十尺間(丈間)の「破格の天守」とは?

 
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (246)



全エントリ記事の一覧はこちら

2017年3月
     
23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着エントリ
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)
城の再発見!「革命」は 信長→秀吉→三成 の三人で完成するはずだった? 時空を超えた<石田三成≒大久保利通>説 (9/27)
城の再発見!徳川家康の画期的な着眼か→ 四方正面(八棟造り)は平城の「求心性の自己表現」にもなる? (9/14)
城の再発見!ならば聚楽第チルドレンの筆頭・天正期の駿府城には「小天守」とともに大天守もあったのか (8/29)
城の再発見!毛利輝元らは聚楽第で天守を見ていなかった!? とすれば… 広島城天守をめぐる“ぬぐえぬ疑問” (8/15)
城の再発見!最上階にやはり白鷺(しらさぎ)の絵 → 問題の層塔型「御三階」の構造を推理する (8/2)
城の再発見!後継者・秀次の墓穴(ぼけつ)――最大の過失は、洛中に強固な「城」を築いてしまったこと?? (7/15)
城の再発見!異例の側室・摩阿(まあ)姫が住んだ「京都天主」「聚楽天主」の正体 (7/4)
城の再発見!40m四方の天守台!? →『聚楽第図屏風』には天守が描かれていないのかもしれない… (6/20)
城の再発見!驚嘆、信長の「天下」観念は今日にも通じているのか… (6/9)
城の再発見!話題の「旧二条城」と岐阜城と小牧山城の“合体形”として安土城は出来上がった? (5/25)
城の再発見!続々・信長の「天下」――安土城天主は天皇の行幸殿の上にそびえ立ち、見おろしていた、とする見方の多大な影響 (5/10)
城の再発見!続・信長の「天下」とは――せっかく築いた小牧山城と城下をなぜ4年で捨てたのか? (4/25)
城の再発見!信長の「天下」とは――いつごろまで「天下布武」印を使ったのか?という素朴な疑問から (4/11)
城の再発見!続・豊臣大坂城天守も階段群が2系統 →「2系統なのは何階までか?」で各天守を区分すると… (3/29)
城の再発見!豊臣大坂城天守も階段群が2系統か →ならば建物の造りは「立体的御殿」のうち?? (3/16)
城の再発見!幕末、幻の大阪籠城戦での「大狭間筒vsエンフィールド銃」の勝負を夢想すると… (3/1)
城の再発見!幻の石山本願寺城から ブータンの要塞寺院「ゾン」へ (2/10)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (6)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (1)


アクセスカウンタ
今日:328
昨日:632
累計:1,850,094


RSS/Powered by 「のブログ

2009年01月26日(Mon)▲ページの先頭へ
城の再発見!『本丸図』天守台の秘密





続「十尺間の天守」〜『本丸図』天守台の秘密〜


前回、豊臣秀吉の朝鮮出兵の本営、肥前名護屋城跡の天守台が「十尺間」を採用していた可能性のあることをご紹介しました。

今回はその続報としてチョット書きます。


と申しますのは、現存の礎石群が「十尺間」で置かれていても、ひょっとすると、それは秀吉の後の時代に、誰かが「別の建物」を建てた跡である疑いを感じられる方もいらっしゃるのではないかと思うからです。


現に10余年前、県立名護屋城博物館が行った発掘調査の報告書にも、

「…江戸時代前期の瓦が多量に堆積していたことから、廃城に伴い天守台を徹底的に破壊していたにもかかわらず、時を置かずに何らかの施設を配置したことも窺われる」(『特別史跡 名護屋城跡』1998)

との記述もあり、当時は、私もそれを鵜呑みにしていました。


  肥前名護屋城跡(発掘調査中の本丸/奥が天守台跡)


ところが、その後、豊臣大坂城の天守について、ある点に違和感をもったことが、私自身の見直しのきっかけになりました。


それは、豊臣大坂城を描いた絵図として有名な、中井家蔵『大坂御城小指図』(通称『本丸図』)において、石垣の寸法の書き込みは「六尺五寸間」で記入されたと言われながらも、「天守台だけは七尺間だ」と言われて来た点です。


この『本丸図』の天守台は、極太の墨で「御天守」と書かれてはいるものの、そこに他の櫓や御殿のような「色づけ」が無く、この図が作成された時点で、本当に天守が存在したのか「不審だ」という指摘もあったものです。


つまりその場合(天守が無かった場合)、天守台の寸法は、他の石垣と同じ「六尺五寸間」で書き込みされている可能性もありうるわけです。


「ならば!!」と思い立ち、試しに、『本丸図』天守台の書き込みは六尺五寸間と仮定して、そこに「十尺間の天守」を想定してみますと、なんと、なんと、「十尺間の半間食い違い構造でピッタリ当てはまる」という事実を発見したのです。





左の図は、第1弾リポートに掲載中の「七尺間の秀頼再建天守」の柱割模式図です。

これは、六尺五寸間と仮定した天守台に、建築書『愚子見記』の記述(数字)を加味しながら、『本丸図』の書き込みと一切矛盾しない形で、七尺間の秀頼再建天守を重ねてみた図です。
(※詳細はリポートを是非ご参照下さい)


そして右の図が、それをもとに時間をさかのぼり、「秀吉の時代は十尺間(丈間)で柱割されていた」と想定して描いた模式図で、2008冬季リポートに掲載中のものです。

ご覧のように、十尺間の柱割は『本丸図』天守台にみごとに納まり、細部では数字の計算の上でも、本当に唖然とするほど、綺麗に、ピッタリと当てはまってしまうのです。
(※詳細は是非ともリポートをご覧下さい)

ちなみに「半間食い違い構造」というのは、姫路城の発掘調査で発見された、秀吉時代の天守台跡にあった特異な柱割の形式で、これは肥前名護屋城の天守台跡にも共通する部分のある手法です。


このように、十尺間(丈間)の天守とは、その根拠が肥前名護屋城跡での「発掘成果」だけでなく、『本丸図』等の「絵図(絵画史料)」や、『愚子見記』という「文献」の三つが、重なり合う部分に見いだされる知見なのです。






(※今回はちょっと難しかったでしょうか? 次回はぐっと楽しいモノにします。)




作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※当サイトはリンクフリーです。

※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ



2009年01月21日(Wed)▲ページの先頭へ
城の再発見!秀吉が遺した十尺間の天守台とは??





秀吉が遺した十尺間(丈間)の天守台とは??


『2008年冬季リポート』は、天下人・豊臣秀吉の居城の天守は、すべて十尺の柱間(はしらま)で建てられていたのではないか、という仮説から出発しています。

(※柱間とは、柱と柱の間の寸法のことです。)


実は、この十尺という柱間(「十尺間」/約3m)は、武家の建築としては在り得ない、破格の寸法の柱間なのです。


何故かと言いますと、十尺間の建築でいま一番有名なものは、京都御所の正殿「紫宸殿(ししんでん)」でしょう。

紫宸殿とは、代々、天皇の「即位の礼」など朝廷の公式行事が行われて来た、御所の中心的な建物です。





つまり十尺間とは、天皇や公家の居館「寝殿造(しんでんづくり)」で主に使われた柱間であって、武家の建築がせいぜい六尺五寸間(2m弱)か七尺間(2m強)であったことに比べれば、格段の差があり、言わば「階級」を体現した柱間だったのです。


そして城の天守において、最大の柱間は、織田信長の安土城天主や、徳川家康の駿府城天守などの「七尺間」であったというのが、城郭研究での「ゆるぎ無い」定説です。

しかし現実には、関白太政大臣・豊臣秀吉が 朝鮮出兵を行った際の本営、佐賀県の肥前名護屋城の天守台跡には、その天守が「十尺間」を採用していた可能性を示す礎石が遺されています。


肥前名護屋城跡


天守台跡


天守台上(整備後の現状)



(『2008冬季リポート』より)



ご覧の礎石群が明らかになったのは、県立名護屋城博物館が平成6〜9年に実施した発掘調査においてですが、今年は、それからすでに十年以上が経過しています。

その間、この破格の柱間をもつ天守について、城郭研究の世界では、なかなか判断を下せない状況が続いてきたとも申せましょう。


つまりそれだけ「十尺間の天守台」というのは、日本の伝統建築の常識や学問にそぐわない、危険極まりない、異端の物証なのです。


城郭マニアの一人として、この状況をずっと外野から眺めてきたのですが、当リポートをお届けするにあたって、この問題は「外野から石を投げて風穴を開けるのも一興ではないか」と思いたった次第です。


そして、もし「関白太政大臣(秀吉)の天守が十尺間で建てられた」ならば、天守とは、必ずしも武家の建築の延長線上に出現したものではないことにもなるでしょう。

現に、安土桃山時代まで、武家屋敷には天守のような「高層建築」は無かったわけで、天守とは「織豊政権」(織田信長と豊臣秀吉の政権)の出現と、その政権の性格に深く根ざした建造物ではなかったのかと、強く思われるのです。


(※ちなみに十尺間は、伝統的な尺度で十尺が一丈にあたるため、俗に「丈間」とも呼ばれました。)



作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※当サイトはリンクフリーです。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

人気ブログランキングへ