言わば袋のネズミ)




ですから「C地区」が城主の山麓居館となると、城の防備として本当に大丈夫か??… そういう万が一の場合、まずはC地区の南西(図では左下)にある山の中腹の道をたどって「七曲道」等に向かうのでしょうが、「七曲道」等の登り口の安全が確認できないなら、結局は「?」曲輪を通って…… という詰め将棋のごとき構造的な“欠陥”を、八王子在住の城郭ファンとしては、どうしても感じてしまうのです。


【ご参考】紫宸殿を中心とした平安宮内裏の平面図

(※京都市歴史資料館のフィールド・ミュージアム京都より引用)


で、前回のブログ記事では、フロイスの「二本の大きい影を投ずる果樹」という記述から、岐阜城内には「紫宸殿」になぞらえた大建築があった? などという大それた話を申し上げましたが、そんな大建築が果たして城の中に納まるか、という当然の疑問に対して、最後の最後に、また思い切ったシミュレーションをお目にかけましょう。

ためしに、前出の岐阜城山麓の図と、ご覧の内裏の平面図とを「同縮尺」でダブらせてみますと、ちょっと意外な結果になりまして、信長の岐阜城は、ダブらせた結果のとおりだなどと申し上げるつもりは、毛頭も、カケラも、これっぽっちも無いわけですが、その様相は、話題の「?」曲輪の意味合いも含めて、まことにミョーな、面白い納まり方をするのです。…







作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。