福岡城・沼田城

歴史の奥底に封印された「凶暴なる実像」をサルベージ!!
カテゴリ
城の再発見!天守が建てられた本当の理由
城の再発見!天守が建てられた本当の理由/一覧 (246)



全エントリ記事の一覧はこちら

2017年3月
     
23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着エントリ
城の再発見!大名屋敷の面積や伝承地名をふまえて清書(リライト)すると… (3/11)
城の再発見!言いそびれてしまった聚楽第の話題を、一回だけ追加させて下さい (2/28)
城の再発見!伝二ノ丸に?「我らヨーロッパの庭園とは万事において異なるその清浄で広大な庭」があれば… (2/14)
城の再発見!加藤先生の新刊本はまたも、いろいろと別の考え方をインスパイアさせてくれる本でした (1/30)
城の再発見!探査で判明した聚楽第「外堀」は、まだ櫓等が完成していなかったとすれば… (1/17)
城の再発見!続報――『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (1/3)
城の再発見!手早く筆写された『探幽縮図(たんゆうしゅくず)』がなかなかに興味深い (12/21)
城の再発見!問題の「加賀少将邸」四重櫓と萩城天守との構造的な“類似”から言えること (12/7)
城の再発見!聚楽第天守台の謎解き【案】→どこが天下人の「宿所」かの変遷(へんせん)から (11/23)
城の再発見!加藤先生の『日本から城が消える』との懸念には、もう一つのおぞましき結論も? (11/6)
城の再発見!信雄(のぶかつ)時代の清須城も? 外様の大大名の城はそろって「小天守」のみか (10/26)
城の再発見!大和郡山城天守をそのまま移築した徳川家康の「ねらい」が見えた (10/12)
城の再発見!「革命」は 信長→秀吉→三成 の三人で完成するはずだった? 時空を超えた<石田三成≒大久保利通>説 (9/27)
城の再発見!徳川家康の画期的な着眼か→ 四方正面(八棟造り)は平城の「求心性の自己表現」にもなる? (9/14)
城の再発見!ならば聚楽第チルドレンの筆頭・天正期の駿府城には「小天守」とともに大天守もあったのか (8/29)
城の再発見!毛利輝元らは聚楽第で天守を見ていなかった!? とすれば… 広島城天守をめぐる“ぬぐえぬ疑問” (8/15)
城の再発見!最上階にやはり白鷺(しらさぎ)の絵 → 問題の層塔型「御三階」の構造を推理する (8/2)
城の再発見!後継者・秀次の墓穴(ぼけつ)――最大の過失は、洛中に強固な「城」を築いてしまったこと?? (7/15)
城の再発見!異例の側室・摩阿(まあ)姫が住んだ「京都天主」「聚楽天主」の正体 (7/4)
城の再発見!40m四方の天守台!? →『聚楽第図屏風』には天守が描かれていないのかもしれない… (6/20)
城の再発見!驚嘆、信長の「天下」観念は今日にも通じているのか… (6/9)
城の再発見!話題の「旧二条城」と岐阜城と小牧山城の“合体形”として安土城は出来上がった? (5/25)
城の再発見!続々・信長の「天下」――安土城天主は天皇の行幸殿の上にそびえ立ち、見おろしていた、とする見方の多大な影響 (5/10)
城の再発見!続・信長の「天下」とは――せっかく築いた小牧山城と城下をなぜ4年で捨てたのか? (4/25)
城の再発見!信長の「天下」とは――いつごろまで「天下布武」印を使ったのか?という素朴な疑問から (4/11)
城の再発見!続・豊臣大坂城天守も階段群が2系統 →「2系統なのは何階までか?」で各天守を区分すると… (3/29)
城の再発見!豊臣大坂城天守も階段群が2系統か →ならば建物の造りは「立体的御殿」のうち?? (3/16)
城の再発見!幕末、幻の大阪籠城戦での「大狭間筒vsエンフィールド銃」の勝負を夢想すると… (3/1)
城の再発見!幻の石山本願寺城から ブータンの要塞寺院「ゾン」へ (2/10)

新着トラックバック/コメント

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

アーカイブ
2008年 (9)
10月 (4)
11月 (2)
12月 (3)
2009年 (52)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (4)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (28)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2011年 (24)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2012年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2013年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2014年 (24)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2015年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (25)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (2)
2017年 (6)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (1)


アクセスカウンタ
今日:330
昨日:632
累計:1,850,096


RSS/Powered by 「のブログ

2015年08月21日(Fri)▲ページの先頭へ
城の再発見!釈明を兼ねた独自仮説――沼田城には関東の「北辺」を守備する四重五階の天守がそびえていた






沼田城には関東の「北辺」を守備する四重五階の天守がそびえていた


前回記事より / 沼田城天守は五重天守ではなかった、という立場の作図

一方、沼田市観光協会のHP「ようこそ沼田へ」には壮大な五重天守の想像図が…


沼田城天守ほど、歴史的な位置づけに迷う「五重天守」もないだろうと感じて来ましたが、観光協会の想像図は、かつての宮上茂隆先生の復元案に基づいて描かれたものでしょう。

そしてその前を言えば、西ヶ谷恭弘先生の復元案も黒い五重天守として強い印象を残しましたし、一般に、真田信之(のぶゆき/いわゆる幸村の兄/正室は本多忠勝の娘)が関東でいちはやく五重天守を上げたのは慶長2年(1597年)であったとも、徳川の江戸城天守と同時期の慶長12年(1607年)だとも言われて来ました。

(※ちなみに私の勝手な自論ですと、その江戸城天守は四重の天守のはず、と申し上げて来ておりますので、当時、沼田城天守は依然として関東で唯一無比の五重天守だったのかもしれませんが…)


そうした中で、現在、ウィキペディア等では、信之の孫・真田信利(のぶとし)が抱いた真田本家・松代藩への過剰な対抗意識が、沼田藩主就任の1658年(=明暦4年!明暦大火の翌年!)以降に破格の五重天守を生んだのだという異説が踊っていまして、当ブログの冒頭の作図は(時系列的に見れば)その異説を支持しているかのようでもあり、ちょっとマズい状態にあります。

ちなみに昭和30年代から城の復元運動があったという沼田の地元としては、こんな異説まで出て来るようでは、ますます前途多難でしょうが、とにかく当ブログの作図はそうした異説とは無縁である、という釈明を兼ねまして、この際、自前の大胆仮説を申し上げておきたいと思うのです。



正保城絵図「上野国沼田城絵図」の本丸周辺(当図は右が北)




さて、かくのごとく正保城絵図に描かれたのですから、城絵図の作成が命じられた正保元年(1644年)の前後には、絵のごとき天守が沼田城に実在していたはずです。

とはいうものの、城絵図の天守台に「石かき高八間」と墨書されている点については、現地を訪れた方々は、口をそろえて“とても信じられない”とおっしゃいます。

高さ8間と言えば15〜16mであり、およそ5階建てのアパートにも相当するからで、いったいどういうことなのか、現地の様子を写真でザザッとご紹介しますと…


沼田駅から眺めた城址 / 木々におおわれた台地の突端が本丸 / 左の遠景は三峰山

各曲輪のかつての位置をダブらせた地図(オレンジ色はわずかに残る微高地)


台地の上には広い平坦な土地が広がっていて、そこに本丸以下の城と城下町があったわけですが、現在、公園や市街地になった台地上の印象は、城下から本丸までほとんど地表高に変化がなく、本丸の先の「古城(捨曲輪)」「侍屋敷(二之丸)」がガクンと低くなり、その先が急崖で落ちている形です。

で、地図上のアルファベットの各地点から見た様子は…

【写真A】台地の上、沼田公園の入口付近

【写真B】本丸堀が部分的に残った池


わずかに残った本丸堀のこの部分の石垣は、城絵図に「石かき高三間」と墨書されていて、例えばこの堀の東側(写真では右側の見えない部分)の微高地と同じ高さまで石垣が積まれていたと想像しますと、ちょうどそれは「三間」の高さになりそうで、墨書はまんざらウソでもなさそうなのです。
しかし…



【写真C】本丸堀を埋め立てた場所から、天守台の方向を見ると…


【写真D】本丸内から見た利根英霊殿 / わずかな微高地の上に建つ


ご覧のとおり、天守があった辺りは、先ほどの本丸掘の石垣の想定とほとんど同じ地表高の微高地でしかなく、とてもここに、5階建てアパートに匹敵するような壮大な天守台石垣を思い描くのは困難なのです。

もし本当にここにあったのだとすれば、その膨大な土砂や石材はそっくり綺麗に取り去られたことになりますし、それを使って本丸堀を埋め立てたのだろうか?と考えるしかありません。

ところが、ところが…


【写真E】利根英霊殿のすぐ裏=北側は、軽く10m以上はある土塁が落ち込んでいる!!!

どういうことかと言いますと…


ここでもう一度、城全体の構造を踏まえて天守の位置を再確認しますと、前述のとおり、城内の北端でガクンと低くなった「古城(捨曲輪)」「二之丸」と、本丸との間を画する大きな土塁上の際に、天守は建てられていたのです。

これは正保城絵図が東側から眺めた状態、すなわち本丸の大手虎口が正面になるような角度で描かれたため、なかなか意識されなかったことなのでしょうが、構造的に見れば、天守は城の「北」方を意識していて、「北」を仮想敵とする姿でそびえていたと思えてなりません。

しかも、その土塁は図のように、沼田城と言えばいつも写真が出る「本丸西櫓台」まで、一続きの土塁として考えることが出来そうでして、ということは、現状はここに石垣の痕跡は確認できないものの、ここには、天守と本丸西櫓が左右に居並ぶ形で!北方の仮想敵に見せつけるための構造が出来上がっていたのではないでしょうか。


そういう姿を解りやすくするため、今までご覧いただいた地図をひっくり返して、北を手前にしてご覧いただきますと…



2010年度リポートより / 天守は詰ノ丸の左手前隅角に!=豊臣大坂城にみる織田信長の作法


いよいよ冒頭で申し上げたごとく、沼田城天守の歴史的な位置づけに関わる話になって来るのですが、このように天守が「北」を強く意識して築かれたとなると、その完成が慶長2年であれ、慶長12年であれ、それは城主・真田信之と、江戸の徳川家康(および妻の実家・本多忠勝)との関係の中で、この天守は構想されたのだと考えざるをえないでしょう。


言うなれば、“江戸の防衛の最前線の役目”を買って出る意味合いが、信之の天守建造には込められていたのではなかったでしょうか。!…


ご承知のとおり、信之という武将は、父の真田昌幸、弟の幸村(信繁)に比べれば一般の方々の認知度は低いものの、第一次上田合戦での闘いぶりから、敵方の徳川家康や本多忠勝が信之の胆力を大いに評価し、やがて忠勝の娘・小松姫が家康の養女として信之の正室に迎えられる関係になりました。

そこから真田一族のドラマチックな歴史が複雑さを増すわけですが、ここまで申し上げたように、問題の天守も、そんな歴史と深く切り結ぶ存在であったとしますと、その間、現実には高崎城の井伊直政、厩橋城の平岩親吉、館林城の榊原康政といった徳川の譜代大名らが、すぐ間近から、信之の行動に監視の目を光らせていたのでしょうから、沼田城天守とは、そういう風当たりも受け止めながら建っていたのだと私には思えてなりません。


【ご参考】沼田城絵図(前述の信利の時代 / 当図も右が北)

大まかだが、天守の平面形の長短は“東西棟”のように見える



かくして、問題の「石かき高八間」というのは、おそらくは天守台の“北面”にあった高石垣の数値ではないかと思うのです。

しかも、下記の正保城絵図の拡大でもお分かりのように、天守の“向き”を考えた場合、この絵図は天守の屋根が“南北棟”であるように描いていますが、これが慶長期の層塔型天守としますと、先ほどの全体構造のねらいや、天守台の微高地の長短を踏まえるなら、むしろ実際のところは“東西棟”だったと考える方が自然でしょう。

となれば、この絵図に描かれたのは、墨書のある天守台ごと! 実は「北」から見た天守の姿なのだ、ということにもなりうるのです。

正保城絵図の拡大


そろそろ今回の記事もラストスパートですが、ご覧のとおり、城絵図は天守そのものの描き方もちょっと奇妙で、左側の櫓や門は普通なのに、これだけ天守台の内側に“めり込んだ”ような描写になっておりまして、ここにも大きな秘密が隠れていて、それは例えば、佐倉城の天守(御三階櫓)と同じ方式で、高石垣の内側の土塁に半分のっかるように建っていたからではないでしょうか。

佐倉城の場合、床下階を含めて五階の四重天守でしたが、城外の側の半分だけが土塁上に乗っかるように建てたため、その結果、城外からはちゃんと三階建ての「御三階櫓」に見えたという工夫でした。

そこで沼田城の場合も、建物は文献の記述どおりに五階建てであっても、同様の工夫の結果、城外からは四重天守のように見えたのではないかと思われ、その意図としては、慶長の天下普請の江戸城天守を取り巻く“有望大名の四重天守群”(→2012年度リポート/松岡利郎先生の指摘)のうちの一基とするための工夫ではなかったのか、と私なんぞは思うのですが、いかがでしょう。


【ご参考】上野国沼田倉内城絵図(城の破却直後の作/当図も右が北)

天守は四重に描かれ、なおかつ石垣からやや離れて建つ。

また天守台は、特に大きな隆起も無く、本丸石垣と一直線の高さである






作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。



2014年05月11日(Sun)▲ページの先頭へ
城の再発見!続・幻の福岡城天守と「切妻破風」…空とぶ絵師は何を描いたのか





続・幻の福岡城天守と「切妻破風」…空とぶ絵師は何を描いたのか


歌川貞秀「真柴久吉公 播州姫路城郭築之図」


前回に申し上げた“戯れ言”(=この浮世絵こそ福岡城天守の実像なのでは?…)は、どうやら言いっぱなしのままでは済まない状態のようで、弁明のための補足説明をいくつか申し上げたいと思うのです。

まず、背景の海は「実は博多湾ではないか」という件ですが、逆を申せば、表題どおりの姫路城と播磨灘だとしますと、現実には、とてもこの浮世絵のような景観がありえないことは明らかでしょう。


姫路城天守の最上階からの眺め(南の播磨灘方面 / 外港の飾万津は約4km先)


(※上写真2枚はサイト「神戸観光壁紙写真集」様からの引用です)


こうして見直してみますと、冒頭の浮世絵が「本来は姫路城の描写でない…」という私の勝手な疑念も、決してまとはずれではないようですし、さらに石橋を叩いて、姫路の外港だった飾万津(しかまづ)の景観を確認しておきますと…


播州名所巡覧図に描かれた飾磨津(飾万津)


(拡大)

ご参考1)冒頭の浮世絵の拡大  飾万津にこれだけ多数の蔵が建ち並んでいたか…


江戸時代、飾万津の港には、姫路藩の米蔵「飾磨御蔵」や水軍「御船手組」の奉行所などが置かれ、河岸には回船問屋が軒をならべて繁盛したと伝わるものの、そこに「博多」と肩を並べるほどの数の蔵があったかと言えば、そうとは言えないようです。しかも…


ご参考2)同じ浮世絵の左下部分  城の北々西の海岸沿いに小さく「橋」が見える


(拡大)

(※ちなみに「貞秀画」の右下の「通油町 藤慶版」はこの浮世絵の版元の情報)


前回はご覧に入れなかった浮世絵の左下部分ですが、小さいながらも目を引く橋が描かれていて、これを仮に、福岡の波戸港に入る手前の橋だったと考えますと、描写の「正確さ」「緻密さ」という点で、歌川貞秀ならではの特異な世界(→後述)が顔をのぞかせるのです。


ご参考3)「福博古図」にも福岡城の北々西の海ぎわに、ちゃんと「橋」がある


(拡大)現在の福岡市中央区荒戸と西公園の境界あたり


!!! ご覧のとおり、問題の浮世絵は一見、羽柴秀吉(真柴久吉=絵本太功記の役名)が鳶職の親方のように描かれるなど、太閤記の人気にあやかったオチャラけた要素がありながらも、実は、背景の町並みはそうとうに「正確」かつ「緻密」に描かれた可能性があるのです。




<「空とぶ絵師」歌川貞秀とは、何を描いた人物なのか

 「絵画と地図のあいだ」と言われるマニアックな筆致と遠近法>





歌川貞秀が、富士山の火口部分だけをパノラマ風に描いた「大日本富士山絶頂之図」


どうでしょうか。浮世絵でこんな絵!を描いたのが歌川貞秀(五雲亭貞秀、玉蘭斎貞秀とも)です。

神奈川県立歴史博物館が平成9年に行った「横浜浮世絵と空とぶ絵師 五雲亭貞秀」展の図録によれば、貞秀自身がある版本の序文で「親しく実地を踏みて見ざれば其真景ハ写しかたし」と自らの作風を記したそうで、この驚きの作画は、実際に本人が、富士山に何度も登頂して描いたものと考えられています。

そして貞秀は「横浜浮世絵」というジャンルでも精緻さを突き詰めていて、あまりの細密さから、貞秀が活躍した幕末から明治初期、浮世絵の業界では「彫り師泣かせ」の絵師と言われたそうです。

例えば以下の絵は、それぞれ画面クリックで拡大サイズ版にもリンクしておりますので、是非ご参照下さい。


歌川貞秀「再改横浜風景」(拡大版:3481×856 pix 横浜市立大学蔵)

歌川貞秀「東都両国橋夏景色」(拡大版:1602×785 pix 江戸東京博物館蔵か)


前述の図録によれば、貞秀の絵は「絵画と地図のあいだ」と評されているそうで、遠近法の採用も手伝って、観る者に“そこに行ったかのような体験”をさせようという、まるで現代のハイビジョンや4K画像(8K、IMAX…)等々と同じねらいを持っていることに、私なんぞは舌を巻いてしまうのです。

晩年になって貞秀は「凡そ浮世絵の上乗は。その時の風俗をありのまゝに写して。偽り飾らず。後の世にのこして。考証を備えしむるに在り」と語ったそうで、浮世絵というものに対して、一般の人々が抱いているイメージとは、かなり違う世界を追い求めていたのかもしれません。


歌川貞秀「楠正成 河内国千早城 鎌倉勢惣責寄手破軍大合戦」(拡大版:2000×991 pix)


一方、ご覧の千早城の絵など、貞秀は多くの合戦図の類いも描いていて、特にこの絵は、有名な楠木勢の奇策を(大胆に翻案して)櫓をガラガラと敵兵の頭の上に崩す形で描いた面白さで知られています。

ただ、これら何点かの「城」がらみの絵を見ますと、千早城や堺の籠城戦、北条執権の館などに「高石垣」を描いてしまうなど、どれも厳密な城の考証から申せば、貞秀の「正確さ」が急に怪しくなっているのは事実です。

これは、さすがの貞秀も、鎌倉から室町時代の城がどういうものか、もはや現地でも確認できなかった影響なのか、それでも依頼主の注文に応えるため、やむなく自らの画法を捨てて、世間一般が容易に「城」だと認識できるような確信犯的な手法に堕してしまったのかもしれません。



歌川貞秀「真柴久吉公 播州姫路城郭築之図」(拡大版:2000×956 pix)


さて、以上のような歌川貞秀の人物像を踏まえて、改めて問題の浮世絵をながめますと、上記の合戦図などと明らかに違うのは、なにより「姫路城は現存する城」であって、貞秀は西国への旅のおりに、池田家築造の現存天守なら何べんでも見られたはず、という一点に尽きるでしょう。

そういう中で、貞秀は現存天守とは似ても似つかぬ天守を描いた一方で、背景の海については「博多湾」をはっきりと意識して、正確に、細密に、描き込んだ可能性があるわけです。

!?…


この矛盾の背景を推理してみますと、作画に色々と策をろうした貞秀のことですから、もしかすると、羽柴秀吉時代の天守が現存天守とは異なることを百も承知のうえで、「ならば…」と、まったく別の城の原画を下敷きにして“真柴久吉の天守”を(はるかに精密に)仕立て上げた、という彼一流の芸当をやってのけたのではないでしょうか。


であるならば、そこに描かれた「博多湾」と「切妻破風」という共通項は、とりもなおさず、幻の福岡城天守につながるものでしょうし、前述の「後の世にのこして、考証を備えしむるに在り」という貞秀の言葉が、にわかに、意味深な謎かけに聞えて来るのです。







作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。



2014年04月26日(Sat)▲ページの先頭へ
城の再発見!幻の福岡城天守と「切妻破風」をめぐる戯れ言(ざれごと)をひとつ





幻の福岡城天守と「切妻破風」をめぐる戯れ言(ざれごと)をひとつ


4月19日 日本城郭史学会の大会「黒田官兵衛の戦略・築城」

講師の西ヶ谷恭弘先生  /  小和田哲男先生  /  丸山雍成先生



先週は城郭史学会の大会がありましたが、今年は各地で黒田官兵衛の城をテーマにしたシンポジウムが行われていて、西ヶ谷先生は2月の福岡の市民フォーラム『黒田如水と福岡城天守閣』にもパネリストで出席された関係から、話題になった天守復元の件についても一言、印象を述べておられました。


おなじみの福岡城天守の復元CG(佐藤正彦先生の著書より)


西ヶ谷先生の印象としては、ご覧の復元案は「広島城天守などを参考にしたためか、福岡城で多用された切妻の屋根や破風が一つも無く、その点がやはり気になる」というもので、この発言には私も思わず(心の内で)ポン!と膝を叩いたのです。


ご承知のとおり、現実の福岡城は… 例:南の丸多聞櫓の切妻屋根


ということで、今回の記事は、西ヶ谷先生の「切妻」発言にたいへん意を強くしまして、またまた立体的御殿の話題を先送りさせていただきつつ、この際、私なんぞが以前から「幻の福岡城天守」に感じて来ました、ある“戯れ言”をひとつ、申し上げてみたいと思うのです。


(※ちなみに私は天守の存在肯定派でありまして、思いますに、否定派の方々の反論は、黒田家に対する先入観や若い市長への反感が先走りしているように見えてならず、文献上に「天主」「天守」の文字がいくつも散見されるのに、天守そのものは全く無かったという理由を、当時の史料等でちゃんと示せていないのではないでしょうか。

とりわけ否定派の「代用天守説」では、黒田家はなんと、代用天守で徳川将軍を言いくるめようとしたことになりかねません。!!!…)




四重天守? と二基の三重櫓が見える


さて、ご覧の絵は、大会講師の丸山先生の発表用資料にもあったもので、キャプションは <『吉田家傳録』福岡城軒唐破風四層櫓(中央)> であり、荻野忠行著『福岡城天守と金箔鯱瓦・南三階櫓』や『福岡城天守は四層(四重)か』でもそのように表記されています。

ですが、見たところ「軒唐破風」?というよりも「切妻破風の張り出し(出窓)」ではないのかと思えてなりませんが、そんな点を踏まえて、是非とも、この見なれた浮世絵をご覧いただきたいのです。!!



歌川貞秀「真柴久吉公 播州姫路城郭築之図」(江戸末期/兵庫県立歴史博物館蔵)


おなじみの姫路城の浮世絵で、「えええ!? 浮世絵など当てになるのか」と即座に思われたことでしょうが、今回、是非とも申し上げたいのは、もし仮に、この絵に“浮世絵でないバージョンの絵”が存在したなら、話はかなり違って来るはずだということでして、もうしばらく我慢してお読みいただけますでしょうか。


まず、歌川貞秀(うたがわ さだひで)は江戸後期から明治時代(文化4年〜明治11年頃)に生きた浮世絵師で、美人画、武者絵、風景画(特に精密な鳥瞰図)を得意としたため、「空とぶ絵師」とも呼ばれる人物です。

そしてご覧の浮世絵は表題のとおり、姫路城の築城を題材にした江戸末期の作で、この浮世絵と福岡城とをつなぐような事柄は、何ら存在しておりません。

しかしこの絵は…



1.羽柴(豊臣)秀吉ゆかりの姫路城として描かれたものの、実際の姫路城天守とは似ても似つかない

2.「切妻破風」を最も多用した天守として描かれている

3.城外からは「四重天守」に見えた可能性がある

  (※浮世絵の下端にかすかに描かれた初重の屋根は、切妻破風の張り出しを伴わない腰屋根 )

4.左右に二基の三重櫓を従えていて、黒田官兵衛を思わせる「天守曲輪」か

5.全体の「築城図」風の描き方が“築城名人”の関与を感じさせる



といった辺りが、気がかりな現象が重複しているところでして、そのため「これは本来、幻の福岡城天守の描画だったのでは…」という勝手な疑念が、私の頭の中でだんだん大きくなって来たのです。

そしてもちろん、この浮世絵の見所は、鳶(とび)職らの作業風景のようでいながら、それらの人物が「真柴久吉(羽柴秀吉)」など、豊臣家ゆかりの武将らに見立てられた(=差し替えられた)面白さにあります。


貼り札は左上から「真柴久吉」「麻野長正」「畑切且元」「佐藤清正」「滝坂塵内」等々

(※また最上階の屋根は、平側だけでなく、妻側にも「切妻破風」!)


で、ご覧のとおり、この絵は天守築造の作業風景を大雑把に描いたものとも言えましょうから、これには築城図としての「原画」が別途、存在していたのでは?… といった想像も出来るのかもしれません。

現に歌川貞秀は、江戸末期に全国を旅しながら各地の鳥瞰図構図の風景画も描いた人だそうで、どこかの地でそんな「原画」を見い出したのかもしれない、などという都合のいい空想が私の頭の中を飛びかうようになりました。

そう思って手がかりは何か無いのかと浮世絵を見ますと、背景の「海」の描き方が、ひょっとして福岡や博多湾の様子に似ていたりはしないのかと……


背景に広がるのは瀬戸内の海ではなく、「博多湾」だとしたら??

この絵の右下部分 / 港や、ぎっしりと並んだ蔵、水平線上の起伏の連なり



ご参考1)城と港の位置関係  金子常光画「福岡市及附近案内図」昭和7年


(拡大)

(※上図1はサイト「博多湾大図鑑/博多湾古地図ギャラリー」様からの引用です)



ご参考2)博多の蔵や港  林圓策画「福岡・博多鳥瞰図」明治20年(※上半分が福岡と中洲、下半分が博多)


(拡大)



ご参考3)水平線上の様子 「福岡城下町・博多・近隣古図」(※いわゆる「福博古図」文久9年写し)


(拡大)





という風に、ご覧いただいた図は少しずつ時代が違うものですし、まぁ、このような景色であれば、偶然の一致ということもあるのかもしれません。

それにしても、幻の福岡城天守から眼下に広がっていた博多湾は、右手の方に港や蔵の町並み、その向こうの水平線上には立花山から名島の丘、海ノ中道の砂州、そして左手の島々までと、ずうっと、この浮世絵のように起伏が連なって見えたことでしょう。


この一件の調べは(歌川貞秀についても)まだまだ不充分であり、やはり私なんぞには、史上最多の「切妻破風」を積み重ねた天守の描写が、どうにも気がかりで仕方がないわけです。






作画と著述=横手聡(テレビ番組「司馬遼太郎と城を歩く」ディレクター)


※ぜひ皆様の応援を。下のバナーに投票(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

※当サイトはリンクフリーです。

※本日もご覧いただき、ありがとう御座いました。