城の再発見!秀吉が遺した十尺間の天守台とは??


カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (267)



全エントリ記事の一覧はこちら

2009年1月
       
21

新着エントリ
城の再発見!これぞ幻の「小傳主」か――『武徳編年集成』の大胆な読み直し (12/14)
城の再発見!当サイト復元の駿府城天守の「銅瓦」屋根について (12/1)
城の再発見!続『モンタヌス日本誌』→大坂城天守の記録はまさに「駿府城天守」のことか (11/17)
城の再発見!今回は『江戸始図』の補強になるか?『モンタヌス日本誌』の挿絵は予想外に写実的 (11/5)
城の再発見!さらなる『江戸始図』の補足を。「刻印」優先論との深刻きわまりないバッティング (10/18)
城の再発見!『江戸始図』の「小天守」はどこに消え失せたのか?? (10/13)
城の再発見!家康が本当に好んだ天守の姿から問う、「江戸始図」解釈への疑問点 (9/29)
城の再発見!「京の城」の伝統的な天守の位置 →聚楽第の「北西隅」はむしろ新機軸の異端か (9/16)
城の再発見!ポルトガル海上帝国と「川の城」岐阜城 →あえて「C地区」の構造的な欠陥を疑うと… (9/1)
城の再発見!フロイスの岐阜城訪問記には金箔の「瓦」とはどこにも書いてない (8/17)
城の再発見!どうして岐阜城で「織田系」金箔瓦が発見されないか (8/3)
続々・甲府城「天守」のゆくえ →金箔付きシャチ瓦も「徳川包囲網」の目印だったのか?… (7/20)
城の再発見!続・甲府城「天守」のゆくえ →再訪の直感、天守台「穴倉」の内側も“見られること”を意識している (7/8)
城の再発見!甲府城「天守」のゆくえ →躑躅(つつじ)ヶ崎館の天守台との関係はどうなっていたのか (6/25)
城の再発見!近世城郭の「完全否定」で籠城戦に勝てたのが熊本城か (6/12)
城の再発見!これもコンクリート天守の「魔力」がなせる技か… 熊本城天守のすばやい解体と復旧 (5/29)
城の再発見!目的地は“東アジアの下克上”か?…満洲族と日本の17世紀「新興軍事政権」 (5/19)
城の再発見!肥前名護屋城の出現と「小中華意識」に没入した李氏朝鮮の無反応 (5/4)
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (27)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)


アクセスカウンタ
今日:260
昨日:2,502
累計:2,315,585


RSS/Powered by 「のブログ

2009年01月21日(Wed)
| 十尺間(丈間)の「破格の天守」とは?/一覧 | 城の再発見!『本丸図』天... >  
城の再発見!秀吉が遺した十尺間の天守台とは??





秀吉が遺した十尺間(丈間)の天守台とは??


『2008年冬季リポート』は、天下人・豊臣秀吉の居城の天守は、すべて十尺の柱間(はしらま)で建てられていたのではないか、という仮説から出発しています。

(※柱間とは、柱と柱の間の寸法のことです。)


実は、この十尺という柱間(「十尺間」/約3m)は、武家の建築としては在り得ない、破格の寸法の柱間なのです。


何故かと言いますと、十尺間の建築でいま一番有名なものは、京都御所の正殿「紫宸殿(ししんでん)」でしょう。

紫宸殿とは、代々、天皇の「即位の礼」など朝廷の公式行事が行われて来た、御所の中心的な建物です。





つまり十尺間とは、天皇や公家の居館「寝殿造(しんでんづくり)」で主に使われた柱間であって、武家の建築がせいぜい六尺五寸間(2m弱)か七尺間(2m強)であったことに比べれば、格段の差があり、言わば「階級」を体現した柱間だったのです。


そして城の天守において、最大の柱間は、織田信長の安土城天主や、徳川家康の駿府城天守などの「七尺間」であったというのが、城郭研究での「ゆるぎ無い」定説です。

しかし現実には、関白太政大臣・豊臣秀吉が 朝鮮出兵を行った際の本営、佐賀県の肥前名護屋城の天守台跡には、その天守が「十尺間」を採用していた可能性を示す礎石が遺されています。


肥前名護屋城跡


天守台跡


天守台上(整備後の現状)



(『2008冬季リポート』より)



ご覧の礎石群が明らかになったのは、県立名護屋城博物館が平成6〜9年に実施した発掘調査においてですが、今年は、それからすでに十年以上が経過しています。

その間、この破格の柱間をもつ天守について、城郭研究の世界では、なかなか判断を下せない状況が続いてきたとも申せましょう。


つまりそれだけ「十尺間の天守台」というのは、日本の伝統建築の常識や学問にそぐわない、危険極まりない、異端の物証なのです。


城郭マニアの一人として、この状況をずっと外野から眺めてきたのですが、当リポートをお届けするにあたって、この問題は「外野から石を投げて風穴を開けるのも一興ではないか」と思いたった次第です。


そして、もし「関白太政大臣(秀吉)の天守が十尺間で建てられた」ならば、天守とは、必ずしも武家の建築の延長線上に出現したものではないことにもなるでしょう。

現に、安土桃山時代まで、武家屋敷には天守のような「高層建築」は無かったわけで、天守とは「織豊政権」(織田信長と豊臣秀吉の政権)の出現と、その政権の性格に深く根ざした建造物ではなかったのかと、強く思われるのです。


(※ちなみに十尺間は、伝統的な尺度で十尺が一丈にあたるため、俗に「丈間」とも呼ばれました。)



作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※当サイトはリンクフリーです。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ



writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存