城の再発見!これぞ幻の「小傳主」か――『武徳編年集成』の大胆な読み直し


カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (268)



全エントリ記事の一覧はこちら

2017年12月
         
14
           

新着エントリ
<<当ブログ引越し先のお知らせ>> (12/29)
城の再発見!これぞ幻の「小傳主」か――『武徳編年集成』の大胆な読み直し (12/14)
城の再発見!当サイト復元の駿府城天守の「銅瓦」屋根について (12/1)
城の再発見!続『モンタヌス日本誌』→大坂城天守の記録はまさに「駿府城天守」のことか (11/17)
城の再発見!今回は『江戸始図』の補強になるか?『モンタヌス日本誌』の挿絵は予想外に写実的 (11/5)
城の再発見!さらなる『江戸始図』の補足を。「刻印」優先論との深刻きわまりないバッティング (10/18)
城の再発見!『江戸始図』の「小天守」はどこに消え失せたのか?? (10/13)
城の再発見!家康が本当に好んだ天守の姿から問う、「江戸始図」解釈への疑問点 (9/29)
城の再発見!「京の城」の伝統的な天守の位置 →聚楽第の「北西隅」はむしろ新機軸の異端か (9/16)
城の再発見!ポルトガル海上帝国と「川の城」岐阜城 →あえて「C地区」の構造的な欠陥を疑うと… (9/1)
城の再発見!フロイスの岐阜城訪問記には金箔の「瓦」とはどこにも書いてない (8/17)
城の再発見!どうして岐阜城で「織田系」金箔瓦が発見されないか (8/3)
続々・甲府城「天守」のゆくえ →金箔付きシャチ瓦も「徳川包囲網」の目印だったのか?… (7/20)
城の再発見!続・甲府城「天守」のゆくえ →再訪の直感、天守台「穴倉」の内側も“見られること”を意識している (7/8)
城の再発見!甲府城「天守」のゆくえ →躑躅(つつじ)ヶ崎館の天守台との関係はどうなっていたのか (6/25)
城の再発見!近世城郭の「完全否定」で籠城戦に勝てたのが熊本城か (6/12)
城の再発見!これもコンクリート天守の「魔力」がなせる技か… 熊本城天守のすばやい解体と復旧 (5/29)
城の再発見!目的地は“東アジアの下克上”か?…満洲族と日本の17世紀「新興軍事政権」 (5/19)
城の再発見!肥前名護屋城の出現と「小中華意識」に没入した李氏朝鮮の無反応 (5/4)
城の再発見!「布武」には「我が道を歩む」の意味があったなら、死ぬまで「天下布武」印を使い続けたのも納得。 (4/22)
城の再発見!中国では古来、兵が蔑視(べっし)されて来たという『<軍>の中国史』から (4/10)
城の再発見!せまい本丸で聚楽第行幸は実現可能だったか?を図上演習してみる (3/24)
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (28)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (3)


アクセスカウンタ
今日:728
昨日:1,172
累計:2,385,943


RSS/Powered by 「のブログ

2017年12月14日(Thu)
< 城の再発見!続『モンタヌ... < 城の再発見!当サイト復元... | 駿府城/一覧 |  
城の再発見!これぞ幻の「小傳主」か――『武徳編年集成』の大胆な読み直し





<<<当ブログの引越しのお知らせ>>>

はじめにお知らせですが、当ブログが利用中のブログ・サービス「のブログ」が、来年の正月31日をもって終了することになり、現在、当ブログは引越し先を選定中です。

現状と似た形のブログ・サービスに引っ越すか、独自サイトを作りたいと考えておりますが、確定した引越し先については、追って、お知らせいたします。そのうえで正月31日までは同時並行で記事をアップし続ける予定です。

私のブログ活動は、気分としてはまだ「折り返し点」にも達していない感覚ですが、一方、懸案の新「年度リポート」はまたもや年越しが確実な情勢でありまして、おそらくは私自身の生活環境を整えながら、体勢を立てなおす必要がありそうです。―――…



これぞ幻の「小傳主」か――『武徳編年集成』の大胆な読み直し


さて、それでは前回に予告した『武徳編年集成』の、ちょっと変わった駿府城天守の記録について申し上げて行きますと、まず『武徳編年集成』というのは、江戸中期の幕臣で歴史考証学者の木村高敦(たかあつ)が編さんして、八代将軍・徳川吉宗に献上された、徳川家康の一代記になります。




(※ご覧の表紙は国文学研究資料館の電子図書館からの引用)

ですが、その成り立ちを申せば、高敦の実父・根岸直利が、家康の四つの合戦(姉川・三方ヶ原・長篠・小牧長久手)をまとめた『四戦紀聞』…これにはなんと桶狭間合戦の驚愕の秘史(→実は織田信長の裏切り・不意打ちだった!!)が盛り込まれていて密かに話題の……あの書物を踏まえて、それらを実子の高敦が校訂しつつ出来上がったものと言われています。

その注目の駿府城天守の記録は、おそらく行や文字の「配置」が重要な意味を持っているようであり、そのためブログの本文として書き写しが出来ませんので、ここでは木活字版(拙修斎叢書/天保年間)の巻54、慶長13年8月の注目の部分を、上下欄を合成した写真でご覧いただきますと…


拙修斎叢書『武徳編年集成』 駿府城天守のくだり



(※同じ箇所の別本=寛保2年版を、国文研の電子図書館でもご覧になれます)


ご覧のように記録文の前半は、8月20日に駿府城天守の上棟式が行われて云々…という、『当代記』などと同様の記事が転載されています。

しかし、その後に続く七階分の各階の寸法は『当代記』とはずいぶんと違っておりまして、しかも七階分の屋根は「皆白鑞(はくろう)ナリ」「右同断」と全部が白鑞葺きかと思えば、逆に「惣銅瓦」とも書いてあり、最後は「一重目ヨリ六重目迄 皆四方ニ欄干有之」!? という風に、上から下まで欄干づくしの外観であったかのような不思議な記録になっているのです。

これは『当代記』『慶長政事録』『創業記考異』といった駿府城天守の記録文が、多少の誤差はあっても、どれもほぼ同じ内容を踏襲しているのに対して、この『武徳編年集成』だけがきわだって特異な?情報を含んでいることになり、何が原因なのかと興味をそそられます。

――― そこで、かくのごとき問題を考える上で、第一に注目すべき点は、「上一重」という古い呼び方で、この天守の最上階が示された点ではないでしょうか。




このように天守の最上階を「上一重」と呼び、上から下の階へと「重数」を数えていくやり方と言えば、皆様ご存じのとおり、織田信長の安土城天主を伝えた文献記録のうち、最も古い原典とされる『安土日記』が、まったく同じ書き方であることに思い至らずにはいられません。

奇(く)しくも安土城天主も同じ七階建てでしたが、信長はその最上階をとりわけ重視し、障壁画は狩野永徳一人に命じて描かせ、そこを「上一重」と記録させたわけですが、そんな記録のやり方を『武徳編年集成』は踏襲しているのです。

このことは『武徳編年集成』の特異な情報の出どころについて、何らかの手がかりを残している、とも考えてよいのではないでしょうか。


それでは、ひとまず「上一重」以下の各階の寸法を、上記の木活字版にあるままの状態で図示してみますと…




このままの状態では、上から順にご覧になっても、下からご覧になっても、逓減(ていげん)の仕方にこれといった法則性が無いことは明らかですが、あえてその原因を挙げれば、「三重目」の9間×6間が上下階との連続性(一貫性)を欠いていることや、「六重目」と「七重目」の間の「同上」という言葉の解釈に苦慮してしまうことにあるでしょう。

そこで前述の <※同じ箇所の別本を、国文研の電子図書館でもご覧になれます> をもう一度、確認のためご覧いただくと、こちらの山内文庫(高知県)所蔵本=寛保2年版ではなんと、「六重目」は「十間 十二間」であり、「七重目」は「右同断」となっていて、こちらには「同上」という言葉がそもそも使われておりません。

となると、木活字版の「同上」はどこから来たのか? という問題が発生してしまうものの、ここはとりあえず寛保2年版の方に従いまして…




さらにもう一つの「原因」の、「三重目」の9間×6間が上下階との連続性(一貫性)を欠いている点に注目しますと、これまで駿府城天守の「小さなコロンブスの卵」という仮説を申し上げてきた当サイトとしては、それの応用を考えてみたいのです。




すなわち、上下階との連続性(一貫性)を欠いている「三重目」の9間×6間は、ご覧のように方角を90度変えれば、妙に長い「9間」がちょうど、下階「四重目」の、駿府城天守らしい雨戸と欄干がめぐっていた(とも考えられる)階と、ぴったりと符合することに気づくのです。

で、そうしますと、先ほど問題視された木活字版の「同上」についても、実はそれなりの(従来の解釈とは異なる)意味を持っていたとも思われ…





かくして、雨戸と欄干のめぐる階が上下に繰り返されて、前述の「一重目ヨリ六重目迄 皆四方ニ欄干有之」といった不思議な描写が(いくぶん誇張して)生まれたとも考えられ、しかも「一重目ヨリ六重目迄…」という風に「七重目」をはずしてある点も注目されますし、さらに申しますと、以上のごとき考え方の最も重要なポイントは、こうした構造の天守に「屋根」をかけるとどうなるのか? という問いに他なりません。




…… ちょっと結論を急いだ感もあるかもしれませんが、特異な『武徳編年集成』の記述を読み解くと、巨大な「三重天守」が出現してくる、という予想外の結論に至ることが可能なのです。

これは、前述の「上一重」という古い呼び方を踏まえるなら、記録文の前半の慶長13年の再建天守(=慶長12年末の本丸火災後の再建天守)に先んじた建物の情報がまぎれ込んだものではないのか?…という気もして来ますし、もしそうだとすれば、それはおそらく中村一氏や内藤信成の時代の天守ではなくて、もっと古い、天正年間の徳川家康自身の「小傳主」(家忠日記より)ではないのか? という気がしてならないのですが、いかがでしょうか。…






作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。